• Save
Jenkinsを用いたAndroidアプリビルド作業効率化
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
6,052
On Slideshare
4,960
From Embeds
1,092
Number of Embeds
7

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
3

Embeds 1,092

http://d.hatena.ne.jp 1,075
http://webcache.googleusercontent.com 7
http://a0.twimg.com 4
http://us-w1.rockmelt.com 2
https://www.google.co.jp 2
http://cache.yahoofs.jp 1
https://twitter.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. テスト部第9回MTG(Android)Androidアプリリリース作業効率化(1) ~Jenkins導入から自動ビルドまで~ 2011/12/20 @korodroid
  • 2. 自己紹介 氏名:Kanbara Kenichi 活動:iplatform.org(http://www.iplatform.org/) Twitter:@korodroid■主な活動(iplatform.org@プライベート) Android Market向けアプリ開発(現在14本) 9 10 2
  • 3. プライベートなアプリ開発は 平日夜中と休日 (時間ないっすよね?) 3
  • 4. Androidアプリリリースに伴う作業→ビルド、試験、デバッグの繰り返し ビルド、試験、デバッグの繰り返し 4
  • 5. Androidアプリリリースに伴う作業 →面倒、しかも、楽しくない 面倒、しかも、楽しくないzzz 面倒、しかも、楽しくない 5
  • 6. Androidアプリリリースに伴う作業 少しでも楽したい 楽したい! →少しでも楽したい! 6
  • 7. いきなり全フェーズの効率化 なんて無理無理 実装 ビルド 試験 7
  • 8. できるところから効率化! 実装 ビルド 試験 8
  • 9. JenkinsによるAndroidアプリ ビルド作業の自動化 9
  • 10. Jenkinsを用いたシステム構成 自動取得(※) リポジトリ Jenkins ・各種作業自動化コミット (ビルド・デプロイ・試験) ファイル ・定期的なタスク実行 等 (※)手動・定期取得、コミット時取得等も 開発者 設定可能 10
  • 11. Jenkins導入で楽になったこと(現時点) プライベートなアプリ開発において「も」、 SubVersionと連携したアプリの自動ビルド アプリのコンパイル アプリの署名付与 11
  • 12. Jenkins導入~HelloAndroidビルドまで前提環境 SubVersion Eclipse/AndroidSDK/Ant等Jenkinsインストール(含むAndroid用プラグイン)Jenkins環境設定(JDK、Ant、SDKパス等)HelloAndroidアプリ用のbuild.xml等生成ジョブ作成&設定(SubVersionパス等)⇒実行 12
  • 13. Jenkinsの画面イメージ(トップ画面) 13
  • 14. Jenkinsの画面イメージ(ジョブ詳細①) 本ジョブのビルド状態一覧 14
  • 15. Jenkinsの画面イメージ(ジョブ詳細②) SubVersionのURL 15
  • 16. Jenkinsの画面イメージ(ジョブ詳細③) クリーン→リリースビルド 署名ファイル名・パスワード等 16
  • 17. Jenkinsの画面イメージ(ビルド結果) 本ジョブのビルド結果 17
  • 18. 今後に向けてやりたいことプライベートなアプリ開発においても、必要最低限の試験の自動化(リリースミスや、試験時間の削減) 18