いま、できるアジャイル

2,887 views
2,711 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
26 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,887
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
218
Actions
Shares
0
Downloads
37
Comments
0
Likes
26
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

いま、できるアジャイル

  1. 1. いま、できるアジャイル ワイクル株式会社 角征典 (かど まさのり) kado.masanori@waicrew.com 1 2013-08-08 アジャイルソフトウェア開発セミナー2013 in 札幌
  2. 2. 自己紹介 2 ‣角 征典(@kdmsnr) ‣ワイクル株式会社 取締役(2008∼) ‣産業技術大学院大学の学生(2012∼) ‣技術書翻訳:
  3. 3. 自己紹介 2 ‣角 征典(@kdmsnr) ‣ワイクル株式会社 取締役(2008∼) ‣産業技術大学院大学の学生(2012∼) ‣技術書翻訳:
  4. 4. @IT:「LEGOブロックで街づくり」 実体験型スクラム入門をのぞいてみた 3 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/28/news059.html
  5. 5. "アジャイル"とは何か 4 http://agilesherpa.org/intro_to_agile/what_is_agile_development/
  6. 6. スクラムガイド 2013 5 http://github.com/kdmsnr/scrumguide
  7. 7. アジャイルまでの歴史 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  8. 8. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  9. 9. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  10. 10. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  11. 11. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  12. 12. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) • DOD-STD-2167('85)、DOD-STD-2167A('88) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  13. 13. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) • DOD-STD-2167('85)、DOD-STD-2167A('88) ‣ オブジェクト指向分析/設計('90s) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  14. 14. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) • DOD-STD-2167('85)、DOD-STD-2167A('88) ‣ オブジェクト指向分析/設計('90s) • Rational が Objectory AB を買収('95)→ RUP('98) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  15. 15. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) • DOD-STD-2167('85)、DOD-STD-2167A('88) ‣ オブジェクト指向分析/設計('90s) • Rational が Objectory AB を買収('95)→ RUP('98) • アジャイルソフトウェア開発宣言('01) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  16. 16. アジャイルまでの歴史 ‣ IBM System/360('64) ‣ ソフトウェアの危機('68) ‣ 構造化プログラミング('70s) • Winston W. Royce 「Managing the Development of Large Software Systems」('70) • DOD-STD-2167('85)、DOD-STD-2167A('88) ‣ オブジェクト指向分析/設計('90s) • Rational が Objectory AB を買収('95)→ RUP('98) • アジャイルソフトウェア開発宣言('01) • The Hillside Group('93)、DSDM('94)、Scrum('95)、XP('99) 6 (参考)玉井哲雄「ソフトウェア工学」http://www.graco.c.u-tokyo.ac.jp/ tamai/pub/sebook.pdf
  17. 17. オブジェクト指向からアジャイルへ 7 Steve Freeman, Nat Pryce『実践テスト駆動開発』(翔泳社)
  18. 18. オブジェクト指向からアジャイルへ 7 Steve Freeman, Nat Pryce『実践テスト駆動開発』(翔泳社)
  19. 19. (1) アジャイルは、 オブジェクト指向を 組織的に再現したもの 8
  20. 20. ハッカー文化('70s∼) 9 http://ja.wikipedia.org/wiki/聖イグヌチウス
  21. 21. “ ” ハッカーとアジャイル 10 "What!?! That's obvious!" closely followed by "But Fowler explains it better than Unix traditions do..." ハァ?そんなの当たり前じゃん! でも、よくまとまっている……(抄訳) Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  22. 22. アジャイル ⇔ ハッカー 11 Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  23. 23. アジャイル ⇔ ハッカー 11 ‣アジャイルに関心のある人は、オープ ンソースやハッカーの叡智を学べ Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  24. 24. アジャイル ⇔ ハッカー 11 ‣アジャイルに関心のある人は、オープ ンソースやハッカーの叡智を学べ •合意に基づく民主主義 Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  25. 25. アジャイル ⇔ ハッカー 11 ‣アジャイルに関心のある人は、オープ ンソースやハッカーの叡智を学べ •合意に基づく民主主義 •早めのリリース、しょっちゅうリリース Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  26. 26. アジャイル ⇔ ハッカー 11 ‣アジャイルに関心のある人は、オープ ンソースやハッカーの叡智を学べ •合意に基づく民主主義 •早めのリリース、しょっちゅうリリース ‣オープンソースハッカーは、アジャイル の考えを身につけて直感を研ぎ澄ませ Hacking and Refactoring by Eric S. Raymond http://www.artima.com/weblogs/viewpost.jsp?thread=5342
  27. 27. (2) アジャイルは、 オープンソースハッカーの 振る舞いを再現したもの 12
  28. 28. ハッカー文化を理解する 13 アジャイルの本を読むよりも…… もちろん他にもいろいろある
  29. 29. ハッカーは孤高ではない 14
  30. 30. ハッカーは孤高ではない 14
  31. 31. 第1章 天才プログラマの神話 15
  32. 32. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく
  33. 33. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく ‣数か月ひきこもって、アイデアを完ぺ きな形で実装する
  34. 34. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく ‣数か月ひきこもって、アイデアを完ぺ きな形で実装する ‣ソフトウェアを公開する
  35. 35. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく ‣数か月ひきこもって、アイデアを完ぺ きな形で実装する ‣ソフトウェアを公開する ‣「あいつは天才だ!」
  36. 36. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく ‣数か月ひきこもって、アイデアを完ぺ きな形で実装する ‣ソフトウェアを公開する ‣「あいつは天才だ!」 ‣富や名声が集まる
  37. 37. 第1章 天才プログラマの神話 15 ‣すごいアイデアを思いつく ‣数か月ひきこもって、アイデアを完ぺ きな形で実装する ‣ソフトウェアを公開する ‣「あいつは天才だ!」 ‣富や名声が集まる ✕
  38. 38. ソフトウェア開発の現場に 本物の天才はいない 16 (あわせて読みたい)コンピュータ・サイエンスにどのような天才がいるか http://nicosia.is.s.u-tokyo.ac.jp/pub/essay/hagiya/h/tensai
  39. 39. ソフトウェア開発は チームスポーツである 17
  40. 40. チームスポーツの三本柱(HRT) 18
  41. 41. チームスポーツの三本柱(HRT) ‣謙虚(Humility) •自分が間違ってるかもしれないと考えよう 18
  42. 42. チームスポーツの三本柱(HRT) ‣謙虚(Humility) •自分が間違ってるかもしれないと考えよう ‣尊敬(Respect) •一緒に働く人のことを大切に扱おう 18
  43. 43. チームスポーツの三本柱(HRT) ‣謙虚(Humility) •自分が間違ってるかもしれないと考えよう ‣尊敬(Respect) •一緒に働く人のことを大切に扱おう ‣信頼(Trust) •自分以外に仕事を任せよう 18
  44. 44. 続きは書籍で 19
  45. 45. 今日のまとめ 20 ‣アジャイルはオブジェクト指向を組織的に再現 したものである ‣アジャイルはオープンソースハッカーの振る舞 いを再現したものである ‣ソフトウェア開発はチームスポーツである ‣チームスポーツには、HRT(謙虚・尊敬・信 頼)が欠かせない(ハッカーも例外ではない)
  46. 46. [告知]アジャイル関連の研修 ‣アジャイル開発を体験する研修 • アジャイル開発スクラム講座 ‣アジャイル開発を導入する研修 • アジャイルな組織改革「成功」ワーク ショップ 21

×