Your SlideShare is downloading. ×
0
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20111207 勉強会のパターンを書いてみるワークショップ

4,020

Published on

0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,020
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 勉強会勉強会 #metacon 勉強会のパターンを 書いてみるワークショップ 12011年12月8日木曜日
  • 2. 今回の目的 10月に AsianPLoP というパターンランゲー ジの国際会議で、パターンを書いてみるワー クショップに参加しました。 そこで、勉強 会のパターンを自分でも書いてみたいな、と 思いましたので、今回、こじんまりと開催し たいと思います。 http://kokucheese.com/event/index/22969/ 22011年12月8日木曜日
  • 3. 勉強会カンファレンス2011 中埜博先生にご登壇いただき、 パターンについてご講演いただいた。 32011年12月8日木曜日
  • 4. AsianPLoP 2011 http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/asianplop/japanese.html 42011年12月8日木曜日
  • 5. 勉強会勉強会の課題 “ このコミュニティ的方法論でイベントをやったりするの は、コミュニティの経験値が高い人が集まると驚くほど スケールするということは経験値として分かっている。 勉強会カンファレンスに参加する勉強会の達人たちはそ れを実践してきた人たちである。 その人たちの暗黙知を言語化して形式知化できれば、コ ミュニティ運営についてのノウハウが流通して、よりコ ミュニティを活性化、永続化、持続可能な運営ができる ようになる。” 2011-06-22 - 未来のいつか/hyoshiokの日記 アートオブコミュニティを読んだ http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/?of=10 52011年12月8日木曜日
  • 6. SECIモデル 暗黙知から 形式知にすることで、 グループを超えて伝わり、 新たな発見に つながっていく 野中郁次郎 6 http://www.jaist.ac.jp/ks/labs/umemoto/ai_km.html2011年12月8日木曜日
  • 7. SECIモデル on 勉強会 一番労力がかかる ボトルネック になりがち やってみる スライド作り 参加して学ぶ 勉強会 7 http://www.jaist.ac.jp/ks/labs/umemoto/ai_km.html2011年12月8日木曜日
  • 8. リアルイベント開催のためのパターンランゲージ 第一回AsianPLoP に提出された、 勉強会などの イベントを開催する ためのパターン集 (パタンランゲージ) ・仲間を見つける ・明朗会計 ... etc. http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/asianplop/proceedings2010/8-asianplop2010-eto-cameraready.pdf 82011年12月8日木曜日
  • 9. 学習パターン 学び方のコツを まとめたパターン ランゲージ。 http://learningpatterns.sfc.keio.ac.jp/ 92011年12月8日木曜日
  • 10. IT勉強会エスノグラフィ IT勉強会主催者へのインタビュー をもとに、改善できる点を探すエ スノグラフィ(民族誌学) 102011年12月8日木曜日
  • 11. 間違ってたら パターンランゲージとは ご指摘下さい! 建築家クリストファー・アレグザンダーが 提唱した参加型の建築設計/まちづくりの プロセスにおいて、暗黙知を形式知化する ために用いられた記法/プロセス。 クリストファー・アレグザンダー モダニズム建築 モダニズム建築が主流の建築界にあって、 建築家自身の芸術性ではなく、居住者やス テークホルダーの意見を集約して、自分た ちで居住空間をデザインする、というハー ドルの高い手法を実践している。 ル・コルビジェのVilla Savoye 盈進学園東野高校 (アレグザンダーが設計に関与) 112011年12月8日木曜日
  • 12. パターン = 再現した解決策 “ 一言でいうと、パターンは専門的な 知識を捉えるやり方のひとつだ。 我々が「パターン」という単語を 使うのは、 「繰り返し」 用いられ パターン たベストプラクティスを文書化した ものだからだ。パターンは、与えら れた環境の中で、問題を解決するた めに用いられる。 ” Linda Rising, Mary Lynn Manns『Fearless Change』 (日本語訳: 川口) 122011年12月8日木曜日
  • 13. パターンランゲージ Linda Rising, Mary Lynn Manns『Fearless Change』 (日本語訳と図の作成: 川口) パターン パターン パターン パターン パターン パターン 特定の領域において問題解決に 使えるパターンのセット 132011年12月8日木曜日
  • 14. パターン形式 論理的根拠 Rationale 問題 解決 Problem Solution 状況 Context 結果状況 Resulting Context フォース Force 名前 Name Linda Rising, Mary Lynn Manns『Fearless Change』 14 (日本語訳と図の作成: 川口)2011年12月8日木曜日
  • 15. パターンができるまで 問題、解決 共通の コンテキストを 洗練していく うまくいったこと 書き出す。 152011年12月8日木曜日
  • 16. 共通の体験を探す。 うまくいったこと のキーワードを 共通の 紙に書き出す。 うまくいったこと 告知が2週間前 だったので 予定を調整できた 共通している部分から 今日、パターンに書き 出すものを選ぶ。 http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/asianplop/Pattern-Writing-Mining-20091130.pdf 162011年12月8日木曜日
  • 17. パターンを書き出す。 パターンの名前: 問題、解決 問題 状況 解決 結果状況 コンテキストを 書き出す。 フォース 論理的根拠 パターンフォーマットの、 それぞれの項目を書き出していく。 17 後で誰かが清書2011年12月8日木曜日
  • 18. パターンを洗練する。 シェファーディング 洗練していく いわゆる論文査読の仕組み。 査読者(シェファーダ)が論文への質 問を行い、提出に導く。 ライ ズワークショップ ター 複数の参加者が、論文に建設的なコ メントを行っていくワークショップ。 著者は論文の趣旨説明を行い、一旦 場を外れる。参加者は車座になって 論文へのコメントを行う。 参考: http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp/asianplop/japanese.html 182011年12月8日木曜日

×