Your SlideShare is downloading. ×
0
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Qs information20110615
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Qs information20110615

537

Published on

astah*拡張機能群「品質スイート」のご紹介

astah*拡張機能群「品質スイート」のご紹介

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
537
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 最も身近な開発支援ツール 品質スイート Seeing is understanding. QUALITY SUITE http://www.change-vision.com/ モデルを使って品質向上 品質スイート(仮) ㈱チェンジビジョン Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved.
  • 2. Seeing is understanding.アジェンダシステムの社会的責任高品質なシステム品質スイート(仮)が支援する活動開発現場の実情ツールを有効活用できない理由品質スイートとは品質スイート(仮)の機能(一部)予定機能とリリース予定【参考資料】機能説明 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 2
  • 3. Seeing is understanding.システムの社会的責任現代社会では至る所でソフトウェア・システムが利用されている よって、問題発生時の影響も大きい 高品質なシステムが求められる Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 3
  • 4. Seeing is understanding.高品質なシステム高品質なシステムとは システムに求められる特性を、最適な方法で実現したシステム ex. 品質特性:機能性、信頼性、使用性、保守性・・・ (出展: ISO/IEC 9162-1:2001)高品質なシステムを開発するためには 以下の活動を行う必要がある プロジェクト管理、プロセス管理、要求管理、構成管理、変更管理、トレーサビ リティ管理、課題・不具合管理、・・・ 要件定義、アーキテクチャ設計、構築、テスト、各種改善活動・・・ 仕様記述、シミュレーション、静的解析、妥当性確認・・・ メンバーのスキル向上教育・・・ ほぼ全てのエンジニアリング活動が システムの品質に関わる Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 4
  • 5. Seeing is understanding.品質スイート(仮)が支援する活動1. テスト 仕様通りにモノができているか?2. 妥当性の確認 上位工程の決定に対して成果が妥当か? Verification Validation 要求定義 受け入れテスト Verification Validation システムテスト 分析 Verification Validation 設計 結合テスト Validation Verification 実装 単体テスト Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 5
  • 6. Seeing is understanding.開発現場の実情1. テスト 動作確認レベル。 「動けばOK」 『動く』の定義は人によって異なる 合格基準があいまい テストにヌケモレが多々ある2. 妥当性の確認(+設計改善) 仕様や設計の妥当性は感覚的に評価、判断している 上位工程の決定が全て考慮されていない場合(ヌケモレ)が多々ある 大がかりな改善活動に取り掛かれない 現在の構造を把握できないため、改善個所、改善後の影響が分からない Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 6
  • 7. Seeing is understanding. ツールを有効活用できない理由 テストや妥当性確認、設計改善を支援するツールは世の中に 沢山あるが・・・ 仰々 難しい 高い しい 求められるツール 使い方がシンプルでメリットが分かり易い 価格が手頃 先行導入の敷居が低い 現在の開発プロセスの中で使える 「高機能だが使わないツール」品質スイート(仮) より の狙い 「気軽に使えるツール」が必要 「気軽に使えるツール」が必要 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 7
  • 8. Seeing is understanding.品質スイート(仮)とはモデルを用いて、効率的な品質向上を支援するastah* の拡張機能群メリット 効率的な品質向上活動をサポートすること 難しすぎて使えないツールより、シンプルに使えるツール モデル駆動開発の足がかりになること モデルを作成する価値をシンプルに実感できる Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 8
  • 9. Seeing is understanding.品質スイート(仮)の機能(1)機能(一部) 状態遷移パス抽出 デモ 指定した状態遷移回数に従って状態遷移パスを抽出し、テ ストケースを作成 状態遷移表 デモ 仕様のヌケモレのチェックに利用 状態遷移表でignore/can not happenの指定が可能 要素間依存関係解析表(DSM) デモ クラス、インタフェース、パッケージ間の依存関係を示すDSM を作成 不整合検出 クラス図とシーケンス図の間の不整合を検出 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 9
  • 10. Seeing is understanding. 予定機能とリリース予定 Edition リリース βリリース リリース 機能 予定 予定状態遷移パス抽出 2011.07 2011.09状態遷移表 2011.07 2011.09要素間依存関係解析表(DSM) 2011.07 2011.09不整合検出 2011.07 2011.09モデルベース制御パステスト 2011.12 2012.03ソースコードと設計の差分チェック 未定 未定モニタリング 未定 未定自動テストツールとの連携 未定 未定ソースコードから構造解析(DSM拡張機能) 未定 未定デシジョンテーブルの作成とユースケースの組み合わせテ 未定 未定スト生成品質特性ツリーに従ったアーキテクチャ評価 未定 未定要求管理ツールとテストケースの連携 未定 未定シミュレーション 未定 未定 ※価格未定 Copyright (C) 2011 Change Vision Corporation. All Rights Reserved. 10

×