Your SlideShare is downloading. ×
0
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Our docsys-pyfes-2012-11
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Our docsys-pyfes-2012-11

1,344

Published on

Published in: Travel
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,344
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. おれたちが考えた最強の出版システムPython Developers Festa 2012.11 鹿野 桂一郎 k16.shikano@gmail.com @golden_lucky 2012 年 11 月 24 日 . . . . . .
  • 2. § ¤広告 ¥¦ . . . . . .
  • 3. 「おれたち」のご紹介 1. 同僚 H ドキュメントシステムマニア(IdeoType) diff 主義者(docdiff) 2. 同僚 C ヘンシュウコウセイ・ニンジャ、スゴイ! 『脱オタクファッションガイド』 『はじめてでも安心 コスプレ入門』の仕 掛人 3. 私 TeX 芸人 5 級 本を手にしたら索引からチェック派 . . . . . .
  • 4. 意見が一致するところ「ソフトウェア業界の方法は 出版業界にも使える」 . . . . . .
  • 5. レガシーな本の作り方 著者のデータ上の作業は編集者に渡す時点で打ち止め 編集者のデータ上の作業は組版に渡す時点で打ち止め 組版してから必要になった修正は組版担当者が泣く . . . . . .
  • 6. 難点 「商品に近い形を見てからの手戻り」が 絶望的に困難 紙に赤字とか無理 デグレッションの危険性大 時間的制約 . . . . . .
  • 7. 理想 紙に赤字を入れる以上の作業が最後の最 後までできるべき いつ誰がどこを修正したのかが最後の最 後まで透明であるべき 執筆の最中から最終形態を意識できるよ うにすべき . . . . . .
  • 8. 根底 . . . . . .
  • 9. 結論バージョン管理下の原稿から、 直接、毎回コマンド一発で、「印刷所に入稿できるデータ」 が生成できるべき . . . . . .
  • 10. 現在 . . . . . .
  • 11. 最近では珍しい話ではない オライリージャパンさん 達人出版会さん (ほかにもあったら教えてください) . . . . . .
  • 12. FAQ . . . . . .
  • 13. Q1.reST で書ける? . . . . . .
  • 14. 関連したよくある質問 Wiki 記法で本を書ける? Markdown で本を書ける? オレの作ったドキュメントシステムが ある! . . . . . .
  • 15. Short Answer 執筆にはいいと思います! まずは脳内をダンプすること が優先です。 . . . . . .
  • 16. 大切な話なので、もうちょっと掘り下げ。 . . . . . .
  • 17. ドキュメント形式には指向性がある 注意! この図は主観に基づいて大胆な簡略を施したものです . . . . . .
  • 18. 充実したツール、安直な逃げ道があるか(バスナンバーは高いか) 注意! この図は主観に基づいて大胆な簡略を施したものです . . . . . .
  • 19. 出力の仕様が硬いか、処理系は枯れているか(重版時も安心か) 注意! この図は主観に基づいて大胆な簡略を施したものです . . . . . .
  • 20. 過去に reST を出版に使おうとして制約になってきたところ Docutils の制約?) ( 構造と出力に対する仕様の将来的な安定 性の心配を払拭し、表現力を拡張するに は、編集部に Python ハッカーが必要 日本語 LaTeX での組版には(まだ)不都 合あり たとえば Sphinx をそのまま出版システム に使いたいという提案が通るかは微妙。 . . . . . .
  • 21. reST が適してると思われる最終出力 Web が主なターゲットだけど紙も出し たいドキュメント 定形の書類、冊子、マニュアルなど 記述しやすいので、こういう用途には Sphinx とか使って楽をしたい . . . . . .
  • 22. Q2.どんなファイル形式 を使ってるの? . . . . . .
  • 23. Short Answer いろいろ。 「HTML っぽい何か」 または 「翻訳の原書データ」 で運用することが多い。 . . . . . .
  • 24. HTML、いいポジションじゃない? 注意! この図は主観に基づいて大胆な簡略を施したものです . . . . . .
  • 25. HTML っぽい何かの利点 タグに属性を詰め込もうとせず、インデント を適切に設定してれば、人間の読み書きも楽。 パーズしやすいので出版に耐える LaTeX や EPUB への変換が楽。 執筆データや翻訳の原書データからの変換 も楽。 アドホックに拡張してもバスナンバー高い。 CSS を用意しておけばブラウザで簡易レ ビューもできる。 . . . . . .
  • 26. Q3.EPUB は? . . . . . .
  • 27. Short Answer 対応中です。 . . . . . .
  • 28. § ¤広告 ¥¦ LTEX が原稿。 A Haskell+Gauche で EPUB 化、 kindlegen した mobi を入稿。 Miran Lipovaˇ a 著 c 田中英行・村主崇行 共訳 2012 年 10 月 25 日 amazon.co.jp にて発売開始 . . . . . .
  • 29. 心の叫び「ワンソースマルチアウ トプットなんて幻想 だったんや!」 . . . . . .
  • 30. EPUB 対応の課題 デザイン(Kindle 向けならまだいい けど……) 相互参照 索引(全文検索があればなくてもいいわ けがない) 参考文献 ソースからの完全自動生成 . . . . . .
  • 31. FAQ おしまい . . . . . .
  • 32. まとめ 紙本中心な編集者の視点でドキュメント システムを模索し続けてたらこうなった (プレゼンのタイトルはブラフですよ?) 万能のドキュメント形式はない 電子本へのチューンは粛々と進行中 TeX & LaTeX アドベントカレンダーで 「生 LaTeX を捨てて Sphinx へ」みたいな 記事が読みたい! . . . . . .

×