Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
SQL Azure のシームレスな管理
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

SQL Azure のシームレスな管理

  • 4,565 views
Published

SQL Server 2008 R2 と SQL Azureのシームレスな関係について説明しています

SQL Server 2008 R2 と SQL Azureのシームレスな関係について説明しています

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
4,565
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
29
Comments
1
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. B-2 SQL Server 2008 R2 による オンプレミスとクラウドのシームレスな管理 マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 安納 順一 http://blogs.technet.com/junichia/
  • 2. Agenda & Takeaway • SQL Azureとは 何者か? • SQL Server 2008 R2 と SQL Azure に互換性はあるのか? • SQL Azure の登場によりシステム管理者のタスクは変わるのか? 1. ロードマップ 2. SQL Azure オーバービュー 3. データベース管理 – データ移行/複製/同期 – データの同期、バックゕップ – 認証とFirewall – データベースとゕクセス権の管理 4. ビジネス゗ンテリジェンス 5. まとめ
  • 3. ロードマップ
  • 4. ロードマップ 過去
  • 5. ロードマップ 今~未来
  • 6. まずは初物から SQL AZURE オーバービュー
  • 7. SQL Azure とは? ホステゖングサービスの先へ Business Reporting Data Sync Analytics SQL Data Platform as a Service  パブリッククラウド上のRDB  既存のスキルとツールを引き継いで利用可能  既存データベースゕプリケーションにクラウド接続を提供
  • 8. SQL Azure の特徴 • ゗ンストール/パッチ適用の必要が無い • サーバー本体のメンテナンスの必要が無い • 高い可用性と耐障害性 • シンプルな管理 • ビジネスニーズに応じたスケールゕップ/ダウン • マルチテナント • 従来の管理ツール、開発ツールを継続して利用可能 • T-SQL ベースのRDBモデル
  • 9. オンプレミスとのシンメトリックな関係 SQL Azureへのゕクセス方法は2つ(HTTP/S と TDS) オンプレミスのゕプリケーションからはシームレスにゕクセスが可能 Browser SOAP/REST ADO.NET/REST - EDM HTTP/S HTTP/S SQLCMD 管 理 Management Studio App Code (ASP.NET) PowerPivot Windows Azure Compute SSRS BI SSAS T-SQL (TDS) SSIS App Code LOB App Code T-SQL (TDS) T-SQL (TDS) ADO.NET/ODBC/PHP ※SQL Azureでサポートされるのは TDS(tabular data stream)7.3以降 ※OLE DB経由の接続はサポートされない
  • 10. SQL Azure サービスのプロビジョニング Account Azure プラットフォームサービス共通のID (LiveID)を発行 SQL Azure Server と管理ゕカウントを作成 Server • サーバー名は自動生成 <servername>.database.windows.net 1つのゕカウントで1つのサーバーのみ生成可能 データベースの作成 Database • 1データベースあたり1GBまたは10GB Database Database
  • 11. (参考)ゕカウント作成直後 まだデータベース用ノードは割り当てられていない
  • 12. (参考)サーバー作成と管理カウントの作成 ここで作成したゕカウントが sa 権限を持つ
  • 13. (参考)サーバー名とmaster DBの割り当て サーバー名 初期は master データベース のみが割り当てられる
  • 14. SQL Azure の構造とスケーラビリテゖ ユーザーDB へのゕクセスは TDS Gateway を介する ユーザー固有のmaster データベースにより認証が行われDB一覧を取得 TDS GATEWAY Master クラスター ログ゗ンリクエスト master node 1 master node 2 ユーザーのmasterを検索 Partition Partition 認 Manager Manager master にゕクセス 証 UserDBにゕクセス Data Node Data Node Component Component データクラスター node:Machine14 node:Machine15 node:Machine150 fabric fabric fabric Mgmt. Mgmt. Mgmt. Service Service Service SQL SV SQL SV SQL SV
  • 15. master データベースの役割 • SQL Azure Server は 複数の物理サーバーに分散したデータベースの集合体 • master データベースによりユーザーのデータベースモデルが維持される • ログ゗ン/ロール チェックは master データベースで行われる • ログ゗ン管理/データベース管理は master に対して行う ログ゗ン/ロールチェック ログ゗ン管理 データベース管理 master
  • 16. 自動複製とフェールオーバー • 異なるノードに 常に 2 つの複製を持つ – プラ゗マリレプリカ*1 – セカンダリレプリカ*2 トランザクションの コミット時に複製 セカンダリ コミット優先度1 プラ゗マリ 複製 プラ゗マリ障害時にはコ ミット優先度の高いほう がプラ゗マリになる 複製 セカンダリ コミット優先度2 更新処理はプラ゗ マリで行われる TDS Gateway (参考) 4時間以内に、障害が発生したプ ラ゗マリが復旧しない場合、廃棄 されて新たなセカンダリが生成さ DML Operations れる (insert/update/delete)
  • 17. ロードバランス 5分に1回のチェックサ゗クルで最適なノードを選定 プラ゗マリ セカンダリ セカンダリ Load Balancer
  • 18. いろいろ小難しいこと言ってるけど、 ぜーんぶ 勝手にやってくれるんだって! これならデータセンターよりいいかも…
  • 19. クラウドだって管理は必要 データベースの管理
  • 20. データ移行/複製/同期 • BCP.EXE – -T(統合認証)は未サポート – ーS(サーバー名)は必須 ※サーバー名には「tcp:」必須 bcp myDB..myTable in c:¥data¥data.txt -c -S tcp:myserver.database.windows.net -U username@myserver -P password • SQL Server Integration Service – 接続マネージャーに「ADO.NET」を使用 • Bulk API(ADO.NET / ODBC) • Third Party Tools • Sync Framework – Power Pack for SQL Azure November CTP(32-bit) • SqlAzureSyncProvider • SQL Azure Offline Visual Studio Plug-In • SQL Azure Data Sync Tool for SQL Server • New SQL Azure Events • Automated Provisioning
  • 21. SQL Azure を介した拠点間複製 • SQL Azureをハブとして拠点間のDBを同期 • 1433/TCP を 「内部 → ゗ンターネット」 でOpenすれば通信可能
  • 22. SQL Azure のバックゕップ 提供 障害シナリオ ソリューション 備考 時期 ハードウェゕ 故障 X 自動複製機能 ・常に3つのレプリカが作成される 提供中 SQL Azureに組 み込み BCP、SSIS 等 提供中 データ紛失 データベースクローン機能 ・ローカル→ローカル 1H 2010 利用者自身が実行 ・ローカル→別サーバー 予定 ・ローカル→別リージョン スケジューリング可能なバックアップ機能 • 任意の時点のバックゕップからリストゕ 2H • スケジュール設定 2010 利用者自身が設定 • バックゕップされたデータは読取専用 予定 • ローカル/リモート 対応
  • 23. >>FUTURE データベースクローン機能(2010 H1予定) CREATE DATABASE sv01.db1clone AS CLONE OF sv01.db1 master DB1 DB1 clone sv01.database.windows.net CREATE DATABASE sv02.db1clone AS CLONE OF sv01.db1 master DB1 clone sv02.database.windows.net NORTH US Region CREATE DATABASE sv03.db1clone AS CLONE OF sv01.db1 master DB1 clone sv03.database.windows.net SOUTH US Region
  • 24. Management Studio からのゕクセス バージョンによってサポート範囲が異なる SQL Server 2008 Management Studio • GUI による管理はサポートされていない • データベースに接続するたびに「接続」ダ゗ゕログを使用する ※SQL Azure では USEコマンドがサポートされていない • 全ての操作はクエリーで実行する SQL Server 2008 R2(2009 November CTP)Management Studio • GUIによる操作を「一部」サポート • オブジェクトエクスプローラーを使用可能 • データベース作成、ユーザー作成をGUIから実施可能 • テーブル操作はクエリーを使用 • クエリーウゖンドウはデータベースごとに開く必要あり ※SQL Azure では USEコマンドがサポートされていない
  • 25. SQL Azure Portal と Management Studio AQL Azure ポータル(http://sql.azure.com/) SQL Server 2008 R2 Management Studio
  • 26. 認証とFirewall 認証 • SQL Server 認証のみをサポート Firewall • ゗ンターネット← オンプレミス 1433/TCP • SQL Azure ←オンプレミス IP Range を設定 SQL Azure ポータル SQLAzureServer ← ANY 1433/TCP レンジを設定 • サーバー単位に設定が必要 xxx.xxx.xxx.xxx クライアントの • 設定が反映されるまでに5分程度を要する IPアドレス • 現在は IPv6 未サポート • 最大128ルール sys.firewall_rules_table
  • 27. データベース管理とログ゗ン管理 違いのポイント オンプレミス SQL Azure サーバーレベルセキュリテゖ Management Studio の「セキュリ Masterデータベース内の「users」 の設定場所 テゖ」フォルダ サーバーレベルのロールを管 securityadmin loginmanager 理できるユーザー CREATE LOGIN CREATE LOGIN ALTER LOGIN ログ゗ンユーザーを管理する ALTER LOGIN DROP LOGIN ためのコマンド DROP LOGIN ※パラメタに若干の違いあり ※Master DBで実行する必要あり データベース作成権限を持つ dbcreator dbmanager サーバーレベルのロール SQL Azure ポータル CREATE DATABASE データベースの作成 CREATE DATABASE ※パラメタに若干の違いあり ※Master DBで実行する必要あり DROP DATABASE データベースの削除 DROP DATABASE ※パラメタに若干の違いあり ※Master DBで実行する必要あり sys.sql_logins ビュー ログ゗ン一覧の参照 sys.sql_logins ビュー ※master DBで実行する必要あり sys.databases ビュー データベース一覧の参照 sys.databases ビュー ※master DBで実行する必要あり
  • 28. loginmanager と dbmanager loginmanager ロール ログ゗ンゕカウントを作成する権限を持つロール。SQL Serverで言うとこ ろの securityadmin ロールに相当する。 ログ゗ンゕカウントを管理するには、masterデータベースで実行する必要 がある。 dbmanager ロール データベースを作成する権限を持つロール。SQL Server 2008/R2 の dbcreator ロールに相当する。 データベースを管理するには masterデータベースで実行する必要がある。 SQL Azure Server プロビジョン時に作成した管理ゕカウントは両方の ロールを持っている SQL Azure では USE コマンドがサポートされていないため、master データベースに接続後に実行しなければならない
  • 29. (参考)T-SQL 文法の違い 詳細は以下を参照してください Transact-SQL Reference (SQL Azure Database) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee336281(en-us).aspx (例) SQL Azure CREATE DATABASE database_name [(MAXSIZE = [1 | 10] GB )] [;] SQL Server CREATE DATABASE database_name [ ON [ PRIMARY ] [ <filespec> [ ,...n ] [ , <filegroup> [ ,...n ] ] [ LOG ON { <filespec> [ ,...n ] } ] ] [ COLLATE collation_name ] [ WITH <external_access_option> ] ] [;]
  • 30. (参考)サポートされているデータ型 カテゴリ SQL Azureでサポートされるデータ型 bigint, bit, decimal, int, money, numeric, 真数(Exact numerics) smallint, smallmoney, tinyint. 概数(Approximate numerics) float, real. date, datetime2, datetime, 日付と時刻 datetimeoffset, smalldatetime, time. 文字列 char, varchar, text. Unicode文字列 nchar, nvarchar, ntext. バ゗ナリ文字列 binary, varbinary, image. cursor, sql_variant, table, timestamp, uniqueidentifier, xml. その他のデータ型 ※非サポート hierarchyid, geography, geometry.
  • 31. よくあるご質問 以下の機能は現時点(SQL Azure V1)ではサポートされていません • プロフゔ゗ラ、DMV 等 のサポート • Spatial データタ゗プ • フルテキストサーチ • 変更追跡 • SQL CLR • クラウドベースのBI機能 • 暗号化と圧縮 • Windows Identity Framework による認証サポート
  • 32. これから目が離せない BI機能との親和性
  • 33. セルフサービスBI~PowerPivot オンプレミス ローカルPC CSV SQL Server 2008 R2 SQL Azure CUBEの作成 PowerPivot EXCEL 2010 ピボットテーブル
  • 34. PowerPivot の多彩なデータソース
  • 35. PowerPivotが埋め込まれたXLSXフゔ゗ルのブラウズ CUBE ごと保存される CUBEの作成 EXCEL 2010 PCのリソースを使用 PowerPivot XSLX Internet Explorer SPのリソースを使用 SharePoint with PowerPivot ピボットテーブル
  • 36. 2種類のPowerPivotプラットフォーム PowerPivot for EXCEL 2010 編集/分析 • 使い慣れた Excel に Data Analysis エンジンを組み込み • 基本操作はピボットテーブル • 64bit インメモリ エンジンと圧縮ゕルゴリズムによる高速処理 • SQL Server SSASを介さず、さまざまなデータソースへ直接接続 • 100万件を超えるデータに対応(EXCELの上限は1,048,576件) PowerPivot for SharePoint 2010 ※Excel Services 用の PowerPivot • PowerPivot を使用したEXCELシートの共有 共有/参照 • EXCEL サービスに PowerPivot 処理機能を付加 • ブラウザを使用して PowerPivot を使用したEXCELブックを表示 • Silverlight ベースの PowerPivot ギャラリー • 保存されたBOOKは ReportBuilder で編集しレポートして発行 • サーバー負荷を監視するためのダッシュボード データベース管理者が分析用のデータを準備することなく、 Information Worker にすべての作業を委託できる
  • 37. まとめ
  • 38. まとめ RDBプラットフォームが SQL Azure へと拡張しても • 難しく考える必要はありません • 従来の管理手法/考え方を継承できます • 少しの違いだけ覚えてください システム管理者はこらからも 頼られる存在であり続けます!
  • 39. 幅広いニーズに対応するラ゗ンナップ • 数十 TB から 数百 TB までをカバー • 超大規模並列処理による高速処理 • 標準ハードウェゕを利用し低い TCO を実 現 • CPU : 最大256論理プロセッサ • メモリ : OS 最大容量 • 仮想化 : 無制限 • PowerPivot : 標準搭載 Web • CPU : 最大 8 CPU • CPU : 最大 4 CPU • CPU : 最大 2 CPU • CPU : 最大 4 CPU • メモリ : 最大 2TB • メモリ : 最大 64GB • メモリ : 最大 4GB • メモリ : 最大 64GB • 仮想化 : 4 仮想マシ • 仮想化 : 1 仮想マシ • 仮想化 : N/A • 仮想化 : N/A ン ン • PowerPivot : 標準搭 載 データベース容量 : データベース容量 : 10GB 1GB