とある会社での、その後の~Tracによる可視化事例と、その方法について(Shibuya.trac#11)

  • 5,307 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
5,307
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4

Actions

Shares
Downloads
17
Comments
0
Likes
7

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. とある会社での、その後の~Tracによる可視化事例と、その方法について
  • 2. 注意事項! この発表は私の所属する 特定の団体 特定の企業 を代表したものではありません。 この発表は私見に基づくものであり、 何ら内容を保証しません。 似たような話が出てきますが アジャイルな開発とは無関係です Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 3. 本日のアジェンダ 自己紹介 以前発表した事例のその後 実践してる可視化の方法(デモ) おわりに Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 4. 自己紹介Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 5. かぬhttp://d.hatena.ne.jp/kanu-orzhttp://twitter.com/kanu_ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 6. 普段は滝の中にいます Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 7. KanonとTracLightningのコミッタもやってます Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 8. 訂正Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 9. はラボメン 厨二病を患ってますShibuya.trac#11 2011/04/13
  • 10. TDDの実践者です Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 11. Reuse other fundoshiover rewriting the while 出典 : チケット駆動開発宣言 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 12. ふんどし? Photo by ChrisSteph LewisBoegeman http://www.flickr.com/photos/chrissam42/709460785/ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 13. Tanin no fundoshiDEDevelopment Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 14. お約束も終わったので Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 15. 自己紹介はながい ここまで Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 16. 事例その1Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 17. 2009年新年会での発表事例 保守サポートデスク業務の一元化 問合せに関する顛末管理 問合せする作業時間管理 問合せ情報の共有 保守部隊のポータル 対象システムの情報集積 各種know-howの公開 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 18. 月間作業レポート Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 19. 月間作業実績一覧 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 20. 月間作業実績一覧(SQL抜粋) SELECT substr(t.mon,1,4)||年||substr(t.mon,6,2)||月 対応分 AS __group__, t.mon as _発生分, t.component, (select count(*) from ticket t1 where t.component=t1.component and t1.type = 問合せ and t.mon=substr(date(t1.time, unixepoch, localtime),1,7) ) as 問合せ, ifnull( ( select sum(CAST(newvalue as REAL)) from ticket_change work_time ,ticket t6 where work_time.ticket = t6.id and work_time.field=hours and t.component = t6.component and t6.type = 問合せ and t.mon = substr(date(work_time.time, unixepoch, localtime),1,7) ),0 ) as 問合せ時間, (select count(*) from ticket t2 where t.component=t2.component and t2.type = 不具合 and t.mon=substr(date(t2.time, unixepoch, localtime),1,7) ) as 不具合, ~以下チケットのタイプ数分だけ繰り返し~ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 21. コンポーネント毎に、一項目ずつサマリー&カウントしてるだけです Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 22. といってもリアルタイムで、即時に集計が把握できるインパクトは小さくないです Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 23. 現在は、更に改良 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 24. 月間作業実績一覧(改良版) 改良点 対応時間、件数の 推移グラフの表示 ReportInclude プラグイン利用 メリット 対比がしやすい 時期的な傾向の 把握が容易 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 25. 「レポートについての説明」部分でReportIncludeプラグインを使って 数字とグラフの同時表示 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 26. 事例その2Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 27. ウォーターフォールといえば・・・ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 28. 炎上・・・炎上・・・ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 29. で始まった、2010年の第6回の事例 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 30. 滝の中でバーンダウンを使うという事例 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 31. ウォーターフォールといえば Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 32. ガントチャート Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 33. 私は嫌い!Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 34. なのでShibuya.trac#11 2011/04/13
  • 35. このときはQueryChartを使って タスク数のバーンダウンで 進捗を推し量ろう! Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 36. バーンダウンチャート Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 37. という話をしました。 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 38. マイルストーンを使って可視化するのは 現在も変わらず行ってますが、 別なチャートが追加になってます。 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 39. 現在は・・・ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 40. タスク数のバーンダウン Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 41. 見積もり時間と作業時間のバーダウン Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 42. 各チャートの数字化 Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 43. マイルストーン Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 44. 実は・・・Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 45. ガントチャート Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 46. 良いですね、ガントチャートw Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 47. このページは意図的に空白になっています Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 48. パワポじゃ分からないのでデモします Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 49. ここまでの事例が一部を除きTracのレポート機能で実現してます Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 50. まとめ:Tracのレポートについて ポイント レポートページにグラフを同時表示 「レポートについての説明」部分は WikiフォーマットのためWikiマクロを利用可能 ReportInclude QueryChart 他何でも カスタムクエリとの差異 SQLで直接レポートが書ける DBの構造さえ理解していれば後は腕次第 DB構造の情報元 Shibuya.trac http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/TracSchema Edgewall http://trac.edgewall.org/wiki/TracDev/DatabaseSchema Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 51. 最大の強みはTracで 完結できること! Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 52. 可視化に使っている主なプラグイン Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 53. まとめ:可視化に使っている主なプラグイン TimingAndEstimation 時間の積算用 タイムトラッキング 可視化に当たっての基本的なプラグイン Web-Query UIコンポーネント Queryの結果の数字部分の中合計大合計 が表示されるようになります。 ただし、TracLightning3.1.1の付属のものもしくは Kanon最新版付属のものでないと0.12では動きません。 http://trac-hacks.org/wiki/TimingAndEstimationPlugin Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 54. まとめ:可視化に使っている主なプラグイン QueryChart チケットのステータス変動の日付の記録 日付を元にバーンダウン/アップチャートの表示 http://weekbuild.sakura.ne.jp/trac/wiki/TracDoc/QueryChart ReportInclude TracReportをWikiに表示させるためのプラグイン Ticket/Milestone/Report などで利用可能 Reportだけではなくグラフの表示も可能 棒グラフ/積み上げ棒グラフ/折れ線グラフ http://fr.sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/plugins%2FReportIncludePlugin Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 55. まとめ:可視化に使っている主なプラグイン ExtendedVersion Milestoneをversionでまとめる為のプラグイン MilestoneをTimeBox化して利用する際に、 全体を見渡すのに非常に便利。 表示の形式はMilestoneとほぼ同じ http://trac-hacks.org/wiki/ExtendedVersionPlugin Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 56. ExtendedVersion画面イメージ Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 57. 最後にShibuya.trac#11 2011/04/13
  • 58. タスクの可視化は目的ではありません Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 59. 実測に基づき、計画を見直す為の 情報を得るための道具です Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 60. 価値あるシステムを継続的に顧客へ提供し続けることが Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 61. 我々の開発者の使命です Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 62. 計画を適切に見直すことで、持続可能なペースを保ちましょう Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 63. 顧客も開発者も 共に幸せになれますように... Shibuya.trac#11 2011/04/13
  • 64. チケット駆動開発宣言私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を手助けをする活動を通じて、よりよい開発方法を見つけだそうとしている。この活動を通して、私たちは以下の価値に至った :#1 共用フォルダーよりも バージョン管理システム を#2 口頭による指示よりも チケットでの依頼 を#3 個人のドキュメントよりも wikiでの協調 を#4 書き直すよりもを 他人の褌で相撲 を価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 Shibuya.trac#11 2011/04/13