Code for Japan CfXキャプテンオンラインMTG vol.1

  • 309 views
Uploaded on

Code for XのキャプテンだけのオンラインMTGで発表した資料です。

Code for XのキャプテンだけのオンラインMTGで発表した資料です。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
309
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Apr. 1, 2014 Code for Kanazawa - CfX Captain MTG Vol.1 -
  • 2. 福島 健一郎 @kenchif / fb:kenichirofukushima ! アイパブリッシング(株)代表取締役  スマートフォンアプリ/サイト/サービスの企画開発 ! 富山大学芸術文化学部 非常勤講師 金沢科学技術専門学校情報工学科 非常勤講師 ! 一般社団法人 コード・フォー・カナザワ(Code for Kanazawa) 代表理事 一般社団法人 コード・フォー・ジャパン(Code for Japan) コアメンバー Spending Nonoichi 代表 ! 「スマートフォン&タブレット アプリ開発社年鑑2014」(マイナビ)共著 ITBP武蔵アドバイザー、CVCK(クリエイティブベンチャーシティ金沢)アワード審査員など
  • 3. Code for Kanazawa
  • 4. きっかけはCODE for AMERICA その後、2012年5月から1年かけてベースを作りました
  • 5. Code for Kanazawa 2013年5月に9人で設立 現在、30名のメンバーが中心に活動 金沢市をはじめとして自治体とも連携 ! 2014年2月28日 一般社団法人化
  • 6. メンバーはエンジニア?
  • 7. いいえ、多種多様です
  • 8. エンジニアは半分くらい… でも、それがちょうどいいぐらい
  • 9. コードを書くだけでなく、 課題を考えたり、 マニュアルを整備したり、 イベント準備したり…
  • 10. ✤ ミッション:
 自らが書くコードによって地域の様々な社会問題を解決する ✤ ポジション:
 CfKは行政や民間企業の影響を受けず、中立・公益な立場から物事を判断する
 定期的に行政とミーティングの場を持ち、協働していく
 また、民間ができることはできるだけ民間に任せる ✤ 権利:
 継続的なサービス運営のために著作権等の権利はCfKに帰属 ✤ 資金:
 寄付、助成金を中心に運営(したい)
 Code for Americaのfellowship型についても検討
 ※資金獲得については今後の大きな課題 Code for Kanazawaの主要なポリシー
  • 11. Code for Kanazawaの成り立ちについては… ・地域におけるCivic Techの重要性 ∼ Code for Kanazawaの取り組み ∼
 (http://qiita.com/kenchif/items/ada04e837380e9acfc68) ! Code for Xについては… ・Code for Xの作り方(http://kenchif.wordpress.com/2014/01/08/ code-for-x%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9/)
  • 12. ゴミをいつ捨てればいいか分かるアプリ 5374(ゴミナシ).jpのリリース http://5374.jp/ CfK最初の成果物 5374(ゴミナシ).jp ソースコードはGitHubにて公開 https://github.com/ codeforkanazawa-org/5374 ! 石川県金沢市版を発表後、 北海道から沖縄までの各市町の 5374が地元有志の手で立ち上げ 2014.03.21現在 22都市
  • 13. オープンデータ流通推進コンソーシアム勝手表彰 5374(ゴミナシ)が優秀賞&OKFJ賞
  • 14. でも考えてみよう…
  • 15. 作ることが目的ではないですよ
  • 16. 5374(ゴミナシ)は シビックテックの教材としては とても扱いやすい
  • 17. だから作ることがゴールとなりやすい
  • 18. 大事なのは、市民に使ってもらうこと
  • 19. そのための活動も大事 サービスを継続できる体制も大事
  • 20. 5374のチラシ用カードを作り 市内のゴミイベントで配布
  • 21. メディアやイベントで宣伝(写真は一部)
  • 22. 5374を使っているという声を まわりで聞くようになった
  • 23. より良いサービスを 地域のために継続していくために 一般社団法人へ
  • 24. 1.地域の問題を見つけて整理する(重要なものを見つける) 2.どう解決するべきか考える
 (全てのステークホルダーを考えることが重要) 3.それをITやデザインで「安価に」「効率的に」解決できないか考える
 必ずしもITが必要でない場合もあるかもしれない 4.オープンデータが必要なら利用 or 要請する 5.コードを書く CfKが考えるCivic Techの流れ - これはエンジニアだけではできないこと - 色々なスキルを持つ人たちが皆で地域を変える意識が必要 - ITはそのための有効な道具となる
  • 25. 参加してみませんか?
  • 26. 動機は何でもいいし、単純でいい 参加できる時間も自由
  • 27. 僕らの力で、僕らが住みやすいと思う町を作りたい Code for Kanazawaはそのためにあります!
  • 28. そして次は…
  • 29. シビックテックにおいて、 リアルな結びつきはとても大切
  • 30. 実際に気軽に会える距離は大事!
  • 31. 各地のCfXが地域間連携でつながる 緩やかな連携組織が必要なのでは?
  • 32. それでもっと大きなこともできる ! じゃあ、例えば、 Code for Hokuriku!
  • 33. こうしたリアルな結びつきが ネットワーク的に拡がる形こそが Code for Japanではないか
  • 34. 地域のキャプテンこそ主役 皆さん、頑張りましょう!
  • 35. コードで世界をHappyに Code for Kanazawa