Crowdfunding IMJIP seminar 09122012

5,778 views
5,717 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
18 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,778
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
18
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Crowdfunding IMJIP seminar 09122012

  1. 1. 09.12.2012 新規事業立ち上げにおける クラウド・ファンディングの役割
  2. 2. PROFILE 山本純子 Junko YAMAMOTO (株)アーツ・マーケティング代表 ■(オンライン)ゲーム業界10年 ■オンライン・ゲームのマーケティング、新規事業開発等に携わる 最終役職はマーケティング・マネージャー ■ベンチャー企業にて創業直後スタッフから上場まで経験 ■退職後、2009 年から大学院修士課程にてアート・マネジメントを専攻*専 門は芸術団体、アーティストのIT、WEB 活用全般 ■2009 年 12 月(株)アーツ・マーケティング設立 ■現在 ―クラウド・ファンディング関連企画コンサルティング ―クラウド・ファンディング関連レクチャー、講演 他
  3. 3. 本日のポイント
  4. 4. 起業、新規事業… 新しいモノやサービスを世の中に 出したいと考えている人たち
  5. 5. クラウド・ファンディングとはど ういう役割を果たせるのか。
  6. 6. クラウド・ファンディング ↓ 少額の寄付? 資金調達最後の手段?
  7. 7. NO
  8. 8. 他の資金調達とは 少し違う特徴がある
  9. 9. さらに
  10. 10. 「資金を調達する」以外の役割
  11. 11. それは抜本的に「事業」の考え方 を変えつつある というお話
  12. 12. 本日の内容 1: クラウド・ファンディングとは 2: 起業・新規事業で利用されている例 3: 購入型クラウド・ファンディングの特徴 4: クラウド・ファンディングが可能にすること I 5: クラウド・ファンディングが可能にすること II 6: クラウド・ファンディングで成功するヒント 7: 注意点 8: 最後に
  13. 13. クラウド・ファンディングとは
  14. 14. クラウド・ファンディング
  15. 15. 少数の投資家、銀行、ベンチャー・ キャピタル=専門家からではなく… クラウド・ファンディングとは 株式会社アーツ・マーケティング
  16. 16. 多数の個人から少額ずつ資金を 集める手法 (だいたいは WEB を使って) クラウド・ファンディングとは 株式会社アーツ・マーケティング
  17. 17. クラウド・ファンディングとは 株式会社アーツ・マーケティング 特定の目的への独創性を支援するため、 特にインターネットを通じて 寄付および、なんらかの報酬等と交換する形 で経済的なリソースを提供すること Schewienbacher,A.& Larralde,B.(2010).Crowdfunding of small entrepreneurial ventures. より、日本語訳作成者
  18. 18. 投資型 購入型 寄付型 成功した場合、 金銭によるリターン 成功した場合、モノや サービスでリターン リターンなし クラウド・ファンディングの種類 株式会社アーツ・マーケティング
  19. 19. 昔むかしからありましたが……
  20. 20. ネットの進化 1. 高速化 2. 国際的で信頼できる決済手法 3. SNS の普及 etc. ↓ 2000 年代後半から 急激にプラットフォーム化 クラウド・ファンディングの発達 株式会社アーツ・マーケティング
  21. 21. クラウド・ファンディング市場概況 ー データ(ワールドワイド)(1) ■市場規模 CROWDFUNDING INDUSTRY REPORT Market Trends, Composition and Crowdfunding Platforms.(2012).crowdsourcing.org 発行より 単位:百万ドル 株式会社アーツ・マーケティング
  22. 22. クラウド・ファンディング市場概況 ー データ(ワールドワイド)(2) ■プラットフォーム数の伸び CROWDFUNDING INDUSTRY REPORT Market Trends, Composition and Crowdfunding Platforms.(2012).crowdsourcing.org 発行より ※2007 年を 100% とした割合 株式会社アーツ・マーケティング
  23. 23. “A very SHORT introduction of CROWDFUNDING with PleaseFund.us” より 世界の主なクラウド・ファンディング・サービス数(2011年) 株式会社アーツ・マーケティング
  24. 24. 2006年 Sellaband(音楽) 2008年 Iidie Gogo(クリエイティブ、社会貢献) 2009年 Kickstarter(クリエイティブ) 2010年 RocketHub(クリエイティブ) 2011年 Peerbackers(起業家) etc. たくさん 欧米のクラウド・ファンディング・サービス例 株式会社アーツ・マーケティング
  25. 25. ■アメリカにおける購入型クラウド・ファ ンディング・サービス Kickstarter の成功 /購入型の隆盛: <Kickstarter データ 2010 年と 2011 年の比較> ・支援総額:$27,638,318 → $99,344,382(3.6 倍) ・成功プロジェクト:3,910 → 27,086 (6.9 倍) ・訪問者数:8,294,183 → 30,590,342 (3.7 倍) クラウド・ファンディング市場概況 - 海外トピック(1) 株式会社アーツ・マーケティング
  26. 26. (前ページ続き)2012年に入り、 100 万ドル~1,000 万ドル調達プロジェクトが複数登場 ※現時点で 10 プロジェクトが 100 万ドル調達を達成 クラウド・ファンディング市場概況 - 海外トピック(1) 株式会社アーツ・マーケティング
  27. 27. ■アメリカで株式クラウド・ファンディングを可能にす る法案成立(2012 年 4 月): ※同月に FB で将来、株式購入が可能になる発表も クラウド・ファンディング市場概況 - 海外トピック(2) 上:Forbes(online) 04.05.2012 右:Economist(online) 06.16.2012 株式会社アーツ・マーケティング
  28. 28. ■アジアでの盛り上がり: 2011~12 年より、日本、韓国、香港、シンガポール等 アジア各国でもクラウド・ファンディング・サービス開始 クラウド・ファンディング市場概況 - 海外トピック(3) 上:sgentrepreneur(online) 03.28.2012 左:koreatimes(online) 05.13.2012 株式会社アーツ・マーケティング
  29. 29. ■2011 年スタート以降、高まる注目度 2011 年 3 月に「READYFOR?」がロウンチされたことを皮 切りに、いくつかのサービスがロウンチ。 特に、東日本大震災被災者・被災地への支援意識の高 まりより社会貢献系プロジェクトが注目され、メディ アでも取り上げられる。 ・2011 年 3 月:READYFOR? 開始 ・2011 年 6 月:campfire 開始 ・2011 年 7 月:GREEN GIRL, motion gallery 開始 (以降、続々と登場) クラウド・ファンディング市場概況 - 日本トピック 株式会社アーツ・マーケティング
  30. 30. 起業・新規事業で利用されている例
  31. 31. 本日は、現時点で世界で一番調達額/プロジェクト数共 ずば抜けた成功を収めている Kickstarter を事例に取り上げながらみていきます。
  32. 32. Kickstarter 実績 ■成功プロジェクト数 :28,905 プロジェクト ■成功プロジェクト調達額合計 :2 億 8,539 万ドル ※2009 年 4 月~2012 年 8月末まで(28 ヶ月) ※Kickstarter 内統計データより ※以降データも同様 株式会社アーツ・マーケティング
  33. 33. 分野別 Kickstarter 実績ー成功調達金額 株式会社アーツ・マーケティング
  34. 34. 分野別 Kickstarter 実績ープロジェクト数 株式会社アーツ・マーケティング
  35. 35. 分野別 Kickstarter 実績ー成功資金調達額平均 株式会社アーツ・マーケティング
  36. 36. 起業家・新規事業開発が多い分野 ■デザイン ■テクノロジー ■ゲーム ■ファッション ■フード 等 株式会社アーツ・マーケティング
  37. 37. 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン 株式会社アーツ・マーケティング iPhone、アンドロイド対応の スマート・ウォッチ <iPhone に来たメール、アラート等を受け取れる腕時計> デザイン分野調達額 No.1
  38. 38. ■Pebble (by Pebble Technology) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$10,266,846 支援者:68,929 名 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン
  39. 39. 実施者:Pebble Technology(パロアルト) 株式会社アーツ・マーケティング Eric Migicovsky を中心としたデザイン・チーム。 3 年間、スマート・ウォッチ開発に携わっており、Pebble の前に、アンドロイド 対応のスマート・ウォッチ ”inPulse” を発売した経験あり 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン
  40. 40. 起業家・新規事業事例(2)テクノロジー 株式会社アーツ・マーケティング ゲーム用ヴァーチャル・ リアリティ ヘッドセット (開発者キット) <ゲーム時に使用するゴーグル・没入感を与える> テクノロジー分野調達額 No.1
  41. 41. ■Oculus Rift (by Oculus) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$2,437,430 支援者:9,522 名 起業家・新規事業事例(2)テクノロジー
  42. 42. 実施者:Oculus(ロングビーチ) 株式会社アーツ・マーケティング Palmer Luckey によるインディペンデント・ハードウェア・ディベロッパー。 Oculus rift は Palmer が自宅ガレージで制作していたものだが、ゲーム企業 他から過去最高の出来のヘッドセットだと絶賛されている 起業家・新規事業事例(2)テクノロジー
  43. 43. 起業家・新規事業事例(3)ファッション 株式会社アーツ・マーケティング 本当に人間の体に適した 画期的なビジネス・シャツ <NASA の技術を利用、通気性や湿気コントロールに優れる> ファッション分野調達額 No.1
  44. 44. ■Ministry of Supply (by Ministry of Supply) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$429,277 支援者:2,798 名 起業家・新規事業事例(3)ファッション
  45. 45. 実施者:Ministry of Supply(ボストン) 株式会社アーツ・マーケティング MIT 出身 4 名が在学中に立ち上げたビジネス。 コンサルタント、投資銀行、NPO、デザイナー等さまざまなバックグラウンドを 持つ 起業家・新規事業事例(3)ファッション
  46. 46. 起業家・新規事業事例(4)ゲーム 株式会社アーツ・マーケティング 新作アドベンチャー・ゲーム <「売れない」と判断され資金が調達できなかったアドベンチャー・ ゲーム開発に老舗開発スタジオがチャレンジ>
  47. 47. ■Double Fine Adventure (by Double Fine) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$3,336,372 支援者:87,142 名 起業家・新規事業事例(4)ゲーム
  48. 48. 実施者:Double Fine(サンフランシスコ) 株式会社アーツ・マーケティング 20 年の歴史をもつゲーム開発会社。PS3、XBOX360 から PC まで多くのゲー ム・タイトル開発の実績を持つ 起業家・新規事業事例(4)ゲーム
  49. 49. 起業家・新規事業事例(5)メディア 株式会社アーツ・マーケティング 科学技術専門のライターによる 有料記事サイト <週に 1 本、調査・研究された長文記事を読むことができる>
  50. 50. ■MATTER (by Matter) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$140,846 支援者:2,566 名 起業家・新規事業事例(5)メディア
  51. 51. 実施者:Matter(サンフランシスコ) 株式会社アーツ・マーケティング Nature、エコノミスト他で署名記事を書く Jim Giles、現 GigaOM のライターで ガーディアンの技術系特派員をしていたこともある Bobbie Johnson 2名によ るプロジェクト 起業家・新規事業事例(5)メディア
  52. 52. 彼らは何故 これだけ集めることが できたのか?
  53. 53. 購入型クラウド・ファンディング の特徴・仕組み
  54. 54. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 寄付ではない 株式会社アーツ・マーケティング
  55. 55. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 では、何でしょう 株式会社アーツ・マーケティング
  56. 56. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 ■特徴(1) 資金調達の目標金額と、 調達期間/期限を決める。 株式会社アーツ・マーケティング ■特徴(2) 支援者へのリワードがある (支援の御礼としてのモノ・サービス等)
  57. 57. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 ■特徴(1) 資金調達の目標金額と、 調達期間/期限を決める。 株式会社アーツ・マーケティング
  58. 58. ■Pebble (by Pebble Technology) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$10,266,846 支援者:68,929 名 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン 目標金額:$100,000 調達期間:37 日間 目標達成率:10,267%
  59. 59. ■Oculus Rift (by Oculus) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$2,437,430 支援者:9,522 名 起業家・新規事業事例(2)テクノロジー 目標金額:$250,000 調達期間:32 日間 目標達成率:975%
  60. 60. ■Ministry of Supply (by Ministry of Supply) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$429,277 支援者:2,798 名 起業家・新規事業事例(3)ファッション 目標金額:$30,000 調達期間:33 日間 目標達成率:1,431%
  61. 61. ■Double Fine Adventure (by Double Fine) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$3,336,372 支援者:87,142 名 起業家・新規事業事例(4)ゲーム 目標金額:$400,000 調達期間:34 日間 目標達成率:834%
  62. 62. ■MATTER (by Matter) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$140,846 支援者:2,566 名 起業家・新規事業事例(5)メディア 目標金額:$50,000 調達期間:31 日間 目標達成率:280%
  63. 63. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 さらに、目標期限までに目標金額に達さないと、 1 ドル、1 円も獲得できないという 「オール・オア・ナッシング」形式 をとるサービスが多い。 ※Kickstarter を始め、日本のサービスでも、Ready for?、CAMPFIRE などがこの形 式を採用しています。 株式会社アーツ・マーケティング
  64. 64. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 目標調達額、調達期限の設定と「オール・オア・ナッシング」方式による 株式会社アーツ・マーケティング ゲーム性
  65. 65. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 ■特徴(2) 支援者へのリワードがある (支援の御礼としてのモノ・サービス等) 株式会社アーツ・マーケティング
  66. 66. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 彼等は何を リワードにしていたか 株式会社アーツ・マーケティング
  67. 67. ■Pebble (by Pebble Technology) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$10,266,846 支援者:68,929 名 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン
  68. 68. 株式会社アーツ・マーケティング ■$1 以上(2,615 名):UPDATE 情報へのアクセス権 ■$99 以上(200 名):Pebble 1個(黒)を早期購入価格で。$150 相当 ■$115 以上(40,799 名):Pebble 1個(黒)※早期購入期終了後 ■$125 以上(14,350 名):Pebble 1個(色選択可能) ■$220 以上(3,800 名):Pebble 2個(黒) ■$235 以上(100 名):【ハッカー・スペシャル】SDK への早期アクセス権。 Pebble プロトタイプ1個、Pebble 1個 ■$240 以上(4,925名):Pebble 2 個(色選択可能) ■$550 以上(900 名):【オフィス・パック】Pebble 5 個(色選択可能) ■$1,000 以上(482 名):【ディストリビューター・パック】 Pebble 10 個(色選択可能) ■$1,250 以上(20 名):時計表示面のカスタム・デザイン、Pebble 5 個 ■$10,000(31 名):【メガ・ディストリビューター・パック】 Pebble 100 個(色選択可能) 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン 主なリワード
  69. 69. ■Ministry of Supply (by Ministry of Supply) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$429,277 支援者:2,798 名 起業家・新規事業事例(3)ファッション
  70. 70. 株式会社アーツ・マーケティング ■$1 以上(31 名):ノート、カラー・ステイ ■$25 以上(200 名):T シャツA(Base Layer) ■$45 以上(106 名):T シャツB黒(Thermo-Regulatory Base Layer) ■$95 以上(668 名):ドレス・シャツ/ WEB にクレジット ■$110 以上(578 名): T シャツ A/ ドレス・シャツ/ WEB にクレジット ■$150 以上(713 名):T シャツA / T シャツB※父の日ギフトの場合はカード付 ■$250 以上(395 名):ドレス・シャツ 3 枚/ WEB にクレジットと写真 カラーステイ 3 種 ■$560 以上(73 名):ドレス・シャツ 5 枚/ T シャツ A 5 枚 ■$1,000 以上(4 名):ドレス・シャツ 3 枚/ モノグラム / カスタム・フィット / WEB にクレジットと写真他 ■$5,000 以上(1 名):$1,000 リワード+ 次の限定版シャツにあなたの名前 or色選択 主なリワード 起業家・新規事業事例(3)ファッション
  71. 71. ■MATTER (by Matter) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$140,846 支援者:2,566 名 起業家・新規事業事例(5)メディア
  72. 72. 株式会社アーツ・マーケティング ■$10 以上(831 名):最初の 3 本の記事、メッセージ、ポストカード ■$25 以上(944 名):$10 のリターン+編集委員への参加 ■$50 以上(350 名):特製 T シャツ、編集委員への参加、 最初の 6 本の記事、ポストカード ■$100 以上(246 名):サイン&クレジット入り Matter 書籍、 編集委員への参加、最初の 10 本の記事 ■$300 以上(64 名):SF とロンドンで開催されるロウンチ・パーティへの招待、 編集者、ライター、写真家とのディナー、 上記の販促品すべて、最初の 50 本の記事、 記事中の素晴らしい写真のプリント ■$1,000 以上(12 名):ゲスト・エディターとしての参加、永久無料購読、 上記の販促品すべて ■$1,000 以上(4名):限定版ハードカバー書籍、永久無料購読、 友人へ1年の魅了購読、今までのすべてのリワード ■$3,000 以上(8 名):上記すべてのリターンに加え、スポンサー表示 主なリワード 起業家・新規事業事例(5)メディア
  73. 73. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 彼等は何を リワードにしていたか 株式会社アーツ・マーケティング
  74. 74. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 支援の結果できたモノやサー ビスを リワードにしていた 株式会社アーツ・マーケティング
  75. 75. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 何故、目標調達額を 大幅に超えて調達できたか 株式会社アーツ・マーケティング
  76. 76. iPhone で受け取る情報を気軽に 腕時計でキャッチしたい 真夏も快適なシャツが欲しい ちゃんとした記事は有料でも読 みたい 購入型クラウド・ファンディングの特徴 株式会社アーツ・マーケティング
  77. 77. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 リワードが 欲しかった人が多かった 株式会社アーツ・マーケティング
  78. 78. 多くの人が「欲しい」と思うリワードを提供で きれば、希望調達金額を超えても、支援が 集まり続ける。 =デザインやプロダクト・プロジェクトの相性 の良さ ※逆に言えば、それ以外のプロジェクトでも、欲しいと思うよ うな「見返り」を準備できれば、成功の可能性は高まる 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  79. 79. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 これって お買い物に近いですよね? 株式会社アーツ・マーケティング
  80. 80. 購入型クラウド・ファンディング =×寄付 ○買い物 支援したいという気持ちとともに、欲しい「見 返り」を買うという行為 ※詳しくは ファンドレイジングセミナー「クラウド・ファンディング」入門 http://www.slideshare.net/junkoy/crowdfunding-presentation02-ver2 購入型クラウド・ファンディングの特徴 株式会社アーツ・マーケティング
  81. 81. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 さらに言えば 株式会社アーツ・マーケティング
  82. 82. 出来上がったモノ/サービスというリワード =支援してくれたら製品/サービスをあげます 商品の事前購入/プレ・オーダー 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  83. 83. 購入型クラウド・ファンディングの特徴 ■特徴(1) 資金調達の目標金額と、 調達期間/期限を決める。 株式会社アーツ・マーケティング ■特徴(2) 支援者へのリワードがある (支援の御礼としてのモノ・サービス等)
  84. 84. 資金調達したい…… WEB での 寄付プラットフォーム 等 興味なし 資金調達者 利用 一般層 購入型クラウド・ファンディングの仕組み
  85. 85. 資金調達したい…… 欲しい! 資金調達者 一般層 利用 ゲーム性のある 資金調達システム 参加ゲームのプロセスを 進行する ゲームのプロセスを 楽しむ 人々を夢中にさせるデザイン ・進行状況の可視化 ・ポジティブな感情の喚起 ・ソーシャル的な行動を促す ・エンゲージメントを築く 購入型クラウド・ファンディングの仕組み
  86. 86. ゆえに、 購入型クラウド・ファンディングは 「組織全体の資金調達」ではなく、 「プロジェクト資金調達」が合っています ※明確にプロジェクトの支援しか受け付けていない クラウド・ファンディング・サービスも多い。 株式会社アーツ・マーケティング 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  87. 87. ここまでが 購入型クラウド・ファンディングの仕組み 株式会社アーツ・マーケティング 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  88. 88. これによって可能となる 新しい事業スタイルとは 何なのでしょうか 株式会社アーツ・マーケティング 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  89. 89. ここからが 本日の肝です(^^) 株式会社アーツ・マーケティング 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  90. 90. クラウド・ファンディングが 可能にすること I
  91. 91. 出来上がったモノ/サービスというリワード =支援してくれたら製品/サービスをあげます 商品の事前購入/プレ・オーダー 購入型クラウド・ファンディングの特徴
  92. 92. クラウド・ファンディングが可能にすること I これは何を意味するのか
  93. 93. 事前購入= 売上の確保 クラウド・ファンディングが可能にすること I
  94. 94. ■従来の資金調達での制作開発費 ■クラウド・ファンディングによ る制作開発費 ↓ たとえ、同じ制作開発費でも 意味合いはまったく違う クラウド・ファンディングが可能にすること I
  95. 95. 購入型クラウド・ファンディング =資金調達? 正確に言えば、 「事前購入」により、 “結果”、資金調達になっている クラウド・ファンディングが可能にすること I
  96. 96. このことが意味する 「事業開発」意識の変化 クラウド・ファンディングが可能にすること I
  97. 97. ■従来の資金調達での開発費 資金を出す人≠商品、サービスを買う人 ■クラウド・ファンディングによる 開発費 資金を出す人=商品、サービスを買う人 クラウド・ファンディングが可能にすること I
  98. 98. ■従来の資金調達 ・負債もしくは純資産 ・資金提供者は金銭による儲けというリ ターンを期待する →彼等が損をしないように売上/拡大を 考えなければならない クラウド・ファンディングが可能にすること I
  99. 99. ■クラウド・ファンディング ・売掛金(流動資産)である ・資金提供者は結果としての商品、サー ビスを最初に買う人である →彼等が損しないように、商品、サービ スを彼等が望む、いいものにしなければ ならない クラウド・ファンディングが可能にすること II
  100. 100. 利用者=資金提供者 利用者が満足するような モノ/サービス作り クラウド・ファンディングが可能にすること II
  101. 101. クラウド・ファンディングが 可能にすること I 実際の利用者に向けた事業開発 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  102. 102. さらに
  103. 103. クラウド・ファンディングが 可能にすること II
  104. 104. では クラウド・ファンディングとは、事前 購入サイトなのか? クラウド・ファンディングが可能にすること II
  105. 105. NO クラウド・ファンディングが可能にすること II
  106. 106. そのヒントは 「リワード」の中にある クラウド・ファンディングが可能にすること II
  107. 107. 成功するリワードの特徴 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  108. 108. J. Sanfilippo. (2011). Final Project: Crowd Funding and Cultural Production.より/日本語訳は筆者 見返り 数 見返り種類 製品 経験 承認 特別感 成功 8 96% 77% 92% 62% 失敗 8 100% 46% 77% 54% ■経験:プロジェクトのプロセスに参加できる等 ■承認:製品ができた時にクレジットできる等 ■特別感:非公開のイベントに参加できる等 クラウド・ファンディングが可能にすること II 成功/失敗プロジェクトにおけるリワードの種類の比較
  109. 109. 【有形】製品 【無形】承認 プロジェクトメンバーの一員であること 【無形】経験 プロジェクトのプロセスに関わること 【無形】関係 立案者や他の支援者との関係 J. Sanfilippo. (2011). Final Project: Crowd Funding and Cultural Production.より一部/日本語訳は筆者 クラウド・ファンディングが可能にすること II 支援者を参加に駆り立てるものは何か?(インタビュー調査結果)
  110. 110. ■製品づくりに参加したという証 ■ここでしかない経験 ■制作者や他の支援者との関係 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  111. 111. 成功するクラウド・ファンディング のリワードには 「関係づくり」の要素が入っている クラウド・ファンディングが可能にすること II
  112. 112. 株式会社アーツ・マーケティング ■$1 以上(2,615 名):UPDATE 情報へのアクセス権 ■$99 以上(200 名):Pebble 1個(黒)を早期購入価格で。$150 相当 ■$115 以上(40,799 名):Pebble 1個(黒)※早期購入期終了後 ■$125 以上(14,350 名):Pebble 1個(色選択可能) ■$220 以上(3,800 名):Pebble 2個(黒) ■$235 以上(100 名):【ハッカー・スペシャル】 SDK への早期アクセス権。 Pebble プロトタイプ1個、Pebble 1個 ■$240 以上(4,925名):Pebble 2 個(色選択可能) ■$550 以上(900 名):【オフィス・パック】Pebble 5 個(色選択可能) ■$1,000 以上(482 名):【ディストリビューター・パック】 Pebble 10 個(色選択可能) ■$1,250 以上(20 名):時計表示面のカスタム・デザイン、Pebble 5 個 ■$10,000(31 名):【メガ・ディストリビューター・パック】 Pebble 100 個(色選択可能) 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン 主なリワード
  113. 113. 株式会社アーツ・マーケティング ■$10 以上(831 名):最初の 3 本の記事、メッセージ、ポストカード ■$25 以上(944 名):$10 のリターン+編集委員への参加 ■$50 以上(350 名):特製 T シャツ、編集委員への参加、 最初の 6 本の記事、ポストカード ■$100 以上(246 名):サイン&クレジット入り Matter 書籍、 編集委員への参加、最初の 10 本の記事 ■$300 以上(64 名):ロウンチ・パーティへの招待、 編集者、ライター、写真家とのディナー、 上記の販促品すべて、最初の 50 本の記事、 記事中の素晴らしい写真のプリント ■$1,000 以上(12 名):ゲスト・エディターとしての参加、 永久無料購読、上記の販促品すべて ■$1,000 以上(4名):限定版ハードカバー書籍、永久無料購読、 友人へ1年の魅了購読、今までのすべてのリワード ■$3,000 以上(8 名):上記すべてのリターンに加え、スポンサー表示 主なリワード 起業家・新規事業事例(5)メディア
  114. 114. 「製品」リワードのみで 多額の資金調達に成功するプロジェクトもある クラウド・ファンディングが可能にすること II
  115. 115. ただし、 「無形のリワード」は 実施者にとっても とても重要 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  116. 116. 資金調達「後」に実施される さまざまな関係づくりのリワード ↓ 一回きりでない、継続した支援者 コミュニティづくりを可能にする きっかけ クラウド・ファンディングが可能にすること II
  117. 117. 無形の「リワード」によって 何が起こるか? クラウド・ファンディングが可能にすること II
  118. 118. 事前購入 の約束 商品 発売 OK THANK YOU ■出来上がったモノ・サービスという見返りだけだと クラウド・ファンディングが可能にすること II 時間がかかる
  119. 119. 事前購入 の約束 商品 発売 OK ■プロセスに関わる無形の見返りがあると フォーラム やいの やいの 僕達が 作った! ファン クラウド・ファンディングが可能にすること II 現場見学 ベータ テスト リリース パーティ 投票
  120. 120. サービス・商品提供前の 関係づくり クラウド・ファンディングが可能にすること II
  121. 121. 事例 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  122. 122. ■Pebble (by Pebble Technology) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$10,266,846 支援者:68,929 名 起業家・新規事業事例(1)プロダクト・デザイン
  123. 123. ■Pebble Technology がやったこと (1)リワードに、アプリ開発者向けに限定 100 名で SDK への早期アクセス権を入れた。 ※SDK=ソフトウェア開発キット/ハードウェアの利用を促進するためにも、外部アプ リ開発者が SDK で多くのアプリを生み出すことは重要 (2)製品カラー・バリエーション 4 色目は、 当初より支援者の投票で決定すると計画 ※動画内でも事前告知 クラウド・ファンディングが可能にすること II さらに→
  124. 124. ■Pebble Technology がやったこと (3)資金調達中から支援者専用フォーラムを 自社サイト内に設置 支援者=■Pebble 事前購入者+■アプリ開発者 + 実施者=■Pebble Technology の三者が発売前にコミュニケーションをとり、欲しい 機能やアプリ、色などを協議する場となる。 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  125. 125. Pebble の場合 Pebble Technology ファウンダー Eric Migicovsky のインタビューより
  126. 126. 「私たちの製品で、 もっとも大きな影響力をもっている のはコミュニティです」 “The community has the biggest effect on our product.” クラウド・ファンディングが可能にすること II Alexandra Chang.(4.16.2012)“Q&A: Pebble Smartwatch Designer Talks $3 Million-Plus Kickstarter Success”. Wired.com. http://www.wired.com/gadgetlab/2012/04/qa-pebble-smartwatch-designer-talks-3-million-plus-kickstarter-success/ ※日本語訳は筆者 ※以下、同様
  127. 127. (ロウンチ時にクールなアプリができているよう) 「SDK と開発者用リワード (ハッカースペシャル)は重要でした」 “Having an SDK pack and a hacker special is important to us.” クラウド・ファンディングが可能にすること II
  128. 128. Pebble の場合 (成功の秘訣を聞かれて) 「コミュニティにアピール しなければならないと思います。 Kickstarter はただの店舗ではなく、 人々は製品と、それが丁寧に作られ ているかを知る必要がある」 “I think you have to appeal to the community. Kickstarter is not just a store, people need to see that your product exists and it’s well thought out.”
  129. 129. Pebble の場合 「完全にマーケティングです。 (略)Kickstarter の利点は、 VC ではなく利用者に 売り込むということです。 人々の欲しいものを アピールするのです」It’s definitely marketing — you have to pitch the project, and it’s a pitch just like any other one. The benefit of doing a pitch on Kickstarter is that it’s to consumers, not to venture capitalists. Just appeal to what people want.
  130. 130. Pebble の場合 「新しいハード会社が製品を出す 時、彼等はどのくらい売れるかを推 測しないといけません。私たちは正 確にその数がわかります」A lot of the times when a new hardware company comes online, they have to guess how many products they are going to sell. For us, we know exactly how many we’re going to sell.
  131. 131. Pebble の場合 「われわれは十分な数のPebbleを 作ったうえで、よりよくするために 資金を使うことができるわけです」 “We can make enough [Pebbles] and spend more money on the product to make it more awesome.”
  132. 132. クラウド・ファンディングが可能にすること II ■Pebble Technology がやったこと ・ハードを魅力的にする要因としてアプリに注目し、 アプリ開発者をコミュニティに巻き込む ・支援者(=事前購入者)とアプリ開発者、Pubble Technology が意見交換できるフォーラムを作ること で、発売前から確度の高いマーケティング活動を行 う ・数量が把握できているために、制作計画がたてや すく、資金を有効に活用する
  133. 133. クラウド・ファンディングが可能に すること II 新しいもの/サービスを世の中に出す前から、 作る人/お金出す人/受け取る人が 一体となって創るという在り方 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  134. 134. 考え方の転換 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  135. 135. 一生懸命作ったのに、 世に出して見てコケたら終わり ではなく!! クラウド・ファンディングが可能にすること II
  136. 136. 世に出す前から、 作る人も使う人も一体となったコ ミュニティを作る クラウド・ファンディングが可能にすること II
  137. 137. この考え方を取り入れるために わざわざクラウド・ファンディング を利用する“企業/個人”たちも 登場している クラウド・ファンディングが可能にすること II
  138. 138. 事例(1)ゲーム・ハード 株式会社アーツ・マーケティング 新しい家庭用ゲーム機 <アンドロイド・ベースで開発容易、基本無料の料 金体系等、モバイル・ゲームの利点を取り入れた 据え置き型ゲーム・ハード> ゲーム分野調達額 No.1
  139. 139. ■OUYA <Game> 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$8,596,475 支援者:63,416 名 事例(1)ゲーム・ハード
  140. 140. 実施者:OUYA(ロサンゼルス) 株式会社アーツ・マーケティング 大手ゲーム情報サイト等を運営する IGN の元 CEO Julie Uhrman 他、元XBOX 事業担当者や有名デザイナーが参画する。 事例(1)ゲーム・ハード
  141. 141. 事例(1)ゲーム・ハード 株式会社アーツ・マーケティング 彼等はすでに 大口の出資者を獲得していた
  142. 142. 事例(2)出版 株式会社アーツ・マーケティング マーケティング関連書籍の新刊 <新刊の書店キャンペーン費用> 出版分野調達額 No.1
  143. 143. ■The Icarus Deception (by Seth Godin) 株式会社アーツ・マーケティング 事例(2)出版 調達金額:$287,342 支援者:2,424 名
  144. 144. 実施者:Seth Godin(ドブス・フェリー) 株式会社アーツ・マーケティング 『バイラルマーケティング』『パーミッション・マーケティング』等、数々のベスト セラーをもつ作家 事例(2)出版
  145. 145. 事例(1)ゲーム・ハード 株式会社アーツ・マーケティング 彼は世界的な ベストセラー作家
  146. 146. 事例(3)メディア 株式会社アーツ・マーケティング バナー広告をなくす <目標調達できたら、コミック・メディアのバナー広 告をなくすプロジェクト>
  147. 147. ■Penny Arcade (by Penny Arcade) 株式会社アーツ・マーケティング 調達金額:$528,144 支援者:9,069 名 事例(3)メディア
  148. 148. 実施者:Penny Arcade(シアトル) 株式会社アーツ・マーケティング 2 名のコミック作家が 98 年より開始したアメリカで長く親しまれている WEB コミック&サイト。2010 年時点で 350 万人の読者がいると言われている。 事例(3)メディア
  149. 149. 株式会社アーツ・マーケティング 「広告でも十分やっていけてるん だ。でも、広告主よりも読者のた めに働きたいと思ったんだよね」 (PENNY ARCADE ブログより) 事例(3)メディア
  150. 150. 株式会社アーツ・マーケティング クラウド・ファンディング =少額の寄付? 資金調達最後の手段? クラウド・ファンディングが可能にすること II
  151. 151. クラウド・ファンディングが 可能にすること I 実際の利用者に向けた事業開発 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  152. 152. クラウド・ファンディングが可能に すること II 新しいもの/サービスを世の中に出す前から、 作る人/お金出す人/受け取る人が 一体となって創るという在り方 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  153. 153. 日本でも兆しはあります クラウド・ファンディングが可能にすること II
  154. 154. クラウド・ファンディングが可能にすること II
  155. 155. クラウド・ファンディングが可能にすること II
  156. 156. クラウド・ファンディングが可能にすること II
  157. 157. クラウド・ファンディングで 成功するヒント
  158. 158. 成功するための「テクニック」は いろいろありますが…… 今回は大前提の考え方のみ クラウド・ファンディングで成功するヒント
  159. 159. (1)リワード設定 (2)事前のコミュニティづくり クラウド・ファンディングで成功するヒント
  160. 160. (1)リワード設定 前章で述べたとおり。 まず、コアとなるリワードとして(できれば支援の結 果できた)「モノ」があることが望ましい。 クラウド・ファンディングで成功するヒント(1)
  161. 161. リワードは三種類に分けて考える (1)ミドル層(3,000 円以上~): 「出来上がった作品」をリターンとするのに最適なゾーン。 ある程度の人数が集まれば、高額の調達が可能になる (2)コア層(10,000 円以上~): コアなファン、支援者、大きなコミットを希望する人たちなどが望む特別なリター ンを提供 「クローズドのパーティ招待」「プロセスの参加」等の無形のリターン、及び限定版等のプレミアをつけることで、さらに 高額支援が可能になる。 (3)ライト層(500 円以上~): プロジェクト自身に意義や興味をそそられるストーリーがあると、ライトな支援 を行う層が増える 総支援額としてはけして多くはならないが、コミュニティを広げること、新しい ファンを獲得するためには重要。 プロジェクトのML参加、USTへの参加権、直筆のサンクスレター等を提供 ファンの層を広くする クラウド・ファンディングで成功するヒント
  162. 162. (2)事前のコミュニティ作り 重要! クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  163. 163. クラウド・ファンディングが可能に すること II 新しいもの/サービスを世の中に出す前から、 作る人/お金出す人/受け取る人が 一体となって創るという在り方 クラウド・ファンディングが可能にすること II
  164. 164. コミュニティ作りは クラウド・ファンディングのキャンペー ンが「スタート」ではない。 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  165. 165. Kickstarter 音楽分野 No1. 調達額の インディーズ・アーティスト Amanda Palmer の言葉 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  166. 166. 「クラウド・ファンディングを成功させるには、少数でいいか らファンが必要」 「ファンがいないっていうのであれば、昔ながらの方法、、 ライブをまわって、無料で歌って、声かけてくれた人、好き になってくれた人と誠心誠意こめたやりとりをすることを続 けて、とにかく少しのファンを作ること」 「ファンができたら、そこで彼等にクラウド・ファンディングに ついて意見をきいてみること」 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2) Palmer, A. (5.23.2012). "KICKSTARTER, SMURF-TITS & SCIENTOLOGY OH MY (the KICKSTARTER Q&A part 2)". http://www.amandapalmer.net/blog/kickstarter-smurf-tits-scientology-oh-my-the/
  167. 167. 資金調達当日に初めて「発表!じゃじゃーん、 資金調達キャンペーン始めます!」と告知す るはクラウド・ファンディングに関してはまった く意味が無い クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  168. 168. 「どれだけそれまで周囲に言って、少数で言 いのであらかじめ協力者(お金だけでなく)、 そのプロジェクトを知っている人をしっかりつ かんでおくか」が重要。 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  169. 169. Kickstarter でキャンペーンを実施し ている最中の Seth Godin の言葉 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  170. 170. 「Kickstarter は最終ステップで あって、最初のステップではな いんだ」 "Kickstarteris the laststep, not the firstone." クラウド・ファンディングで成功するヒント(2) Godin, S. (06.20.2012). "Why (some) Kickstarter campaigns fail". THE DOMINO PROJECT. http://www.thedominoproject.com/2012/06/why-kickstarter-campaigns-fail.html
  171. 171. 「Kickstarter は近道にみえるけ れど、そうじゃない。 増幅する装置なんだ」 "Kickstarterlooks likea shortcut. It’snot. It’sa maximizer." クラウド・ファンディングで成功するヒント(2) Godin, S. (06.20.2012). "Why (some) Kickstarter campaigns fail". THE DOMINO PROJECT. http://www.thedominoproject.com/2012/06/why-kickstarter-campaigns-fail.html
  172. 172. クラウド・ファンディング コミュニティを 0 から作る機能というより、 今あるコミュニティのパワーをネット を介して増幅させる機能に長ける クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  173. 173. この点を踏まえたうえでの 計画が必要 クラウド・ファンディングで成功するヒント(2)
  174. 174. 注意点
  175. 175. 注意点 ■クラウド・ファンディング・キャンペーンでよくある 不測の事態 ・シッピング・コストなどの見誤りから資金がショー トする ・スケジュールの遅延 →事前に十分計画することが必要 (税金、コストの計算は専門家にも聞いて慎重に!)
  176. 176. また、リワードの配送やそれに伴うサポート、 コミュニティ運営はかなり大変。 こちらもコスト、スタッフの確保、期間をきち んと見積もっておくこと 注意点
  177. 177. “不測の事態”の可能性はゼロにはならない し、成功すればするほど「制作数」「対応しな ければならない人の数(支援者)」が増える というのが、クラウド・ファンディングの特徴 注意点
  178. 178. ゆえに、プロジェクトのまめなアップデート、 問い合わせ等へのスピーディな応対等、日 頃からの支援者とのコミュニケーションが大 事 注意点
  179. 179. 忘れてはいけないこと 1 円でも、資金を出してもらった人 に対しては責任がある 注意点
  180. 180. リスクについて 「ファイナンスの専門家でない人か らお金をもらう」ということの責任を 十分肝に銘じること
  181. 181. 最後に
  182. 182. ■クラウド・ファンディングは 寄付ではなく、事前購入である 本日の Key takeaway
  183. 183. 本日の Key takeaway ■クラウド・ファンディングが可能に すること (1)実際の利用者に向けた事業開 発
  184. 184. (2)新しいもの/サービスを世の中に出す前か ら、作る人/お金出す人/受け取る 人が一体となる創り方 本日の Key takeaway
  185. 185. クラウド・ファンディングは 「資金調達の手段が増えた」 以上に 本日の Key takeaway
  186. 186. ビジネスの仕方を抜本的に変える 使ってくれる人も事業開発プロセスに 関わり、ともに育てていく手法 本日の Key takeaway
  187. 187. 本日の takeaway 逆に言えば、 一緒に作っていこう 誠実に対応していこう 必要な時はさらけだそう という覚悟も必要。
  188. 188. 本日の takeaway その覚悟さえあれば 新しいビジネスの可能性がある
  189. 189. ご清聴ありがとうございました 本日の資料はこちら (13 日午前中には UP します) ■公式サイト:http://artsmarketing.jp ■Fb ページ:facebook.com/artsmarketingjp ※クラウド・ファンディング中心の情報や考えたことを更新しています!

×