JAWS Summit EC2ハンズオンセッション

2,726 views
2,628 views

Published on

2012.3.3 JAWS Summit 2012で行ったEC2ハンズオンセッションの資料です。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,726
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
32
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

JAWS Summit EC2ハンズオンセッション

  1. 1. JAWS−UG Summit 2012 AWSハンズオン「EC2起動∼WordPress環境構築」 後藤 和貴  kaz@cloudpack.jp  2012.3.3
  2. 2. 自己紹介プロフィールアイレット株式会社 cloudpack エバンジェリスト出没するJAWS-UG: 東京、大阪、福岡、宮崎、    鹿児島、沖縄、名古屋、札幌、、静岡、浜松、 @kaz_goto facebook.com/kaz.goto    北陸、熊本、仙台次に行きたいJAWS-UG: 京都、四国のどっか、米国w受賞歴: AWS SAMURAI 2012(個人)    2011年度パートナー特別賞(会社)好きなAWSサービス: プレミアムサポート
  3. 3. アジェンダ1. AWSアカウント作成(事前準備)2. EC2サービス登録3. EC2起動4. EC2ログイン5. WordPressインストール(手動) 時間があれば
  4. 4. 準備するものE-mailアドレスアカウントIDとして利用クレジットカードアカウント登録時に登録必須(ただし無料枠を超えるまで課金されません)電話アカウント登録時に本人確認の電話がかかってきますPIN番号を入力するだけで完了なので会話は不要その他ブラウザ(Firefoxがオススメらしい)ssh可能なターミナル区アイアンと(viは使えますか?)
  5. 5. Twitterハッシュタグ#jawsug #ハンズオン
  6. 6. ハンズオンの流れ基本的に1スライドごとに説明します手順があるスライドでは皆さんの手元で実行して頂きます概ね1スライドにつき1分しかないのでもし間に合わない場合は置いていきますしかし優しい先生たちがたくさんいるのでフォローしてもらいましょうでははじめます
  7. 7. 無料枠について新規登録者は各AWSサービスにおいて一定の量(時間・データ)を無料で利用できる登録から1年間限定 Amazon SimpleDB、SQS、 SNSはこれに関係なくずっと無 料枠があります!
  8. 8. EC2サービス登録
  9. 9. EC2サービス登録の手順1. サインイン2. 登録サービス一覧で確認する
  10. 10. クリック
  11. 11. クリック
  12. 12. 改めてメールアドレ スとパスワードを入 力してサインインクリック
  13. 13. 自分のアカウントで現時点で利用可能なサー ビスリスト
  14. 14. EC2起動
  15. 15. EC2起動の手順1. 管理画面(Management Console)へアクセス2. 管理画面(Management Console)を一通り ながめる3. サーバー(インスタンス)起動ボタンクリック4. SSH接続用の を作成&ダウンロード5. サーバー(インスタンス)タイプと名前を入力 して起動6. サーバー(インスタンス)の情報を確認する
  16. 16. クリック
  17. 17. サインイン後の初期 画面を指定してク リック下の方にEC2の説
  18. 18. 現在選択中のリージョン 現在利用中のリソースサ マリ クリック 該当リージョンの 現在の稼働状況 該当リージョンの 各AZ稼働状況
  19. 19. 起動するサーバー(インスタンス)の名前をつける サーバーへ接続するための を作成&ダウンロード あとで使うので保存した場 所を覚えておいて下さい
  20. 20. Amazon Linuxを選んで 起動しましょう クリック
  21. 21. 起動前に各種パラメータの 確認ができます クリック
  22. 22. クリック
  23. 23. サーバー(インスタンス)一覧表で表示する列の指定 クリック
  24. 24. 各サーバー(インスタンス)の情報
  25. 25. 各サーバー(インスタ ンス)の状態
  26. 26. 該当サーバー(インスタンス)に つけているタグ
  27. 27. セキュリティ設定(セキュ リティグループ)ここまでの設定でEC2起動は完了です
  28. 28. EC2ログイン(Webサーバーインストールまで)
  29. 29. EC2ログインの手順1. サーバー(インスタンス)のホスト名を確認2. ターミナルを利用してSSH接続3. インストール済みのソフトウェアアップデート4. Webサーバー(Apache)インストール&設定5. ブラウザでアクセスしてWebサーバー (Apache)起動確認
  30. 30. 該当サーバー(インスタンス)のホスト名をコピーし ましょう
  31. 31. 保存していた を使ってSSH接続ssh -i default-tokyo.pem ec2-user@ホスト名
  32. 32. インストール済みソフトウェアを念のため アップデート sudo yum update -y
  33. 33. 自動的に処理が進んで完了します
  34. 34. Webサーバー(Apache)をインストール sudo yum install -y httpd
  35. 35. Webサーバー起動してみるついでにサーバー(インスタンス)再起動 時の自動起動設定を追加 sudo /etc/init.d/httpd start sudo chkconfig httpd on
  36. 36. 起動されたはずなのでブラウザでアクセス してみるとエラー
  37. 37. 外部から80ポート(HTTP)へ アクセス許可する設定クリックして反映
  38. 38. アクセスできることを確認
  39. 39. WordPressインストール (手動)
  40. 40. WordPressインストールの手順1. PHP/MySQLなどインストール2. MySQL設定&DB作成3. WordPress最新版ダウンロード4. WordPress設定ファイル修正5. ブラウザでWordPressインストール画面へアク セス6. インストール設定して完了
  41. 41. 以下のコマンドでMySQL、PHP、必須モジュールを インストールsudo yum install -y php mysql-server php-mysql php-mbstring 念のためWebサーバーの再起動も実施 sudo /etc/init.d/httpd restart
  42. 42. MySQL起動(初期設定が自動実行される)再起動時もMySQLが起動されるよう設定する sudo chkconfig mysqld on
  43. 43. WordPress用のデータベース「wp」、 ユーザー「wp」作成 create database wp default charset utf8;grant all on wp.* to wp@localhost identified by wp;
  44. 44. http://ja.wordpress.org/ にアクセス リンクを
  45. 45. WordPressをダウンロードして展開 設定ファイルを修正sudo curl -O http://ja.wordpress.org/wordpress-3.2.1-ja.tar.gz sudo tar zxf wordpress-3.2.1-ja.tar.gz cd wordpress sudo cp wp-config-sample.php wp-config.php sudo vi wp-config.php
  46. 46. wp-config.php を編集DB_NAME、 DB_USER 、DB_PASSWORD すべて「wp」
  47. 47. http://ホスト名/wordpress/wp-admin/install.phpにアクセスして画面がでればインストール成功!!
  48. 48. テキトーに情報入力して「WordPressをインストール」
  49. 49. この画面まで来れば終了です!! お疲れ様でした

×