Your SlideShare is downloading. ×
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

勉強会キット Windows Server 2012 R2 評価版 BYOD 編 v2 20131020 版

3,294

Published on

Workplace Join の実装手順です

Workplace Join の実装手順です

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,294
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
145
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Microsoft IT CAMP Windows Server 2012 R2 勉強会キット ~ BYOD - Workplace Join 編
  • 2. はじめに
  • 3. 3
  • 4. BYOD をより効率的/効果的に Accessibility • Workplace Join • Work Folders • Web Application Proxy 個人のデバイスを安全に受け 入れ、個人デバイスから社内 リソースへのアクセシビリ ティを高める Security Active Directory • • • • • Federation Service Device Registration Service Multi Factor AuthN. Dynamic Access Control Rights Management Service ユーザー、デバイス、ロケー ションなどの多要素認証によ り、個人デバイスの社内アク セスを制限 Manageability • Windows Intune • System Center Configuration Manager 個人デバイスに対し企業内管理 ポリシーを適用
  • 5. People-Centric IT(PCIT) ユーザー デバイス アプリケーション 管理基盤、セキュリティポリシー、アクセスコントロール 社内データ
  • 6. People-Centric IT シナリオの全体像 Device Management Admin Mobile Device Management Desktop Virtualization (VDI) ユーザーはどこからでも、どのデバ イスからでもアクセス可能 社内リソース ユーザーとデバイスは Active Directory によっ て統合認証される • DirectAccess • VPN
  • 7. 3タイプのクライアントとアクセス方法 https RDP 透過的 https NEW!! https/http 2012 R2 IPv6 over IPSec IPv6 over IPv4 (w/ IPSec) IPv6 packets on HTTPS 透過的 社内 リソース
  • 8. 個人デバイスから社内リソースの利用 ⑤ シングル サインオン ①社内ネットワークに対する認証 • デバイス認証 • ユーザー認証 • その他の認証 ② リソースに対する認証 • デバイス認証 • ユーザー認証 • その他の認証 WEB Gateway File Server ④ 個人デバイスのセキュリティ • 社内データの漏えい防止 • 暗号化、リモートワイプ • パスワードロック ③ ファイルのアクセス権 • 社外秘データの持ち 出し防止
  • 9. Web Application Proxy • AD FS Proxy 機能を兼ね備えたリバースプロキシー  社内 Web Application(外部 https → 内部 http/https)  社内 フィルサーバー(Work Folder) • Pre-Authentication(事前認証) 機能  AD FS 連携  パススルー(認証なし) • アプリケーション(URI)単位に認証ポリシーを設定可能 社内リソース https https/http 2012 R2
  • 10. アーキテクチャ - “事前認証=パススルー”の場合 • 単なるリバースプロキシーとして動作 • 事前認証は行われない Web Application Proxy Active Directory Federation Service Active Directory Domain Service 事前認証 ① HTTPS パススルー ② HTTP/HTTPS / ③ 認 証 認 可 統合認証が有 効ならば、 ポップアップ が表示される
  • 11. アーキテクチャ - “事前認証=AD FS” の場合 • AD FS の認証ポリシーにのっとって事前認証が行われる • Web Application の認証は、事前認証の後で行われる Web Application Proxy 事前認証 ① HTTPS AD FS Active Directory Federation Service 認証 ポリシー ⑤ HTTP/HTTPS / ⑥ 認 証 認 可 Active Directory Domain Service ③ いろいろな やりとり
  • 12. 事前認証=AD FS の場合 • デバイスクレームとユーザークレームを使用したきめの細かいアクセス制御 • クレーム規則言語を使用 • AD FS に対応していないアプリケーションの事前認証も可能!! AD FS Web Application Proxy アクセス AD DS クレーム処理エンジン デバイス認証 https Start 事前認証 事前認証 プロセス デバイスクレーム ユーザー認証 ユーザークレーム 追加認証 アクセス可否を判定 Start
  • 13. AD FS による事前認証ポリシー Web Application に到達する前に、Web Application Proxy で認証が可能 無効 無効 有効 デバイス認証 Active Directory にデバイスが登 録されているかどうかを確認す る 有効 プライマリ認証 (ユーザー認証) マルチファクター認証 Form 認証 Windows 統合 証明書 • ユーザー/グループ • 登録/非登録デバイス • 外部/内部ネットワーク <認証方式> • 証明書(Smart Card) • PhoneFactor • その他 • • • NG NO YES 事前 認証完了 OK <条件> NG OK
  • 14. Workplace join のアーキテクチャ ① デバイスのローカルユーザー または Microsoft Account で サインイン Start ②「職場のネットワークに参加」 Domain UserID/Password Start AD DS ③ 認証 Web Application Proxy ⑥ 証明書インストール ⑤デバイス 登録 AD FS クレーム処理 エンジン 初回認証時に、今後SSOで 使用されるIDとパスワードが デバイスの属性としてAD に 登録される デバイス登録 サービス(DRS) ④デバイスクレーム 事前認証 プロセス アクセス
  • 15. (復習):AD DS と AD FS の関係 AD DS :ユーザーとデバイスを「認証」する AD FS :認証されたユーザーとデバイスの“クレーム”を含んだ「トークン」を発行 認証したユーザーを 認可 認証したかどうか 認証したユーザーの 属性情報 認証したかどうか AD FS 認証したユーザーの 属性情報によって認可 詳しくは 明日のセッションへ!
  • 16. Windows Server 2012 R2 AD FS 新機能 • 認証ポリシー • クレーム対応アプリ/非対応アプリ の事前認証として利用 • Web Application Proxy との連携 • 認証方式を選択可能 • エクストラネット認証の方式 • イントラネット認証の方式 • デバイス認証の要否 • マルチファクター認証の要否 • クレームの拡張 • insiderCorporateNetwork :true/false • X-ms-proxy:プロキシサーバーのコンピューター名 • デバイス クレーム • AppIdentifier:接続先の web アプリケーション • x-ms-forwarded-client-ip:クライアントのIPアドレス • ロケーション クレーム • X-ms-lient-ip:プロキシーのIPアドレス • OAuth 2.0 対応 • WS-Federation、SAML 2.0 は既存
  • 17. AD FS 管理コンソールー認証ポリシー プライマリ認証 他要素認証 IF THEN
  • 18. デバイス認証 • Active Directory にデバイスが登録されているかどうかを確認 • デバイスが正しく登録されていれば“デバイスクレーム”を発行 • • • • • • • Registrationid Displayname Identifier Ostype Osversion isManaged isRegisteredUser : デバイスの登録 ID :コンピューター名 :デバイスのGUID :OSのタイプ :OSのバージョン :MDM 管理対象デバイスかどうか :デバイスに関連づけられたユーザーかどうか • 「登録されているデバイス」とは? • ドメインに参加している Windows PC • Workplace Join した Windows 8.1 デバイス • Workplace Join した iOS デバイス
  • 19. Workplace Join とは • ドメインに参加していない個人デバイスを AD DS に登録すること ※ デバイスのローカルユーザー単位の設定 • デバイス認証後にデバイスクレームが発行される ーーーー 独立した デバイス Start BYOD devices ーーーー Workplace Joined Domain Joined Start 安全性 企業 No control Partial control Full control 利用者 No access Partial access Full access
  • 20. デバイス レジストレーション サービス(DRS) (Workplace Join) • 個人デバイスを Active Directory ドメインに登録する機能(ドメイン参加ではない) • デバイス認証が可能になり、個人デバイスの社内リソースへのアクセスを、デバイスクレー ムを使用して制御できるようになる • 以下のコマンドで有効化する • Enable-AdfsDeviceRegistration –PrepareActiveDirectory AD DS Start ②ユーザー 認証 ④デバイス登録 個人デバイス Start ①「職場のネットワークに参加」 Domain UserID/Password HTTPS AD FS クレーム処理 エンジン デバイス登録 サービス(DRS) ⑤ 証明書インストール ③デバイスクレーム
  • 21. 登録された個人デバイス デバイス登録時に使用したユーザーIDと、 Web Proxy の初回ログオン時に入力した ユーザーID。 SSO に使用されるユーザー IDは RegisteredUsers 。
  • 22. ここまでのまとめ • Workplace Join を使用すると、個人デバイスを AD DS に登録できる • デバイスを登録すると「デバイス認証」の対象となる • Web Application Proxy は AD FS を使用して事前認証が可能 • デバイス認証 • ユーザー認証 • その他の認証 Workplace Join した個人デバイスだけに 社内 Web Application へのアクセス権を与えることができる
  • 23. ファイルサーバーをどう公開するか Work Folder ファイルサーバーを HTTPS で公開 ローカルデバイスに「自分のデータのみ」を同期 MDM システムとの連携で企業データのみをリモートワイプ • • • AD FS Web Application Proxy 事前認証 Work Folder https://workfolder.contoso.com/ Start 同期 AD DS File Server
  • 24. 重要データの流出対策 • • • ファイル サーバー リソース マネージャ(FSRM) • 自動分類、スクリーニング Rights Management Service(RMS) • 暗号化、アクセス権限設定 ダイナミック アクセス 制御(DAC) 機密 Data 重要 Data スクリーニング FSRM RMS 参照 期限 暗号化 暗号化 重要 Data 重要 Data 読み 取り コピペ 禁止 印刷 禁止 保存 禁止 個人 情報 File Server 分類 重要データ保管庫
  • 25. ダイナミックアクセス制御(DAC) • ユーザー、デバイス、リソースの属性をベースにアクセスポリシーを作成 • 重要データのアクセスポリシーをグループポリシーで統制する • ファイルサーバー単位に適用 File server AD DS ユーザークレーム デバイスクレーム リソース属性 User.Department = Finance User.Clearance = High Device.Department = Finance Device.Managed = True Resource.Department = Finance Resource.Impact = High アクセスポリシー
  • 26. DAC のアーキテクチャ • GPO によりファイルサーバー全体に「アクセルルール」を適用 ユーザークレーム デバイスクレーム 社内デバイス AD DS <IF> • ユーザー = 経理部 • デバイス = 社内 • リソース = 重要 <Then> • フルコントロール Access Rule ①ルールを登録 ②ルールを配信 リソース属性 Access Rule ファイルサーバー
  • 27. BYOD さらなる課題 Accessibility Security 企業内セキュリティポリシーの個人デバイスへの適用 • スクリーンロック • パスワードポリシー • デバイス暗号化 • 構成管理(VPN、Wifi) • マルウェア対策 • 業務アプリケーション配布(サイドローディング) • 企業データのワイプ • デバイスの初期化 Manageability
  • 28. Mobile Device Management モバイルデバイスの管理 Windows 8.1/RT Windows 8/RT, Windows Phone 8 iOS Android Windows Azure Active Directory Federation Web Application Proxy 企業内デバイスの管理 Windows Intune Connector Windows PCs (x86/64, Intel SoC), Windows to Go Windows Embedded Mac OS X AD DS & AD FS 統合管理 コンソール Linux/unix
  • 29. 29
  • 30. 事前準備
  • 31. 構築する環境の全体像 Windows Server 2012 R2 Windows Server 2012 R2 Windows Server 2012 R2  ドメインコントローラー  証明書サービス  フェデレーションサービス  IIS  内部DNS サービス  内部DHCP サービス  Work Folder  Web Application Proxy  外部 DNS サービス  外部 DHCP サービス Windows 8 評価版
  • 32. 環境構築手順 概要
  • 33. 1. ハードウェアとソフトウェアの準備環境の構築 用意するもの 1. ハードウェア • PC 1台 • Hyper-V をサポートしていること • メモリ 8 GB (ゲスト OS 全体で 4GB 程度を使用) • HDD (外付けHDD または SSD 推奨) • 空き容量 100GB 程度 2. ソフトウェア • Windows Server 2012 R2 評価版 • • http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dn205286.aspx Windows 8 Enterprise 評価版
  • 34. 2. Hyper-V ホストの準備
  • 35. スイッチ名 種類 用途 External 外部 社内 プライベート • 演習内で「企業内ネットワーク」として使用する インターネット プライベート • 演習内で「外部ネットワーク」として使用する
  • 36. 3. ゲスト OS の準備 ゲストOSの ホスト名 起動 メモリ 動的 メモリ 仮想スイッチ IPアドレス DNS OS ドメイ ン参加 DEMO-DC 512MB 使用する 社内 192.168.0.1/24 192.168.0.1 Windows Server 2012 R2 評価版 DC DEMO-WF 512MB 使用する 社内 192.168.0.2/24 192.168.0.1 Windows Server 2012 R2 評価版 する DEMO-PROXY 512MB 使用する 社内 インターネット 192.168.0.3/24 172.0.0.1/24 192.168.0.1 192.168.0.1 Windows Server 2012 R2 評価版 する DEMO-Client 512MB 使用する インターネット DHCP Windows 8.1 評価版 必要な し
  • 37. 最終的なシステム構成 Active Directory Domain - contoso.com DEMO-PROXY Web App Proxy 外部 DHCP 外部 DNS DEMO-DC AD DS/CS/FS IIS 内部DNS 内部DHCP DEMO-WF Work Folders
  • 38. ベース環境の構築
  • 39. ベース環境の構築手順 作業項目 対象サーバー 1 Active Directory ドメインのインストールと構成 DEMO-DC 2 ドメインに参加 DEMO-PROXY, DEMO-WF 3 証明書サービスのインストールと構成 DEMO-DC 4 AD FS のインストールと構成 DEMO-DC 5 サンプルWEBアプリケーションの構築 DEMO-DC 6 ドメインに参加 DEMO-PROXY, DEMO-WF 7 DEMO-PROXY に DNS/DHCP サービスをインストールして構成する DEMO-PROXY 8 DEMO-DC に DHCP サービスをインストールして構成する DEMO-DC 9 DEMO-CLIENT の準備 DEMO-CLIENT 10 オンラインレスポンダーの構成 DEMO-DC,DEMO-PROXY
  • 40. 1. Active Directory ドメインの構築
  • 41. Add-KdsRootKey -EffectiveTime (Get-Date).AddHours(-10) New-ADServiceAccount FsGmsa -DNSHostName adfs1.contoso.com -ServicePrincipalNames http/adfs1.contoso.com
  • 42. 2. ドメインに参加
  • 43. 3. 証明書サービスのインストールと構成
  • 44. enterpriseregistration
  • 45. webserv webserv.contoso.com は小文字で入力し てください
  • 46. 4. AD FS のインストールと構成
  • 47. -ADDeviceRegistration -ServiceAccountName Contoso¥FsGmsa$
  • 48. Enable-AdfsDeviceRegistration
  • 49. webserv
  • 50. 5. IIS のインストールと構成 (参考) Windows Server 2012 R2 で新しく サポートされた「世代2」の仮想マ シンを使用している場合、既定で は DVD ドライブが作成されていま せん。一旦仮想 OS をシャットダウ ン後、「ハードウェアの追加」で 「SCSIコントローラー」を「追加」 して「DVDドライブ」を作成して ください。
  • 51. 6. サンプルWEBアプリの準備 ① インターネットに接続可能なPCを使用して、以下のページから Windows Identity Framework SDK 3.5 をダウン ロードする http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=4451
  • 52. サンプルアプリの準備 ① C:¥Inetpub フォルダ配下に、ClaimApp フォルダを作成する ② C:¥program files (x86) ¥Windows Identity Foundation SDK ¥v3.5 ¥Samples ¥Quick Start ¥Web Application ¥PassiveRedirectBasedClaimsAwareWebApp フォルダ配下のファイルを全て、 C:¥Inetpub¥ClaimApp 配下にコピーする
  • 53. ④ 「ExpectedClaims」を検索し、2回目にヒットした IF 文をコメントアウトする //if ( ExpectedClaims.Contains( claim.ClaimType ) ) //{ WriteClaim( claim, table ); この行だけコメントアウトしない //}
  • 54. IIS の設定 ① サーバーマネージャーの「ツール」メニューから「インターネットインフォメーションサービス(IIS)マ ネージャーを起動 ② 「DEMO-DC」-「アプリケーション プール」を選択 ③ アプリケーションプール一覧で「DefaultAppPool」の「詳細設定」を開く ④ 「ユーザープロファイルの読み込み」を「True」に設定 ⑤ 「OK」 ⑥ 「DefaultAppPool」の「基本設定」を開く ⑦ .NET CLRバージョンを v2.0.50727 に変更して「OK」
  • 55. WEBサイトの設定 ① 「サイト」-「Default Web Site」を右クリックして 「バインドの編集」を選択 ② 「追加」をクリック ③ 「種類」で「HTTPS」を選択、「ポート番号」を「443」、 「SSL証明書」で「 webserv.contoso.com 」を選択して「OK」 ④ 「閉じる」 ⑤ 「Default Web Site」を右クリックして「アプリケーションの 追加」を選択 ⑥ 「エイリアス」に「claimapp 」と指定 ⑦ 「物理パス」に「 C:¥inetpub¥ClaimApp 」を設定 ⑧ 「OK」
  • 56. WEB アプリを、インストール済の AD FS と関連づけるための設定を行う ① C:¥Program Files (x86)¥Windows Identity Foundation SDK¥v3.5¥FedUtil.exe を起動 ② 「アプリケーション構成の場所」に「C:¥inetpub¥ClaimApp¥web.config 」を指定 ③ 「アプリケーション URI」に「 https://webserv.contoso.com/claimapp/ 」を指定 ④ 「次へ」
  • 57. ⑤ 「既存の STS を使う」を選択 ⑥ 「STS WS-Federation メタデータのドキュメントの場所」に以下のパスを指定する https://adfs1.contoso.com/federationmetadata/2007-06/federationmetadata.xml 「場所のテスト」を実行して、右のように表示されれば指定したパスは正しい。 ⑦ 「次へ」
  • 58. ⑧ 「証明書チェーンの検証を無効にする」を選択して 「次へ」 ⑨ 「暗号化しない」を選択して「次へ」 ⑩ 「次へ」 ⑪ 「完了」 ⑫ 「アプリケーションが正常に構成されました」が表示されたら「OK」
  • 59. AD FS の証明書利用者信頼(RP)に WEB アプリを登録する ① サーバーマネージャーのツールメニューから「AD FS の管理」を起動 ② 「AD FS」-「信頼関係」-「証明書利用者信頼」を右クリックして「証明書利用者信頼の追加」を選択 ③ 「証明書利用者信頼の追加ウィザード」が起動するので「開始」 ④ 「データソースの選択」画面で「オンラインまたはローカル ネットワークで公開...」を選択 ⑤ フェデーレーションメタデータのアドレスに ClaimApp の URL を指定して「次へ」 https://webserv.contoso.com/claimapp/
  • 60. ⑥ 「表示名」に「 ClaimApp 」と指定して「次へ」 ⑦ 「現時点ではこの証明書利用者信頼に多要素認証を構成しない」を選択して「次へ」
  • 61. ⑧ 「すべてのユーザーに対してこの証明書利用者へのアクセスを許可する」を選択して「次へ」 ⑨ 「次へ」 ⑩ 「ウィザードの終了時にこの証明書利用者信頼の[要求規則の編集]ダイアログを開く」をチェックし て「閉じる」
  • 62. ⑪ 「webserv.contoso.com の要求規則の編集」画面が 表示されたら「発行変換規則」タブを選択し、 「規則の追加」をクリック ⑫ 要求規則テンプレートで「カスタム規則を使用して 要求を送信」を選択して「次へ」
  • 63. ⑬ 「クレーム名」として「All Claims」を指定 ⑭ 「カスタム規則」欄に以下を入力 c:[ ] => issue(claim = c); ⑮ 「完了」 ⑯ 「OK」 ⑰ AD FS 管理コンソールには、以下のように ClaimApp が登録される
  • 64. 7. DEMO-DC に DHCP サービスをインストール
  • 65. 8. DEMO-PROXY に DNS/DHCP/OCSP サービスを インストールして構成する
  • 66. 9. DEMO-CLIENT の準備
  • 67. 10.オンラインレスポンダーの構成 機関情報アクセス拡張機能の構成 機関情報アクセス (AIA)」を選択
  • 68. DEMO-PROXY に RootCA 証明書をインストールする
  • 69. demo-proxy.contoso.com は小文字で入力してください
  • 70. Web Application Proxy 1
  • 71. Web Application Proxy の構築と構成 作業項目 対象サーバー 1 外部 DNS に社内アプリケーションを登録 DEMO-PROXY 2 Web Application Proxy をインストール DEMO-PROXY 3 adfs1.contoso.com の秘密キー付証明書の発行 DEMO-DC 4 Web Application Proxy を構成する DEMO-PROXY 5 WebServ 用 サーバー証明書をインストール DEMO-PROXY 6 WebServ の ClaimApp を Web Application Proxy で公開 DEMO-PROXY 7 クライアントからの接続テスト DEMO-CLIENT
  • 72. 1. adfs1.contoso.com の秘密キー付証明書の発行とインストール
  • 73. 2. WebServ 用 サーバー証明書をインストール webserv webserv
  • 74. 3. 外部 DNS に社内アプリケーションを登録
  • 75. 4. Web Application Proxy をインストール
  • 76. 5. Web Application Proxy を構成する
  • 77. 6. WebServ の ClaimApp を Web Application Proxy で公開 WebServ の ClaimApp を Web Application Proxy で公開
  • 78. 7. クライアントからの接続テスト
  • 79. Workplace Join
  • 80. 1. クライアントにインストールした証明書にOCSP を 設定する
  • 81. 2.
  • 82. (HINT) うまく登録できない場合には以下をチェックしてください。 • AD FS が起動しているか • DEMO-PROXY に設定したオンラインレスポンダーが正しく動作しているか • クライアントにインストールしたRooCA 証明書の OCSP 設定が正しいか
  • 83. 3. 登録されたデバイスを確認する
  • 84. 4. 動作確認
  • 85. © 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries. The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×