翻訳メモリとは片山翻訳事務所© 2013
2翻訳メモリとは 原文と訳文をペアにして保存したデータベースです。原文 訳文原文 訳文原文 訳文翻訳メモリ
3青い ボタンをクリックしてください。-------------------------------------------------------------------------------------------------------...
4青いボタンをクリックしてください。--------------------------------------------------------------------------------------------------------...
5翻訳メモリを使用すると、技術文書の改訂が効率的に行えます。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0追加分------------------------------------------------------------...
6翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。
7翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。
8翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。• 作業期間が短くなります。
9実際の技術文書の改訂は、こんなに単純ではありません。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0追加分---------------------------------------------------------------...
10実際の技術文書の改訂は、かなり複雑です。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0-----------------------------------------------------------------------...
11 …翻訳メモリがなければ
12文章をひとつずつ読み比べて、どこが変わっているか自分で考えなければなりません。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0----------------------------------------------------...
13どこが変わったか分かりますか?マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I...
14どこが変わったか分かりますか?マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I...
15 …翻訳メモリがあれば
16どこが変わったか、翻訳メモリが教えてくれます。原文 訳文翻訳メモリ--------------------------------------------------------------------------------------...
17変わっていない文章を読み比べる必要はありません。原文 訳文翻訳メモリ-------------------------------------------------------------------------------------...
18翻訳メモリのエディタ画面
19①② ③④⑤① 翻訳メモリから呼び出されたペア② 原文③ 訳文④ 用語集⑤ プレビュー翻訳メモリのエディタ画面
20翻訳メモリの一致率一致率
21翻訳メモリの一致率• 「翻訳メモリに保存されている原文」と「現在翻訳中の原文」の一致率です。
22翻訳メモリの一致率• 100% なら同一です。
23翻訳メモリの一致率• 変更が多いほど一致率は下がります。
24差分の翻訳• 変更部分だけ翻訳します。
25差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリClick the blue button..---------------------------------------------------------------------------------...
26差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリClick the blue button..---------------------------------------------------------------------------------...
27差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリ青いボタンをクリックしてください。---------------------------------------------------------------------------------------...
28復習
29翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。• 作業期間が短くなります。
30facebook.com/katayama2004
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

翻訳メモリとは

386 views
316 views

Published on

翻訳メモリについて説明します。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
386
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

翻訳メモリとは

  1. 1. 翻訳メモリとは片山翻訳事務所© 2013
  2. 2. 2翻訳メモリとは 原文と訳文をペアにして保存したデータベースです。原文 訳文原文 訳文原文 訳文翻訳メモリ
  3. 3. 3青い ボタンをクリックしてください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------青いボタンをクリックしてください。Click the blue button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..一度翻訳した文章は、二度と翻訳する必要がありません。原文 訳文翻訳メモリ…一度翻訳すると自動的に入力される
  4. 4. 4青いボタンをクリックしてください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------赤いボタンをクリックしてください。Click the blue button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..同様の文章は差分の翻訳で済みます。原文 訳文翻訳メモリ…一度翻訳すると翻訳するのは差分だけ青い→赤い
  5. 5. 5翻訳メモリを使用すると、技術文書の改訂が効率的に行えます。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0追加分------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------すでに翻訳した分は、自動的に入力される。翻訳するのはココだけ
  6. 6. 6翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。
  7. 7. 7翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。
  8. 8. 8翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。• 作業期間が短くなります。
  9. 9. 9実際の技術文書の改訂は、こんなに単純ではありません。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0追加分------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  10. 10. 10実際の技術文書の改訂は、かなり複雑です。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  11. 11. 11 …翻訳メモリがなければ
  12. 12. 12文章をひとつずつ読み比べて、どこが変わっているか自分で考えなければなりません。マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
  13. 13. 13どこが変わったか分かりますか?マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I/O, 1622 I/O, 24-Bit ADAT Bridge I/O,AudioSuite, Avid, Avid DNA, Avid Mojo,Avid Unity, Avid Unity ISIS, Avid UnityMediaNetwork, Avid Xpress, AVoption,AVoption|V10, Beat Detective, Bruno,Command|8, Control|24, D-Command,D-Control, D-Fi, D-fx, D-Show, DAE, Digi 002,Digi 002 Rack, DigiBase,DigiDelivery, Digidesign, Digidesign AudioEngine, Digidesign Intelligent NoiseReduction, Digidesign TDM Bus, DigiDrive,DigiRack, DigiTest, DigiTranslator,DINR, DV Toolkit, EditPack, Impact, Interplay,M-Audio, MachineControl, Maxim,Mbox, MediaComposer, MIDI I/O, MIX,MultiShell, OMF, OMF Interchange, PRE,ProControl, Pro Tools M-Powered, Pro Tools,Pro Tools|HD, Pro Tools LE,QuickPunch, Reel Tape, Reso, Reverb One,ReVibe, RTAS, Smack!,SoundReplacer, Sound Designer II, Strike,Structure, SYNC HD, SYNC I/O,Synchronic, TL Space, and X-Form aretrademarks or registeredtrademarks of Digidesign and/or AvidTechnology, Inc.003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I/O, 1622 I/O, 24-Bit ADAT Bridge I/O,AudioSuite, Avid, Avid DNA, Avid Mojo,Avid Unity, Avid Unity ISIS, Avid UnityMediaNetwork, Avid Xpress, AVoption,AVoption|V10, Beat Detective, Bruno,Command|8, Control|24, D-Command,D-Control, D-Fi, D-fx, D-Show, DAE, Digi 002,Digi 002 Rack, DigiBase,DigiDelivery, Digidesign, Digidesign AudioEngine, Digidesign Intelligent NoiseReduction, Digidesign TDM Bus, DigiDrive,DigiRack, DigiTest, DigiTranslator,DINR, DV Toolkit, EditPack, Impact, Interplay,M-Audio, MachineControl, Maxim,Mbox, MediaComposer, MIDI I/O, MIX,MultiShell, OMF, OMF Interchange, PRE,ProControl, Pro Tools M-Powered, Pro Tools,Pro Tools|HD, Pro Tools LE,QuickPunch, Reel Tape, Reso, Reverb One,ReVibe, RTAS, Smack!,SoundReplacer, Sound Designer II, Strike,Structure, SYNC HD, SYNC I/O,Synchronic, TL Space, Velvet and X-Form aretrademarks or registeredtrademarks of Digidesign and/or AvidTechnology, Inc.
  14. 14. 14どこが変わったか分かりますか?マニュアルバージョン 1.0マニュアルバージョン 2.0003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I/O, 1622 I/O, 24-Bit ADAT Bridge I/O,AudioSuite, Avid, Avid DNA, Avid Mojo,Avid Unity, Avid Unity ISIS, Avid UnityMediaNetwork, Avid Xpress, AVoption,AVoption|V10, Beat Detective, Bruno,Command|8, Control|24, D-Command,D-Control, D-Fi, D-fx, D-Show, DAE, Digi 002,Digi 002 Rack, DigiBase,DigiDelivery, Digidesign, Digidesign AudioEngine, Digidesign Intelligent NoiseReduction, Digidesign TDM Bus, DigiDrive,DigiRack, DigiTest, DigiTranslator,DINR, DV Toolkit, EditPack, Impact, Interplay,M-Audio, MachineControl, Maxim,Mbox, MediaComposer, MIDI I/O, MIX,MultiShell, OMF, OMF Interchange, PRE,ProControl, Pro Tools M-Powered, Pro Tools,Pro Tools|HD, Pro Tools LE,QuickPunch, Reel Tape, Reso, Reverb One,ReVibe, RTAS, Smack!,SoundReplacer, Sound Designer II, Strike,Structure, SYNC HD, SYNC I/O,Synchronic, TL Space, and X-Form aretrademarks or registeredtrademarks of Digidesign and/or AvidTechnology, Inc.003, 003 Rack, 96 I/O, 96i I/O, 192 DigitalI/O, 192 I/O, 888|24 I/O, 882|20I/O, 1622 I/O, 24-Bit ADAT Bridge I/O,AudioSuite, Avid, Avid DNA, Avid Mojo,Avid Unity, Avid Unity ISIS, Avid UnityMediaNetwork, Avid Xpress, AVoption,AVoption|V10, Beat Detective, Bruno,Command|8, Control|24, D-Command,D-Control, D-Fi, D-fx, D-Show, DAE, Digi 002,Digi 002 Rack, DigiBase,DigiDelivery, Digidesign, Digidesign AudioEngine, Digidesign Intelligent NoiseReduction, Digidesign TDM Bus, DigiDrive,DigiRack, DigiTest, DigiTranslator,DINR, DV Toolkit, EditPack, Impact, Interplay,M-Audio, MachineControl, Maxim,Mbox, MediaComposer, MIDI I/O, MIX,MultiShell, OMF, OMF Interchange, PRE,ProControl, Pro Tools M-Powered, Pro Tools,Pro Tools|HD, Pro Tools LE,QuickPunch, Reel Tape, Reso, Reverb One,ReVibe, RTAS, Smack!,SoundReplacer, Sound Designer II, Strike,Structure, SYNC HD, SYNC I/O,Synchronic, TL Space, Velvet and X-Form aretrademarks or registeredtrademarks of Digidesign and/or AvidTechnology, Inc.一語追加されただけです。
  15. 15. 15 …翻訳メモリがあれば
  16. 16. 16どこが変わったか、翻訳メモリが教えてくれます。原文 訳文翻訳メモリ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------青いボタンをクリックしてください。“red” を翻訳して!
  17. 17. 17変わっていない文章を読み比べる必要はありません。原文 訳文翻訳メモリ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------赤いボタンをクリックしてください。自動入力
  18. 18. 18翻訳メモリのエディタ画面
  19. 19. 19①② ③④⑤① 翻訳メモリから呼び出されたペア② 原文③ 訳文④ 用語集⑤ プレビュー翻訳メモリのエディタ画面
  20. 20. 20翻訳メモリの一致率一致率
  21. 21. 21翻訳メモリの一致率• 「翻訳メモリに保存されている原文」と「現在翻訳中の原文」の一致率です。
  22. 22. 22翻訳メモリの一致率• 100% なら同一です。
  23. 23. 23翻訳メモリの一致率• 変更が多いほど一致率は下がります。
  24. 24. 24差分の翻訳• 変更部分だけ翻訳します。
  25. 25. 25差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリClick the blue button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..95%青いボタンをクリックしてください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------青いボタンをクリックしてください。• 一致率の高い訳文が自動的に入力されます。“red” を翻訳して!
  26. 26. 26差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリClick the blue button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..保存青いボタンをクリックしてください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------赤いボタンをクリックしてください。• …差分を翻訳して保存すると
  27. 27. 27差分の翻訳原文 訳文翻訳メモリ青いボタンをクリックしてください。------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------赤いボタンをクリックしてください。赤いボタンをクリックしてください。Click the blue button..------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Click the red button..Click the red button 100%• 次回は 100% 一致して自動入力されます。
  28. 28. 28復習
  29. 29. 29翻訳メモリを使用すると、翻訳が必要になるのは差分だけです。• 費用が安くなります。• 作業期間が短くなります。
  30. 30. 30facebook.com/katayama2004

×