Scala 勉強会  in  渋谷 2010 年を振り返って& 2011 年抱負 鹿島和郎(かしまかずお)
今年一年ありがとうございました。 <ul><li>参加者の皆様 </li></ul><ul><ul><li>70 人位?(以下のスクリプトを使いました) </li></ul></ul><ul><ul><li>http://d.hatena.ne...
自己紹介 <ul><li>鹿島和郎(かしまかずお) </li></ul><ul><li>[email_address] </li></ul><ul><li>#rpscala の中では最年長グループに属する。 </li></ul><ul><li>...
「 Scala 勉強会  in  渋谷」の生い立ち <ul><li>8 月末、 Scala を勉強し始める事を決意。 </li></ul><ul><li>内輪+ α で 9/1 に第 1 回を実施。 </li></ul><ul><li>9/4 ...
2010 年の Scala ライフ <ul><li>Programming Scala </li></ul><ul><ul><li>全 14 章中 11 章の途中まで読んだ。 </li></ul></ul><ul><ul><li>#rpscal...
2011 年の抱負 (1) <ul><li>プログラム </li></ul><ul><ul><li>Web 関係( Lift, Play )をもっと使ってみる </li></ul></ul><ul><ul><li>開発ツールのプラグインとか作れ...
2011 年の抱負 (2) <ul><li>コミュニティへの貢献(できれば・・・) </li></ul><ul><ul><li>バグ報告 </li></ul></ul><ul><ul><li>初心者からの質問への回答 </li></ul></u...
2011 年の抱負 (3) <ul><li>Scala 普及活動! </li></ul><ul><li>なぜ? </li></ul><ul><ul><li>個人的には Scala に強い思い入れはないが… </li></ul></ul><ul>...
Scala 普及活動 (1) <ul><li>対プログラマー、技術者 </li></ul><ul><ul><li>入門者向け記事、チュートリアル類の作成 </li></ul></ul><ul><ul><li>英語力向上のお手伝い </li></...
Scala 普及活動 (2) <ul><li>対企業 </li></ul><ul><ul><li>事例の紹介 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Scala を使って構築したサイトなどがありましたら、ぜひ教えて下さい。...
Scala 普及活動 (3) <ul><li>勉強会のさらなる充実 </li></ul><ul><ul><li>幅広い層の参加者を取込む </li></ul></ul><ul><ul><li>週毎にテーマを変えるとか? </li></ul></...
最後に <ul><li>来年も本勉強会を通じて・・・ </li></ul><ul><li>東京の </li></ul><ul><li>そして日本の! </li></ul><ul><li>さらには世界の!! </li></ul><ul><li>S...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Scala勉強会 in 渋谷 2010→2011(鹿島)

1,219 views

Published on

Scala勉強会 in 渋谷の2010年を振り返る&」2011年の抱負

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,219
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
183
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Scala勉強会 in 渋谷 2010→2011(鹿島)

  1. 1. Scala 勉強会 in 渋谷 2010 年を振り返って& 2011 年抱負 鹿島和郎(かしまかずお)
  2. 2. 今年一年ありがとうございました。 <ul><li>参加者の皆様 </li></ul><ul><ul><li>70 人位?(以下のスクリプトを使いました) </li></ul></ul><ul><ul><li>http://d.hatena.ne.jp/xuwei/20101216/1292520269 </li></ul></ul><ul><li>株式会社 HDE 様(会場提供) </li></ul><ul><li>及び中の人(高橋さん、林さん、その他) </li></ul><ul><li>浅井さん、吉田さん、 GMO メディア株式会社様(第 10 回会場提供) </li></ul>
  3. 3. 自己紹介 <ul><li>鹿島和郎(かしまかずお) </li></ul><ul><li>[email_address] </li></ul><ul><li>#rpscala の中では最年長グループに属する。 </li></ul><ul><li>IT 系の何でも屋。今年関わったプロジェクト↓ </li></ul><ul><ul><li>業務系システム運用保守 </li></ul></ul><ul><ul><li>技術支援・教育・コンサル </li></ul></ul><ul><ul><li>業務系システム設計、開発 (Java EE, Oracle) </li></ul></ul><ul><ul><li>Web 系サービス開発 (Spring, RoR, PHP) </li></ul></ul><ul><ul><li>運用監視システム導入コンサル・運用設計 </li></ul></ul><ul><li>お仕事随時募集中。 </li></ul>
  4. 4. 「 Scala 勉強会 in 渋谷」の生い立ち <ul><li>8 月末、 Scala を勉強し始める事を決意。 </li></ul><ul><li>内輪+ α で 9/1 に第 1 回を実施。 </li></ul><ul><li>9/4 Scala 座というイベントに参加。 </li></ul><ul><ul><li>勉強会参加者を勧誘。 </li></ul></ul><ul><ul><li>懇親会~深夜のビジネスホテルでの 3 次会。 </li></ul></ul><ul><ul><li>そのうち 2 名が常連に、他数名も何回か参加。 </li></ul></ul><ul><li>第 2 回以降、外部の人も参加し今に至る。 </li></ul><ul><li>詳しい経緯は @IT に書いたので、興味のある方はそちらを参照。 </li></ul>
  5. 5. 2010 年の Scala ライフ <ul><li>Programming Scala </li></ul><ul><ul><li>全 14 章中 11 章の途中まで読んだ。 </li></ul></ul><ul><ul><li>#rpscala のルーツ。 </li></ul></ul><ul><li>勉強会への勧誘活動 </li></ul><ul><li>勉強会での発表 </li></ul><ul><ul><li>比較的簡単な内容 </li></ul></ul><ul><ul><li>自分自身のレベルが低いので・・・ </li></ul></ul><ul><li>Scala Advent Calendar のエントリを書いた。 </li></ul>
  6. 6. 2011 年の抱負 (1) <ul><li>プログラム </li></ul><ul><ul><li>Web 関係( Lift, Play )をもっと使ってみる </li></ul></ul><ul><ul><li>開発ツールのプラグインとか作れれば・・・ </li></ul></ul><ul><li>勉強 </li></ul><ul><ul><li>Programming Scala (できれば年内に…) </li></ul></ul><ul><ul><li>花本?階段本?(※) </li></ul></ul><ul><ul><li>Actors in Scala </li></ul></ul><ul><li>勉強会とかに参加、交流を広げる。 </li></ul>※ Programming in Scala (日本語版は通称「コップ本」)の 2 nd Edition の事 表紙には石の階段の横に花が植えてある写真が載っている
  7. 7. 2011 年の抱負 (2) <ul><li>コミュニティへの貢献(できれば・・・) </li></ul><ul><ul><li>バグ報告 </li></ul></ul><ul><ul><li>初心者からの質問への回答 </li></ul></ul><ul><ul><li>(そういえば日本語 ML とかってありましたっけ?) </li></ul></ul><ul><ul><li>そして・・・ </li></ul></ul>
  8. 8. 2011 年の抱負 (3) <ul><li>Scala 普及活動! </li></ul><ul><li>なぜ? </li></ul><ul><ul><li>個人的には Scala に強い思い入れはないが… </li></ul></ul><ul><ul><li>使ってみて( better Java として)結構便利だし </li></ul></ul><ul><ul><li>せっかく覚えた知識は無駄にしたくないし </li></ul></ul>
  9. 9. Scala 普及活動 (1) <ul><li>対プログラマー、技術者 </li></ul><ul><ul><li>入門者向け記事、チュートリアル類の作成 </li></ul></ul><ul><ul><li>英語力向上のお手伝い </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>英語のドキュメントの数>日本語のドキュメントの数 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>翻訳が唯一の選択肢ではないはず。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Scala を使ったシステムの作成(事例) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>まずは個人的なサイト(昨日 1 つ作成し始めた) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>-> 次に業務で </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ベストプラクティスの確立 </li></ul></ul></ul>
  10. 10. Scala 普及活動 (2) <ul><li>対企業 </li></ul><ul><ul><li>事例の紹介 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Scala を使って構築したサイトなどがありましたら、ぜひ教えて下さい。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>もしよければ宣伝させていただきます。 </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>Scala 導入のお手伝い </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>開発・技術コンサルの一環として </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ベストプラクティスの提供 </li></ul></ul></ul>
  11. 11. Scala 普及活動 (3) <ul><li>勉強会のさらなる充実 </li></ul><ul><ul><li>幅広い層の参加者を取込む </li></ul></ul><ul><ul><li>週毎にテーマを変えるとか? </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>ソースコードリーディング </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>技術解説、発表 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>事例紹介 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>etc. </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>情報発信 (Wiki, 個人 blog) </li></ul></ul><ul><li>イベント開催(ハッカソン、その他) </li></ul>
  12. 12. 最後に <ul><li>来年も本勉強会を通じて・・・ </li></ul><ul><li>東京の </li></ul><ul><li>そして日本の! </li></ul><ul><li>さらには世界の!! </li></ul><ul><li>Scala 界を盛り上げていきましょう。 </li></ul><ul><li>続きは Web で。 </li></ul><ul><li>http://scala-users.org/shibuya/ </li></ul>

×