Your SlideShare is downloading. ×
Crowdfunding presentation for GREEN GIRL event
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Crowdfunding presentation for GREEN GIRL event

6,866
views

Published on

3.15.2012 …

3.15.2012
『「顔が見える商い」と「クラウド・ファンディング」』使用資料


1 Comment
17 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
6,866
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
1
Likes
17
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 03.15.2012 「顔の見える商い」と 「クラウド・ファンディング」
  • 2. PROFILE 山本純子 Junko YAMAMOTO (株)アーツ・マーケティング代表 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問) *(オンライン)ゲーム業界10年 *ベンチャー企業にて創業直後スタッフから上場まで経験する *WEB マーケティング、WEB プロデュース等 *退職後、大学院修士課程にてアート・マネジメントを専攻 *専門は芸術団体、アーティストのIT、WEB 活用全般 *現在 ―芸術経営に資する IT活用 に関する研究と組織向け研修 ―クラウド・ファンディング関連執筆、スピーカー ―アート、クリエイティブと経営に関する勉強会やトーク・イベントの開催の 企画・運営 等
  • 3. 「顔の見える商い」 と 「クラウド・ファンディング」
  • 4. クラウド・ファンディング
  • 5. 少数の投資家、銀行、ベンチャー・キャピタ ル=専門家からではなく…
  • 6. 一般の多くの人からお金を集める手 法 (だいたいは WEB を使って)
  • 7. 投資型 購入型 寄付型 成功した場合、 金銭によるリターン 成功した場合、モノや サービスでリターン リターンなし
  • 8. 昔むかしからありましたが……
  • 9. ネットの進化 1. 高速化 2. 国際的で信頼できる決済手法 3. SNS の普及 etc. ↓ 2000 年代後半から 急激にプラットフォーム化
  • 10. “A very SHORT introduction of CROWDFUNDING with PleaseFund.us” より 世界のクラウド・ファンディング・サービスの立ち上げ数推移
  • 11. “A very SHORT introduction of CROWDFUNDING with PleaseFund.us” より 世界の主なクラウド・ファンディング・サービス数(2011年)
  • 12. 2006年 Sellaband(音楽) 2008年 Iidie Gogo(クリエイティブ、社会貢献) 2009年 Kickstarter(クリエイティブ) 2010年 RocketHub(クリエイティブ) 2011年 Peerbackers(起業家) etc. たくさん 欧米のクラウド・ファンディング・サービス例
  • 13. 2011年: readyfor? CAMPFIRE motion gallery… 特化型含め 次々に登場 日本のクラウド・ファンディング・サービス例
  • 14. 顔の見える商い
  • 15. 小商いとは、自分が売りたい商品を、売りたい人に 届けたいという送り手と受け手を直接的につない でいけるビジネスという名の交通であり、この直接 性とは無縁の株主や、巨大な流通システムの影響 を最小化できるやり方です。 平川克美(2012年)『小商いのすすめ』ミシマ社 p.212
  • 16. 当然のことながら、そこに大きな利潤が生まれること はありません。 しかし、小商いであるがゆえに、それほど大きな利 潤というもの必要とはしていない。 何よりも、送り手と受け手の関係が長期にわたって 継続してゆくことで、送り手は自分が行なっている ことが意味のあることであり、社会に必要とされてい るのだと実感することができることが重要なのです。 平川克美(2012年)『小商いのすすめ』ミシマ社 p.212
  • 17. (1)直接 (2)継続
  • 18. と、 クラウド・ファンディング
  • 19. クラウド・ファンディングが 可能にする 「顔の見える商い」
  • 20. 今、起こっていること
  • 21. Double Fine / Tim Schafer 氏
  • 22. Double Fine / Tim Schafer 氏 ■ゲーム開発 20 年 ■PS3、XBOX 360、PC 他ソフト開発経験多数 ■古典的なアドベンチャー・ゲームが 作りたい! ↓ パブリッシャー:収益見込めない、ダメ! 開発資金が足りない
  • 23. じゃあ、クラウド・ファンディングで 一般の人から開発資金集めよう!
  • 24. クラウド・ファンディング
  • 25. *プロジェクト 説明 *目標金額 *期限 *報酬 購入 or 寄付 立案者側の設定 支援側アクション
  • 26. All or nothing ※Kickstarter、CAMPFIRE、READY FOR? 等メジャーなサービスが採用している ※実際に all or nothing を採用しているクラウド・ファンディング・サービスは PleaseFund.us の調査に よると約57%。Indie gogo 等は目標額に達していなくても調達額を獲得できる。
  • 27. Double Fine Acventure project ■2月8日(水)~35日間 ■目標調達額:40万ドル Kickstarter 利用
  • 28. ふたをあけてみると
  • 29. ■約8時間で40万ドル達成 ■2日で100万ドル達成
  • 30. ついには
  • 31. 87,1421人の支援者から 3,336,371 ドルを資金調達 (目標の8倍以上)
  • 32. さて
  • 33. ■従来の資金調達での開発費 ■クラウド・ファンディングによる開発費 ↓ たとえ、同じ 330 万ドルでも 意味合いはまったく違う
  • 34. クラウド・ファンディングの特性
  • 35. クラウド・ファンディングが可能にする 「直接」の商い
  • 36. クラウド・ファンディングの特徴 ※購入型の場合
  • 37. (1) 専門家からではなく、 一般の人から、仲介なしに集める
  • 38. (2) 見返りはモノやサービス
  • 39. ■出来上がったゲーム ■ベータテスト、及び WEB フォーラムへの参加権 サントラ、オリジナルブック ゲームへのクレジット サイン入り特製ポスター、ハードカバー本 ゲーム・デザイナーによるポートレイト オフィス・ツアー、Tim 氏他とのランチ・ディナー ゲームとしてキャラクターに登場 Double Fine Project で支援額ごとに用意された見返り 支援額大 支援額小
  • 40. 最低支援額 15 ドル以上払えば誰でも ■出来上がったゲーム ■ベータテスト 及び WEB フォーラムへの参加権 が見返りとしてもらえる
  • 41. 出来上がったゲームという見返り =支援してくれたらゲームをあげます 商品の事前購入/プレ・オーダー
  • 42. 売上の確保
  • 43. ■従来の資金調達での開発費 ■クラウド・ファンディングによる開発費 ↓ たとえ、同じ 330 万ドルでも 意味合いはまったく違う
  • 44. ■従来の資金調達での開発費 資金を出す人≠商品、サービスを買う人 ■クラウド・ファンディングによる開発費 資金を出す人=商品、サービスを買う人
  • 45. ■従来の資金調達 ・貸方に計上される ・資金提供者は金銭による儲けというリターン を期待する →彼等が損をしないように売上/拡大を考え なければならない
  • 46. ■クラウド・ファンディング ・売買である ・資金提供者は結果としての商品、サービス を最初に買う人である →彼等が損しないように、商品、サービスを彼 等が望む、いいものにしなければならない
  • 47. 「売り手」と「買い手」の 直接のやりとり
  • 48. 小商いとは、自分が売りたい商品を、売りたい人に 届けたいという送り手と受け手を直接的につない でいけるビジネスという名の交通であり、この直接 性とは無縁の株主や、巨大な流通システムの影響 を最小化できるやり方です。 平川克美(2012年)『小商いのすすめ』ミシマ社 p.212
  • 49. クラウド・ファンディングが可能にする「直 接」の商い
  • 50. クラウド・ファンディングが可能にする 「継続」の商い
  • 51. 「出来上がったゲーム」 と、もうひとつの見返り
  • 52. 最低支援額 15 ドル以上払えば誰でも ■出来上がったゲーム ■ベータテスト 及び WEB フォーラムへの参加権 が見返りとしてもらえる
  • 53. + 支援者には、ゲーム開発過程すべてを 公開するという約束
  • 54. これは何を意味するか
  • 55. 事前購入 の約束 商品 発売 OK THANK YOU ■出来上がったゲームという見返りだけだと
  • 56. 事前購入 の約束 商品 発売 OK ■フォーラム、ベータテストへの参加権があると Forum Beta test やいの やいの 僕達が 作った! ファン
  • 57. クラウド・ファンディングを利用した サービス・商品提供前の関係づくり
  • 58. 成功するクラウド・ファンディング の見返りは 「関係づくり」の要素が入っている
  • 59. 成功/失敗プロジェクトにおける見返り種類の比較 J. Sanfilippo. (2011). Final Project: Crowd Funding and Cultural Production.より/日本語訳は筆者 見返り 数 見返り種類 製品 経験 承認 特別感 成功 8 96% 77% 92% 62% 失敗 8 100% 46% 77% 54% ■経験:プロジェクトのプロセスに参加できる等 ■承認:製品ができた時にクレジットできる等 ■特別感:非公開のイベントに参加できる等
  • 60. 【有形】製品 支援者を参加に駆り立てるものは何か?(インタビュー調査結果) 【無形】承認 プロジェクトメンバーの一員であること 【無形】経験 プロジェクトのプロセスに関わること 【無形】関係 立案者や他の支援者との関係 J. Sanfilippo. (2011). Final Project: Crowd Funding and Cultural Production.より一部/日本語訳は筆者
  • 61. ・製品づくりに参加したという証 ・ここでしかない経験 ・制作者や他の支援者との関係
  • 62. 資金調達「後」に実施される さまざまな関係づくりの見返り ↓ 一回きりでない、継続した支援者 コミュニティづくりを可能にする きっかけ
  • 63. 当然のことながら、そこに大きな利潤が生まれること はありません。 しかし、小商いであるがゆえに、それほど大きな利 潤というもの必要とはしていない。 何よりも、送り手と受け手の関係が長期にわたって 継続してゆくことで、送り手は自分が行なっている ことが意味のあることであり、社会に必要とされてい るのだと実感することができることが重要なのです。 平川克美(2012年)『小商いのすすめ』ミシマ社 p.212
  • 64. 他にも
  • 65. MATTER (Kickstarter) ■有料記事配信サイト ■有名ライターが渾身の記事を週1で配信 ■見返りは、記事が無料、編集チームに携わ れる等
  • 66. i wear project (readyfor?) ■この道48年の彫り士による一点ものの iPhone/iPad/MBA ケース ■見返りは、商品そのもの
  • 67. SAKELIFE (Campgire) ■日本酒定期購入サービス ■月1で選りすぐりの日本酒配送&日本酒文 化にまつわる情報提供 ■見返りは、お酒やお猪口、リリース・パーティ 等
  • 68. (1)直接 (2)継続
  • 69. クラウド・ファンディングが 可能にする 「顔の見える商い」
  • 70. ご清聴ありがとうございました http://artsmarketing.jp ■Fb ページ:facebook.com/artsmarketingjp ■twitter:@junkoy ■Fb:facebook.com/junko0601
  • 71. ※クラウド・ファンディングの概要やメカニズムを知りたい方は ■ファンドレイジングセミナー 「クラウド・ファンディング」入門 http://www.slideshare.net/junkoy/crowdfunding-presentation02-ver2 (slideshare.net/junkoy にある「Crowdfunding presentation02 ver2 02.26.2012」) ご参照ください。

×