Agile UX and Requirement Development

1,433 views
1,357 views

Published on

オープンコミュニティ「要求開発アライアンス」(http://www.openthology.org)の2010年9月定例会発表資料です。
Open Community "Requirement Development Alliance" 2010/09 regular meeting of the presentation materials.

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,433
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile UX and Requirement Development

  1. 1. アジャイルUXと要求開発 細川 努
  2. 2. UCD(User Centric Design) ユーザーのニーズを重視して、インターフェースや機能の 設計をおこなうアプローチ HCDの ユーザー要求の獲得 利用の状況 ・アンケート 必要性の の ・インタビュー ・エスノグラフィー 特定 把握と理解 システムが デザイン/設計の妥当性 要求事項に ユーザーと ユーザー要求の見える化 特定のユー ・ユースケース図 ・ユーザービリティテスト 対する設計 ザー及び組 組織の要求 ・ペルソナ ・パフォーマンステスト 織の要求事 ・評価チェックリスト の評価 事項の明示 ・シナリオベースデザイン 項を満足 ISO13407 Human-Centric-Design 設計による 等を参考として作図 解決策の作 デザイン/設計の具体化 成 ・対話の原則 ・対話設計8つの黄金律 ・ガイドライン 2
  3. 3. アジャイルUX UXとアジャイル開発を組み合わせることによって ユーザーの要望を迅速にフィードバックしながら ソフトウェア機能の開発・提供を行う UXプロセス アジャイルプロセス ユーザー 利用状況の 把握と理解 ユーザーと組織の 要求事項の明示 バックログ 設計による 解決策の作成 要求事項に対する 設計の評価 実現された 機能の提供 3
  4. 4. アジャイルUXの活用場面 ・インターネットユーザーへのサービス構築 ・ユーザー企業内の現場への業務システム構築 4
  5. 5. 要求開発とアジャイルUX ・UCDは、要求獲得のための有効なアプローチ 必要に応じて要求開発の中でUCDを用いても良いのでは ・ユーザーインターフェースだけでなく 価値を生むには、UIだけでなく、人間系のプロセス などの見直しも必要(要求開発の得意分野) 5

×