• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Kansumi2013 tamagawa
 

Kansumi2013 tamagawa

on

  • 3,891 views

 

Statistics

Views

Total Views
3,891
Views on SlideShare
3,879
Embed Views
12

Actions

Likes
12
Downloads
60
Comments
0

2 Embeds 12

https://twitter.com 11
https://bb.tamagawa.ac.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • And just like an electricity grid, where you would not wire every factory to the same power station, the AWS infrastructure is global, with multiple regions around the globe from which services are available. This means you have control over things like where you applications run, where you data is stored, and where best to serve your customers from.
  • Each AWS region is also split into Availability Zones, making highly available applications possible from within a region.
  • Let's take a quick look at what that means with a tangible example. Here, two commands are issued against AWS to create servers, or EC2 instances, in two zones in the EU. We're creating 8 instances of differing sizes, running geopgrahically distinct for availability purposes, all from 2 simple commands. Once booted, in a matter of a minute or two, those server instances are available to you to run your own applications on. Amazon has done the heavy lifting for you, so you can focus on using the compute resources available to you.

Kansumi2013 tamagawa Kansumi2013 tamagawa Presentation Transcript

  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! クラウド開発と3つの世界 玉川憲 技術本部長 アマゾンデータサービスジャパン A1 #kansumiA1
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! アマゾンデータサービスジャパン 技術本部  本部⻑⾧長 これまで IBM基礎研究所→IBM  Rational→⽶米国留留学 →IBMエバンジェリスト →AWS⽇日本市場の⽴立立上 玉川憲  (@KenTamagawa)  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! クラウド と 3つの世界
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ⽇日本のIT業界は 2つの世界に 袂を分かったように みえる
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ⼤大資本 ⾼高品質 ⾼高可⽤用性 ⾼高コスト Information Technology ⾼高成⻑⾧長率率率 新技術 スピード重視 低コスト Internet Technology
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! エンター プライズ ソーシャル/ ゲーム スタートアップ 3つの世界
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 質問:皆さんは、 どこに属していますか? ①エンタープライズ ②ソーシャル/ゲーム ③スタートアップ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 絶え間のない変化の時代
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「良良い⼈人⽣生をおくるため の条件について、これま で漠然といだいていた常 識識の多くを問い直す必要 があるだろう。」 by  ワーク・シフト デベロッパー
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! クラウド と 3つの世界
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 物理         2ヶ月〜   仮想化           1日〜     50分の1     AWS                                          1分〜    さらに千分の1   サーバー調達のスピードの劇的変化   量の変化 →質の変化  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! グローバルなインフラ リージョン 米国西" オレゴン EU西 東京 シンガポール 米国西 カリフォルニア 南米 米国東 米国政府 12 シドニー
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! アベイラビリティゾーン グローバルなインフラ 13
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! APIで利用できるので ec2-run-instances ami-b232d0db --instance-count 3 --availability-zone       ap-northeast-1a --instance-type m1.small ec2-run-instances ami-b232d0db --instance-count 3 --availability-zone       ap-northeast-1b --instance-type m1.small 14
  • インフラストラクチャは   ソフトウェアになった  
  • AWSの様々なサービス お客様のアプリケーション 認証  AWS  IAM AWS   CloudHSM モニタリング Amazon   CloudWatch   Web管理理画⾯面 Management   Console デプロイと⾃自動化 AWS  Elastic  Beanstalk AWS  Cloud  Formation AWS  OpsWorks IDEプラグイン Eclipse Visual  Studio ライブラリ  &  SDKs Java,  PHP,  .NET,   Python,  Ruby,   node.js Development  &   Administration AWS  グローバルインフラ Geographical  Regions,  Availability  Zones,  Points  of  PresenceAZRegio n ネットワーク  &  ルーティング Amazon  VPC  /  Amazon  Elastic  Load  Balancer  /  Amazon  Route  53  /AWS  Direct  Connect Infrastructure Service コンピュータ処理理  Amazon  EC2 Auto  Scale ストレージ  Amazon  S3 Amazon  EBS Amazon  Glacier AWS  StorageGateway データベース Amazon  RDS Amazon  DynamoDB Amazon  ElastiCache Amazon  Redshift コンテンツ配信 Amazon  CloudFront メッセージ Amazon  SNS Amazon  SQS Amazon  SES 分散処理理 Elastic  MapReduce 検索索エンジン   Amazon  Cloud  Search トランスコード Amazon  Elastic  Transcoder ワークフロー管理理 Amazon  SWF Application   Service 16
  • スーパーコンピュータも時間課⾦金金で クラスター 80 ECU 物理16core 60GB RAM 840GB x 4 ローカルディスク HVM(完全仮想化)で実⾏行行 Intel®  Xeon®  E5-‐‑‒2670  processors    x  2   10  Gigabit  Ethernet
  • クラウドファーストが常識識に 18
  • 既に2万以上の⽇日本企業が AWSクラウドを導⼊入
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 質問: 皆さんは、こういう変化 をどう感じますか? ①楽しい ②不不安
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ×変化に⽬目を閉ざす ×過去の成功例例が未来に 通⽤用すると決めつける
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ここまで   22   •  クラウド事業⽴立立上を通じて⾒見見えた 3つの世界 •  絶え間の無い変化について •  僕らは変化にどう対処していくの?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! エンター プライズ ソーシャル/ ゲーム スタートアップ 3つの世界
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スペシャルゲスト! ⼤大⾕谷さん 安川さん⽚片⼭山さん ⽟玉川(モデレータ)
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 自己紹介 •  ⽚片⼭山  暁雄 – アマゾンデータサービスジャパン •  技術本部  エンタープライズソリューション部 •  部⻑⾧長/ソリューションアーキテクト – @c9katayama •  #ヤマン – ⾔言語:Java,  ActionScript – AWSサービス:  IAM P R O F I L E 25  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 26   自己紹介続き   •  どうしてAWSに? – 元々は⾦金金属⼯工学専攻(趣味:仏具磨き) – 2000年年から⾦金金融系のJavaエンジニア – 2001年年に⾃自社ASPサービス-‐‑‒>失敗 – 2009年年AWSを使って再度度サービス開始 – オープンソース活動、JAWS-‐‑‒UG⽴立立ち上げ – AWSソリューションアーキテクトへ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! AWS  クラウドデザインパターン   27  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 韓国語に翻訳されました   28    _人人人人人人_          > 読めない!!<       ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 自己紹介 •  ⼤大⾕谷  晋平 – アマゾンデータサービスジャパン •  技術本部エマージングソリューション部 •  部⻑⾧長/ソリューションアーキテクト – @shot6  でいろいろつぶやいてます – 分野 •  分散コンピューティング、データベース         ビッグデータ – 好きなAWSサービス:S3 P R O F I L E 29  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 30   自己紹介続き   •  どうしてAWSに? – ⾦金金融系エンジニア(オープンソース) – アーキテクト(クラウド、分散システム) – ソリューションアーキテクト←イマココ •  オープンソース好き、お客さん訪問が好き •  執筆
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 自己紹介: 安川 健太   •  安川 健太   –  エマージング   ソリューション部   –  ソリューションアーキテクト   –  担当エリア   •  スタートアップ   •  ゲーム   •  時々エンタープライズ   •  好きなAWSのサービス   –  CloudFormaHon   31  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! AWSソリューションアーキテクトになるまで   •  大学でネットワーク関係の研究をする   –  QoS,  Diffserv,  Queuing  Theory,  IEEE802.11,  VoIP   •  Ericssonに入社してリサーチに所属   –  テレコムとWeb,HTTPとSIP   –  SNS  +  M2MなプロジェクトでAWSに出会う   à 「AWSソリューションアーキテクトに俺はなる!」   •  アマゾンデータサービスジャパン入社 ← いまココ     32  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 本セッションの流れ •  3つの世界における変化   – 業界構造の変化   – 顧客事例にみる変化   – テクノロジー動向   •  ディスカッッション   33  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向:エンタープライズ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構成   36   ユーザー部門   SI   ISV    ISV     CIO   セキュリティ   機器ベンダー   インフラ   アプリ   ベンダー  ベンダー   ベンダー   SI   SI   SI   ISV    ISV     SI   ISV    ベンダー  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向   37   • ブティックSIの台頭
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構成   38   ユーザー部門   SI   ISV    ISV     CIO   セキュリティ   機器ベンダー   インフラ   アプリ   ベンダー  ベンダー   ベンダー   SI   SI   SI   ISV    ISV     SI   ISV    ベンダー  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向   39   • 内製回帰
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構成   40   ユーザー部門   SI   ISV    ISV     CIO   セキュリティ   機器ベンダー   インフラ   アプリ   ベンダー  ベンダー   ベンダー   SI   SI   SI   ISV    ISV     SI   ISV    ベンダー  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向   41   • IT=コストセンター?             IT=ビジネス?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構成   42   ユーザー部門   CIO   セキュリティ   インフラ   アプリ   SI   ISV    ベンダー   ベンダー   SI   ISV     SaaS   SaaS  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action !
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 44   クラウドSIのテラスカイとサーバーワークスが 資本・業務提携 「最近はSalesforceでは実現でき ない機能を、AWSを使って実装し てほしいという顧客の要望が増え ていた。AWSを使ったシステム構 築に強みを持つサーバーワーク スと力を合わせることで、大手の システムインテグレーターに負け ない体制を構築できるようにな る」 
  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向:ソーシャル/ゲーム
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向:ソーシャル/ゲーム   46   ゲーム デジタルマーケティング Webサービス/ソーシャル EC •  スケールの追及 •  グローバル化 •  ブラウザ→ネイティブ •  インタラクティブ •  Adtech •  ソーシャルTV •  ビッグデータ(DMP) •  スピードの追及 •  スモールスタート必須 •  TVやYahoo砲対応 •  ペイメント⾰革新 •  モバイルファースト •  スケールの追及
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 47   どの業界も厳しい競争 が⽇日々⾏行行われている
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 48   2つだけご紹介
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ゲームにもたらすクラウドのメリット   •  スケールの追及 –  より簡単に、より早くスケールに対応 •  グローバル対応 –  全世界8か所のリージョンと、40か所のエッジ –  どこでも同じように、かつ⽇日本からコントロール •  ブラウザからネイティブアプリへ –  クラウドを賢く使って低コストでサーバサイド構築 –  その分ネイティブアプリへ投資 49   h]p://www.awsmicrosite.jp/game/  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! データ解析ビッグデータ解析⾼高スループット& 低レイテンシー 柔軟に利利⽤用可能な キャパシティ デジタルマーケティングとクラウド ソーシャルTV セカンド スクリーン CRM インターネット 広告 インタラクティブ キャンペーン O2O DMP インターネットは1to1側から利利⽤用が始まってマス側に広がってきている マス側で利利⽤用されるようになった結果、巨⼤大なデータを⽣生み出すようになった
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! h]p://www.awsmicrosite.jp/adtech/  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 必要だったものは?   オンプレミスでは・・・ •  調達が時間がかかる •  ⼀一回買ったら同じハード •  全部運⽤用するの!? •  ⼿手順書・・・ •  新しい事が試せない! AWSでは・・・ •  調達は数分 •  必要な時に必要なリソース •  必要な部分だけ運⽤用 •  ⾃自動化! •  イノベーション!
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 53   AWS  empowers  YOU(Developers)!!!   Innovation •  調達は数分 •  必要な時に必要なリソース •  必要な部分だけ運⽤用 •  ⾃自動化! →→  イノベーション!
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界動向:スタートアップ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  クラウド以前の   スタートアップ   55  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  クラウド時代のスタートアップ:Dev  &  Test   56  Time   Scale   Average Spend $0 p/m
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  クラウド時代のスタートアップ:Alpha  Test   57   Time   Scale   Average Spend $15 p/m
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  クラウド時代のスタートアップ:Beta  Test   58   Time   Scale   Average Spend $235 p/m
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  クラウド時代のスタートアップ:ProducHon  v1.0   59  Time   Scale   Average Spend $1000 p/m
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界構造の変化:スタートアップ   •  VCの支援活動の活発化   60  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! gumi  成長率3,950.2%  トーマツの   テクノロジー企業成長率ランキングで1位に 61  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 旅SNS  trippeace:  2012年1月の公開から   わずか1年半で約2億円の資金調達   62  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ミーティングの様子:スタートアップ   63   CEOです   CTOです   今日は弊社総 出で来ました  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ミーティングの様子:スタートアップ   64   TVにも取り上げられ たし、1年後には ユーザが数百万の 予定なんです!   TVに取り上げられ たり、ユーザ数増え るとかキツイっす   CEO   CTO  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界事例
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界事例:エンタープライズ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界事例   67   "   AWS  Summit  2013 "   世界12都市で⾏行行われたAWSのグローバルイベント "   参加者  7000⼈人(世界最⼤大) "   2万以上の顧客の中から、多くの企業様がご登壇 "   東京海上⽇日動⽕火災保険様 "   ⽇日本経済新聞社様 "   東芝様 "   ニコン様 "   トヨタメディアサービス様 "   その他多くの企業様がご登壇 67   "   ⽇日本テレビ放送網様 "   協和発酵キリン様 "   東急ハンズ様 "   ミサワホーム様 "   SAP様
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 68  68   ・POSサーバをAWSで ・ファイルサーバ、会計システム、給与・⼈人事システム、基幹システムの移⾏行行 ・BIツール:2⽇日で15億件のDWHトライアル ・TV放映時のアクセス集中対応 ・寿司テイクアウトの受注システム、商品DB、新商品開発のBPMを今後展開 ・SFA、⼈人事、会計、WF、DWH、BI、⽂文書管理理などをAWS上に展開 業界事例  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 69   69   東京海上⽇日動様 •  クラウドは次世代ITの基盤インフラストラクチャ 東京海上グループとして、そのビジネスメリットを⾒見見過ごせない。 –  ビジネススピード、コスト構造、変化への対応⼒力力への期待。 –  グループ内での、AWSを基盤とするSaaS活⽤用要望の⾼高まり。 –  適材適所の利利⽤用によるリスク分散 •  保険会社として⼤大切切なお客様のデータをお預かりしている以上、 クラウドを、⾮非常に厳密に調査・確認する必要がある –  セキュリティに加え“信頼できる環境”が⼤大切切。 •  コンプライアンス、ガバナンス、リスクマネジメント、冗⻑⾧長性、⼀一貫 性、プライバシーなど多⾯面的に評価 –  従来の社内基準を再評価し、「何を達成するべきか」を再定義 2013年6月AWS  Summit基調 東京海上様の講演資料より
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 70   • 検証の結果、AWSは⾦金金融でも利利⽤用できると確信 • 第三者認証のレポートと⾃自社内基準のマッピング • AWSのセキュリティチームとAWSサービスの運⽤用ポリシーを確認 • 有事の際の迅速な連絡体制、対応体制をすりあわせ • 今後は、TMNFグループ全体のCertifiedベンダーとして AWSを活⽤用予定。 • 複数のプロジェクトでAWSの採⽤用を決定 • 新規システム、システム移⾏行行など、活⽤用範囲を順次拡⼤大予定 • SaaS  on  AWSの積極的活⽤用を検討 • AWS認定エンジニアの教育・強化を図る 東京海上⽇日動様 2013年6月AWS  Summit基調 東京海上様の講演資料より
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! AWSクラウドの利利⽤用トレンド   71   "   企業の戦略略的プラットフォームとしての利利⽤用 が促進 –  コストだけでなく、開発・調達スピード、セキュリ ティ、ガバナンスなどの観点でAWSを採⽤用 –  ビジネスを実現するためのキーファクターとしての クラウド
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界事例:ソーシャル/ゲーム
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  GREEで展開の⼤大⼈人気ゲーム、   神獄のヴァルハラゲート   で利利⽤用 •  80万⼈人以上のユーザ様 •  インフラエンジニアは当初   1名で開発 •  PHPからC#に移⾏行行して、 サーバ台数を3分の1に! 事例例紹介1:Grani
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「膨⼤大なゲームトラフィックを処理理するた めのインフラを⼀一⼈人で構築、運⽤用するには、   AWSしか選択肢がありませんでした。」
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  株式会社フリークアウト •  RTB市場においてDemand   Side  PlatformをAWS上で運 営 •  海外進出の際にAWSを選択 •  約100msでレスポンスを 届ける必要があるRTBで AWSを利利⽤用 事例例紹介2:FreakOut
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Real  Time  Bidding   •  広告の1impression毎に⼊入札が⾏行行われる広告 配信の⽅方式 SSP   DSP   DSP   DSP   10円!   25円!   20円!   バナー
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! FreakOutのアーキテクチャ AWSの事例例ページより引⽤用 http://amzn.to/T3BFIb
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 78   事例例紹介3:Cookpad   •  2,000万人以上が利用 するレシピサイト   •  サービスをすべて AWS  VPCに移行   •  Rails/Rubyで全部構築   AWS全⾯面採⽤用の先駆者
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 79   VPC移行の先駆者   h]p://www.slideshare.net/winebarrel/vpc-­‐14281906  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 80   最近ではRedshigまで   h]p://www.slideshare.net/conmame/not-­‐enterpriseredshig  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 業界事例:スタートアップ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 昨今の有名なスタートアップの成功事例 8ヶ月で500万人   9ヶ月で1,500万人  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! サービス開始から9ヶ⽉月でユニークユーザが1,800万⼈人と 急成⻑⾧長するPinterestをAWSクラウドが⽀支える   83   クラウドがもたらしたもの: 急成⻑⾧長するサービスのインフラを少数のイ ンフラメンバーで運⽤用 ピークに合わせたリソース配分により、 ランニングコストを⼤大幅に削減
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 使うほど賢くあなたの欲しい情報を集めるサービス GunosyもAWS上にそのインテリジェンスを搭載   84   クラウドがもたらしたもの:   使いたいときに使いたいだけ利用 できる計算リソース     サービス成⻑⾧長に合わせてスケー ルするインフラ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! クレジットカード決済を行う為のセキュリティ基準 を満たすシステムを約1ヶ月で構築   85   クラウドがもたらしたもの:   設立1年に満たないスタートアップ でも容易にPCI  DSS準拠を取得     自由なスケーリングが容易に可能     海外展開も容易  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! テクノロジー動向
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! テクノロジー動向: エンタープライズ   87   ミドルウェア   言語   AWS  その他   PHP   .NET   Java   DirectConnect   Enterprise  Support   EC2   SAP   IIS   Weblogic   Oracle   Intra-­‐Mart   JP1   SQLServer  ClickView   監査/証跡   既存のルール   Excel   SQL   VB   JavaScript   C++   C  COBOL   Dr.Sum  Exchange   DeepSecurity  WorksApp   勘定奉行   Sophos   VPN   WAF   IPS/IDS   セキュリティ   Professional  Service   Storage  Gateway   Market  Place   Redshig   SOC1   予算取り   VPC   従量課金   SI  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! テクノロジー動向: ゲーム/ソーシャル   88   ミドルウェア   言語   AWS  その他   Ruby   Python   PHP   JavaScript   C#   Java   ELB   EMR   RDS   VPC   DynamoDB   MongoDB   Memcached   FMS   MySQL   Chef   Nginx   Oracle   ElasHCache   Redis   PostgreSQL   200台追加   DMP   PCI/DSS   CloudFront   AutoScaling   EC2   Redshig   RabbitMQ   動画配信   セカンドスクリーン セキュリティ向上   C/C++   Erlang   Route53   CloudWatch   Hadoop   100%移行!   Wowza   アプリはそのままで! ネイティブアプリ   Scala   リアルタイム   Git   Unicorn  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! テクノロジー動向: スタートアップ   89   ミドルウェア   言語   AWS  その他   Node.js   Ruby   Python   PHP   Scala   Erlang   Java   SQS   OpsWorks   ElasHcBeanstalk   EMR   RDS   SES   VPC   DynamoDB   SWF   Spot  Instance   MongoDB   Memcached   Puppet   MySQL   Chef   Selenium   Cucumber   ElasHCache   Redis   PostgreSQL   Websocket   New  Relic   Facebook  Crowd  Sourcing   Twi]er   O2O   Mobile   朝決めて午後実装   誰とだってお友達  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ディスカッション
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! お題: エンジニアは どういうスキルを ⾝身につければいいのか?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! お題:   もし学⽣生に戻ったら、 どういうキャリアを 積みなおしますか?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! お題:   グローバル化のさなか、   自分のキャリア戦略は?   英語はどう絡みますか?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! まとめ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 本セッションの流れ •  クラウドと3つの世界   •  3つの世界における変化   – 業界構造の変化   – 顧客事例にみる変化   – テクノロジー動向   •  ディスカッッション   – スキル?キャリア?グローバル?英語?   95  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! エンター プライズ ソーシャル/ ゲーム スタートアップ 3つの世界
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ⾃自らが属する世界から 距離離をとって眺める
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ⾃自分の世界に 改めて出会えましたか?
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 漫然と迎える未来 主体的に築く未来
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! AcHon!!
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 先を見通して点をつなぐことはでき ない。振り返ってつなぐことしかで きない。だから将来何らかの形で 点がつながると信じなければなら ない。   By  スティーブ•ジョブズ   ConnecHng  The  Dots…
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「クラウド操船術が大事」 by 玉川
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! クラウドが話題にならない時代へ  by  片山   •  アプリやシステムがどのようにビジネスに貢献す るかが重要   •  差を生む付加価値の高い作業に集中して頂き、   ひいては日本の企業の競争力アップへ   •  採用事例の拡大、クラウド前提の開発手法の浸 透、クラウドデザインパターンなどのベストプラク ティスの提供を通じて、「クラウドが当たり前」の世 界を目指す!     103  
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 104   私のアクション  by  大谷   ・成功体験を捨てる ・クラウドネイティブ ・道中楽しむ
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 何でそもそも分断されてるんだっけ? By  安川   •  垣根を取り除こう!   – 日本と世界   – スタートアップとエンタープライズ   – クラウドとオンプレミス   à分断された世界が交われば交わるほど   そこにイノベーションや感動が産まれるはず!     105   そんな垣根の撤廃をお手伝いするのが私のAc*on!    
  • Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! It’s  your  turn.