• Save
IPAX 2004年9月 基調講演「ソフトウェア新創世紀へ向けて」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

IPAX 2004年9月 基調講演「ソフトウェア新創世紀へ向けて」

on

  • 685 views

 

Statistics

Views

Total Views
685
Views on SlideShare
685
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

IPAX 2004年9月 基調講演「ソフトウェア新創世紀へ向けて」 IPAX 2004年9月 基調講演「ソフトウェア新創世紀へ向けて」 Presentation Transcript

  • IPAX Autumn 基調講演 ソフトウェア新創世紀へ向けて 加藤 和彦 筑波大学 2004 年 9 月 9 日 東京国際フォーラム
    • 日本独自のコンピュータとか, ソフトウェアって, あったんですか?
      • 現在 19 歳の新進気鋭プログラマ (N 君, T 大学 2 年次在学中)
  • 厳しい現実 電子情報技術産業協会他,ソフトウェア輸出入統計調査2000年実績  http://www.jisa.or.jp/static/iande/2000.pdf 102 倍
    • コンピュータ創世記に、
    • 一度だけ、
    • 日本独自のコンピュータシステムを
    • 作り上げた時代があった。
    • 素子からオリジナル。
  • パラメトロンコンピュータ PC-1 究極の手作りコンピュータ
    • 1957 年 4 月~ 1958 年 3 月パラメトロン計算機 PC1 製作
      • 高橋秀俊研究室(東京大学理学部物理学科)
    後藤英一氏と高橋秀俊氏 PC1 ( 1958 年 3 月 27 日稼働) 和田英一,パラメトロン計算機 PC-1 -回路設計と方式設計-,夏のプログラミングシンポジウム, 1996 年 7 月. PC-1 概要
  • パラメトロン素子
    • 1954 年パラメトロン素子発明
      • 後藤英一(東京大学理学部大学院生, 23 歳)
    • 非常に廉価
      • 真空管は千円,消耗
      • トランジスタは 8 千円,不安定
      • フェライトコア(鉄,コバルト,ニッケル,マンガン等の酸化物)は 5 円
    • 動作が確実,丈夫,ノイズに強い
    • 全く新しい論理回路設計理論が必要
    パラメトロンの原理 和田英一,パラメトロン計算機 PC-1 -回路設計と方式設計-,夏のプログラミングシンポジウム, 1996 年 7 月. PC-1 に用いられたパラメトロン
  • 情報処理学会コンピュータ博物館 http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/index.html 年 日本 世界 1946   Mauchly, Eckert :世界初のコンピュータ ENIAC 1948   ベル研:トランジスタを発明 1949   M.V.Wilkes :初のプログラム内蔵方式 EDSAC を完成 1952 電気試験所:リレー式計算機 ETL Mark I を完成 IBM 社: IBM の最初の商用計算機 IBM 701 (真空管) 1954 後藤英一 ( 東大):パラメトロンを発明   1956 日本電子測器:パラメトロン計算機 PD 1516 完成   1957 電電公社:日本初のパラメトロン計算機 MUSASINO-1 を完成 FORTRAN II 完成   電気試験所: ETL Mark IV (接合型トランジスタ式実用機)を完成     日立:同社初のディジタル計算機 HIPAC MK-1 (パラメトロン式)を完成   1958 東大(高橋研): PC-1 (パラメトロン式)を完成     日本電気:同社初の電子計算機 NEAC-1101 (パラメトロン式)完成 IBM 社: IBM 7070 (トランジスタ式)を発表   日本電気:同社初のトランジスタ式計算機 NEAC-2201 完成 TI 社: IC を開発   日立: HIPAC 101 発表(パラメトロン式) 1959 年にパリに出店     1959 沖電気:パラメトロン式計算機 OPC- 1を完成   1961 富士通(文部省支援): PC-2 完成  
  • 1959 年、世界を驚かす
    • 1959年6月,パリでユネスコ主催の情報処理 国際会議開催( IFIP 前の第一回会議).
    • 併設展示会で, HIPAC101 (パラメトロン), NEC NEAC2201 (トランジスタ)を出展
      • 完成した計算機の出展はこれらのみ.
      • IBM でさえ真空管計算機しか作っていない時代.
      • HIPAC101 は梱包をほどいて電源を入れるとすぐに動き出した. 
  • ある意味では,この時期こそ,日本の計算機の最も華やかなときであった.それからあとは,むしろ凋落していったとさえいえる . 高橋秀俊,コンピュータへの道, 1979 , p. 144.
  • パラメトロン計算機が 消え去った理由
    • 速度が遅かった
      • トランジスタコンピュータのクロック: 1MHz
      • パラメトロンコンピュータのクロック: 10-30KHz
      • マッカーシー: パラメトロンとはおもしろいことを考えたもんだが,何でそんな遅い素子を作ったんだい?
      • 後藤: そんなこと言われたって,予算は MIT の千分の一くらいしかなかったんだからさ.
    マッカーシー氏と後藤氏との会話 月刊アスキー, Vol. 17, No. 6, 1993 年 6 月 , pp. 192-195.
  • パラメトロン計算機の特徴
    • 院生の発明,大学研究室の研究がきっかけ.
      • 高橋秀俊氏,           PC1 稼働 43 歳
      • 後藤英一氏,素子発明 23 歳, PC1 稼働 28 歳
      • 和田英一氏,「芸術品」イニシャルオーダー作製 28 歳
    • プログラミングしたいという欲求がメンバーを突き動かした.
  • パラメトロン計算機開発の動機
    • プログラミングをしたいという強烈な情熱
    • 二つの文献がきっかけ
      • M. V. Wilkes and W. Renwick: The EDSAC - an Electronic Calculating Machine , Journal of Scientific Instruments, Vol. 26, No. 12, December 1949.
      • Maurice V. Wilkes, David J. Wheeler, Stanley Gill: The Preparation of Programs for an Electronic Digital Computer , Addison-Wesley, 1951.
        • 1951 年刊に注意!
  • なぜその後,独自技術を育てられなかったのか?
    • ソフトウェアが,財産価値がある「もの」であるということの認識が遅れた.
      • ソフトウェアは「利用技術」と説明されていた.
      • ソフトウェア・ファーストであるべきだった.
    • 模倣/輸入から概念作りを学べなかった.
      • 財産となる新概念を創造できなかった.
    • 個人の情熱よりも,組織を動かす論理が優先するようになった.
      • 互換機路線,幾多の国家プロジェクト
  • ソフトウェアは「もの」である
    • ソフトウェアという概念はまったく新しい概念であり,そして,未だに多くの人が正しく理解していない.
    • 新聞などにはよく「ソフトウェア(利用技術)」と,決まりきったようにカッコして利用技術と書いてある.この注釈が誤った理解に導く 最悪の元兇 である.
    • ソフトウェアは「もの」であって技術ではないのである.
      • 高橋秀俊,コンピュータへの道,文藝春秋, 1979 .
  • 表面上の模倣
    • 我々は Multics から多くを学んだが,次の発展を見いだせなかった.ソフトウェアの研究における概念作りと,表面上の模倣との差がいかに大きいかが,私の心に強く残っている.
      • 益田隆司(電気通信大学学長,情報処理学会会長) 20 世紀の名著名論 (Introduction and Overview of the Multics System) , 情報処理, 2003 年 3 月号.
    • 「もの作り」と言ったとき,
    • 今でも,
    • 「もの」はソフトウェアを含んでいない
    • (かもしれない).
  • 設計と実装
    • 「もの」は機能と構造をもつ
    • ソフトウェアも機能と構造をもつ
      • 機能と構造の設計
      • 設計からの製造(実装,施工)
  • 製造
    • 製造(技術)は容易に諸外国にキャッチアップされる可能性がある.
      • 既にされている?!
  • 「冬ソナ」の衝撃
    • 一つの「もの」が世を変えられる.
  • 途中略(当グループの研究紹介)
  • おわりに
    • ソフトウェア創りは「もの」創り
    • 知財となるソフトウェアを創り出そう
    • 情熱溢れる動機を大切に
  • 情熱溢れる動機が 才能ある個人を突き動かす
    • 情熱こもった動機
      • 例)それをやらなくては,どうしても気がすまない.
      • 例)苦労を苦労と思わないような...
    • IPA 未踏ソフトウェア創造事業
      • 情熱は PM をも突き動かす.
      • 2004 年度, IPA の全ソフトウェア開発予算中の約 25% が「未踏」予算.( 2001 年度は 13% .)
  • 情熱溢れる動機の例
    • 某 T 大学では,学生食堂等で無線 LAN が使えるが,ファイアウォールで Web プロトコルのみが許可されていた.
      • 他のポートも使いたい!
    • 某 T 大学では,学生マシン室は Linux と Windows マシンしかなかった.
      • BSD Unix が使いたい!
  • 動機に突き動かされた若者達 登 大遊 氏 (19 歳 ) (筑波大学第 3 学情報学類 2 年次) SoftEther 2003 年度未踏ユース(竹内 PM) 榮樂 英樹 氏 (22 歳) (筑波大学第 3 学情報学類 4 年次) LilyVM (BSDCon’03 Student Paper Award) 2003 年度未踏(萩谷 PM)
  • Thank you.