Possibilities of material research repository "NIMS eSciDoc" as e-Science(Masao Takaku)

1,102 views
1,057 views

Published on

「eScienceとしての材料研究リポジトリ“NIMS eSciDoc”の 可能性」

高久 雅生(独立行政法人物質・材料研究機構, 科学情報室 主任エンジニア)

材料科学をテーマとした分野リポジトリとして、ドイツのマックスプランクデジタルライブラリーと開発を進めている“NIMS eSciDoc”について研究者中心の設計からeScienceまでの展望を紹介する。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,102
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Possibilities of material research repository "NIMS eSciDoc" as e-Science(Masao Takaku)

  1. 1. eScience としての材料研究リポジトリ“ NIMS eSciDoc” の可能性 高久雅生 物質・材料研究機構 科学情報室 [email_address] Open Access Friday 2009 2009-10-23
  2. 2. eScience / eResearch への関わり Open Access Friday 2009 2009-10-23 <ul><li>eScience/eResearch </li></ul><ul><ul><li>インターネットをはじめとする分散情報環境の上での情報共有を通じて学術研究を推進 </li></ul></ul><ul><li>情報共有の方法 </li></ul><ul><li>情報発信の方法 </li></ul><ul><li>機関の Visibility Up </li></ul><ul><li>成果公開、広報 </li></ul>ラボ内の情報共有ツール 機関リポジトリ
  3. 3. NIMS の紹介 <ul><li>物質・材料研究機構 (NIMS) </li></ul><ul><ul><li>物質・材料分野の研究型独立行政法人 </li></ul></ul><ul><ul><li>定年制研究職:約 420 名 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>研究者総数 :約 1,300 名 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>年間の研究発表 ( 2008 年) : 約 2,000 件強 </li></ul></ul><ul><li>論文被引用数 </li></ul><ul><ul><li>材料科学分野で世界第 3 位 </li></ul></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23
  4. 4. <ul><li>eSciDoc 共同研究開発 (NIMS-MPDL) </li></ul><ul><ul><li>2008 年度から 3 年間の共同研究開発契約 </li></ul></ul><ul><ul><li>MPDL (Max Planck Digital Library), Germany </li></ul></ul><ul><ul><li>eSciDoc (ディジタル図書館基盤ソフトウェア)の活用 </li></ul></ul><ul><ul><li>単一機関の枠を超えた連携可能性 </li></ul></ul><ul><li>-> 開発の場へコミットしながら、現場での運用を目指す </li></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23 NIMS におけるデジタルライブラリー構想
  5. 5. eSciDoc の特徴 <ul><li>eScience 情報の長期保存、発信 </li></ul><ul><li>MPDL, FIZ Karlsruhe (ドイツ)の共同開発 </li></ul><ul><ul><li>オープンソースソフトウェア (Open source software) </li></ul></ul><ul><li>SOA (Service-oriented architecture) </li></ul><ul><ul><li>公開 API の活用を前提とした相互運用 </li></ul></ul><ul><li>データストア: Fedora (リポジトリ基盤ソフトウェア) </li></ul><ul><ul><li>RDF をベースとした柔軟なアイテムレコード間の関連付けが可能 </li></ul></ul><ul><li>各種アプリケーション </li></ul><ul><ul><li>PubMan: 文献情報リポジトリ </li></ul></ul><ul><ul><li>FACES: 写真アーカイブ </li></ul></ul><ul><ul><li>ViRR: 書籍スキャン & 注釈 </li></ul></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23
  6. 6. PubMan: 論文・出版物の保存、公開 <ul><li>オープンアクセス論文・資料の保存、公開 </li></ul><ul><li>特長 </li></ul><ul><ul><li>研究者総覧 Researcher Portfolio </li></ul></ul><ul><ul><li>メタデータ・本文流用入力 Fetch </li></ul></ul><ul><ul><li>版管理 Versioning </li></ul></ul><ul><ul><li>派生資料関連付け Relations </li></ul></ul><ul><ul><li>ローカルタグ Local tagging </li></ul></ul><ul><ul><li>アクセス統計 Visualization of usage statistics </li></ul></ul><ul><ul><li>外部サービスとの多様なやり取り API </li></ul></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23
  7. 7. PubMan 版管理機能 Open Access Friday 2009 2009-10-23 2009 年度第 3 回 SPARC Japan セミナー       @ 京都 メタデータ / 本文の改訂履歴を自動保存 初期版を登録 ページ番号を確定 公開日を確定 公開 ハンドアウト登録 発表前から発表後までの成果文献情報を一元管理
  8. 8. PubMan 派生資料関連付け Open Access Friday 2009 2009-10-23 原稿と他の文献との関連付け (翻訳資料と元原稿) (translation and original manuscript) 個別文献にとどまらない文献同士の関連付けを明示できる。 ※ 他にも、ユーザ参加によるキーワードタグ付けなどでの整理提示も可能
  9. 9. PubMan アクセス統計機能 Open Access Friday 2009 2009-10-23
  10. 10. PubMan アクセス統計機能 Open Access Friday 2009 2009-10-23 3 つの粒度でアクセス状況を可視化 ・論文単位 ・著者単位 ・機関単位
  11. 11. 外部サイトでのデータ再利用 (API) Open Access Friday 2009 2009-10-23 外部サイト上に PubMan 上の情報を 自動挿入、リンク付与 ( Wordpress (CMS) 対応) 自動的に年月順の発表論文アーカイブ 論文付与キーワードによるブラウジング
  12. 12. 外部サイトでのデータ再利用 (API) Open Access Friday 2009 2009-10-23 整形済み文献情報と PubMan へのリンク
  13. 13. Diamond-Faces <ul><ul><li>ダイアモンド画像データの蓄積と共有 </li></ul></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23
  14. 14. Open Access Friday 2009 2009-10-23 Diamond-Faces (Detail view) <ul><li>ダイアモンド画像のメタデータスキーマを属性定義 </li></ul><ul><li>元素、形、色、合成手法、実験条件、温度、説明、日付など </li></ul><ul><li>(-> 物質・対象に応じて柔軟に定義可能) </li></ul>
  15. 15. Diamond-Faces: eScience のための特長 <ul><li>属性定義 </li></ul><ul><ul><li>柔軟に属性(色・形・温度など)を定義可能 </li></ul></ul><ul><li>参照 URL </li></ul><ul><ul><li>固定 URL </li></ul></ul><ul><ul><li>複数の画像集合を単位としたひもづけ (Album) </li></ul></ul><ul><ul><li>-> 研究論文から対象データとして引用・参照でき、関連資料としてまとめた情報を共有できる。 </li></ul></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23
  16. 16. まとめ <ul><li>研究者の活動、ニーズによりそったリポジトリシステムの要件とその研究開発 </li></ul><ul><li>2つのアプリケーションの運用を進めている </li></ul><ul><ul><li>PubMan: 文献資料 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>120 発表資料(テスト段階から本格稼働へ) </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Faces: 画像データ </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>5 研究室の顕微鏡画像コレクション) </li></ul></ul></ul><ul><li>機関内研究成果の効果的発信 </li></ul><ul><li>走りながら考える実践への取り組み </li></ul>Open Access Friday 2009 2009-10-23

×