ディザスタリカバリとAWS最新動向 - AWSクラウドアドバンテージセミナー

5,600 views
5,463 views

Published on

AWSクラウドアドバンテージセミナーの基調講演の後半で使った、「ディザスタリカバリとAWS最新動向」の資料です。

0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,600
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
177
Actions
Shares
0
Downloads
171
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ディザスタリカバリとAWS最新動向 - AWSクラウドアドバンテージセミナー

  1. 1. AWSクラウドアドバンテージセミナー基調講演 クラウドがもたらす新潮流 – 「黒船」をビジネスに生かせ – 後編: ディザスタリカバリと AWS最新動向Ken Tamagawa (Twitter: @KenTamagawa)エバンジェリスト / 技術推進部長Amazon Web ServicesApril 6th 2011
  2. 2. AWSユーザ会 & AWSの復興支援の取り組み
  3. 3. 支援させて頂いたサイト&サービス( 一部)sinsai.info 東北沖地震 震災情報サイト 茨城大学 緊急WebサイトゆれくるコールforiPhone 停電計画の時間検索アプリ携帯政府関係からの重要なお知らせ 支援物資リクエストサイト「ぎぶみー!」JustGiving Japan:募金サイトSAVE JAPAN!:救援支援情報サイト 国際会議ISSP2011サーバー無事.me:“無事”情報の集約サイト 震災関連ミラーサイトmedica.net: 医療品不足融通システム 情報発信用の簡易サイト作成サービス短縮URL+CDN=アクセス集中を緩和するウェブサービス 被災者向け情報サイト: 誰でも更新可能な被災者向け情報サイト
  4. 4. ディザスターリカバリ(DR):災害などによる被害からの回復措置、あるい は被害を最小限に抑えるための予防措置 のこと (ウィキペディア)
  5. 5. ディザスタ・リカバリの道のり データの バックアップ 本番系 /復旧 システムの バックアップ /復旧
  6. 6. 2011年IT流行語大賞候補 「夏までに作れ!!」
  7. 7. ITのニューワールド 変動費 実際の利用分のみ支払い シームレスにスケールアップし、 必要なだけキャパシティを調達 数百台、数千台であっても 数分のうちに利用可能に 限られたエンジニアリングリソースを 顧客と自社の成長のために投入
  8. 8. クラウドのメリットを活かす データの バックアップ /復旧 本番系 システムの バックアップ /復旧 既存DC
  9. 9. データの待機/復旧: Amazon S3 世界中の5拠点から選択バケット S3 東京リージョン データ置くだけ。 インフラ、電源、 あらゆる 気にしない。 データを 保存 高いセキュリティ: データセンター SAS70, ISO27001, PCI-DSS
  10. 10. データの待機/復旧: Amazon S3 バケット S3 東京リージョン あらゆる データを 保存 データセンター API完備で自動化できる。 自動複製現地へ、足を運 ぶ必要無い。 高い耐久性で 安価な従量課金 データ失わない: 大量データ 99.999999999% 例:10TB/月 →ディスクの – 約10万円 直接送付可能。
  11. 11. データの待機/復旧: Amazon S3 世界中の5拠点から選択 バケット S3 東京リージョン データ置くだけ。 インフラ、電源、 あらゆる 気にしない。 データを 保存 高いセキュリティ: データセンター SAS70, ISO27001, API完備で PCI-DSS自動化できる。 自動複製現地へ、足を運 ぶ必要無い。 高い耐久性で 安価な従量課金 データ失わない: 大量データ 99.999999999% 例:10TB/月 →ディスクの – 約10万円 直接送付可能。
  12. 12. システムの待機/復旧 瞬時に調達。起 動時のみ、時間 単位で課金 東京リージョン EC2 (仮想サーバ) Windows Oracle DB ( 高CPU) (高メモリ) AMIから AMIとして 起動 待機 S3OS、ミドルウェ Window Linux Oracle DB ア等、幅広い マシンイメージ(AMI) オプション
  13. 13. システムの待機/復旧 既存システム 移行 東京リージョン EC2 (仮想サーバ) Webサーバ Windows Oracle DB 移行も従来 ( 高CPU) (高メモリ) DBサーバ と同じスキ ルを活かせ る AMIから AMIとして 瞬時に 起動 待機 起動 S3 待機時は EC2起動課 Window Linux Oracle DB 金無し マシンイメージ(AMI)
  14. 14. システムの待機/復旧 既存システム クラウドAPIAPIでクラウ ド自体をリ Webコンソール &APIモート操作、 自動化可能 移行 東京リージョン EC2 (仮想サーバ) Webサーバリモートログイン Windows Oracle DB ( 高CPU) (高メモリ) DBサーバターミナル/仮想デスクトップ AMIから AMIとして 瞬時に 起動 待機 起動リモート操作で現地に足を運ばなく S3 て良い Window Linux Oracle DB マシンイメージ(AMI)
  15. 15. パラダイムシフト 本番系 待機系本番系 待機系 パラダイム 既存DC 本番系にクラ シフト ウドを 本番系 待機系既存DCアマゾンクラウドは、セキュリティ、可用性、コストで、圧倒 的なパフォーマンス そのうち、両 方クラウド
  16. 16. ディザスタ・リカバリのさらなる高み そもそも、「ビ ジネスを一瞬た りとも落とさな データの い」ことを考え バックアップ ると、待機系で 本番系 /復旧 はなく「冗長構 成」を作りた い。 システムの バックアップ /復旧 DBのレプリケー ション等を考慮 すると、非常に コストがかかり システムの 非現実的であっ た冗長構成も、 同期 冗長構成 AWSの場合は比 較的容易に構築 可能。
  17. 17. システムの冗長構成 ロードバランサー で負荷分散。東京リージョン ロード バランサ 互いのAZで、 物理的な場所、 アベイラビリティ アベイラビリティ 電源、ネット ゾーンA ゾーンB ワークが分離 サーバー サーバー サーバーを異な るAZに配置可能
  18. 18. システムの冗長構成 東京リージョン ロード バランサ アベイラビリティ アベイラビリティ ゾーンA ゾーンB サーバー サーバーRDSでDBのインストール、 自動同期最適化不要。 RDSマスタ RDSスレーブバックアップも自動化。スペックも後か マルチAZを用いて、自動ら、変更可能 レプリケーション。自動 フェイルオーバ
  19. 19. システムの冗長構成 東京リージョン ロードオートスケーリ バランサングでサーバ増設/縮退自動化 アベイラビリティ アベイラビリティ ゾーンA ゾーンB サーバー サーバー 自動同期 RDSマスタ RDSスレーブ
  20. 20. デモンストレーション
  21. 21. AWSにおけるスピーディーなイノベーション » Amazon Simple Notification Service » EC2 Reserved Instances » RDS Multi-Availability Zone Support » New SimpleDB Features » S3 Reduced Redundancy Storage » IBM on EC2 » New Locations and Features for » Windows Server 2008 on EC2 CloudFront » Premium Support » Amazon RDS » S3 Bucket Policies » Amazon CloudFront » Amazon Virtual Private Cloud » Cluster Instances for EC2 » EC2 Elastic IP addresses » Amazon Elastic MapReduce & Availability Zones » EBS Shared Snapshots » Amazon EC2 » Windows Server, MySQL, » Monitoring, Auto Scaling & » Amazon S3 Oracle, & JBoss on EC2 Elastic Load Balancing for EC2 » Amazon Linux AMI » Developer Portal & » Lower Data Transfer Costs » AWS Import/Export » Oracle on EC2 Forums » New EC2 Features » SUSE Linux on EC2 » Micro Instances » AWS Services in N. California » Lower Pricing for EC2 » Amazon SimpleDB High Mem Instances » AWS Multi-Factor Authentication » Amazon Flexible Payments Service » Identity & Access Management » AWS Management Console » S3 in Europe » AWS Economics Center » AWS Services in Singapore » EC2 new instance types » AWS in Education » RDS Reserved Database Instances » AWS Start-Up Challenge » AWS Security Center » RDS Read Replicas & Lower Pricing » SAS70 Type II Audit » Lower Outbound Transfer Pricing » More services in EU » Data Transfer Usage Tiers » Public Data Sets » Lower EC2 Pricing » Elastic Block Store » Consolidated Billing for AWS» Amazon SQS » Lower S3 Pricing » Amazon S3 Versioning Feature» Amazon Mechanical Turk » EC2 SLA » Lower pricing for » EC2 in EU » EC2 High Memory Instances Outbound Data Transfer » S3 Tiered Pricing » AWS Solution Provider Program
  22. 22. Virutal Private Cloud リージョン EC2内に分離し VPN EC2 た領域を作成 接続 インターネットイントラ VPC ゲート ウェイ プライベート パブリック サブネット サブネット NAT
  23. 23. EC2 Dedicated Instance 通常のEC2 VPC内で専用インスタンス 物理サーバー シングルテナント保証 クラウドのメリット確保 従量課金 顧客A 顧客B 顧客C 柔軟にスケールアップ Dedicated Instance 瞬時に調達 物理サーバー 規制に対応しなければいけ ないお客様のご要望に応え るサービス 顧客A 顧客B 顧客C
  24. 24. Amazon RDS on Oracle Database 11g RDSがOracle DB 11gをサポート予定 柔軟なライセンス形式 ライセンス持ち込み(BYOL) 従量課金(時間単位) メリット 即座にOracleが利用可能に DB管理ではなく、本業に集中できる
  25. 25. まとめアマゾンクラウドの安価な従量課金、柔軟性、スピードは、ディザスタリカバリの強力な武器となる本番環境もクラウド上におけば、冗長構成すら、安価に柔軟性高く、運用できるVPC、デディケイティッドインスタンス、OracleRDSなど、基幹システムのクラウド移行をサポートする新機能
  26. 26. 「AWSブログ」で最新情報を!!
  27. 27. AWSへの営業支援/技術支援のお問い合わせは、下記から!  問い合わせ  パートナー
  28. 28. 「造船術も大事だが、操船術がもっと大事。」

×