• Like
Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

  • 19,725 views
Uploaded on

Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

Amazon RDS (Relational Database Service) の概要説明

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
19,725
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6

Actions

Shares
Downloads
136
Comments
0
Likes
9

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Amazon RDS(Relational Database Service) の概要説明 アマゾン データ サービス ジャパン 株式会社 エバンジェリスト / 技術推進部長 玉川 憲 (tamagawa@amazon.com) Ver0.9: 更新日: 2011年9月1日
  • 2. Amazon RDSとは? AWSがクラウド上で提供するRDBMSサービス  Webコンソールから、サイズ変更可能なDBインスタンス を、ものの数分で起動できる  RDBMSの運用保守の手間を劇的に下げる  MySQL、Oracle DBが選択可能(9/1時点)
  • 3. Amazon RDSの特徴 既に最適化され、設定と運用が容易 Webコンソールでも、APIでも操作できる RDSを用いると、下記の運用作業の手間を削減  RDBMSのインストール、設定、バックアップ  パッチ更新  レプリケーション、リードレプリカ作成と運用 作成後に、サーバースペック、ストレージ容量を変 更できる 時間単位の従量課金 と、既存ライセンス持込み (Oracle)をサポート
  • 4. Amazon RDSをご利用されているお客様(一部)
  • 5. Amazon RDS vs. RDMSを自分で管理数分で利用可能か?起動時に既に適切な設定がされているか?数クリック(もしくはAPIコール)でスケールが可能か?CPU/memoryなどのメトリクスの可視化自動バックアップバックアップやクローンのためのDBスナップショットの管理ハードウェアなど完全な環境の制御自動パッチ更新 (オプション)既存(MySQL, Oracle DB)製品との互換性同期レプリケーションと自動フェイルオーバー(MySQLのみ)
  • 6. 数分で利用可能なデータベースWebコンソール、もしくはAPIから起動可能、数分で利用可能に必要な、スペック(インスタンス・タイプ)、データベース容量を選択できる後から任意のタイミングで、変更可能料金はスペック、DBタイプにあわせ従量課金
  • 7. 起動時にパラメーターが設定済みインスタンス・タイプ(サーバーのスペック)にあわせて、適切なパラメーターが事前に設定されている追加で制御が必要な場合は、DB ParameterGroups経由で追加可能
  • 8. スケールアップ機能インスタンス・タイプに関して、Webコンソール、APIからいつでもスケールアップ、スケールダウンが可能  CPUは1ECUから26ECUまで  メモリは1.7GBから68GBまで  ディスクは5GBから1TBまで大量書き込みなどスケールアウトでの対処が難しい場合にスケールアップで対処可能  増量できても削減できないので注意が必要
  • 9. メトリクスを用いた監視CloudWatchを用いることで、主要な運用メトリクスを監視できる  追加費用は必要無  メトリクスには、CPU、メモリ、ストレージ利用料、I/O アクティビティ、DBインスタンス接続数など
  • 10. 自動バックアップ&スナップショット自動バックアップ(ポイント・イン・タイム・リカバリ)  RDSに標準装備  保存期間は最大8日間 • それより以前はスナップショット機能で対応  5分前までの任意の期間に復元可能スナップショット機能  ユーザーの任意のタイミングで、スナップショット(バッ クアップ)を作成できる(S3に保存される)  スナップショットから、何時でもRDSを復元可能
  • 11. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ RDSスナップシスナップショットョット
  • 12. セキュリティ面の強化Database Security Groupのデフォルト設定は「すべて拒否」  必要なIPアドレスを許可する  任意のEC2セキュリティグループを許可するAWS Identity Access Management (IAM)  RDS DBインスタンスへのアクセスを制御DBコネクションの暗号化サポート(現時点でMySQLのみ)  SSL認証を提供
  • 13. レプリケーションのサポート2種類のレプリケーションをサポート  マルチAZデプロイメント  リード・レプリカ
  • 14. マルチAZデプロイメントとはワンクリックで、他のAZにマスタと同期するDBを作成し、耐障害性を高めるソリューション  高い技術力を持つDBAが設計しなければいけなかっ た部分をそのままサービス化同期レプリケーション+自動フェイルオーバフェイルオーバのタイミング  パッチ適用などのメンテナンス計画停止  インスタンスやハードウェア障害
  • 15. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ マスター ホットスタ ンバイスナップシスナップショットョット マルチAZ デプロイメント
  • 16. Amazon RDS リードレプリカ 特定DBインスタンスの読み込み用のコピー 想定ユースケース  リード(読み込み)のスケーリング  マルチAZの耐障害性の代替の機能ではない マルチAZとは異なり、MySQL本来の非同期レプリ ケーションをそのまま使う  課題も同じ マルチAZとリードレプリカの併用はもちろん可能
  • 17. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ マスター ホットスタ リードレプリカ ンバイスナップシスナップショット レプリカ レプリカョット レプリカ レプリカ レプリカ
  • 18. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB自動バック自動バックアップアップ データ同期 マスター ホットスタ 自動フェイルオーバ ンバイ 非同期レプリケーションスナップシスナップショット レプリカ レプリカョット レプリカ レプリカ レプリカ
  • 19. Amazon RDS on Oracle Database 11g 2011年Q2にサービス開始  Oracle Database 11g Release 2 Oracle Database SE1, SE, EE +オプションパック ライセンス持ち込み(BYOL) か 従量課金(時間単位)  従量課金はSE1のみ 初期はシングルインスタンスでレプリケーションなどは 今後機能追加していく予定 OracleVMのハードパーティショニングで稼働
  • 20. Amazon RDSのOracleサポート ライセンス持ち込み(BYOL)  RDS部分についてはAWSプレミアムサポート (インフラ 部分含む)  AWSがパッチとアップグレードを管理  Oracleデータベースに関してはOracleサポートIDを使 ったOracle社のサポート 従量課金ライセンス  RDS部分およびOracleに関してもAWSプレミアムサポ ートでカバー
  • 21. Oracle RDSの利点 即座にOracleが利用可能なので、ビジネスの投 入までの時間が劇的に改善する DBAの時間を煩雑なDBの管理から、より顧客の ビジネスそのものに注力できる Oracle EEをフィージビリティ検証などの初期段階 で従量課金で使うことが出来る。その後本番環境 ではBYOLに切り替えて使うことが出来る。
  • 22. さいごにRDSはデータベースのクラウドサービスで、既存RDBMSの運用保守の手間を、劇的に下げる  管理性 - 自動バックアップ、スナップショット等  可用性 – マルチAZ  スケーラビリティ - リードレプリカ等BCPの観点でも、RDSを用いることで、マルチAZ、自動バックアップ、スナップショット、を容易に利用できる
  • 23. Amazon RDSプライシング (2011年9月1日時点) MySQLの標準価格
  • 24. Amazon RDSプライシング(2011年9月1日時点) MySQLのMultiAZ価格
  • 25. Amazon RDSプライシング(2011年9月1日時点) AWSライセンス BYOL Oracleの標準価格 25
  • 26. Acknowledgement 大谷晋平 (@shot6) ソリューションアーキテクト