Mar. 21, 2014
Code for Kanazawa
- コードで世界をHappyに! -
Introduction
福島 健一郎 @kenchif / fb:kenichirofukushima
!
アイパブリッシング(株)代表取締役
 スマートフォンアプリ/サイト/サービスの企画開発
!
富山大学芸術文化学部 非常勤講師
金沢科学技術専門学校情報工学科 非...
金沢市公式アプリ
• 金沢市公式の住民向けアプリ
• 施設情報検索を中心に、市からのお知らせや防災ニュースなども閲覧できる
• また、施設情報などを2次利用できる形としても公開している(オープンデータ)
かなざわ避難支援ナビ
• 金沢市スマホアプリコンテスト2013「オープンデータ部門」グランプリ
• 気象庁や金沢市の警報や避難情報をもとに適切な避難場所をナビ
• 災害の種類に応じて、避難所を選ぶ
Code for Kanazawa
きっかけはCODE for AMERICA
その後、2012年5月から1年かけてベースを作りました
Code for Kanazawa 2013年5月に9人で設立
現在、25名のメンバーが中心に活動
金沢市をはじめとして自治体とも連携
!
2014年2月28日 一般社団法人化
メンバーはエンジニア?
いいえ、多種多様です
エンジニアは半分くらい…
でも、それがちょうどいいぐらい
コードを書くだけでなく、
課題を考えたり、
マニュアルを整備したり、
イベント準備したり…
✤ ミッション:

自らが書くコードによって地域の様々な社会問題を解決する
✤ ポジション:

CfKは行政や民間企業の影響を受けず、中立・公益な立場から物事を判断する

定期的に行政とミーティングの場を持ち、協働していく

また、民間ができる...
Code for Kanazawaの成り立ちについては…
・地域におけるCivic Techの重要性 ∼ Code for Kanazawaの取り組み ∼

(http://qiita.com/kenchif/items/ada04e83738...
ゴミをいつ捨てればいいか分かるアプリ
5374(ゴミナシ).jpのリリース
http://5374.jp/
CfK最初の成果物
5374(ゴミナシ).jp
ソースコードはGitHubにて公開
https://github.com/
codefo...
オープンデータ流通推進コンソーシアム勝手表彰
5374(ゴミナシ)が優秀賞&OKFJ賞
でも考えてみよう…
作ることが目的ではないですよ
5374(ゴミナシ)は
シビックテックの教材としては
とても扱いやすい
だから作ることがゴールとなりやすい
大事なのは、市民に使ってもらうこと
そのための活動も大事
サービスを継続できる体制も大事
5374のチラシ用カードを作り
市内のゴミイベントで配布
メディアやイベントで宣伝(写真は一部)
5374を使っているという声を
まわりで聞くようになった
毎日100人程度が利用
より良いサービスを
地域のために継続していくために
一般社団法人へ
1.地域の問題を見つけて整理する(重要なものを見つける)
2.どう解決するべきか考える

(全てのステークホルダーを考えることが重要)
3.それをITやデザインで「安価に」「効率的に」解決できないか考える

必ずしもITが必要でない場合もあるか...
参加してみませんか?
動機は何でもいいし、単純でいい
参加できる時間も自由
僕らの力で、僕らが住みやすいと思う町を作りたい
Code for Kanazawaはそのためにあります!
ぜひ、JOINを!
Code for Kanazawa
コードで世界をHappyに
Code for Kanazawa
Code for Kanazawa for I-ITFES2014
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Code for Kanazawa for I-ITFES2014

455 views

Published on

2014年3月21日(金)に開催された石川ITフェスティバル2014二日目のプレゼン資料です。
主に石川県内の方々に、Code for Kanazawaやシビックテックについて知って頂きたくて、まとめてあります。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
455
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Code for Kanazawa for I-ITFES2014

  1. 1. Mar. 21, 2014 Code for Kanazawa - コードで世界をHappyに! -
  2. 2. Introduction
  3. 3. 福島 健一郎 @kenchif / fb:kenichirofukushima ! アイパブリッシング(株)代表取締役  スマートフォンアプリ/サイト/サービスの企画開発 ! 富山大学芸術文化学部 非常勤講師 金沢科学技術専門学校情報工学科 非常勤講師 ! 一般社団法人 コード・フォー・カナザワ(Code for Kanazawa) 代表理事 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン(Code for Japan) コアメンバー Spending Nonoichi 代表 ! 「スマートフォン&タブレット アプリ開発社年鑑2014」(マイナビ)共著 ITBP武蔵アドバイザー、CVCK(クリエイティブベンチャーシティ金沢)アワード審査員など
  4. 4. 金沢市公式アプリ • 金沢市公式の住民向けアプリ • 施設情報検索を中心に、市からのお知らせや防災ニュースなども閲覧できる • また、施設情報などを2次利用できる形としても公開している(オープンデータ)
  5. 5. かなざわ避難支援ナビ • 金沢市スマホアプリコンテスト2013「オープンデータ部門」グランプリ • 気象庁や金沢市の警報や避難情報をもとに適切な避難場所をナビ • 災害の種類に応じて、避難所を選ぶ
  6. 6. Code for Kanazawa
  7. 7. きっかけはCODE for AMERICA その後、2012年5月から1年かけてベースを作りました
  8. 8. Code for Kanazawa 2013年5月に9人で設立 現在、25名のメンバーが中心に活動 金沢市をはじめとして自治体とも連携 ! 2014年2月28日 一般社団法人化
  9. 9. メンバーはエンジニア?
  10. 10. いいえ、多種多様です
  11. 11. エンジニアは半分くらい… でも、それがちょうどいいぐらい
  12. 12. コードを書くだけでなく、 課題を考えたり、 マニュアルを整備したり、 イベント準備したり…
  13. 13. ✤ ミッション:
 自らが書くコードによって地域の様々な社会問題を解決する ✤ ポジション:
 CfKは行政や民間企業の影響を受けず、中立・公益な立場から物事を判断する
 定期的に行政とミーティングの場を持ち、協働していく
 また、民間ができることはできるだけ民間に任せる ✤ 権利:
 継続的なサービス運営のために著作権等の権利はCfKに帰属 ✤ 資金:
 寄付、助成金を中心に運営(したい)
 Code for Americaのfellowship型についても検討
 ※資金獲得については今後の大きな課題 Code for Kanazawaの主要なポリシー
  14. 14. Code for Kanazawaの成り立ちについては… ・地域におけるCivic Techの重要性 ∼ Code for Kanazawaの取り組み ∼
 (http://qiita.com/kenchif/items/ada04e837380e9acfc68) ! Code for Xについては… ・Code for Xの作り方(http://kenchif.wordpress.com/2014/01/08/ code-for-x%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9/)
  15. 15. ゴミをいつ捨てればいいか分かるアプリ 5374(ゴミナシ).jpのリリース http://5374.jp/ CfK最初の成果物 5374(ゴミナシ).jp ソースコードはGitHubにて公開 https://github.com/ codeforkanazawa-org/5374 ! 石川県金沢市版を発表後、 北海道から沖縄までの各市町の 5374が地元有志の手で立ち上げ 2014.03.21現在 22都市
  16. 16. オープンデータ流通推進コンソーシアム勝手表彰 5374(ゴミナシ)が優秀賞&OKFJ賞
  17. 17. でも考えてみよう…
  18. 18. 作ることが目的ではないですよ
  19. 19. 5374(ゴミナシ)は シビックテックの教材としては とても扱いやすい
  20. 20. だから作ることがゴールとなりやすい
  21. 21. 大事なのは、市民に使ってもらうこと
  22. 22. そのための活動も大事 サービスを継続できる体制も大事
  23. 23. 5374のチラシ用カードを作り 市内のゴミイベントで配布
  24. 24. メディアやイベントで宣伝(写真は一部)
  25. 25. 5374を使っているという声を まわりで聞くようになった
  26. 26. 毎日100人程度が利用
  27. 27. より良いサービスを 地域のために継続していくために 一般社団法人へ
  28. 28. 1.地域の問題を見つけて整理する(重要なものを見つける) 2.どう解決するべきか考える
 (全てのステークホルダーを考えることが重要) 3.それをITやデザインで「安価に」「効率的に」解決できないか考える
 必ずしもITが必要でない場合もあるかもしれない 4.オープンデータが必要なら利用 or 要請する 5.コードを書く CfKが考えるCivic Techの流れ - これはエンジニアだけではできないこと - 色々なスキルを持つ人たちが皆で地域を変える意識が必要 - ITはそのための有効な道具となる
  29. 29. 参加してみませんか?
  30. 30. 動機は何でもいいし、単純でいい 参加できる時間も自由
  31. 31. 僕らの力で、僕らが住みやすいと思う町を作りたい Code for Kanazawaはそのためにあります!
  32. 32. ぜひ、JOINを! Code for Kanazawa
  33. 33. コードで世界をHappyに Code for Kanazawa

×