• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Designing Culture with Lean UX
 

Designing Culture with Lean UX

on

  • 5,506 views

Slides from #DevLove presented Feb. 28th 2014 at Theatre Cybird.

Slides from #DevLove presented Feb. 28th 2014 at Theatre Cybird.

Statistics

Views

Total Views
5,506
Views on SlideShare
3,912
Embed Views
1,594

Actions

Likes
55
Downloads
94
Comments
2

20 Embeds 1,594

http://sprmario.hatenablog.jp 614
http://www.scoop.it 480
http://araratakeshi.blogspot.jp 270
https://twitter.com 84
http://blog.hatena.ne.jp 33
http://feedly.com 30
http://araratakeshi.blogspot.com 20
http://sprmario.tumblr.com 20
http://sprmario.flavors.me 8
http://mfks17.hateblo.jp 7
https://www.chatwork.com 7
http://www.linkedin.com 5
http://www.pinterest.com 5
http://digg.com 4
http://assets.txmblr.com 2
http://nanan.tumblr.com 1
http://rss.ameba.jp 1
http://devel.slideee.com 1
http://flavors.me 1
http://araratakeshi.blogspot.tw 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel

12 of 2 previous next

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Designing Culture with Lean UX Designing Culture with Lean UX Presentation Transcript

    • UX #LeanUXja LEAN Designing Culture 〜~ルールではなく⽂文化をつくる〜~ © Kazumichi Sakata (@mariosakata) | DevLove | Feb. 28th 2014
    • ロゴタイプコンセプト ロゴマークコンセプト 1   新しさを感じさせながら、10 年後に古く感じさせない デザインを目 ロゴタイプの右肩に付いているマーク。丸の中の二本の棒は、良く見 指しました。角を少し丸める事で、有機的で親しみやすい雰囲気を出 れば右が少し短く、左が少し長い。これはコンセントです。わかりづ しつつも、文字の骨格はあくまでもニュートラルに設計することで、 らいです。しかし、この丸には可能性があります。WEB ではボタンに 奇をてらわない 現代らしさを表現しています。 また、 右への傾きには、 なるかもしれません。紙ではハンコになって押されるかもしれません。 これから先、ますます加速していくだろう世の中の変化に、WEB(コ ンセント)と紙(アレフ・ゼロ)のハイブリットにより対応し、絶え そうして様々なかたちで使用していくと、いずれこのマークだけで CONCENT と読めるようになる。そんな存在になってくれることを Something about Me ず前進していこう、という意志を込めました。 望んでいます。 ⾃自⼰己紹介 User Experience Architect; Concent, Inc. UX Advisor; giftee, Inc. Member of the Board; ShibuyaUX Member of the Board; UX Tokyo Speaker & Mentor; Lean Startup Machine Tokyo Organizer; World IA Day Speaker; HCD-Net / July Tech Festa / DevLove, etc. f t Blog: facebook.com/kazumichi.sakata We DESIGN Communication Website: http://www.concentinc.jp/ twitter.com/mariosakata sprmario.hatenablog.jp Email: kazumichi.sakata[at]gmail.com
    • 2   2014.1.22
    • 3   IT is a rapidly changing business. IT業界の変化は、恐ろしいほどに速い。
    • 4   © Here’s to 2013!
    • 5   Have a clear view picture of what’s done. 流流れが速いからこそ、流流⾏行行りに惑わされず、本質を⾒見見極めることが何よりも⼤大切切。 re-Verse via Compfight cc
    • 6   “We need to be one Yahoo!, and that starts with physically being together.” - Merissa Mayer © Chip Somodevilla via getty images
    • 7   Changing the culture at Yahoo! 三⼈人寄れば⽂文殊の知恵ー協⼒力力的になることで素晴らしいアイディアが⽣生まれやすくなる。 andrewarchy via Compfight cc
    • 8   (c) Venture Beat
    • 9   What is ‘corporate culture’ and why should you care? 企業の本質は、「⽂文化」である。 Lean UX のマインドセットとは、「⽂文化のデザイン」にもなる。 © Kosuke Kato
    • 10   Lean UX Thinking kenteedardin via Compfight cc
    • 11   1 Building the right ‘it’ before building ‘it’ right. 「どのようにつくるか」ではなく、 「どのような”もの”をつくるか」。
    • 12   RESEARCH CONCEPT HUMAN CENTERED DESIGN DEVELOP DESIGN
    • 13   Ideas are worth nothing unless executed. proper dave via Compfight cc
    • 14   CONCEPT RESEARCH HCD IN LEAN UX DEVELOP DESIGN
    • 15   2 Problem ‘Definition’ than Problem ‘Solving’. 「問題の解決」よりも、 「問題の発⾒見見と定義」に重きを置く。
    • 16   Evolution of UX Design Business Development Usability Lean Startup (Lean UX) Agile Development (Agile UX) HCD (Human Centered Design, Classic UX) solidether via Compfight cc
    • 17   Design for Meaning Business Why? (なぜ、つくるか) What?
 Development (なにを、つくるか) Usability How? 
 (どうやって、つくるか) solidether via Compfight cc
    • 18   3 Collaborative, Transparent, and Demystify. 「⾜足の引っ張り合い」から 「助け合い」⽂文化の醸成へ。
    • 19   No more of this… © iStockphoto LP 2013
    • 20   Agility through Crossfunctional collaboration © iStockphoto LP 2013
    • 21   Agile Methodologies 必要であればペアリングを⾏行行い、アイディアの幅を広げ、質を上げる
    • 22   4 Getting out of the deliverables business.  中間⽣生成物主体の⽂文化からの脱却。
    • 23   “Customers don’t care about your solution, they care about their problems.” - Dave McClure
    • 24   From ‘Guidance’ to ‘Archived’ documents. ガイダンスのためではなく、記録するための資料料として位置づける。 © iStockphoto LP 2013
    • 25   TEAM TOUCHPOINT CUSTOMER H2H Communication PRODUCTS Operations STRUCTURE CULTURE
    • 26   Break out your business silo with Lean UX. Lean UX マインドで部署間の壁を壊し、新たな⽂文化を築いていきましょう。 © iStockphoto LP 2013
    • 27   Lean UX is the ‘Engine of Learning’. 効率率率良良く学ぶためには、「学びの軸」を設定する必要がある。 © Kosuke Kato
    • 28   C-P-S Hypothesis 前提や思い込みを外⾯面化して共通の仮説を構築する  CPS  仮説検証モデル Problem Customer Solution © iStockphoto LP 2013
    • 29   C-P-S Hypothesis Customer: Who has the problem? (顧客は存在するか?) Problem: What is the pain point? Are customers aware of it? (顧客が抱えている課題は実在するか?気づいているか?) Solution: What is your solution? (対象のサービスやプロダクトは問題を解決できるか?)
    • 30   C-P-S Hypothesis Solution Lean Canvas を⽤用いて、前提となる ⾃自社のサービスやプロダクトの主要 要素を書き出してみる。 Customer 対象のサービスまたはプロダクトを 利利 ⽤用 す る / 利利 ⽤用 す る で あ ろ う ユ ー ザー像をプロトペルソナを⽤用いて 描いてみる。項⽬目:名前とスケッチ、 基本属性、特徴的な⾏行行動、ニーズや ペイン(不不満点) Problem 対象のユーザーがあなたのサービス またはプロダクトを利利⽤用している シーンを  6up  Sketches  を⽤用いて 描いてみる。その中で、最も価値が わかりやすい⼀一コマを選んでみる。
    • 31   Experiement by C-P-S CPS仮説検証モデルはローンチ後も繰り返し実施できる実験フレームワーク Problem 仮説を 変更更する 改善箇所の特定 データなし ⾒見見当をつける KPI設計 データあり パターンを⾒見見出す Customer 次期改善施策の検討 成功! ターゲットを 変更更する 仮説の構築 (課題、ユーザ、ストーリー) ユーザ調査設計 改善策を反映 Solution ピボット  or 諦める 評価する © iStockphoto LP 2013
    • 32   Lean UX in Practice CPS  仮説検証モデルを基軸とした リーンスタートアップ+デザイン思考+アジャイル開発の融合 Agile Development DESIRABILITY (Human) BUILD VIABILITY (Business) FEASIBILITY (Technical) LEARN C-P-S Observation C-P-S Experiment C-P-S Hypothesis MEASURE
    • 33   ‘Lean UX’ is what everybody was looking for. Lean UX は浸透しつつあります。あなたも、少しづつ⽂文化を変えていきませんか?
    • Appendix l  Lean UXーリーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン http://www.oreilly.co.jp/books/9784873116617/ l  リーン思考によるユーザエクスペリエンス・デザイン・ワーク ショップ http://sprmar.io/1np4jk6 l  Lean UXで「学びのエンジン」を動かそう http://sprmar.io/K1OnVI l  ユーザエクスペリエンス・デザイン・ガイド http://sprmar.io/uxdguide f t facebook.com/kazumichi.sakata twitter.com/mariosakata sprmario.hatenablog.jp
    • Template – Lean Canvas PROBLEM 《課題》 SOLUTION 《ソリューション》 UNIQUE VALUE PROPOSITION UNFAIR ADVANTAGE 《圧倒的な優位性》 《独⾃自の価値提案(UVP)》 KEY METRICS EXISTING ALTERNATIVES 《既存の代替品》 COST STRUCTURE 《コスト構造》 CUSTOMER SEGMENTS 《顧客セグメント》 CHANNELS 《チャネル》 《主要指標》 HIGH-LEVEL CONCEPT 《ハイレベルコンセプト》 EARLY ADOPTERS 《アーリーアダプター》 REVENUE STREAMS 《収益の流流れ》 Lean Canvas is adapted from The Business Model Canvas ( BusinessModelGeneration.com) and is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Un-ported License.
    • Template – Proto Persona NAME & SKETCHES 《名前とスケッチ》 DEMOGRAPHICS 《基本属性》 BEHAVIORS 《特徴的な⾏行行動》 NEEDS & PAIN 《ニーズやペイン》
    • Template – 6up Sketches