2013年度第1回BA車座_Jun_Ohnishi

415 views
364 views

Published on

Published in: News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
415
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013年度第1回BA車座_Jun_Ohnishi

  1. 1. ビジネスアナリシス実践による新たな社会的価値創造大西 純( Social Business Analyst )2013年度第1回 『BA車座(BA-KURUMAZA)』IIBA日本支部 研究担当理事2013年6月5日@文京区シビックセンター
  2. 2. “ビジネスアナリスト”ってどんな人?1Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.様々なビジネスプロセス、ポリシー、そして情報システムへの変更要求を引き出し、分析し、コミュニケーションをとり、そして妥当性確認をするためにステークホルダー間をつなぐ役目ビジネスの問題点とビジネスの機会を要求事項の観点から把握し、組織がその目標を達成できるようにソリューションを提案する専門家時にまとめ役であり、聞き役であり、 調査者であり、ファシリテー ターであり、コミュニケーターであり、協力者であり、革新者出典:IIBA日本支部Web Site
  3. 3. “ビジネスアナリスト”にもいろいろあるBusinessAnalystBusinessSystemAnalystITBusinessAnalystBusinessProcessAnalystEnterpriseBusinessAnalystAgileBusinessAnalystSocialBusinessAnalyst2Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  4. 4. “Social Business Analyst”って ?3SocialBusinessBusinessAnalystSocialBusinessAnalystCopyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  5. 5. 何でも“ソーシャル”の時代?4Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  6. 6. 経営学研究テーマの一大潮流 “ソーシャル”研究テーマ 概要ソーシャルキャピタル(社会関係資本)人と人とが関わりあうことで生まれる便益① 人と人の関係性からもたらされるもの &② その関係性が人の行動に影響を与えるもの人の結びつきが人や組織の活動の成果を高めるとして、その考え方を、企業経営や組織運営の研究へ応用関係性のソーシャルネットワーク弱い結びつきの強さ (Strength of Weak Ties)より多様な情報を効率よく遠くまで拡散するのに優れている企業や組織のイノベーションの源泉である、“人のクリエイティビティ(創造性)”に大きく影響構造的なソーシャルネットワークストラクチュアル・ホール(構造的な隙間)を多く持つ人は、ネットワーク上に流れる知識や情報をコントロール、利用して便益を受けることができる5参考文献:入山章栄氏 「世界の経営学者は今何を考えているのか」(英知出版)Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  7. 7. 」とは・・• 現在解決か 求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッションとすること社会性• ミッションをわかりやすい 形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと事業性• 、それを提供するための仕組の開発したり、活用すること。また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること革新性ビジネスの手法で社会的課題を解決し、新しい社会的価値を創出すること(出典) 経済産業省(2008) 「ソーシャルビジネス研究会報告書」6Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  8. 8. 」のポジショニング一般企業慈善型NPO高高低低事業性社会性事業型NPO社会志向型企業ソーシャルビジネス7Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.その組織形態は、さまざま出典:経済産業省「ソーシャルビジネス研究会 報告書」
  9. 9. 取り組んでいる“社会的課題”とは?8Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.街づくり・観光・農業体験等の分野で地域活性化のための人づくり・仕組みづくりに取り組むもの子育て支援・高齢者対策等の地域住民の抱える課題に取り組むもの環境・健康・就労等の分野で社会の仕組みづくりに貢献するもの企業家育成、創業・経営の支援に取り組むもの出典:経済産業省「ソーシャルビジネス研究会 報告書」(2008年4月)(注) CB:コミュニティビジネス、 SB:ソーシャルビジネス
  10. 10. 特定非営利活動法人の認定数推移(日本)9出典:内閣府NPOホームページ1998年NPO法の施行以来、右肩上がり23172438006596106641616021280263943111534369371923973242386454104729905000100001500020000250003000035000400004500050000団体数Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  11. 11. 社会起業家と呼ばれる人たち10NPO法人「フローレンス」代表 駒崎弘樹さんNPO法人TABLE FOR TWO代表 小暮真久さんNPO法人カタリバ代表 今村 久美さん株式会社 HASUNA代表 白木夏子さん株式会社マザーハウス代表 山口絵理子さん今からやってみようかなという方は、こちらを!Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.NPO法人かものはしプロジェクト共同代表 村田早耶香さん
  12. 12. 日経ソーシャルイニシアチブ大賞11今年、日本経済新聞が、ソーシャルビジネス、社会起業家(ソーシャル・アントレプレナー)を表彰する「日経ソーシャルイニシアティブ大賞」創設Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  13. 13. (従来型) ビジネスとの比較(従来型)ビジネス ソーシャルビジネス目的 企業価値の最大化 社会課題の解決目標 経済的価値 経済的価値+社会的価値優先順位 株主 ステークホルダーベンチマーク 時価総額 ミッション実現評価尺度 ROE 社会的インパクトキーワード 競争、効率、企業の境界 協調、社会的効果、エコシステム組織形態 株式会社が大半 NPO、社団法人、財団法人、共同組合、株式会社など人的リソース状況過剰気味な大企業も 慢性的に不足思考パターン傾向頭でっかち 心でっかち人間の行動前提 人間は利己的な存在 人間は利己的であるとともに利他心もあわせもつ存在12Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.相互浸透による融合(止揚)で、次のステージへ?!
  14. 14. 共通善への回帰13出典: 野中郁次郎氏(一橋大学名誉教授)講演資料 2012年10月Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.共通善への回帰論理思考偏重からの脱出近江商人の三方よし“Common Goods”( Michael Sandel )“Social Innovation”(Peter Drucker )
  15. 15. 日米の就職ランキング 比較日本の文系大学生(14年卒)1 三菱東京UFJ銀行2 JTBグループ3 みずほフィナンシャルグループ4 全日本空輸(ANA)5 野村證券6 集英社7 東日本旅客鉄道(JR東日本)8 大和証券グループ9 日本生命1 丸紅 14米国の人文系大学生1 ウォルト・ディズニー社2 国際連合(United Nations)3 ティーチ・フォー・アメリカ4 グーグル(Google)5 国務省6 アップル(Apple)7 ピース・コープ8 連邦捜査局(FBI)9 中央情報局(CIA)10米国対がん協会出典:14年卒就職人気100文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所出典:2011年Humanities/Liveral Arts系専攻Universum調査Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.大企業志向 豊富な選択肢
  16. 16. 労働市場の流動性の差がもたらすもの15セカンド・ライフビジネス・セクターソーシャル・セクターパブリック・セクタービジネス・セクターソーシャル・セクターパブリック・セクターCopyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.多様な知の交差点
  17. 17. 社会 ソーシャル・セクター ビジネスセクター“バウンダリー・オブジェクト”としてのIIBA社会起業家NPO団体中間支援団体課題課題課題課題パブリック・セクター市町村都道府県国社会人会社人企業16Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.IIBA日本支部
  18. 18. “バウンダリー・オブジェクト”とは?17既存の事業分野や市場、知的領域を超え、異なる領域の間に新しい関係性を見つけ出し、領域の境界を越えて行動する。異なるコミュニティやシステムなどの境界に存在するコンセプトやプロジェクトであり、コミュニティ同士をつなぎ、新たなコミュニティを形成する。異なる領域の境界を超える存在が「バウンダリー・オブジェクト」「バウンダリー・オブジェクト」こそが、イノベーションの源泉Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.出典:一橋大学 野中郁次郎氏 講演資料
  19. 19. バウンダリー・オブジェクトとしての“個”18Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.• パートナー• アカウントディレクター• ソーシャルビジネス研究会• 震災復興プログラム• ソーシャルPM研究会 (立上げ準備中)• 研究担当理事(ソーシャルビジネス アナリスト)IIBA日本支部PMI日本支部SVP東京サービスグラント東京都診断士協会
  20. 20. 「会社人」より「社会人」19Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.昨年11月26日 日本経済新聞出典: http://www.nikkei.com/article/DGXBZO48717490S2A121C1WZ8000
  21. 21. 20社会国・行政一般企業ソーシャル・ビジネス異領域間でのコラボレーションへの期待ますます複雑化する社会的課題解決のためビジネス・セクターが提供できるもの1.豊富な経営資源2.多数の優秀な人材3.蓄積してきたナレッジCopyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  22. 22. 2013年度 活動方針21Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.ビジネスアナリシスの実践により、新たな社会的価値を創造し、社会に必要なシステム変革を支援ビジネスアナリシスを活用し課題解決アプローチを提案ビジネスアナリシス実践の機会や方法論を提供自ら社会的課題に取り組むNPO法人や社会起業家へ社会的課題や社会貢献に関心あるビジネスパーソンへ
  23. 23. Business Model Canvasで考える【KP】パートナー(Key Partners)(候補)【プロボノ団体】・サービスグラント・プロボネット【SB協働組織】・SVP東京【NPO支援団体】・PMI日本支部・診断協会ソーシャルビジネス研究会・日本ファンドレイジング協会【KA】主要活動(Key Activities)・SBのBA視点研究調査・新規団体/活動のスタートアップ支援【VP】価値提案(ValueProposition)・ビジネスアナリシスの実践により、新たな社会的価値を創造し、社会に必要なシステム変革を支援(ソーシャルイノベーション、ソーシャルインパクトの実現)・ビジネスアナリシス実践機会提供【CR】顧客との関係(CustomerRelationships)・F2F(Workshop/Seminar/Dialogue)【CS】顧客セグメント(CustomerSegments)・ソーシャルな活動に関心を持つビジネスパーソン(プロボノ等)・広義のNPO・社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)・社内起業家 (ソーシャルイントレプレナー)【KR】 リソース(KeyResources)・IIBA団体資産(知識、テクニック、経験(?))【CH】 チャネル(Channels)・パートナーのSNS/イベント・ソーシャル系媒体・IIBAJ Web Site【CS】 コスト構造 (Cost Structure)・活動のための会場費、資料代、交通費等(パートナー団体側からの提供(負担)を期待)【RS】 収益の流れ (Revenue Streams)・セミナー参加費、講師代等(非営利活動のため、左記コスト回収レベル)22Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.
  24. 24. デザイン思考で社会を変革する!23Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.Step1Empathize共感Step2Define問題定義Step4PrototypeプロトタイプStep5TestテストStep3Ideate創造観察する関わる没頭するニーズとインサイトを分解・統合具体的で意味ある挑戦を選び出す幅広い解決策と多様なアイデアコンセプトや成果を押し広げる共感を増強考えるために作るインスピレーションを与える解決策を改善する共感を再構築する着眼点を見直す
  25. 25. 最後に24Copyright (C) 2013 Jun Ohnishi All Rights Reserved.ワーク・シフト(WORK SHIFT) 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025> リンダ・グラットン(著)「主体的に築く未来」積極的に社会と関わる未来共感とバランスのある人生を送るご関心ある方は、下記までお問い合わせくださいIIBA日本支部イノベーションユニットEmail: bar@iiba-japan.org研究担当理事 大西 純
  26. 26. 25

×