著作権と法

1,141 views
1,089 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,141
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
47
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • オフィスオーガスタ  http:// www.google.com/imgres?imgurl =http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/h/heatwave_p2p/20090330/20090330023547.png%3F1238348163&imgrefurl=http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20090330/p1&usg=__zKuJCAqCqJa7dY--bj7knru9DIQ=&h=452&w=550&sz=396&hl= ja&start =74&sig2=OQUCqAvqOx7hEu6N99qxqg&itbs=1&tbnid=o9VtO8hi7yvopM:&tbnh=109&tbnw=133&prev=/images%3Fq%3Dyoutube%2BPV%26start%3D72%26hl%3Dja%26sa%3DN%26gbv%3D2%26ndsp%3D18%26tbs%3Disch:1&ei=2arVS4vvHIrW7AO0mYS1Dw
  • オフィスオーガスタ  http:// www.google.com/imgres?imgurl =http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/h/heatwave_p2p/20090330/20090330023547.png%3F1238348163&imgrefurl=http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20090330/p1&usg=__zKuJCAqCqJa7dY--bj7knru9DIQ=&h=452&w=550&sz=396&hl= ja&start =74&sig2=OQUCqAvqOx7hEu6N99qxqg&itbs=1&tbnid=o9VtO8hi7yvopM:&tbnh=109&tbnw=133&prev=/images%3Fq%3Dyoutube%2BPV%26start%3D72%26hl%3Dja%26sa%3DN%26gbv%3D2%26ndsp%3D18%26tbs%3Disch:1&ei=2arVS4vvHIrW7AO0mYS1Dw
  • 著作権と法

    1. 1. <ul><li>コンテンツ </li></ul>&    法         ↓        規制???         ↓      権利を守る!!!      自由という視点
    2. 2. <ul><li>著作権法 </li></ul>
    3. 3. <ul><li>著作権 法 </li></ul>
    4. 4. <ul><li>著作権は、自然に発生する </li></ul><ul><li>(特許は申請が必要) </li></ul>
    5. 6. <ul><li>著作物とは ?? </li></ul>
    6. 7. <ul><li>著作権法 2 条 1 項 1 号 </li></ul><ul><li> 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの </li></ul><ul><li>3 号以下 </li></ul><ul><li> 小説・脚本・講演など 音楽 舞踊・無言劇 美術 建築 図形 映画 写真 コンピュータ・プログラム </li></ul>
    7. 8. <ul><li>著作権法 2 条 1 項 1 条 </li></ul><ul><li> 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの </li></ul><ul><li> 小説・脚本・講演など 音楽 舞踊・無言劇 美術 建築 図形 映画 写真 コンピュータ・プログラム </li></ul>                 = 創作的な表現         
    8. 9. <ul><li>クイズ答え </li></ul><ul><li><著作物にあたる> </li></ul><ul><li>落書き </li></ul><ul><li>即興演奏 </li></ul><ul><li><著作物にあたらない> </li></ul><ul><li>事実のデータ </li></ul><ul><li>標語 </li></ul>
    9. 10. <ul><li> なぜ !!! </li></ul><ul><li>   著作権が web 時代に問題になるの !? </li></ul>
    10. 11. 例①
    11. 12. 例①      無断配信による、 テレビ番組という著作物の 複製権、公衆送信権の侵害 ↓ テレビ局・映像業界の非難   
    12. 13. 例②
    13. 14. 例②    青空文庫 NHK アーカイブス 京橋フィルムセンター <放送番組、映画、書物を デジタル化して保存>
    14. 15. 例②      アーカイビングの権利処理 (肖像権、プライバシー侵害 権利保護期間の確認…の手間) ↓ 修復が手遅れの作品も。   
    15. 16. 例③
    16. 17. <ul><li>対応策の数々 </li></ul>
    17. 18. A①
    18. 19. A①    広告 として利用してしまう 味方につける。
    19. 20. A③ <ul><li>バイアウト方式 </li></ul>
    20. 21. A③ <ul><li>バイアウト方式 </li></ul>   権利の束をまとめて購入 <メリット> 二次利用の権利処理が楽 <デメリット> 初期投資が高額
    21. 22. A④
    22. 23. A④    権利者が自己の著作物の利用条件を表示 注)著作権を否定するわけではない!! 弱い著作権像 広く知れ渡って初めて意味をなす By ローレンスレッシグ
    23. 24. 参考 <ul><li>英米版フェアユース </li></ul><ul><li>利用の目的と特徴 </li></ul><ul><li>利用される作品の性質 </li></ul><ul><li>利用された部分の量・実質 </li></ul><ul><li>オリジナル作品に市場でダメージを与えないか </li></ul>
    24. 25. 参考 <ul><li>英米版フェアユース </li></ul><ul><li>利用の目的と特徴 </li></ul><ul><li>利用される作品の性質 </li></ul><ul><li>利用された部分の量・実質 </li></ul><ul><li>オリジナル作品に市場でダメージを与えないか </li></ul>
    25. 26. A⑤ <ul><li>日本版フェアユース </li></ul>
    26. 27. 参考 <ul><li>英米版フェアユース </li></ul><ul><li>利用の目的と特徴 </li></ul><ul><li>利用される作品の性質 </li></ul><ul><li>利用された部分の量・実質 </li></ul><ul><li>オリジナル作品に市場でダメージを与えないか </li></ul>   判例国家アメリカ (判例 = 法律、 裁判がとても身近) ⇔ とは違う日本。 法律で、一般企業・ユーザーが 判断できる明確な指針を!
    27. 28. <ul><li>権利者と利用者のバランス !!!!! </li></ul>
    28. 29. 2010 年 1 月 1 日~改正法適用 <ul><li>第30条第1項(私的使用)の除外項目として追加 </li></ul><ul><li>(第3号) </li></ul><ul><li> 著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であって、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合 </li></ul>
    29. 30. 2010 年 1 月 1 日~改正法適用 <ul><li>第30条第1項(私的使用)の除外項目として追加 </li></ul><ul><li>(第3号) </li></ul><ul><li> 著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であって、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画を、その事実を知りながら行う場合 </li></ul>        ①違法に(著作権等を侵害して)アップロードされ      た著作物(音楽又は映像)を  ②違法にアップロードされた著作物であることを知     りながら  ③意図的に録音または録画した場合に     著作権侵害になる

    ×