Kisonokiso.pptx

1,154 views

Published on

PATROL is the basic of coaching by Japan Sports Association. I will apply PATROL to programmers.

Published in: Education
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,154
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
17
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Kisonokiso.pptx

  1. 1. 基礎勉強会の基礎 @kaizen_nagoya 技術士(情報工学)、 工学博士 小川清
  2. 2. 祝結婚 !   基礎勉強会主催者の日頃の活躍に感謝し、ご結婚 を祝して記録 !   基礎勉強会の基礎として日本体育協会「求められる スポーツ指導者像」から「求めているプログラマ指導 者像」を映し出す
  3. 3. 基礎勉強会 !   ソフトウェア開発を勉強し始めて3年間でやったこと~After~ #devsumi http://www.slideshare.net/KyonMm/3after-devsumi !   JAVA !   SCALA !   モナド !   Gloovy !   .NET !   並列/並行 !   忘年会
  4. 4. 発表させていただいた基礎勉強会 !   並列/並行基礎勉強会@kaizen_nagoya !   STARC RTL設計スタイルガイドによるVerilog HDL並 列記述の補強 !   http://www.slideshare.net/kaizenjapan/starc-verilog- hdl2013d-16795634 !   1388view !   基礎勉強会忘年会@kaizen_nagoya !   .NET Micro Framework for TOPPERS基礎(.NET基礎)
  5. 5. 求められるスポーツ指導者像 bbyy 日本体育協会 !   http://www.japan-sports.or.jp/Portals/0/data0/publish/pdf/01.pdf
  6. 6. @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  7. 7. @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  8. 8. “PPAATTRROOLL” しましょう 求められる スポーツ指導者像
 by 日本体育協会
  9. 9. 「PPrroocceessss ::結果ではなく、 経過を重視しましょう」
 !   「結果を評価するのではなく、経過を重視 しましょう。どんな結果であろうとも、結果 にいたるまでの努力や行動があったはず です。いい結果が出た時も悪い結果が出 たときも、プレイヤーと一緒に原因を考え てみましょう。」 !   @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  10. 10. 「Acknowledgment :承認しましょう」
 !  「プレイヤーの意志を尊重し、 その行動や言動を承認する ことが重要です。自らの存在 を認められることが、プレイ ヤーにとって大きな励みとな るのです。」 @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  11. 11. 「Together : 一緒に楽しみ、一緒に考えましょう」
 !  「何よりも指導者自身が楽し くなければ、プレイヤーも楽 しくありません。プレイヤーと ともにスポーツを一緒に楽し みましょう。」 @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  12. 12. 「Respect : 尊敬しましょう、尊重しましょう」
 !  「年齢、性別に関係なく、すべ ての人を尊敬する気持ちを持 ちましょう。10人いれば10人の 個が存在します。プレイヤーの 個性を尊重しましょう。」 @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  13. 13. 「Observation : よく観察しましょう」
 !  「プレイヤーをよく観察しましょう。 体調は万全か、悩み事はないだ ろうか。見ていなければわかりま せん。「見られている」ことでプレ イヤーは安心するのです。」 @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  14. 14. 「Listening : 話をよく聴きましょう」
 !   「自分が話すより、プレイヤーの話を聞く時 間を多く取るように心がけましょう。指導者が 「なってほしいプレイヤー」ではなく、プレイ ヤー自身が「なりたい」自分を意識し、気づ かせるためには、プレイヤー自身にたくさん 話す機会を作ってあげましょう。」 @求められるスポーツ指導者像 by 日本体育協会
  15. 15. プログラマに展開 !   プレイヤーを現場に代える !   前半は同じ文章で、後半を差し替える
  16. 16. 「Process :結果ではなく、 経過を重視しましょう」
 !   いい結果が出た時も悪い結果が出たとき も、現場と一緒に原因を考えてみましょう。 いい結果が出た時は良かったことを作業 診断(process assessment)で纏めます。悪い 結果がでたときなぜなぜ分析、HAZOPな どの手法を使って、解決するとよい事項を 洗い出します。 作業診断@kaizen_nagoya
  17. 17. 「Acknowledgment :承認しましょう」
 !  現場の意志を尊重し、その行動や言 動を承認することが重要です。なぜそ うしたかの意志を確かめ、自分の頭で 考えたことなら自立性を褒め、人の真 似をしようとしたことならその挑戦を褒 めよう。褒める時、「けど」「が」などをつ けず言い切ろう。」 作業診断@kaizen_nagoya
  18. 18. 「Together : 一緒に楽しみ、一緒に考えましょう」
 !  「何よりも指導者自身が楽しくなけれ ば、現場も楽しくありません。ソフト ウェアを書くことは、創造的な作業で あることを確認しましょう。創造的であ れば、とても楽しい。人によっては 「楽しい」より「嬉しい」こともある。 作業診断@kaizen_nagoya
  19. 19. 「Respect : 尊敬しましょう、尊重しましょう」
 !  年齢、性別に関係なく、すべて の人を尊敬する気持ちを持ち ましょう。一人一人が、大切な 役割を持っていることを確認す るためには、一人一人を尊重し ていることが大前提。 作業診断@kaizen_nagoya
  20. 20. 「Observation : よく観察しましょう」
 !  現場をよく観察しましょう。体調は 万全か、悩み事はないだろうか。 規則、手順などの決めたことを強 制せずに、自由に振る舞っても らって観察することが大切。 作業診断@kaizen_nagoya
  21. 21. 「Listening : 話をよく聴きましょう」
 !  自分が話すより、現場の話を聞く時間 を多く取るように心がけましょう。面談 (interview)で相手に半分の時間を使っ てもらうことが原則。言いたいこと、困っ ていること、楽しいこと、なんでもいいの で話てもらいましょう。 作業診断@kaizen_nagoya
  22. 22. まとめと展開 !   プログラマも個々人の能力発揮が大事 !   指導者の資質で大事なところも同じ !   50点を目指すことを展開
  23. 23. 5500点を目指そう !   100点満点中の50点でいい !   違った方向を向いた人が3人集まれば100点以上になる(仮 説有) !   直行している !   混ぜない(混ぜると1.73倍にしかならない。86点) !   絶対値を加算 !   HAZOP実践、作業診断等で実証中
  24. 24. 傾聴感謝  !  OSC Nagoya2014, !  SWEST2014 で会いましょう &TOPPERS最小セット カーネルソース勉強 会予定
  25. 25. 依頼 !   ISO/IEC 9899:2011の例(sample)をコンパイルできるコンパイラを探し ています。 !   例のソースコード(コンパイル可能にしたつもりのもの) !   http://researchmap.jp/jownvh0ye-1797580/#_1797580 !   http://researchmap.jp/MISRA-C/ !   6.2.7 Compatible type and composite type !   6.5.2.2 Function calls: Example !   6.7.7 Type names !   6.10.3.5 Scope of macro definitions //Examples !   K.3.7.1.4 The strncpy_s function !   K.3.7.2.2 The strncat_s function // Example !   K.3.9.2.1.2 The wcsncpy_s function // Example !   K.3.9.2.2.2 The wcsncat_s function // Example

×