中途採用市場調査資料110606【完成版】

696 views
592 views

Published on

中途採用市場に関する資料をアップロードしました。※問合せ先を入れました。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
696
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

中途採用市場調査資料110606【完成版】

  1. 1. 中途採用市場調査 資料株式会社ジャパン・プランニング HRコンサルティング事業部 営業推進グループ 2011年6月更新
  2. 2. 中途採用市場(有効求人倍率/広告掲載数) 2011年2月-4月Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  3. 3. 職種別有効求人倍率推移Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  4. 4. 震災による採用活動への影響について 震災から2ヶ月近く経過した今、転職市場に対しての関心は高まっています。 企業の動きだしと共に、求職者も活発に動き出してきています。 2011年3月後半を底に、その後は、各媒体応募数は増加Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  5. 5. 震災復興による雇用創出効果について (※)前回調査:2010年1月~200年3月Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  6. 6. 震災復興による雇用創出効果について ※総務省、国交省の産業連関表をもとにHITO 総研算出Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  7. 7. 震災復興による雇用創出効果について ※総務省、国交省の産業連関表をもとにHITO 総研算出Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  8. 8. 今後の景気動向と採用活動に関して-「法人企業景気予測調査(H23.3.16発表)」(内閣府 財務省発表より)- 景況感について 雇用について 23年1~3月期の 23年3月末時点の 「自社の景況判断」を 「従業員数判断」を 全産業でみると、 全産業でみると、大企業、 大企業、中堅企業、中小企業 中堅企業、中小企業 いずれも「下降」超。 いずれも「丌足気味」超。 先行きを全産業でみると、 先行きを全産業でみると、 大企業は23年4~6月期に 大企業、中堅企業は 「上昇」超に転じる見通し。 23年6月末に「過剰気味」超 となるものの、 中堅企業は23年7~9月期に 「上昇」超に転じる見通し。 23年9月末には 再び「丌足気味」超に転じる 中小企業は「下降」超で 見通し、 推移する見通しとなっている。 大企業:資本金10億円以上の企業 中小企業は23年6月末に 中堅企業:資本金1億円以上10億円未満の企業 「過剰気味」超に転じる見通し 中小企業:資本金1千万円以上1億円未満の企業 となっている。 景況感と併せみた際には、 景況感が上がり、 大手/中堅企業が「丌足気味」 に転じる6月-9月期が 採用展開のキーとなる時期に なってくることが予想される。 昨年末には、景気の回復は一旦落ち着いたものの、年明け以降再度回復に向く見込み。 それに伴い、夏までには急速な求人数の増加が予想される。 競合他社が採用を活発化させる前に動き出し、スピーディーに選考することが優秀人材確保に有効。Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  9. 9. 各中途採用Web媒体から見る企業の動きについて 昨年、同時期と比べて掲載件数にして 152%UP 掲載比率においても、上位掲載比率が 昨年同時期と比べ 36.5%⇒49.6%と増加。 昨年、同時期と比べて掲載件数にして 133%UP 掲載比率においても、上位掲載比率が 昨年同時期と比べ 25.5%⇒40.6%と増加。2009年度(2009年4月~2010年3月) 月平均:665件 月平均2010年度(2010年4月~2011年3月) 月平均:872件 掲載件数 131%UP 各企業間の採用に対する動きが 活発化してきている事が分かる。Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  10. 10. 各中途採用Web媒体から見る求職者の動きについて 代理店限 ※2009年4月時点を100とした場合の指数表示となります 前述の企業掲載件数と比例する形で 「媒体掲載件数/総応募数」算出基準数字 企業あたりの応募件数は緩やかに下降。 データ元:@type、マイナビ転職、DODA、リクナビNEXT各媒体提供データ及び 弊社クライアントを中心に統括した数値にてお出ししております。(弊社調べ) 今後は母集団獲得についても一考する必要あり。Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  11. 11. 現在の採用ターゲットから考察する今後の採用展開 年齢別 スカウト受信者割合 10代 20-24歳 25-29歳 30-34歳 35-39歳 40-44歳 45-49歳 50歳以上 0.04% 5.50% 51.36% 25.28% 12.81% 3.52% 1.19% 0.30% データ元:各媒体提供データ及び弊社クライアントを中心に 統括した数値にてお出ししております。(弊社調べ) 各企業において、コストパフォーマンスの高い 20代後半の若手及び30代前半を中心にした 採用展開を行っている事が分かる。 スキル/経験が伴う形であれば、 マネージャー候補として、30代後半も視野に入る。 各企業からのアプローチのある中で、 応募へと繋げる情報の打ち出し方が必須。Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  12. 12. 現在の採用ターゲットから考察する今後の採用展開 営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他) 1位 営業・代理店営業・ルートセールス・MR系 6,025 経験職種 2位 小売・流通・フード・アミューズメント系 1,561 営業職種においては、経験年数よりも 3位 金融系専門職(営業・投資銀行・運用・分析)系 1,406 1位 インターネット関連 286 「今後も営業を希望するか」 経験業種 2位 人材派遣・人材紹介 201 3位 証券・投資銀行 199 「ベンチャー気質(インターネット/人材業界等)」 経験年数 1位 1年以上 2位 2年以上 287 235 生産性及び機動力を期待できる営業に 3位 3年以上 161 対する期待値が高まっている事が読み取れる。 1位 営業・代理店営業・ルートセールス・MR系 6,196 希望職種 2位 小売・流通・フード・アミューズメント系 1,211 3位 金融系専門職(営業・投資銀行・運用・分析)系 1位 生命保険・損害保険 940 372 業界としては、保険業界/丌動産などを中心に 希望業種 2位 丌動産 327 営業獲得に向け動いている事が分かる。 3位 住宅・建材・エクステリア 211 データ元:マイナビ転職 「スカウト注目度ランキング」(過去2カ月間 スカウト実数累計値) IT関連技術職(ソフトウェア・ネットワーク他) 1位 システム開発系(WEB・オープン・モバイル) 3,416 IT関連職種においては、 経験職種 2位 システム開発(組み込み・ファームウェア・制御系) 1,627 3位 コンサルタント・アナリスト・プリセールス系 1,610 ソフトウェア開発(Web/オープン/モバイル) 1位 ソフトウェア・情報処理 経験業種 2位 インターネット関連 326 180 経験3年以上、今後もSEを希望する 3位 通信関連 173 という丌動の人材において人気が集まる。 1位 3年以上 396 経験年数 2位 1年以上 235 3位 2年以上 1位 システム開発系(WEB・オープン・モバイル) 229 5,302 注目ポイントとしては、1年以上など、 希望職種 2位 パッケージソフト・ミドルウェア開発系 1,572 「経験があれば」という層にも注目が 3位 コンサルタント・アナリスト・プリセールス系 1362 1位 ソフトウェア・情報処理 596 集まっている点。ますます母集団獲得は 希望業種 2位 インターネット関連 3位 通信関連 345 247 激化する方向に向かうと言える。 データ元:マイナビ転職 「スカウト注目度ランキング」(過去2カ月間 スカウト実数累計値)Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  13. 13. 現在の採用ターゲットから考察する今後の採用展開 メカトロ関連技術職(電気・電子・半導体・機械他) 1位 回路・システム・半導体設計・光学関連系 1,692 経験職種 2位 機械・機構設計・金型設計系 1,442 メカトロ系職種においては、 3位 制御設計系 897 1位 輸送用機器(自動車含む) 45 回路設計/機械設計 開発職を中心に 経験業種 2位 精密機器 3位 半導体・電子・電気機器 41 40 自動車系、精密機器、半導体等全業界が 1位 3年以上 75 しのぎを削る構図が変わらず続いている。 経験年数 2位 1年以上 39 3位 2年以上 25 1位 回路・システム・半導体設計・光学関連系 希望職種 2位 機械・機構設計・金型設計系 1,418 1,170 IT関連職種同様、経験の浅い層に対しての 3位 生産・製造・プロセス技術系 624 アプローチが始まっているが、依然として 1位 半導体・電子・電気機器 93 希望業種 2位 輸送用機器(自動車含む) 92 経験3年以上を求める企業が多い。 3位 精密機器 90 データ元:マイナビ転職 「スカウト注目度ランキング」(過去2カ月間 スカウト実数累計値) 全職種総括 全職種に拡げ、採用市場全般を総括すると、 1位 営業・代理店営業・ルートセールス・MR系 6,885 経験職種 2位 システム開発系(WEB・オープン・モバイル) 3,691 ①売上につながる営業 3位 1位 小売・流通・フード・アミューズメント系 インターネット関連 2,524 499 人員確保が売上に繋がるSE 経験業種 2位 ソフトウェア・情報処理 437 この2職種が求められる傾向にある 3位 通信関連 314 1位 3年以上 945 ②経験年数1-3年目の若手 経験年数 2位 3位 1年以上 2年以上 811 599 前述のスカウト受信年齢層とも合致 1位 営業・代理店営業・ルートセールス・MR系 6,485 コストパフォーマンスの高い人材を求める傾向。 希望職種 2位 システム開発系(WEB・オープン・モバイル) 5,367 3位 小売・流通・フード・アミューズメント系 2,009 1位 ソフトウェア・情報処理 676 希望業種 2位 丌動産 499 注目点はサービス職においても同様の傾向が 3位 インターネット関連 481 見られる事と、丌動産業界の再活性化 データ元:マイナビ転職 「スカウト注目度ランキング」(過去2カ月間 スカウト実数累計値)Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved
  14. 14. ■お問合せ先 ◇会社名:株式会社ジャパン・プランニング ◇所在地:東京都品川区西五反田2-23-5 ◇資本金:99,025,000円 ◇設立 :2000年4月7日 ◇代表者:代表取締役 梅田 充昭 ◇社員数:14名 ◇URL : http://www.jpla.jp/ ◇Mail : re-ad@jpla.jp ◇業務内容: 【1】人材広告・採用コンサルティング 【3】インターネットコンテンツ企画・制作 全国の各種インターネット求人媒体、 ホームページ制作 全国各種就職イベント、全国各種求人雑誌 ポータルサイトの運営コンテンツ制作・運営管理 人材派遣/人材紹介事業 【4】各種販促ツール企画・制作 【2】SP広告 パンフレット、ポスター、グッズ etc TV・ラジオ・各種屋外、各種インターネット広告 各種ライセンス販売(自社・海外タイアップ) 映像制作等 顧客データベースの構築・運用・管理Copyright (c) 2010-2011 Japan Planning co.,ltd All Rights Reserved

×