3D長所と短所 【金光】
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

3D長所と短所 【金光】

on

  • 10,780 views

 

Statistics

Views

Total Views
10,780
Views on SlideShare
2,712
Embed Views
8,068

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

9 Embeds 8,068

http://mwr.mediacom.keio.ac.jp 8037
http://webcache.googleusercontent.com 17
http://cache.yahoofs.jp 3
http://cache.yahoofs.jp 3
http://www.google.co.jp 3
http://web.archive.org 2
http://www.slideshare.net 1
http://kimseminar2011.blog.fc2.com 1
http://www.mediacom.keio.ac.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

3D長所と短所 【金光】 Presentation Transcript

  • 1. 3Dの長所と短所
  • 2. 本日のも・く・じ
    • 1.3 D の Negative points
    • (1)健康面での不安
    • (2)映像面での懸念
    • 2.3 D の Positive points
    • 3.3 D 映像の今後の見通し
  • 3.
    • 1.3 D の Negative points
    • (1)健康面での不安
  • 4.
    • 3 D コンソーシアム( 1999 ~)
    • による「安全ガイドライン」( 2010.4 )
    • NPO 法人映像評価機構
    • サムスンなど各メーカー企業
  • 5.
    • 1.3 D の Negative points
    • (2)映像面での懸念
  • 6.
    • 1.3 D の Negative points
    • (2)映像面での懸念
    • ① 実写は向いていない
    • ② 映像が暗くなる
  • 7.
    • 2.3 D の Positive points
    • 飛び出す迫力!!!
    • 奥行き
    • 臨場感
    • 細かいものが見分けられる
  • 8.
    • 実は…
  • 9.
    • 実は…
    • 迫力!!!
    • ではなく、
  • 10.
    • 実は…
    • 迫力!!!
    • ではなく、
    • 臨場感!!!!! がポイント。
  • 11.
    • 「映画の世界に入り込む感じ」
    • 「「 3D 」=「飛び出す」感覚ではなく、
    • 映画と「一体感」を得られる感動」
    • 2010 年 3 月 12 日~ 16 日
    • 対象:全国の 20 ~ 40 代の男女計 1200 名
    • 「 3D 映画・ 3D テレビ」に関するアンケート調査(インターネット調査)
  • 12.  
  • 13.
    •     
    •    アバターの3D技術は、
    •     「技術」ではなく「哲学」。
  • 14.
    •        3D だと
    •    「何かが飛び出してきて驚く」とか、
    •    こけ脅しと見られてしまうところが
    •                     ある。
  • 15.
    •       観客に
    •      劇場にいることを自覚させず 、
    •    スクリーンを消すことができたら、
    •     実際にその場にいるように
    •       観客に感じさせること。
    • By アバタープロデューサー
  • 16.  
  • 17.  
  • 18.
    • 迫力の画像よりも、奥行きの多用。
  • 19.  
  • 20.
    • 細かいものも、はっきり見える
    • 例)戦闘シーン
  • 21.  
  • 22.  
  • 23.
    • ① 実写は向いていない
    • ② 映像が暗くなる
  • 24.
    • ① 実写は向いていない
    • -> フル CG と実写をミックス。半分ずつ使用
    • ② 映像が暗くなる
  • 25.
    • ① 実写は向いていない
    • -> フル CG と実写をミックス。半分ずつ使用
    • ② 映像が暗くなる
    • -> 夜のシーンではむしろ効果的に。
  • 26.  
  • 27.
    • 4.3 D 映像の今後の見通し
    • <次の3 D 期待のジャンル>
    • 1位  SF ・ファンタジー   68.0 %
    • 2位 アクション       57.8 %
    • 3位 アドベンチャー 43.3 %
    • 2010 年 3 月 12 日~ 16 日
    • 対象:全国の 20 ~ 40 代の男女計 1200 名
    • 「 3D 映画・ 3D テレビ」に関するアンケート調査(インターネット調査
  • 28. 2010 年 4 月 24 日 フジサンケイビジネスアイ 「 シンクタンクリポート」
  • 29.
    • 『シュレック』全米興行収入が 5 月 21 日からの 3 日間で 7100 万ドル(3 D アニメで歴代 1 位、映画全体で 3 位)
    • 『バトル・ロワイヤル』暴力映画初 3D 化
    • 『ムーミンズ・アンド・ザ・コメット・チェイス』 彗星が地球に…3 D 化
  • 30. ディベートに…
    • 健康面の不安の解消
    • (映画の場合)3 D を活かす映画を作るのか、3 D は付加価値にとどめるのか
    • 求められているコンテンツの提供