Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi)

on

  • 1,754 views

「オープン・アクセスとオープンコースウェア」 ...

「オープン・アクセスとオープンコースウェア」

山内 祐平(東京大学, 大学院 情報学環 准教授)

授業や教材を公開するオープンコースウェアプロジェクトについて、東京大学が提供するUTOpenCourseWareを事例としてオープン・アクセスの観点から検討し、課題と今後の方向性について考える。

Statistics

Views

Total Views
1,754
Views on SlideShare
1,731
Embed Views
23

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

3 Embeds 23

http://www.openaccessweek.jp 20
http://www.slideshare.net 2
http://www.linkedin.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi) Open Access and OpenCourseWare (Yuhei Yamauchi) Presentation Transcript

  • 東京大学 情報学環 山内 祐平 オープン・アクセスとオープンコースウェア
  • オープンコースウェアとは
    • 講義資料 (シラバス・ノート・テスト) の オープン・アクセス
    • MIT で 2002 年に開始 ( 2009 年現在 1925 コース)
    • コンソーシアム化
      • JOCW
      • OCWC
    •   東京大学の講義(正規授業)資料の
    •  無償公開サイト
      • 年間 10 授業の授業素材公開(日英)  
      • シラバス
      • 授業カレンダー
      • テスト
      • 授業ビデオ
    •    ※月間 150 万ヒット
      • MIMA サーチ
      • ポッドキャスト
    • 2005. 5
    • - UTOCW ウェブサイト公開
    • 2006. 4
    • - ポッドキャスティング開始
    • 2007. 1
    • - コンテンツ開発室設置
    • 2008.11
    • - UT OpenCourseWare for High School
  • 授業公開までの流れ
  • 課題1:持続可能性をどう担保するか
    • Open Courses: Free, but Oh, So Costly
    • ユタ州立大学の撤退
    • 大学のビジネスモデルとの統合
    • 配信内容・メディアの多様化への対応
  • 課題2:学習をどこまで保証するのか
    • 授業素材でどこまで学べるのか
    • Open Educational Contents の動向
      • Connexions (Rice University) 教員向け授業素材リミックス環境
      • Open Learning Initiative (Carnegie Mellon University) シミュレーションやチュータリングなどの学習サポート
    • どこまでが「アクセス」なのか