パブリック クラウド担当の現場も注目している  System Center 2012 ~ その理由は?   Tech Fieldersの集い 2012 初夏 東京                 Keiji Kamebuchi@JAZ
Self IntroductionKeiji Kamebuchi株式会社 pnopMicrosoft MVP for Windows AzureJapan Windows Azure User Group      コアメンバーとして活動   ...
Agenda•   クラウド概要•   System Center概要•   なぜSystem Centerなのか•   まとめ                         3
まえふり かめぶちさんには、「現場が注目 しているSystem Center 2012」と 題し、Azureとの親和性について 面白おかしくお話しいただけない かなぁと考えております。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル      ...
クラウド概要         5
クラウドコンピューティングの定義• NIST(米国国立標準技術研究所)の定義の場合1. 利用者自身が必要な時にサーバーやストレージなどのコンピュー   ティングリソースを自由に利用できる2. ネットワークを介して世界中のどこからでもアクセスが可...
サービス       7
これまで                        割り当てた      予想負荷                足りてない    ITキャパIT CAPACITY               余剰                    実...
クラウドだと?                                             予想負荷                   一気に増えても追従   要求に応じた                             ...
Windows Azureって何• マイクロソフト提供のクラウドなPaaS                        10
もっとわかりやすく• クラウドガールで検索               11
物理的なサーバー           12
物理的な配置         13
物理層 - 仮想層             サービス定義ファイル              コンピューティング               ストレージ        サービス                 Elastic FabricCont...
OS – ミドルウェア – アプリ                                      HTTP / HTTPS / TCP           Application                      Appli...
SYSTEM CENTER 概要                   16
System Center?                 17
System Center!   http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/system-center/default.aspx   18
あれ?見知った製品がない?                                                ライセンスあたりのサーバー ライセンス           含まれるコンポーネント                    ...
コンポーネントと役割             20
コンポーネントと役割• Infrastructure Management   –   Virtual Machine Manager   –   Operations Manager   –   Configuration Manager  ...
System Center helps deliver IT as a Service                                              22
App Controller                 23
Operations Manager                     24
System Center Cloud Services Process Pack                                            25
System Center Cloud Services Process Pack                                            26
なぜSYSTEM CENTERなのか                     27
なぜSystem Centerなのか• ITサービスマネジメントが実現できる – Public Cloud / Private Cloud / Intranet Server – Client – Application / Service –...
なぜSystem Centerなのか• Windows Azure「も」管理できる – デプロイ/スケールイン・アウト/削除 – 監視 – パッケージ管理• 監視・管理だけなら… – 手作業でもNagiosでもAppBridgeでも   App...
まとめ• Public Cloudもインフラの一部に – 透過的に管理できることが大事 – 注力すべきところに注力する• 短期的な運用から中・長期的な運用へ – 短期または少数なら手作業でも…だけども• IT/製品を有効活用しましょう     ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

パブリック クラウド担当の現場も注目している System center 2012 ~その理由は? tokyo

2,135 views
2,070 views

Published on

初夏

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,135
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,077
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

パブリック クラウド担当の現場も注目している System center 2012 ~その理由は? tokyo

  1. 1. パブリック クラウド担当の現場も注目している System Center 2012 ~ その理由は? Tech Fieldersの集い 2012 初夏 東京 Keiji Kamebuchi@JAZ
  2. 2. Self IntroductionKeiji Kamebuchi株式会社 pnopMicrosoft MVP for Windows AzureJapan Windows Azure User Group コアメンバーとして活動 http://r.jazug.jp 2
  3. 3. Agenda• クラウド概要• System Center概要• なぜSystem Centerなのか• まとめ 3
  4. 4. まえふり かめぶちさんには、「現場が注目 しているSystem Center 2012」と 題し、Azureとの親和性について 面白おかしくお話しいただけない かなぁと考えております。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 4
  5. 5. クラウド概要 5
  6. 6. クラウドコンピューティングの定義• NIST(米国国立標準技術研究所)の定義の場合1. 利用者自身が必要な時にサーバーやストレージなどのコンピュー ティングリソースを自由に利用できる2. ネットワークを介して世界中のどこからでもアクセスが可能であ り、様々なクライアント環境から利用できる3. サーバーやストレージは共有資源として提供され、複数の利用者 の要望に応じて割り当て・開放を行うことが出来る。また利用者 はそれらサーバーやストレージがどこにあるかを意識しない4. 利用した分だけ使用料を払う従量課金であり必要に応じた処理能 力のスケールアウト/スケールインを素早く行うことができる5. サーバーやストレージなどのリソース使用料は、自動的に計測さ れ最適化される 6
  7. 7. サービス 7
  8. 8. これまで 割り当てた 予想負荷 足りてない ITキャパIT CAPACITY 余剰 実際の負荷 TIME 8
  9. 9. クラウドだと? 予想負荷 一気に増えても追従 要求に応じた キャパ IT CAPACITY 予測より低くて 負荷に合わせて も資産じゃない キャパを上げたり 下げたりイニシャル低コスト 実際の負荷 TIME 9
  10. 10. Windows Azureって何• マイクロソフト提供のクラウドなPaaS 10
  11. 11. もっとわかりやすく• クラウドガールで検索 11
  12. 12. 物理的なサーバー 12
  13. 13. 物理的な配置 13
  14. 14. 物理層 - 仮想層 サービス定義ファイル コンピューティング ストレージ サービス Elastic FabricController 物理サーバー / ネットワーク / ストレージなど Microsoft Data Center 14
  15. 15. OS – ミドルウェア – アプリ HTTP / HTTPS / TCP Application Application ASP.NET / PHP / Ruby / e.t.c. .NET Framework 3.5 / 4 Win32 JavaIIS Node.js VM Role (beta)Web Role Worker RoleWindows Azure Guest OS 1.x / 2.x 専用モジュール Windows Server 2008 / 2008 R2 (x64/EN) カスタムOSイメージ コンピューティング 15
  16. 16. SYSTEM CENTER 概要 16
  17. 17. System Center? 17
  18. 18. System Center! http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/system-center/default.aspx 18
  19. 19. あれ?見知った製品がない? ライセンスあたりのサーバー ライセンス 含まれるコンポーネント VM*System Center 2012 無制限Datacenter Edition •App Controller •Configuration Manager •Data Protection Manager •Endpoint Protection •Operations ManagerSystem Center 2012 •Orchestrator 2Standard Edition •Service Manager •Virtual Machine Manager 19
  20. 20. コンポーネントと役割 20
  21. 21. コンポーネントと役割• Infrastructure Management – Virtual Machine Manager – Operations Manager – Configuration Manager – Data Protection Manager – Endpoint Protection• Service Delivery & Automation – Orchestrator – Service Manager• Application Management – App Controller – Advisor 21
  22. 22. System Center helps deliver IT as a Service 22
  23. 23. App Controller 23
  24. 24. Operations Manager 24
  25. 25. System Center Cloud Services Process Pack 25
  26. 26. System Center Cloud Services Process Pack 26
  27. 27. なぜSYSTEM CENTERなのか 27
  28. 28. なぜSystem Centerなのか• ITサービスマネジメントが実現できる – Public Cloud / Private Cloud / Intranet Server – Client – Application / Service – Data Center / Infrastructure 28
  29. 29. なぜSystem Centerなのか• Windows Azure「も」管理できる – デプロイ/スケールイン・アウト/削除 – 監視 – パッケージ管理• 監視・管理だけなら… – 手作業でもNagiosでもAppBridgeでも AppRegionでも… 29
  30. 30. まとめ• Public Cloudもインフラの一部に – 透過的に管理できることが大事 – 注力すべきところに注力する• 短期的な運用から中・長期的な運用へ – 短期または少数なら手作業でも…だけども• IT/製品を有効活用しましょう Enjoy your IT service management! 30

×