TracLightning の 社内への導入と 継続的な運用のために -   - 2008/10/18  かおるん@中村 薫
アジェンダ <ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><li>社内での TracLightning 活用状況 </li></ul><ul><li>TracLightning 導入まで </li></ul><ul><li>継続して使用...
自己紹介 <ul><li>名 前:中村 薫(なかむら かおる) </li></ul><ul><li>性 別:♂ </li></ul><ul><li>年 齢:27歳 </li></ul><ul><li>出 身:千葉県 </li></ul><ul>...
社内での TracLightning 活用状況 <ul><li>現在の状況( 2009 年 10 月 現在) </li></ul><ul><li>TracLightning は社内の標準管理ツール </li></ul><ul><li>用途によっ...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>1、今までの業務経歴 </li></ul>-   -
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>1、今までの業務経歴 </li></ul>-   -
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>2、 Share Point Services ( SPS )と Visual Source Safe ( VSS ) の導入 </li></ul><ul><li>目的 </li...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>2、 Share Point Services ( SPS )と Visual Source Safe ( VSS ) の導入 </li></ul><ul><li>問題点 </l...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>3、 Trac  との出会い </li></ul><ul><li>2回目の大炎上プロジェクトへ再度ヘルプに行った際に、 All-in-one-Trac  を使っていた。 </li...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>4、実プロジェクトへの導入 </li></ul><ul><li>All-in-one-Trac  を試験的にプロジェクトへ導入 </li></ul><ul><ul><li>4人の...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>5、 All-in-one-Trac  から  TracLightning  へ </li></ul><ul><li>All-in-one-Trac  を調べてるうちに  Tra...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>6、 TracLightning  実運用 </li></ul><ul><li>自分一人での開発業務があったので、  TracLightning  を導入 </li></ul><...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>7、社内標準へ </li></ul><ul><li>社内に広めるために勉強会を開く </li></ul><ul><ul><li>まずは  Subversion  から </li>...
TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>8、導入以降 </li></ul><ul><li>全社的に炎上プロジェクトがなくなった </li></ul><ul><li>使い方をきちんと教えてあげることで、自発的に使ってくれ...
今の環境 -   - テスター 開発者 バグをチケットに登録 バグを修正 ビルド インストーラ作成 アップデート ソースを修正したら チケットをクローズ ソースを ダウンロード テスト
今の環境 <ul><li>設計 </li></ul><ul><ul><li>UML ツール・ Enterprise Architect との連携( Subversion による管理) </li></ul></ul><ul><li>ビルド </l...
導入のまとめ <ul><li>Trac  を社内標準にするために </li></ul><ul><ul><li>まずは一人で使ってみる </li></ul></ul><ul><ul><li>チームメンバー(特に発言力のある人)を巻き込む </li...
継続して使ってもらうために <ul><li>チケットの登録をもっと簡単に </li></ul><ul><li>することが継続利用の近道 </li></ul>-   -
ExcelTracAddIn -   -
<ul><li>Shibuya.trac </li></ul><ul><li>http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/ </li></ul><ul><li>で公開しています </li></ul><...
継続のまとめ <ul><li>Trac  を継続して使うには、チケットをいかに登録してもらうかがキモ </li></ul><ul><li>複数の登録方法を提供することで、チケットを作りやすい環境つくりましょう </li></ul><ul><li...
<ul><li>ご清聴ありがとうございました </li></ul>-   - -   -
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

TracLightningの社内標準化と継続的な運用のために

4,717 views
4,607 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,717
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
208
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 3回の炎上 1回目 公官庁向け通信システム 全く管理されていないプロジェクト 4ヶ月間、客先にて不休の作業 人間の肉体的強さを思い知る 2回目 公官庁向けコンソールシステム 形だけ管理されてるプロジェクト 6ヶ月間、客先にて不休の作業 この頃からプロジェクト管理の手法を模索し始める 3回目 公官庁向けデータ処理システム それなりに管理されているプロジェクト 1ヶ月ほど客先にて不休の作業 このプロジェクトの最中に Share Point Services を立ち上げた TracLighting 導入後はボヤですんでいるものがほとんど
  • 最初の目的はプロジェクトの管理のみ
  • VSS クライアントが使いづらい ・クライアントをいちいち立ち上げるのがめんどくさい ・ソース管理が結局 ZIP ベースになる
  • このころから blog を書き出す
  • 全てを Trac でやろうとしない
  • TracLightningの社内標準化と継続的な運用のために

    1. 1. TracLightning の 社内への導入と 継続的な運用のために - - 2008/10/18  かおるん@中村 薫
    2. 2. アジェンダ <ul><li>自己紹介 </li></ul><ul><li>社内での TracLightning 活用状況 </li></ul><ul><li>TracLightning 導入まで </li></ul><ul><li>継続して使用してもらうために </li></ul>- -
    3. 3. 自己紹介 <ul><li>名 前:中村 薫(なかむら かおる) </li></ul><ul><li>性 別:♂ </li></ul><ul><li>年 齢:27歳 </li></ul><ul><li>出 身:千葉県 </li></ul><ul><li>現住所:東京都 </li></ul><ul><li>Blog :かおるんダイアリー </li></ul><ul><li> http://d.hatena.ne.jp/kaorun55/ </li></ul><ul><li>Twitter : http://twitter.com/kaorun55 </li></ul>- -
    4. 4. 社内での TracLightning 活用状況 <ul><li>現在の状況( 2009 年 10 月 現在) </li></ul><ul><li>TracLightning は社内の標準管理ツール </li></ul><ul><li>用途によって3種類のサーバマシンで稼働 </li></ul><ul><li>社内で約30プロジェクトを管理 </li></ul><ul><li>周囲の反応 </li></ul><ul><li>概ね良好(特に社長の反応が良い) </li></ul><ul><li>客先からの案件情報の want に Trac + SVN </li></ul>- -
    5. 5. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>1、今までの業務経歴 </li></ul>- -
    6. 6. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>1、今までの業務経歴 </li></ul>- -
    7. 7. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>2、 Share Point Services ( SPS )と Visual Source Safe ( VSS ) の導入 </li></ul><ul><li>目的 </li></ul><ul><ul><li>プロジェクトの管理 </li></ul></ul><ul><li>結果 </li></ul><ul><ul><li>見積もり2ヶ月のところ1ヶ月で完了 </li></ul></ul><ul><li>得たこと </li></ul><ul><ul><li>ToDo 、問題点を可視化する利点 </li></ul></ul>- -
    8. 8. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>2、 Share Point Services ( SPS )と Visual Source Safe ( VSS ) の導入 </li></ul><ul><li>問題点 </li></ul><ul><ul><li>VSS クライアントが使いづらい </li></ul></ul><ul><ul><li>クライアントをいちいち立ち上げるのがめんどくさい </li></ul></ul><ul><ul><li>SPS と VSS の連携ができない </li></ul></ul><ul><li>ソース管理が結局 ZIP ベースになる </li></ul>- -
    9. 9. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>3、 Trac との出会い </li></ul><ul><li>2回目の大炎上プロジェクトへ再度ヘルプに行った際に、 All-in-one-Trac を使っていた。 </li></ul><ul><ul><li>Subversion サーバとして使用していた </li></ul></ul>- -
    10. 10. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>4、実プロジェクトへの導入 </li></ul><ul><li>All-in-one-Trac を試験的にプロジェクトへ導入 </li></ul><ul><ul><li>4人のプロジェクト </li></ul></ul><ul><ul><li>まずは一人で使ってみた </li></ul></ul><ul><ul><li>Subversion によるバージョン管理 </li></ul></ul><ul><ul><li>手ごたえを感じたところでメンバーに紹介 </li></ul></ul><ul><ul><li>メンバー絶賛 </li></ul></ul>- -
    11. 11. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>5、 All-in-one-Trac から TracLightning へ </li></ul><ul><li>All-in-one-Trac を調べてるうちに TracLightning に辿り着く </li></ul><ul><ul><li>機能の豊富さから TracLightning に乗り換え </li></ul></ul>- -
    12. 12. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>6、 TracLightning 実運用 </li></ul><ul><li>自分一人での開発業務があったので、 TracLightning を導入 </li></ul><ul><ul><li>ToDo 、問題点の可視化 </li></ul></ul><ul><ul><li>ガントチャートによる日程調整 </li></ul></ul><ul><ul><li>Subversion によるバージョン管理 </li></ul></ul>- -
    13. 13. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>7、社内標準へ </li></ul><ul><li>社内に広めるために勉強会を開く </li></ul><ul><ul><li>まずは Subversion から </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>新人が絶賛 </li></ul></ul></ul><ul><li>マネージャに紹介 </li></ul><ul><ul><li>実業務で試用することに </li></ul></ul><ul><li>業務用に Trac 勉強会 </li></ul><ul><ul><li>社長の一声で標準化 </li></ul></ul>- -
    14. 14. TracLightning 導入に至るまでの経緯 <ul><li>8、導入以降 </li></ul><ul><li>全社的に炎上プロジェクトがなくなった </li></ul><ul><li>使い方をきちんと教えてあげることで、自発的に使ってくれるようになった </li></ul>- -
    15. 15. 今の環境 - - テスター 開発者 バグをチケットに登録 バグを修正 ビルド インストーラ作成 アップデート ソースを修正したら チケットをクローズ ソースを ダウンロード テスト
    16. 16. 今の環境 <ul><li>設計 </li></ul><ul><ul><li>UML ツール・ Enterprise Architect との連携( Subversion による管理) </li></ul></ul><ul><li>ビルド </li></ul><ul><ul><li>Hudson との連携 </li></ul></ul><ul><li>テスト </li></ul><ul><ul><li>TestLink との連携 </li></ul></ul><ul><ul><li>設計~実装~ビルド~テストを </li></ul></ul><ul><ul><li>シームレスに連携 </li></ul></ul>- -
    17. 17. 導入のまとめ <ul><li>Trac を社内標準にするために </li></ul><ul><ul><li>まずは一人で使ってみる </li></ul></ul><ul><ul><li>チームメンバー(特に発言力のある人)を巻き込む </li></ul></ul><ul><ul><li>徐々に勢力を拡大 </li></ul></ul><ul><ul><li>Small start & Quick Win </li></ul></ul><ul><ul><li>一番のキモは。。。 </li></ul></ul><ul><li>Excel と互換性があることかも? </li></ul>- -
    18. 18. 継続して使ってもらうために <ul><li>チケットの登録をもっと簡単に </li></ul><ul><li>することが継続利用の近道 </li></ul>- -
    19. 19. ExcelTracAddIn - -
    20. 20. <ul><li>Shibuya.trac </li></ul><ul><li>http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/ </li></ul><ul><li>で公開しています </li></ul><ul><li>無保証ですが、ご自由にお使いください </li></ul>今ご紹介したソフトは - -
    21. 21. 継続のまとめ <ul><li>Trac を継続して使うには、チケットをいかに登録してもらうかがキモ </li></ul><ul><li>複数の登録方法を提供することで、チケットを作りやすい環境つくりましょう </li></ul><ul><li>Excel をフロントエンドにすることで、チケットへの敷居も下がり、抵抗感も減るのでは? </li></ul>- -
    22. 22. <ul><li>ご清聴ありがとうございました </li></ul>- - - -

    ×