Your SlideShare is downloading. ×
0
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
MogileFSの利用と高速化
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

MogileFSの利用と高速化

12,542

Published on

MogileFS+Perlbalな運用形態におけるX-REPROXY-URLの活用と、X-REPROX-CACHE-FORを使ったサーバレスポンスの高速化、サーバの負荷軽減について

MogileFS+Perlbalな運用形態におけるX-REPROXY-URLの活用と、X-REPROX-CACHE-FORを使ったサーバレスポンスの高速化、サーバの負荷軽減について

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
12,542
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
154
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. MogileFS の利用と高速化 ふしはらかん @MobileFactory
  • 2. MogileFS おさらい <ul><li>分散ファイル管理システム </li></ul><ul><ul><li>ファイルを複数のサーバに分散して保存 </li></ul></ul><ul><ul><li>登録・参照は専用の Client を使う </li></ul></ul><ul><ul><li>Web 経由でのファイル参照は Perlbal を使うことで効率よく行なえる </li></ul></ul>
  • 3. MogileFS おさらい2 Client Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node キー名とファイル 保存先を記録 ファイルを保存 ファイル保存
  • 4. MogileFS おさらい2 Client Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node   キー名 保存先を検索 ファイル参照   保存先を返す   ファイルを取得
  • 5. MogileFS おさらい3 Perlbal Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node 保存先を検索 ファイル参照2 A pp キー名 保存先一覧 データ取得
  • 6. X-REPROXY-URL <ul><li>このヘッダを指定すると、指定した URL から Perlbal がデータを取得してきて返してくれる </li></ul><ul><li>URL は「 」(半角スペース)で複数指定可能 </li></ul><ul><li>まさに Mogile のための機能 </li></ul>
  • 7. 高速化その1 URLをキャッシュ Perlbal Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node 保存先を検索 A pp キー名 保存先一覧 データ取得 これをキャッシュ
  • 8. URLがキャッシュされた状態 Perlbal Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node A pp データ取得 URL
  • 9. この状態での問題点 <ul><li>そもそもAppサーバで処理するのはコストが大きい </li></ul><ul><ul><li>無駄な処理が多い </li></ul></ul><ul><ul><li>プラグイン等の呼び出し </li></ul></ul><ul><ul><li>Etc… </li></ul></ul>
  • 10. 高速化その 2   X-REPROXY-CACHE-FOR Perlbal Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node 保存先を検索 A pp キー名 保存先一覧 データ取得 X-REPROXY-CACHE-FOR を送信
  • 11. X-REPROXY-CACHE-FOR <ul><li>Perlbal で REPROXY-URL をキャッシュ </li></ul><ul><li>perlbal.conf で以下の設定が必要 SET reproxy_cache_maxsize = xxx </li></ul><ul><li>以下の書式で指定する X-REPROXY-CACHE-FOR: 3600; Content-Type </li></ul><ul><li>キャッシュの維持期間と、 URL 以外にキャッシュするヘッダを指定 </li></ul>
  • 12. X-REPROXY-CACHE-FOR のキャッシュ有効時 Perlbal Tracker DB Storage Node Storage Node Storage Node A pp データ取得
  • 13. まとめ <ul><li>Mogile で運用していてダウンロード数をカウントしないもの(アートワーク等)に非常に有効 </li></ul><ul><li>アプリケーションサーバの負荷を大きく下げられる </li></ul><ul><li>ヘッダの指定法を間違うと実機で画像が出なくなるので注意 </li></ul>

×