EC2に復活の呪文をかける
cloudpack Night
classmethod.jp 1
2013/08/23 Kazuki Ueki
自己紹介
名前:植木 和樹(うえき かずき)
年齢:36歳
出身:新潟県妙高市(単身赴任中)
妻1人、息子2人(8歳、6歳)
元製造業情報システムG常駐
主にUnixサーバエンジニア(監視、保守)
資格:ITサービスマネージャ
システムアーキテ...
本日の内容
EC2自動復旧のお話です
classmethod.jp 3
解決したい課題
• EC2インスタンスは1台で十分
• 冗長化のためのムダなインスタンスはいら
ない(お金かかるし)
• でも障害時は自動復旧してほしい
(もちろん Multi-AZ で)
classmethod.jp 4
自己復旧インスタンス
classmethod.jp 5
Availability Zone Availability Zone
Elastic Load Balancing + AutoScaling
死んだら復活!
1台だけど Internal ELB
• ヘルスチェックでポート死活監視
“Out of Service”になるとAutoScalingが
反応して新しいインスタンスが起動する
• クライアントからの接続先ホスト名が変
わらない
classme...
スケールしないAutoScaling
• MIN=1
• MAX=1
• DesiredCapacity=1
• HealthCheckType = ELB
classmethod.jp 7
デザインパターンの解説
終了
classmethod.jp 8
注意事項
• ダウンタイムはそれなりに発生します
• ELBがインスタンスの異常検知
→ シャットダウン
→ 新しいインスタンスが起動
→ サーバとしての初期設定
→ ELBでHealtyHostとして認識
→ サービス再開
classmeth...
注意事項
• HealthCheckGracePeriod は長めに!
サーバ構成中にUnHealthyになって
Terminate → runInstance の無限ループ
classmethod.jp 10
注意事項
• NFSサーバとして使う場合は
/etc/exports に insecure オプション
が必要
接続元を騙しているので、その辺はいろ
いろ調整
classmethod.jp 11
デザインパターン命名
本当の戦いはこれからだ
classmethod.jp 12
命名
classmethod.jp 13
「オート・ヒーリング」
障害によりサービスが提供できなく
なった際、新たに別のインスタンスが
起動してサービスを自動復旧させる
客先で言っても
恥ずかしくない
classmethod.jp 14
AUTO HEALING
PATTERN
本日のご提案
classmethod.jp 15
Availability Zone Availability Zone
ご清聴ありがとうございました
classmethod.jp 16
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

20130823 cloudpacknight AutoHealing

1,588

Published on

2013.08.23 cloudpack night #7
Lightning Talk "AutoHealing" Pattern

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,588
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130823 cloudpacknight AutoHealing

  1. 1. EC2に復活の呪文をかける cloudpack Night classmethod.jp 1 2013/08/23 Kazuki Ueki
  2. 2. 自己紹介 名前:植木 和樹(うえき かずき) 年齢:36歳 出身:新潟県妙高市(単身赴任中) 妻1人、息子2人(8歳、6歳) 元製造業情報システムG常駐 主にUnixサーバエンジニア(監視、保守) 資格:ITサービスマネージャ システムアーキテクト JAWS北陸コアメンバー(JAWS DAYS 2013~) JAWS埼玉コアメンバー(2013年8月~) 好きなAWSサービス:SQS classmethod.jp 2
  3. 3. 本日の内容 EC2自動復旧のお話です classmethod.jp 3
  4. 4. 解決したい課題 • EC2インスタンスは1台で十分 • 冗長化のためのムダなインスタンスはいら ない(お金かかるし) • でも障害時は自動復旧してほしい (もちろん Multi-AZ で) classmethod.jp 4
  5. 5. 自己復旧インスタンス classmethod.jp 5 Availability Zone Availability Zone Elastic Load Balancing + AutoScaling 死んだら復活!
  6. 6. 1台だけど Internal ELB • ヘルスチェックでポート死活監視 “Out of Service”になるとAutoScalingが 反応して新しいインスタンスが起動する • クライアントからの接続先ホスト名が変 わらない classmethod.jp 6
  7. 7. スケールしないAutoScaling • MIN=1 • MAX=1 • DesiredCapacity=1 • HealthCheckType = ELB classmethod.jp 7
  8. 8. デザインパターンの解説 終了 classmethod.jp 8
  9. 9. 注意事項 • ダウンタイムはそれなりに発生します • ELBがインスタンスの異常検知 → シャットダウン → 新しいインスタンスが起動 → サーバとしての初期設定 → ELBでHealtyHostとして認識 → サービス再開 classmethod.jp 9
  10. 10. 注意事項 • HealthCheckGracePeriod は長めに! サーバ構成中にUnHealthyになって Terminate → runInstance の無限ループ classmethod.jp 10
  11. 11. 注意事項 • NFSサーバとして使う場合は /etc/exports に insecure オプション が必要 接続元を騙しているので、その辺はいろ いろ調整 classmethod.jp 11
  12. 12. デザインパターン命名 本当の戦いはこれからだ classmethod.jp 12
  13. 13. 命名 classmethod.jp 13 「オート・ヒーリング」 障害によりサービスが提供できなく なった際、新たに別のインスタンスが 起動してサービスを自動復旧させる
  14. 14. 客先で言っても 恥ずかしくない classmethod.jp 14
  15. 15. AUTO HEALING PATTERN 本日のご提案 classmethod.jp 15 Availability Zone Availability Zone
  16. 16. ご清聴ありがとうございました classmethod.jp 16
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×