20131210 classmethod re:Growth session04

3,364 views
3,260 views

Published on

2013/12/10 classmethod re:Growth session04

Published in: Technology
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,364
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,983
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20131210 classmethod re:Growth session04

  1. 1. 運用担当者からみた AWSへシステム移行する際に 気にしてほしい5つのこと CM re:Growth Developers.IO Meetup 01 2013/12/10 classmethod.jp Kazuki Ueki 1
  2. 2. 本日お話する内容 • 運用からみたAWS移行のハマりどころ • テクニカルな話はでてきません classmethod.jp 2
  3. 3. 自己紹介 名前:植木 和樹(うえき かずき) 年齢:37歳 出身:新潟県妙高市(単身赴任中) 元製造業情報システムG常駐 主にUnixサーバエンジニア(監視、保守) @czkuk 資格:IPAITサービスマネージャ IPA システムアーキテクト JAWS北陸コアメンバー(JAWS DAYS 2013~) JAWS埼玉コアメンバー(2013年8月~) 好きなAWSサービス:SQS classmethod.jp 3
  4. 4. Developers.IO • 主に運用よりのブログを書いてます classmethod.jp 4
  5. 5. 早速ですが既存システムの AWS移行を考えてみましょう classmethod.jp 5
  6. 6. とあるWebシステム classmethod.jp 6
  7. 7. AWSへ移行 AZ-a classmethod.jp AZ-c 7
  8. 8. かんたん? classmethod.jp 8
  9. 9. 実際の業務 一般ユーザー 1.協力会社 3.監視 2.リリース 4.保守 classmethod.jp 9
  10. 10. 1. 協力会社 classmethod.jp 10
  11. 11. 理想 • FTPサーバーやめてS3にしよう • RDSはプライベートネットワークにある ので安全 • SES使えばメールサーバいらないよね classmethod.jp 11
  12. 12. 実際 「FFFTPからS3って使えるの?」 「FTPが使えないと外部業者のシステム見 直しが必要になるんだよねぇ」 「DBに別のシステムから毎日データ取りに 来てるみたい・・・」 classmethod.jp 12
  13. 13. ベストプラクティス • システムへのデータの流れをすべて洗い 出す(地道にヒアリング) • ログファイルから通信を洗い出す • 移行計画にオペトレを含める classmethod.jp 13
  14. 14. 2. リリース classmethod.jp 14
  15. 15. 勘違い • これまで通りFTPでアップします (全部のWebサーバーに!) • AutoScalingすると「今の」サーバーが増 えるんでしょ? • アプリサーバーが2台になると処理が分散 されるんでしょ? classmethod.jp 15
  16. 16. 実際 • いつの間にか1号機と2号機で挙動が違う • 1号機から2号機に繋ぎ直したら作業がリ セットされた • AMIから起動したらバージョンが元に戻っ た classmethod.jp 16
  17. 17. ベストプラクティス • • • • AMIを使う Chefを使う 更新分はS3やgitから持ってくる EC2ローカルにデータは置かない (S3、ElastiCache、RDS) classmethod.jp 17
  18. 18. 3. 監視 classmethod.jp 18
  19. 19. よくある勘違い • CloudWatchで監視は十分 • 異常があったらCloudWatchが通知してく れる • 通知先は開発担当のアドレスでいいよね classmethod.jp 19
  20. 20. 実際 • JVMのメモリ監視してもらいんだけど • メトリクスにアラート設定するの面倒 • 1ヶ月前のCloudWatchのグラフがみたい • 夜間や土日に担当者と連絡とれない classmethod.jp 20
  21. 21. ベストプラクティス • • • • Web1台だけでもELB使う Zabbix、Cactiでミドルウェアも監視する CloudWatchのメトリクスは最低1年保存 24/365有人監視「HOOT24」 classmethod.jp 21
  22. 22. 4. 保守 classmethod.jp 22
  23. 23. 勘違い • CloudWatchがあれば障害原因がわかる • ログファイルは fluentd でS3に置いてお けば大丈夫 • いざとなったらMySQLに接続してゴニョ ゴニョ classmethod.jp 23
  24. 24. 実際 • ログ流れちゃってる • ミドルウェアの傾向変化を含めて俯瞰的 にグラフの傾向をみたい • S3に細切れになったログどうやってgrep するの? • 開発PCからどうやってMySQLに繋げる の? • AWS内部で障害起きてない? classmethod.jp 24
  25. 25. ベストプラクティス • • • • Zabbix、Cactiでミドルウェアも監視する RDSのログも保存しておく 保守用経路(踏み台、VPN)を用意する AWSサポート(ビジネス) 利用料金の10% ※CMメンバーズなら5% classmethod.jp 25
  26. 26. 移行時に気にしてもらいたいこと 一般ユーザー 1.協力会社 3.監視 2.リリース 4.保守 classmethod.jp 26
  27. 27. 移行時に気にしてもらいたいこと 一般ユーザー 1.協力会社 3.監視 そのシステムを使う人 2.リリース classmethod.jp 4.保守 27
  28. 28. 運用担当者からみた AWSへシステム移行する際に 気にしてほしい5つのこと classmethod.jp 28
  29. 29. ・・・5つ目は? classmethod.jp 29
  30. 30. 5. 数年後の担当者 classmethod.jp 30
  31. 31. IT会社の平均勤続年数 「3~5年」 http://www.part-arbeit.jp/info/useful/it_company_average_years_of_service/ classmethod.jp 31
  32. 32. 社員の異動・退職 「プログラマ定年」 classmethod.jp 32
  33. 33. あなたが構築したシステムは あなたがいなくなっても 使われ続ける classmethod.jp 33
  34. 34. 「それを聞いて私決めたんです。自分一人 がいくら技術を磨いてもしょうがない。 チームをまとめフローを整備し、組織とし て運用を行うこと。そうすれば誰か一人い なくなってもサービスレベルは落ちない。 会社として同じクオリティの運用を継続的 に提供できる」 「なれる!SE2 基礎から学ぶ運用構築」より http://www.amazon.co.jp/dp/4048689371 classmethod.jp 34
  35. 35. Amazon Web Services 日進月歩 革新的なインフラ classmethod.jp 35
  36. 36. 後世に知見を残す classmethod.jp 36
  37. 37. Developers.IO classmethod.jp 37
  38. 38. ご清聴ありがとうございました classmethod.jp 38

×