Osc2010 tokyo fall コミュニティ紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

Osc2010 tokyo fall コミュニティ紹介

  • 1,630 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,630
On Slideshare
1,427
From Embeds
203
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 203

http://d.hatena.ne.jp 191
http://coderwall.com 12

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Shibuya.trac 日本一ゆるい(?) オープンソースコミュニティ OSC2010 Tokyo/Fall出張勉強会 2010/09/10
  • 2. Shibuya.tracって何? • Shibuya.tracはTracのユーザとハッ カーのコミュニティです。 • プロジェクト管理と開発の効率化を目 的として、様々な活動を行っています。
  • 3. Tracって何? • Tracとは –チケット管理機能 –構成管理機能 –Wiki機能 などを提供するプロジェクト管理ツー ルです。
  • 4. 質問です • みなさんの立ち位置は? –今回、Tracを初めて知った –Tracに興味があるが、まだ導入して いない –Tracを少し使ってみた –Tracをバリバリ使っている
  • 5. 活動内容 • 開発 –おもにSourceForge.JP上でTracの 機能を拡張するプラグイン –Visutal Studio、MS Office(Project/Excel)との連携ツー ルをしています。
  • 6. 活動内容 • 勉強会 –開発したプラグイン自慢大会 –TracやSubversionの運用ノウハウ –アジャイルなプロセスを使った改善 について議論
  • 7. 活動実績 • 勉強会回数:全7回 –参加者数計170人以上 • WebページのPV:月5~6万PV • 開発プラグイン数:約40 月間 50,000~60,000PV
  • 8. 活動実績 • 他のコミュニティとの関係: –すくすくスクラム • ScrumをTracで運用する方法につ いて模索 –EclipseSKY • EclipseとTracの連携 –TracLightning: • プラグインの褌化
  • 9. 主な活動場所 • SourceForge.JP – http://sourceforge.jp/projects/shibu ya-trac/wiki/FrontPage • Googleグループ – http://groups.google.co.jp/group/sh 参加方法は、SourceForge.JPのWiki ibuya-trac に自分の名前を書くだけ。 • Twitter あとはリポジトリにコミット!! Googleグループに参加すると完璧 – 各メンバーのtwitter(探してくださ い!!)
  • 10. 次回の勉強会 • 2010/10/01 • 19:00-22:00 (開場18:45) • ニフティ株式会社 (最寄駅:JR大森) • 参加登録(こくちーず) – http://kokucheese.com/event/index/4406/ – 9/9 13:00現在の申込数: 30 / 60人
  • 11. TracLighting勉強会 • 初心者の方、お気軽にご参加ください • 2010/09/29 • 19:30-22:00 • ミューザ川崎 (最寄駅:JR川崎) • 参加登録(ATND) – http://atnd.org/events/7912
  • 12. TracLighting勉強会 • 勉強範囲 –TracLightningのTracとSubversionをター ゲットにしています。 –MavenやHudsonは対象外です。 • 目的 –自分が使いやすいようにツールをアレ ンジしてみよう。 注)既に用意されているものを使ってカスタマイズするだけです。プラ グイン開発やTracLightningオリジナルソースの変更は一切しません。
  • 13. 一緒に、プロジェクト管理の やり方を変えていきませんか? Shibuya.trac