はじめてのアマゾンクラウド④『EC2でwindowsサーバを立ち上げリモート接続』
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

はじめてのアマゾンクラウド④『EC2でwindowsサーバを立ち上げリモート接続』

  • 27,710 views
Uploaded on

Amazon EC2を用いて、日本語版のWindows Server 2008 R2を東京リージョンで立ち上げる簡単なガイドです。

Amazon EC2を用いて、日本語版のWindows Server 2008 R2を東京リージョンで立ち上げる簡単なガイドです。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
  • 6ページ目で Community AMIs タブを使ってWindowsのインスタンスを選択すると、16ページ目でWindowsパスワードを選択するときに次のURLのように何時間経過してもWindowsパスワードを取得できない場合があります。 https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?messageID=333655 そのような場合は、6ページ目のインスタンス選択のところで、Quick Start タブを使ってWindowsのインスタンスを選択すると解決される場合があります。
    Are you sure you want to
    Your message goes here
No Downloads

Views

Total Views
27,710
On Slideshare
27,111
From Embeds
599
Number of Embeds
12

Actions

Shares
Downloads
582
Comments
1
Likes
15

Embeds 599

http://pr.zero-start.jp 407
http://www.endless-journey.info 166
http://www.techgig.com 7
http://rk-suru.blogspot.com 5
https://twitter.com 3
http://rk-suru.blogspot.jp 3
https://cybozulive.com 2
https://si0.twimg.com 2
http://us-w1.rockmelt.com 1
https://www.chatwork.com 1
http://paper.li 1
http://twitter.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. はじめてのアマゾンクラウド④『EC2でWindowsサーバ(2008 R2日本語)を立ち上げ、リモートデスクトップ接続』 エバンジェリスト 玉川憲 Twitter: @KenTamagawa アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 Ver0.9.0: 更新日: 2011年3月20日
  • 2. 事前準備 AWSのアカウントを開設し、Amazon EC2の申し込みが済んでいるかご 確認ください またの方は、「AWSのアカウントを開設する」を参照ください。 インターネットアクセス Webブラウザ(Firefox推奨)注:このガイドは、お客様がAWSを実践されるのを補助する目的で作られており、非公式のドキュ メントです。このガイドの実施はご自身の責任でお願い致します。どのような性質の損害につ いても当方は責任を負いません。
  • 3. • 早速、EC2の起動をはじめましょう。Webブラウザを立ち上げます• AWSのホームページのhttp://aws.amazon.com/jp/にアクセス• 画面上側の、『AWS Management Consoleを利用する』をクリック
  • 4. • “My e-mail address is”にAWSアカウント用のe-mailを入力• “I am a returning user and my password is”を選択し、パスワードを 入力• ボタン『Sign in using our secure server』をクリック
  • 5. • AWS Management Console(以下、コンソール)の画面になります• 上部タブで『Amazon EC2』が選択されていることを確認• 左側の”Navigation”(ナビゲーション)の”Region”をクリックすると、EC2 を起動する地域を選択できます。今回は『Asia Pacific (Tokyo)』を使用• 画面中央部のボタン『Launch Instance』をクリック
  • 6. • ここでは、起動するサーバ(EC2インスタンスと呼ぶ)の元となる、仮 想マシンイメージ(Amazon Machine Image, 以後AMI)を選択します• “Community AMI”タブが選択されていることを確認し、”windows 2008”と検索窓に入力します• 検索結果の中から、”ami-b8e842b9”のイメージの右側のボタン 『Select』をクリック(日本語環境のWindowsであり、東京リージョンの場合はこの IDとなります。)
  • 7. • ここではインスタンスの詳細情報を入力します• ”Number of Instance”(インスタンスの数)で「1」を入力• “Availability Zone”(アベイラビリティゾーン)で『No Preference』(とく に選択しない)を選択• “Instance Type”(インスタンス種類)で、Microを選択• 画面下部のボタン をクリック
  • 8. • “Shutdown Behavior”の中から”Stop”を選択します(立ち上がった Windowsを内部からシャットダウンしたときに、そのサーバーが消 去されるのではなく、一時停止されるように設定できます。)• 画面下部のボタン をクリック(もし、サーバ監視のオプション機能であるCloudWatchを使う際に は、”Monitoring”にチェック入れます)
  • 9. • 表の中の”Name”行の”Value”列に、今回のインスタンスの名前とし て『Windowsサーバー』と入力• 画面下部のボタン をクリック(もし、他にもタグ付けをしたければ、”Add Another Tag”をクリックして、 『Team』や『Project』などのタグを付けることも可能)
  • 10. • “Enter a name for your key pair”に『first-window』と入力• “Create & Download your Key Pair”をクリック• 立ち上がったウィンドウで、秘密鍵『first-window.pem』を保存 (このpemファイルはEC2インスタンスにアクセス時に使う重要なも のなので、保存した場所はしっかり記録しておく)• 画面下部のボタン『Continue』をクリック
  • 11. • 通常、EC2インスタンスはファイアウォールで囲まれており全てのポー トはデフォルトで閉じています。今回は、RDPのポートを開きます• “Group Name”に『winserv』、”Group Description”に『windows server』を入力• “Create a new rule”をクリックし、『RDP』を選択• 画面下部のボタン『Add Rule』を選択して、RDPプロトコルを追加• 画面下部のボタン『Continue』をクリック
  • 12. • この画面では、これまで入力してきた項目について確認します• 画面下部のボタン をクリック
  • 13. • おめでとうございます!!これでEC2インスタンスが起動を設定で きました!• はやる気持ちを抑えながら、画面下部のボタン『Close』をクリック
  • 14. • 画面左”Navigation” 内の”Instance”をクリック• 画面右側に”My Instance”が表示されるので、さきほど起動したイ ンスタンスが”pending”状態であることを確認• ボタン『Refresh』を押すと、状態が『running』に変わることを確認。こ れで起動が完了です!(通常、1分もかかりません!)
  • 15. • 次に、Windowsサーバーにアクセスするためのパスワードを取得し ましょう• まず、EC2インスタンスを起動する際に、ダウンロードした秘密鍵 『first-window.pem』をメモ帳などのテキストファイルで開きます• それを全選択して、コピーしておきます
  • 16. • Webのコンソール画面に戻り、作成したインスタンスを右クリックし• Tera Term て、”Get Windows Password”を選択します (注:このWindowsのPasswordを取得するには、インスタンスを起動 後、10分程度かかることがあります。一度、Windowsのパスワード を取得すれば、この後は、インスタンスの停止、開始に時間はかか りません。)
  • 17. • 上記の画面において、”Private Key”のテキストボックスに、先程コ ピーした秘密鍵のテキストを全て貼り付けます• そして、『Decrypt Password』ボタンをクリック
  • 18. • すると、Administratorに対する、Passwordを入手することが出来ま すので、忘れないようにコピーしておきます
  • 19. • 次に、立ち上げたサーバーに、リモートデスクトップ接続していきま しょう。まず、立ち上げるサーバーのURLアドレスをチェックします• Webのコンソールに戻り、起動したインスタンスの行をクリック• 画面下部のそのインスタンスの詳細情報が表示されることを確認• 下のほうにスクロールして、様々な情報が記載されていることを確認
  • 20. • 特に、”Public DNS”がこのインスタンスに付与されているグローバ ルアドレスであり、”Private DNS”が、ローカルIPアドレスであること を確認• Public DNSを選択してコピーする (このインスタンスに、RDP経由でアクセスする際に使用)
  • 21. • 次に、手元のWindowsにおいて、『すべてのプログラム』→『アクセ サリ』→『リモートデスクトップ接続』でアプリを立ち上げます• まず『オプション』をクリックして、詳細画面を表示します• ”コンピュータ名”に、先程コピーしたグローバルアドレスを貼り付 け、”ユーザー名”に『Administrator』と入力• 画面下部の『接続』をクリック• つぎに、事前に取得しておいたパスワードを入力します• これでリモート接続ができました!
  • 22. おめでとうございます! さらに、仮想サーバ(Amazon EC2)やその他のサービスを使ってみたい 方は、下記のブログ、フォーラム、書籍、スライドをご参考に、アマゾンクラ ウドの世界をご体験ください!! AWSガイドブック 日本語のAWS本でAWSを使いこなそう!JAWS-UG(AWSユーザ会) AWSブログフォーラムで質問OK! 日本語で最新情報入手!
  • 23. おまけEC2インスタンスの停止使用料の確認
  • 24. EC2インスタンスの停止• EC2インスタンスを立ち上げたままにしておくと課金が続くので、不要 になったらEC2インスタンスを停止します• EC2インスタンス一覧の中で、停止したいEC2インスタンスを選択し、右 クリック• 表示された”Stop Insntace”ウィンドウで、ボタン『Yes, Stop』をクリック (この瞬間に課金は停止され、数分以内にインスタンスは停止します)
  • 25. 使用料の確認• Amazon Management Console上で、画面上部の『Account』をクリック
  • 26. • 画面左部の『Account Activity』をクリック
  • 27. 免責条項このガイドは、お客様がAWSを実践されるのを補助する目的で作られており、非公式のドキュメントですここに書かれている情報は、予告なく変更されることがあります。また、ガイドに従った操作は、お客様ご自身の責任でお願い致します。どのような性質の損害についても責任を負いません。情報が間違っていたり、古くなっている際は、tamagawa @amazon . com、もしくは、Twitter: @KenTamagawaまでご連絡ください