10分でわかるFuelPHP @ 2011/12

17,624 views
17,488 views

Published on

PHP 5.3用フレームワーク「FuelPHP」の紹介プレゼン資料

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
17,624
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

10分でわかるFuelPHP @ 2011/12

  1. 1. 10分でわかるFuelPHPA simple, flexible, community driven PHP5.3 framework. 2011/12/25 Kenji Suzuki
  2. 2. FuelPHPとは? コミュニティで開発されている オープンソースのPHPフレームワーク 2011/7/30、初の公式リリース1.0.0 公式サイト http://fuelphp.com/
  3. 3. FuelPHPとは? MITライセンス PHP 5.3以降 いろいろなフレームワークのいいとこ取り ➔ CodeIgniter ➔ Kohana ➔ Symfony ➔ Rails
  4. 4. FuelPHPとは? 2010/後半 開発開始 2011/01/08 1.0.0-BETA1リリース 2011/07/30 1.0.0公式リリース 2011/10/25 1.1.0-RC1リリース 2011/12/13 1.1.0公式リリース(←今ここ)
  5. 5. FuelPHPとは? 世界第x位のPHPフレームワーク Googleトレンドによる検索数
  6. 6. FuelPHPとは? 世界第x位のPHPフレームワーク このへん Googleトレンドによる検索数
  7. 7. FuelPHPの利用例Under Construction http://
  8. 8. フレームワークとは? Webアプリケーションフレームワークとは? ➔ Webアプリケーションを作成する 「枠組み」 ➔ 機能としては • 過去のプログラミングの経験則の 規約化する • 頻繁に使う機能を抽象化する (モジュール化、ライブラリ化) ➔ Webアプリケーション全体を 見通しよく開発できるようにするもの
  9. 9. FuelPHPに向いている人 CodeIgniterを知っている人 ➔ 開発者がCodeIgniter系の人なので、 かなり似てます Kohanaを知っている人 ➔ Kohanaも参考に作られていますので、 さらに似てます(Kohana+α=FuelPHP) Configuration over Convention ➔ 規約が嫌いな人 ➔ CodeIgniter系のフレームワークですので、強制 的な規約は最小限になっています
  10. 10. FuelPHPに向いている人 軽量・高速のフレームワークが好きな人 フレームワークをいろいろ拡張したい人 ➔ CodeIgniterのように拡張できます 見やすいドキュメントが好きな人 ➔ CodeIgniterのユーザガイドのように 見やすいです ➔ (ただし英語、しかも完全なドキュメントではあり ません) コマンドラインが好きな人(嫌いでも可)
  11. 11. FuelPHPに向いている人 他のフレームワークに挫折した人 ➔ 規約が多すぎて覚えきれない ➔ デカすぎてソース読めないから嫌 ➔ ただし、OOPになれてないと難しいかも ➔ ぶっちゃけ、クラスって何?という人は無理
  12. 12. FuelPHPを使うメリット 高速な動作 ➔ 軽量で動作が高速 最新のPHPフレームワーク ➔ PHP5.3以降なので、5.3の機能をフルに使 える コードや仕様がクリーン ➔ PHP5.3でゼロから書かれたフレームワーク なので、完全にOOPであり、クリーンなコー ド ➔ PHP4を引きずっていたりしない
  13. 13. FuelPHPを使うメリット バランス ➔ CodeIgniterよりは広い範囲をカバーして いる ➔ ビューのレイアウト機能、モデルのCRUD機 能、認証ライブラリ、ORMなど コマンドラインによるパワフルな機能 ➔ ScaffoldingやMigration
  14. 14. MVCモデルとは? Controller(コントローラ)は、 入力データに従って適切なデータを呼び出し ModelやViewの連携など、アプリケーション 全体の制御を行う Model(モデル)は、 データベースへのアクセスやデータの修正/ 加工などのデータの管理を行う View(ビュー)は、 処理結果の表示など、画面表示を担当する
  15. 15. MVCモデル Controller・リクエスト 流れの制御など 呼び出し・データ入力 結果 結果 Model 結果 呼び出し データの管理 View 画面表示
  16. 16. FuelPHPのフォルダ構成 公式ドキュメント アプリケーションを配置 FuelPHP本体 FuelPHPのパッケージ oilコマンド Web公開領域 フロントコントローラ
  17. 17. FuelPHPのフォルダ構成 アプリケーションを配置 ブートストラップ キャッシュフォルダ クラスを配置 コントローラを配置 モデルを配置 ビューモデルを配置 設定ファイルを配置 言語ファイルを配置 ログフォルダ マイグレーションファイルを配置 モジュールを配置 タスクを配置 tmpフォルダ サードパーティライブラリを配置 ビューを配置
  18. 18. FuelPHPのURLの構造 URLの構造http://example.jp/コントローラ/メソッド/引数 http://example.jp/shop/search/123 class Controller_Shop extends Controller { ... function action_search($id) { ... } }
  19. 19. Controller Controllerクラスを継承 クラス名には先頭に「Controller_」を付ける 「Controller_」の後の単語の先頭は大文字 アクションメソッド名には先頭に「action_」を 付ける ファイル名やフォルダ名はすべて小文字 (FuelPHPでの共通の規約) クラス名の中の「_」はフォルダ区切りを意味 する
  20. 20. Controller action_index()メソッドはデフォルトメソッド ➔ http://example.jp/time/ fuel/app/classes/controller/time.php class Controller_Time extends Controller { public function action_index() { // タイトル $data[title] = 時刻メッセージ; // 現在の時刻 $data[now_time] = date("H時i分s秒"); // テンプレートに変数を代入 $this­>response­>body = View::forge( time_view, $data ); } }
  21. 21. Controller クラス名とファイル名の対応 class Controller_Time_Message ➔ controller/time/message.php ➔ http://example.jp/time/message class Controller_Time ➔ controller/time.php ➔ function action_message() ➔ http://example.jp/time/message 両方あったら? ➔ class Controller_Timeが優先
  22. 22. Controller URLとクラス名の対応 http://example.jp/time_message ➔ class Controller_Time_Message ➔ controller/time_message.php ➔ クラス名の「_」はフォルダ区切りになるので これは使えない → 404
  23. 23. Controller URLとクラス名の対応 http://example.jp/time/time_message ➔ class Controller_Time ➔ controller/time.php ➔ function action_time_message() ➔ メソッド名の「_」はOK
  24. 24. Controller 拡張したクラス Template Controller ➔ ビューのレイアウト機能を追加したもの ➔ Controller_Templateクラスを継承する Rest Controller ➔ RESTfulなコントローラ ➔ Controller_Restクラスを継承する
  25. 25. View  標準のビューファイルは、 単なるPHPファイルfuel/app/view/time_view.php<html><head><title><?php echo $title; ?></title></head><body><?php echo $now_time; ?></body></html> Controllerのコード $data[title] = 時刻メッセージ; $data[now_time] = date("H時i分s秒"); $this­>response­>body = View::forge( time_view, $data);
  26. 26. View (オプション)Parserモジュール 以下のテンプレートを標準でサポート ➔ SimpleTags ➔ Mustache ➔ Twig ➔ Jade ➔ Haml ➔ Smarty packages/parser/README.md参照
  27. 27. Model オプション(使わないことも可能) ただのPHPのクラス データベース・アクセスの方法 1. DB::query() 2. Query Builder 3. ORMパッケージ
  28. 28. DB::query()// SQLクエリの実行$result = DB::query(SELECT * FROM `posts`)­>execute();// 表示処理foreach ($result­>as_array() as $row){ echo $row[id]      .  ; echo $row[title]   .  ; echo $row[summary] . <br />;}echo レコード数:  . count($result);
  29. 29. Query Builder// SQLクエリの実行$result = DB::select(*)­>from(posts)­>execute();// 表示処理foreach ($result­>as_array() as $row){ echo $row[id]      .  ; echo $row[title]   .  ; echo $row[summary] . <br />;}echo レコード数:  . count($result);
  30. 30. ORM1. config.phpでの設定2. Modelの作成3. クエリの実行
  31. 31. Model Modelクラスを継承 fuel/app/classes/model/post.php class Model_Post extends Model { function find_all() { ... } } または namespace Model; class Post extends Model { function find_all() { ... } }
  32. 32. Modelの使い方 その1 メソッドを呼び出す $data[posts] = Model_Post::find_all(); Modelのコード class Model_Post extends Model { function find_all() { ... } }
  33. 33. Modelの使い方 その2 メソッドを呼び出す $data[posts] = ModelPost::find_all(); Modelのコード namespace Model; class Post extends Model { function find_all() { ... } }
  34. 34. Model 拡張したクラス Model_Crudクラス ➔ CRUD機能を追加したもの ➔ Model_Crudクラスを継承する
  35. 35. ORM1. config.phpでの設定fuel/app/config/config.php always_load  => array( packages  => array( orm, //auth, ), ),
  36. 36. ORM 2. Modelの作成fuel/app/classes/model/post.php<?phpnamespace Model;class Post extends OrmModel{ protected static $_properties = array( id, title, summary, body,  created_at, updated_at, ); protected static $_observers = array( OrmObserver_CreatedAt =>  array(events=>array(before_insert)), OrmObserver_UpdatedAt =>  array(events=>array(before_save)), );}※ $_propertiesでカラム名を定義する
  37. 37. ORM 3. クエリの実行// SQLクエリの実行$result = ModelPost::find(all);// 表示処理foreach ($result as $row){ echo $row[id]      .  ; echo $row[title]   .  ; echo $row[summary] . <br />;}echo レコード数:  . count($result);
  38. 38. Coreクラス  どんなものがあるか?Agent Database Fuel Mongo_Db StrArr Date Html Num UploadAsset Debug Image Package UriAutoloader Event Inflector Pagination ValidationCache Fieldset Input Redis ViewCli File Lang RequestConfig Form Log ResponseCookie Format Migrate SecurityCrypt Ftp Model_Crud Session
  39. 39. クラスの使い方 静的な呼び出し echo Form::open(uri/to/form); 出力されるHTML <form action="http://localhost/blog/uri/to/form"  accept­charset="utf­8" method="post">
  40. 40. クラスの使い方 インスタンス化 $val = Validation::forge(); $val­>add(title, Title) ­>add_rule(required); if ($val­>run()) { ... } else { ... }
  41. 41. FuelPHPのセキュリティ フールプルーフではない! ➔ フールプルーフとは? 「よくわかっていない人が扱っても安全」 -- http://e-words.jp/ ➔ ○○を使っていれば安全 ただし、FuelPHPには、 ➔ デフォルトのセキュリティ機能 ➔ 手動で利用するセキュリティ機能 • フレームワークを使わない場合より、 かなり安全
  42. 42. FuelPHPのセキュリティ デフォルトのセキュリティ機能 ➔ Output encoding • viewへの変数はHTMLエスケープ • config.phpのsecurity.output_filter • デフォルトはSecurity::htmlentities ➔ URL encoding • URLもHTMLエスケープ • config.phpのsecurity.uri_filter • デフォルトはSecurity::htmlentities ➔ SQL injection対策 • Query BuilderやORMでは自動エスケープ
  43. 43. FuelPHPのセキュリティ セキュリティ機能 ➔ Input filtering • config.phpのsecurity.input_filter ➔ CSRF保護 • 自動ではないが支援機能あり ➔ XSS filtering • HTMLawedというライブラリが付属している
  44. 44. FuelPHPの高い拡張性 Coreクラス ➔ 継承・置き換え可能 • コアクラスを置き換えずに拡張する • コアクラスを拡張し、置き換える • パッケージからコアを拡張する
  45. 45. 公式ドキュメントの翻訳 https://github.com/NEKOGET/FuelPHP_docs_jp http://press.nekoget.com/fuelphp_doc/ 翻訳を手伝ってくれる人を募集中
  46. 46. FuelPHPについての日本語情報 FuelPHP まとめ Wiki http://fuelphp.phpfogapp.com/wiki/ FuelPHP Advent Calendar 2011 http://atnd.org/events/22380
  47. 47. まとめ FuelPHPは、シンプルでフレキシブルなコミュ ニティにより開発されているPHP5.3のフレー ムワークです。 公式ドキュメントの翻訳を手伝ってくれる人を 募集しています。

×