Your SlideShare is downloading. ×
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Determining Models in Requirement Development
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Determining Models in Requirement Development

1,326

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2010年2月定例会発表資料です。 開催時のTwitterまとめはこちら→http://togetter.com/li/7217 …

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2010年2月定例会発表資料です。 開催時のTwitterまとめはこちら→http://togetter.com/li/7217
Open Community "Requirement Development Alliance" 2010 February regular
meeting of the presentation materials.

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,326
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
25
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 要求開発モデリングの 使い分け、適用場面 株式会社 匠BusinessPlace 細川 努 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 2. 要求開発におけるモデリング システムのための“価値のある要求”を開発するために ビジネス戦略・業務・システム要求を見える化する 戦略 デザイン ビジネス戦略 業務 ビ BSC戦略マップ ゴール記述書 ビジネスユースケース ジ 要求分析ツリー 長期の株主価値 プロジェクト定義 概念モデル ネ 財務の 視点 原価構造の改善 資産の有効活用 収益機会の拡張 顧客価値の向上 顧客への価値提案 顧客の パートナー 視点 価格 品質 入手可能性 品揃え 機能性 サービス シップ ブランド 業務フロー 製品/サービスの属性 関連性 イメージ 業務管理の 顧客管理の イノベーション 規制と社会の プロセス プロセス のプロセス プロセス 内部 ・調達 ・顧客の選別 ・機会の識別 ・環境 プロセスの ・生産 ・顧客の獲得 ・R&Dポートフォリオ ・安全衛生 ・配送 ・顧客の維持 ・設計/開発 ・雇用 視点 ス ・リスクマネジメント ・顧客との関係強化 ・市場投入 ・地域社会 スキル 人的資本 訓練 知識 学習と 成長の システム 情報資本 データベース ネットワーク 視点 組織文化 リーダーシップ 組織資本 戦略への 方向づけ チームワーク システムユースケース シ 設計モデル ス 非機能要件 テ ム システム要求 システム設計 2 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 3. ポイント1 戦略マップは必要か? 要求開発のためには はぁ?…… 戦略マップが (よくわかんないよ) 必要なんです! 戦略マップ 利益向上 財務の視点 売上増 コスト削減 顧客の視点 低価格化 ブランド力向上 業務プロセス 生産業務 店舗業務 在庫削減 の視点 改善 改善 学習と成長 社員教育 の視点 の徹底 3 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 4. ポイント1 戦略マップは必要か? 必要な場合 そうでもない場合 ・全社レベルでの改革型要求開発 ・業務とシステムの継続的改善 プロジェクト (全くいらないというわけではない) ・組織改革を伴う要求開発(組織の ・既に全社レベルの戦略マップが存 役割や見直しが伴うため、戦略の 在する場合 見える化が必要) (新たに作る必要はないというだけ) ・複数部門が関係する要求開発 4 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 5. ポイント1 戦略マップの上手な使い方 対象を絞り込む なるべくシンプルに 重要な部分に絞り込んで 複雑な戦略マップは 戦略マップを書く 見てもらえない 戦略マップ 利益向上 財務の視点 売上増 コスト削減 顧客の視点 低価格化 ブランド力向上 業務プロセス 生産業務 店舗業務 在庫削減 の視点 改善 改善 学習と成長 社員教育 の視点 リバースさせる の徹底 ブレークダウンする 現状の中期経営計画や 部門としての戦略マップ 企画書をリバースして を作らせる 当事者自身に納得させる 5 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 6. ポイント2 要求分析ツリーは難しい? 経営の視点 業務の視点 情報システムの視点 (財務の視点) (内部プロセスの視点) (学習と成長の視点) 課題 解決策 新規顧客の 獲得 既存顧客の リピート率 販売数量の 拡大 低価格化・ 値引き 売上の拡大 マーケティ 余剰在庫が発生 ング し、在庫管理コス トが急増している 販売単価の 高級化 向上 収益の向上 自動発注システ 原価の削減 ム 機能を導入し 最適な発注量の 変動費削減 自動計算と自動 発注を実現 歩留り率の 発注量の最 発注量の自 改善 適化 動計算 コスト削減 在庫の最適 不要資産の 化 処分 固定費削減 在庫の減少 仕入リード 自動発注 タイム短縮 6 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 7. ポイント2 要求分析ツリーは難しい? いいところ 悪いところ(?) ビジネス要求、業務要求、 電子回路図みたいに システム要求が俯瞰できる 複雑になってしまう 経営の視点 業務の視点 情報システムの視点 (財務の視点) (内部プロセスの視点) (学習と成長の視点) 課題 解決策 新規顧客の 獲得 既存顧客の リピート率 販売数量の 拡大 低価格化・ 値引き 売上の拡大 マーケティ 余剰在庫が発生 ング し、在庫管理コス トが急増している 販売単価の 高級化 向上 収益の向上 自動発注システ 原価の削減 ム 機能を導入し 最適な発注量の 変動費削減 自動計算と自動 発注を実現 歩留り率の 発注量の最 発注量の自 改善 適化 動計算 コスト削減 在庫の最適 不要資産の 化 処分 固定費削減 在庫の減少 仕入リード 自動発注 タイム短縮 7 www.takumi-businessplace.co.jp
  • 8. ポイント3 要求開発に時間がかかりすぎる ・現状と、新規の両方のモデルを作った ら、時間ばかりかかって…. ・関連する業務の業務フローを作ってい たら数百枚になってしまいました(涙) 8 www.takumi-businessplace.co.jp

×