0
Rubyのバージョン
@k_mats
鳥取Ruby会議第13回
2013.09.29

1
6月に次男が誕生しました

2
7月で長男が2歳になりました

3
●

絶賛育児中!
–

2歳児半端ないです

4
今日の話
●

Rubyのバージョンについて
–

1.8~2.1まで
●

特徴

●

どれを使うべきか

5
結論
●

新しく始める人
–

●

2.0(2.1?)

1.8/1.9の資産がある人
–

1.9
6
Ruby1.8
●

引退しました
–

●

https://www.ruby-lang.org/ja/news/2013/06/30/we-ret

特別な事情がない限り使わないほうがい
いでしょう

7
Ruby1.9
●

YARVになりました

仮想マシンが
–

●

1.8よりだいぶ早くなったらしい

M17N対応
–

–

インスタンス単位で文字コードが識別される
ディフォルトは

US-ASCII

–

8
Ruby1.9
●

配列機能の強化
–

eachなどをブロックなしで呼び出すと
Enumeratorオブジェクトが返されるよ
うになった

9
Ruby1.9
●

正規表現エンジンが 鬼車 に
–

M17Nに対応

–

w,WがASCII範囲内のみに

10
Ruby1.9
●

Fiberの導入

●

Timeの2038年問題解消

●

Hashの要素の順番が保持される

●

などなどなど

11
Ruby2.0
●

Rails4.0で推奨されている
–

●

Rails4.0使いたいならこれ?

Ruby1.9と高い互換性あり

12
Ruby2.0
●

キーワード引数

●

Enumerable#lazy

●

Module#prepend

●

シンボルリストリテラル

●

Refinements
13
Ruby2.0
●

default UTF-8 encoding

●

正規表現エンジンが 鬼雲 に

●

デバック機能の強化
–

TracePoint

–

Dtrace
14
Ruby2.0
●

bitmap marking による GC
最適化

●

Kernel#require の最適化

15
Ruby2.1
●

2013/12/25 2.1.0

16
Ruby2.1
●

キーワード引数の改善

●

String#scrub

●

Saffixの追加
–

[digits]r:有理数

–

[digits]I: 複素数

–

[string]:f: freeze

–

17
Ruby2.1
●

世代別

GC

●

●

などなど

18
結論
●

新しく始める人
–

●

2.0(2.1?)

1.8/1.9の資産がある人
–

1.9
19
参考にしたサイト
●

http://www.ownway.info/Ruby/index.php?version

●

http://www.ownway.info/Blog/2011/12/mail2weblog-2.html

●

h...
おまけ

21
ぼくの
●

●

Rubyがくしゅう

Rubyを始めたのは2006年、
そのころは1.8.5でした(たぶん)
当時は周りに
おらず・・・

Rubyを使っている人は

●

22
学習方法
●

テキストを読みました

●

あとは実際に書いてみる

●

23
初期にお世話になった本

24
初期にお世話になった本

25
試験対策

26
●

Rubyは手軽に書き始められる素晴らしい言語だと
思います

●

悩んだら書いてみましょう

●

●

コーディング規約は読んどくとよいと思います
–

http://shugo.net/ruby-codeconv/codeconv....
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Rubyのバージョン(鳥取ruby会)

870

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
870
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Rubyのバージョン(鳥取ruby会)"

  1. 1. Rubyのバージョン @k_mats 鳥取Ruby会議第13回 2013.09.29 1
  2. 2. 6月に次男が誕生しました 2
  3. 3. 7月で長男が2歳になりました 3
  4. 4. ● 絶賛育児中! – 2歳児半端ないです 4
  5. 5. 今日の話 ● Rubyのバージョンについて – 1.8~2.1まで ● 特徴 ● どれを使うべきか 5
  6. 6. 結論 ● 新しく始める人 – ● 2.0(2.1?) 1.8/1.9の資産がある人 – 1.9 6
  7. 7. Ruby1.8 ● 引退しました – ● https://www.ruby-lang.org/ja/news/2013/06/30/we-ret 特別な事情がない限り使わないほうがい いでしょう 7
  8. 8. Ruby1.9 ● YARVになりました 仮想マシンが – ● 1.8よりだいぶ早くなったらしい M17N対応 – – インスタンス単位で文字コードが識別される ディフォルトは US-ASCII – 8
  9. 9. Ruby1.9 ● 配列機能の強化 – eachなどをブロックなしで呼び出すと Enumeratorオブジェクトが返されるよ うになった 9
  10. 10. Ruby1.9 ● 正規表現エンジンが 鬼車 に – M17Nに対応 – w,WがASCII範囲内のみに 10
  11. 11. Ruby1.9 ● Fiberの導入 ● Timeの2038年問題解消 ● Hashの要素の順番が保持される ● などなどなど 11
  12. 12. Ruby2.0 ● Rails4.0で推奨されている – ● Rails4.0使いたいならこれ? Ruby1.9と高い互換性あり 12
  13. 13. Ruby2.0 ● キーワード引数 ● Enumerable#lazy ● Module#prepend ● シンボルリストリテラル ● Refinements 13
  14. 14. Ruby2.0 ● default UTF-8 encoding ● 正規表現エンジンが 鬼雲 に ● デバック機能の強化 – TracePoint – Dtrace 14
  15. 15. Ruby2.0 ● bitmap marking による GC 最適化 ● Kernel#require の最適化 15
  16. 16. Ruby2.1 ● 2013/12/25 2.1.0 16
  17. 17. Ruby2.1 ● キーワード引数の改善 ● String#scrub ● Saffixの追加 – [digits]r:有理数 – [digits]I: 複素数 – [string]:f: freeze – 17
  18. 18. Ruby2.1 ● 世代別 GC ● ● などなど 18
  19. 19. 結論 ● 新しく始める人 – ● 2.0(2.1?) 1.8/1.9の資産がある人 – 1.9 19
  20. 20. 参考にしたサイト ● http://www.ownway.info/Ruby/index.php?version ● http://www.ownway.info/Blog/2011/12/mail2weblog-2.html ● https://www.ruby-lang.org/ja/news/2013/02/24/ruby-2-0-0-p0-is-released/ ● http://magazine.rubyist.net/?0042-MigratingARailsApplicationToRuby200#l18 ● http://gihyo.jp/dev/column/01/prog/2009/121701 ● http://magazine.rubyist.net/?0041-200Special ● http://techracho.bpsinc.jp/baba/2013_02_26/6613 ● http://www.slideshare.net/yukiteraoka16/ruby20-getting-started-17968217 ● http://www.atdot.net/~ko1/activities/toruby05-ko1.pdf ww.slideshare.net/yukiteraoka16/ruby20-getting-started-17968217 ● ● 20 ●
  21. 21. おまけ 21
  22. 22. ぼくの ● ● Rubyがくしゅう Rubyを始めたのは2006年、 そのころは1.8.5でした(たぶん) 当時は周りに おらず・・・ Rubyを使っている人は ● 22
  23. 23. 学習方法 ● テキストを読みました ● あとは実際に書いてみる ● 23
  24. 24. 初期にお世話になった本 24
  25. 25. 初期にお世話になった本 25
  26. 26. 試験対策 26
  27. 27. ● Rubyは手軽に書き始められる素晴らしい言語だと 思います ● 悩んだら書いてみましょう ● ● コーディング規約は読んどくとよいと思います – http://shugo.net/ruby-codeconv/codeconv.html – http://www.loveruby.net/w/RubyCodingStyle.html 27
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×