Your SlideShare is downloading. ×
Amazon Web Servicesのご紹介 - 東北クラウド実践カンファレンス2011
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Amazon Web Servicesのご紹介 - 東北クラウド実践カンファレンス2011

5,483

Published on

TDC主催のイベントでAWSを話した資料です。 …

TDC主催のイベントでAWSを話した資料です。

■Agenda
アマゾンクラウドの本質
デモンストレーション: 既存Webアプリの移行
スマートフォンとクラウド (AWS SDK for Android/iOS
最新情報アップデート(AWS Elastic Beanstalk, Amazon SES)
ビジネスに活かす
まとめ

#SlideShareにUPする際に、若干画像が壊れていますが、ご容赦くださいませ。

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,483
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
156
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Amazon Web Services のご紹介 玉川憲'Ken Tamagawa( エバンジェリスト、技術推進部長 Amazon Data Services Japan 株式会社 Twitter: @KenTamagawa
  • 2. 玉川憲の自己紹介• アマゾンでクラウドを啓蒙する エバンジェリスト Twitter: @KenTamagawa• これまで 東大→IBM基礎研→Rational →米国カーネギーメロン大学 MBA/MSE →IBMエバンジェリスト →AWSエバンジェリスト(イマココ)
  • 3. 2/18発売 発売すでにアマゾンで 予約可能! 配送料は全て アマゾンが 負担します!
  • 4. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート (Beanstalk等) ビジネスに活かす まとめ
  • 5. アマゾンの3つのビジネス一般消費者様 Eコマース向けサービス 'Amazon.co.jp( マーケットプレイスセラー様向け 物流サービス提供 サービス 'Amazon Services( 開発者様& クラウド コンピューティングIT プロ様向け 'Amazon Web Services( サービス
  • 6. Amazonのビジネスモデル 規模の経済 + 範囲の経済 + 薄利多売
  • 7. 急成長を続けるアマゾンのクラウドサービス AWS の利用規模がAmazon.com よりボリュームも伸び率も大きい AWS のデータセンター利用規模が Amazon.com に並ぶ2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 ネットワーク帯域の利用量: AWS Amazon.com数十万の顧客がAWSを使用してシステム構築
  • 8. 自家発電が当たり前だった時代
  • 9. 今日の電力サービス ①信頼できる送電網 ②大規模な発電所いつでも、必要なだけ、安価に 電気を利用可能
  • 10. いつでも、必要なだけ、安価に電気 工場 送電線 発電所コンピュ IT部門ータ インターネット データセンター
  • 11. AWSのイメージ AWSIT担当 Management Console コマンドライン & API 仮想サーバ(Amazon EC2) Windows CentOS Oracle DB(Linux) ターミナル ( スタンダード) (ハイCPU) (ハイメモリ) SSH公開鍵 認証仮想デスクトップ AMI 仮想外部ディスク AMI から 保存 (Amazon EBS) ストレージ データセンター
  • 12. 時間単位で仮想サーバを調達可能 マイクロ ~2ECU 1.6円/時~スタンダード 1~8 ECU 7円/時~ ハイCPU 5~20 ECU 14円/時~ ハイメモリ 6.5~26 ECU 41円/時~ クラスタ 131円/時 33.5 ECUコンピュート注:US East / Linux/Unix料金 / 転送量など別料金 値段は、$1を、82円換算で計算(2010年10月15日時点)
  • 13. クラスターコンピュートインスタンスHigh Performance Computingインスタンス(HPC)  2つのquad-core Intel "Nehalem" X5570プロセッサ、 合計33.5 ECUs  22 GBのRAM  1690 GBのローカルインスタンスストレージ  10 Gbpsのイーサネット、低遅延でFull-bisectionバンド幅  Placement Groupを設定できるさらに、「クラスターGPUインスタンス」  上記に加え、2つのNVIDIA Tesla M2050 "Fermi" GPU 高価なリソースが、おこずかい程度で手 に入る、まさにITデモクラシー
  • 14. 1時間単位で「すぐに」「必要なだけ」コンピュータリソースが調達できるということは・・・
  • 15. サーバの余剰、不足から解放※AWSエコノミクスセンター: http://aws.amazon.com/jp/economics/
  • 16. EC2事例:ピーク対応と縮退EC2インスタンス(サーバ)の数 トラフィックの急増にも、 Amazon EC2で対応 (ピーク時は5000サーバー) Facebook上での公開 4/12/2008 4/14/2008 4/16/2008 4/18/2008 4/20/2008
  • 17. EC2事例: 金融サービス 3,000サーバを利用EC2インスタンス(サーバ)の数 週末は300 サーバー 水曜 金曜 日曜 火曜 4/22/2009 4/24/2009 4/26/2009 4/28/2009
  • 18. クラウドはエンジニアを楽にする ピーク対応が楽 システムリカバリが楽 ELB EC2 EC2 EBS システム不調 同じ構成の サーバ起動アクセス急増! ↓ ・・・・・・ 新たなサーバに EBSをアタッチ ↓ 不調なサーバ をシャットダウン リカバリ完了! オートスケールで サーバ数が自動増減
  • 19. EC2だけではない、AWSのサービス 【分散処理】 Amzon Elastic MapReduceサービス 【キューサービス】 【プッシュサービス】 Amazon SQS Amazon SNS 【RDB】 【NoSQL】 データ Amazon SimpleDB Amazon RDS ベース 【仮想ディスク】 【ロードバランサー】 Amazon Elastic Amazon Elastic Block store Load Balancingネットワーク&インフラ 【仮想サーバ】 【ストレージ】 【コンテンツ配信】 【仮想プライベート Amazon EC2 Amazon S3 CloudFront クラウド】 Amazon VPC エッジ データセンター ロケーション
  • 20. AWS適用用途開発、検証環境コンテンツ、動画配信業務アプリケーションホスティングバッチ、データ処理「締め日」のある業務アプリケーションソーシャルアプリケーションホスティング分散処理'MapReduce等(ハイパフォーマンスコンピューティング'HPC(
  • 21. エンタープライズからエンターテイメントまで幅広い利用
  • 22. 日本のお客様
  • 23. 日本でのAWS利用事例 ハイブリッドクラウド環境で利用。 3年間で約5,000万円相当のコスト削減 家電向けファームウェア配信 Hadoopによる大量データ分散処理。 7,000時間の処理を30時間に短縮 パナソニックのワールドワイドキャンペーン 携帯電話でのツイッターサービス。 会員:50万人以上。1,000万PV/日 リプレックスが日本郵便と連携した 年賀状・かもめーるの作成・郵送サービス
  • 24. CrossMarketing様: 縮退運転活用でのコスト効果 ■仮想サーバー 合計79台 Windows 37台 Linux 42台初期コスト AmazonEC2 自前運用 ゼロ 初期コスト 0円 4059万円約25%ダウン 運用コスト 122万円/月 160万円/月 3年間での比較 4,392万円 9,819万円 ※自前運用のコストは、サーバー購入費、ネットワーク機器購入費、データセンター費用、 ハードウエア保守費用、ネットワーク費用、電力費用等を含む
  • 25. 「本物」のクラウドが持つ5つの特徴初期費用、設備投資無し従量課金、使った分だけ支払うスケールアウト/インが自在ビジネススピードを早める本業に専念できる
  • 26. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート ビジネスに活かす まとめ
  • 27. 本日の3分間クッキング既存Webアプリ クラウド移行(物理サーバ)物理サーバー EC2インスタンス チケット管 チケット管 理アプリ 理アプリ MySQL MySQL
  • 28. リージョンとゾーンシンガポール ゾーン 1a ゾーン 1b EC2 EC2 米国東海岸 米国西海岸 ヨーロッパ
  • 29. 本日の3分間クッキング既存Webアプリ クラウド移行 スケールアウト①(物理サーバ) ELB (ロードバラ ( ンサー) ンサー物理サーバー EC2インスタンス チケット管 チケット管 理アプリ 理アプリ EC2インスタンス EC2インスタンス チケット管EC2インスタン MySQL MySQL 理アプリ EC2インスタ チケット管 チケット管 理アプリ チケット 理アプリ 理アプ AMI RDS RDS (リレーショ ( ナルDB) ナル
  • 30. リージョンとゾーン シンガポール ELB ゾーン 1a ゾーン 1b EC2 EC2 RDS
  • 31. Amazon RDS (Relational Database Service) スケールアウト ELB (ロードバラ ( インスタンスのスペッ RDSを使えばインストール、 ンサー ンサー) 基本設定不要 ク、ストレージを後か ら変更できる EC2インスタンスリードレプリカ機能で、 EC2インスタンス チケット管参照用のレプリカを生 理アプリ Multi-AZ機能で、冗 Multi 機能で、冗 成 長構成、フェイルー バー自動化 RDS RDS マスター スレーブ RDS RDS マスター RDS マスター RDS マスター リードレプリカ(参 リードレプリカ 照用) 照用
  • 32. リージョンとゾーン シンガポール ELB ゾーン 1a ゾーン 1b EC2 EC2 RDS RDS
  • 33. Gumi様の利用イメージ Multi AZ に対応 Amazon EC2 Amazon RDS
  • 34. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート ビジネスに活かす まとめ
  • 35. スマートフォン(iPhone, Android端末)とクラウドモバイルのスタンドアローンアプリ メモリ&ストレージの制約、ハードの機種依存 ネットコンテンツが重要モバイル のブラウザ or クライアント + サーバー クラウド サーバー運用のコスト、スキル、手間、時間
  • 36. スマートフォン(iPhone, Android端末)とクラウドモバイルのブラウザ or クライアント + サーバー 運用のコスト、スキル、 クラウド 手間、時間 サーバーすら必要ない?モバイルクライアント + クラウドのWebサービス 運用のコスト、スキル、 クラウド SDK AWS 手間、時間
  • 37. AWS SDK for iOS/Androidのサポート(1/9時点) 【分散処理】 【名前解決】 Elastic MapReduce Amazon Route 53サービス 【キューサービス】 【プッシュサービス】 Amazon SQS Amazon SNSミドル 【RDB】 【NoSQL】ウェア Amazon RDS Amazon SimpleDB 【仮想ディスク】 【ロードバランサー】 Amazon Elastic Amazon Elastic Block store Load Balancing仮想 【コンテンツ配サーバ 【仮想サーバ】 【ストレージ】 信】 Amazon EC2 Amazon S3 CloudFront エッジ データセンター ロケーション
  • 38. Amazon S3 (Simple Storage Service) 全オブジェクトに 世界中に拠点あり& URLが付き S3 API完備 バケット 世界に公開可能 リージョン ファイルhttps://バケット名. 画像s3.amazonaws.com/ 動画 データセ データセ ンター ンターファイル名 耐久性11桁 データセ 自動複製 ンター 動画のストリーミ CloudFront ングも可能 東京含む17か所で 独自ドメイン コンテンツ配信 エッジロケーション も! S3以外もオリ ジンに 注:このイメージはあくまでコンセプト図です
  • 39. Amazon SimpleDB 世界中に拠点あり& SimpleDB API完備 スケーリングと冗長ドメインを作り、アイテム リージョン 性が自動化されていを登録。 る ドメイン (People) アイテム名 FirstName LastName Age Middle Nationalityデータを正規化せずに Rec1 玉川 憲 34 JP Rec2 玉川 蓮 3 Ren US, JP格納することで、アクセ Rec3 小島スの効率化 ドメイン (xxxx) SQLクエリ使える 注:このイメージはあくまでコンセプト図です
  • 40. Amazon SQS (Simple Queuing Service) 世界中に拠点あり& SQS API完備 リージョン プロセス キューのアクセス権の細か プロセス な制御が可能 キュー メッセージ メッセージ長は約65K Bま で。分散キューのため順序 メッセージ キュー は変動する キュー メッセージ プロセス プロセス注:このイメージはあくまでコンセプト図です
  • 41. Amazon SNS (Simple Notification Service) 世界中に拠点あり& SNS API完備 リージョン 投稿者 トピックのアクセス権の細 トピック かな制御が可能 投稿 プロトコルは メッセージ HTTP/HTTPS、 キュー Email/Email-JSON 購読 キュー 購読者 購読者 配信注:このイメージはあくまでコンセプト図です
  • 42. 写真サイトの公開例えばこんなシステム!! モバイルアプリ S3 写真 写真 SQS EC2 キュー (WebViewer SimpleDBアプリ メッセージ サーバ) アイテム名 photo-S3 data SNS購読者へお報せ トピック メッセージ
  • 43. SmugMug Mobile for iPhone / Android
  • 44. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート ビジネスに活かす まとめ
  • 45. EC2だけではない、AWSのサービス 【メール配信】 【分散処理】 Amazon SMS AWS Elastic Amzon Elastic MapReduce 【名前解決】 Beanstalkサービス Amazon Route 53 【キューサービス】 【プッシュサービス】 Amazon SQS Amazon SNS 【RDB】 【NoSQL】 モバイルSDK データ Amazon SimpleDB for Android & iOS Amazon RDS ベース Oracle DB 11g 【仮想ディスク】 【ロードバランサー】 Amazon Appstore on RDS Amazon Elastic Amazon Elastic for Android Block store Load Balancingネットワーク&インフラ 【仮想サーバ】 【ストレージ】 【コンテンツ配信】 【仮想プライベートクラ Amazon EC2 Amazon S3 CloudFront ウド】 Amazon VPC エッジ データセンター ロケーション
  • 46. EC2だけではない、AWSのサービス 顧客中心の 【メール配信】 新サービス 【分散処理】 Amazon SMS AWS Elastic Amzon Elastic MapReduce 【名前解決】 Beanstalkサービス Amazon Route 53 【キューサービス】 【プッシュサービス】 Amazon SQS Amazon SNS 【RDB】 【NoSQL】 モバイルSDK データ Amazon SimpleDB for Android & iOS Amazon RDS ベース Oracle DB 11g 【仮想ディスク】 【ロードバランサー】 Amazon Appstore on RDS Amazon Elastic Amazon Elastic for Android Block store Load Balancingネットワーク エンタープライ&インフラ ズ対応 モバイル対応 【仮想サーバ】 【ストレージ】 【コンテンツ配信】 【仮想プライベートクラ Amazon EC2 Amazon S3 CloudFront ウド】 Amazon VPC エッジ データセンター ロケーション
  • 47. 最近の新サービス、機能のご紹介(2010年11月1日~2011年1月13日)• 新ユーザに無料使用枠 • PCI DSSサービスプロバイダ認証• S3の値下げ • モバイルSDK for iOS & Android• CFのベータがとれた • S3 の最大オブジェクトサイズを5TB• CFのカスタムオリジン • FreeBSD on Amazon EC2• S3マルチパートUpload • VmwareイメージをAmazon EC2に• クラスターGPUインスタンス 持ち込める• ISO27001認証 • フロリダにRoute 53/CFの エッジロケーション• Amazon Linux AMI 2010.11.1 • リザーブドDBインスタンスを• CloudWatch基本機能無料化 コンソールで購入可能に• CloudWatch機能強化 • AWS Import/Exportがシンガポールに (アラーム機能、 スケジュール機能etc) • AWS Policy Generator• Amazon SimpleDB BatchDelete • Elastic MapReduceのアップデート• ROUTE 53 • Amazon appstore for Android • AWS Elastic Beanstalk • Amazon Simple Email Service
  • 48. Amazon Elastic Beanstalk登場 (2011年1月)コードをアップすればAWSがWebアプリ稼働に必要なリソースを管理  アプリのデザイン/開発という付加価値の高いレイヤにリソース集中  AWSがインフラストラクチャレイヤの面倒をみる既存のAWSサービスの上に組み上げられており中身が明確に見えているプラットフォームサービス  Elastic Beanstalk自身の機能を用いて自動的に運用できる  必要に応じて、内部の動きも柔軟にコントロールすることが可能  ユーザーの使用用途にあわせて、コントロールを調整できるという点で画期的 なプラットフォームサービスといえる現時点で、Java、Apache Tomcatの環境をデフォルトで提供  WARをTomcatの環境にアップロード今後は、JavaだけでなくRubyなど数多くのプラットフォームに対応していくBeanstalkに料金はかからない'中のサービスのみ通常課金(
  • 49. AWS Elastic Beanstalk ⑤環境設定の管理 スケールアウト AWS Elastic ELB Beanstalk (ロードバラ ( ④イベント通知 ンサー) ンサー AutoScaling SNS ②自動制御 EC2インスタンス EC2インスタンス チケット管 EC2インスタンス ③ログ管理 理アプリ EC2インスタンス ji チケット管 チケット管 理アプリ チケット管 理アプリ①バージョン管理 理アプリ AMI S3 RDS アプリ RDS (リレーショ ( ナルDB) ナル
  • 50. Amazon Simple Email Service大量のメール配信をクラウドで実現  年間10億通メール配信するAmazonの技術を活用  マーケティングや顧客管理に向いている送信元のメールアドレスを、AWSで認証すれば、 そのメールから任意の宛先に任意の本文を送付可能料金  1000件につき$0.10 (EC2上からであれば2000件まで無料)  データ転送量 (In $0.1/GB, Out 0.15/GB)
  • 51. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート ビジネスに活かす まとめ
  • 52. AWSはビジネス、企業でも使えるSLA'EC2の場合=稼働時間:99.95%(提示データセンターの「地域」「ゾーン」を指定可能日本のプレミアムサポートもあるセキュリティ面でも高い評判  SAS-70 Type2、ISO27001認証、PCI DSSプロバイ ダ認証EC2/S3だけでなく、RDB、分散処理、キューイング、名前解決、など様々なサービスVPC=Virtual Private Cloud で社内アプリケーションでのクラウド適用に対応請求書払いに切り替え可能
  • 53. 世界に広がるAWSのネットワークAmazon EC2, Amazon Elastic MapReduce,Amazon SimpleDB, Amazon RDS, Amazon SQSUS East (Northern Virginia)US West (Northern California)Europe (Dublin)SingaporeAmazon S3US StandardUS West (Northern California)Europe (Dublin)SingaporeAmazon CloudFrontAshburn, VA / Dallas, TX / Los Angeles, CA / Miami, FL / Newark,NJ / Palo Alto, CA / Seattle, WA / St. Louis, MO / New York NY/Amsterdam / Dublin / Frankfurt / London / Tokyo / Hong Kong /Singapore
  • 54. AWSは最も汎用性の高いクラウドの一つフロントUI 開発言語 ミドルウェア × × HTML5 クラウド環境
  • 55. AWSのポジション 技術の親和性アプリ アプリ アプリケーショケーショ ケーショ アプリケーション ン ン ン SaaSミドルウェア ミドルウェア ミドルウェア PaaS OS 仮想OS 仮想OS 仮想 ・・・・・・ ・・・・・・ 既存社内環境 / PaaS / SaaS データセンター 従量制課金と拡張性
  • 56. Amazonのエコシステムエコシステム充実 ⇒ AWSは最大公約数の部分に重点投資 Web 受託開発 SaaS提供 ホスティング マネージド 様々なビジネスチャンス!! サービス
  • 57. クラウドでビジネスするヒントクラウドは、どこか一つを選ぶ必要はない  クラウドインテグレーション企業でも、情報系アプリケーションは事例豊富  基幹系も、バッチ処理など最適。ホスティングビジネスも、パブリッククラウドと 組み合わせを考えられる開発、テスト環境にはいますぐにでも使えるいま使い始めると、まだ先行者利益がある
  • 58. AWS日本市場への注力AWSビジネスをドライブするための日本法人の設立  Amazon Data Services Japan株式会社アジアパシフィック地域へのデータセンター増強  APACに2か所'1つはシンガポールで開設済(公認デベロッパーコミュニティ設立  JAWS-UG日本でのパートナーの拡充
  • 59. 公式デベロッパーコミュニティ 公式サイト: http://jaws-ug.jp/ ツイッターハッシュタグ #jawsugアカウントの作り方ガイドなど情報満載!
  • 60. わからない事があれば・・・日本語でフォーラムに投稿!⇒コアメンバーを中心に日本語で回答
  • 61. JAWS-UGの拡がり 札幌 金沢 仙台 福岡 東京 名古屋 大阪 女子部
  • 62. 仙台でもJAWS-UG勉強会! 2月23日
  • 63. Agenda アマゾンクラウドの本質 デモンストレーション  既存Webアプリの移行 スマートフォンとクラウド 最新情報アップデート ビジネスに活かす まとめ
  • 64. AWSのロゴに注目 @KenTamagawa: AWSは子供心を持ったエンジ ニアのためのレゴブロックです。組み合わせて自 分の思うままに作りたいものを素早く作る。 それ を世界中の人に届けられる。喜んでもらえるかも しれない。世界をより良くできる。そんなワクワク 感を皆様に感じていだけたなら幸いです
  • 65. まとめ クラウドはITにおけるデモクラシー クラウドはビジネスに効く! エンジニアは世界をより良くできる 魔法使いになれる! 世界を狙ったビジネス/サービス/アプリを!  初期投資不要で  ビジネス/開発の速度を早め  世界拠点をシームレスに
  • 66. 「造船術も大事だが、操船術がもっと大事ぜよ。」

×