物質工学科の特徴 物質の科学技術=化学 を学ぶ学科→大学の理学部化学科、工学部応用化学科、農学部農芸化学科、薬学部製薬学科などと専門基礎の部分は同じ あらゆる分野が化学と関係している→守備範囲が広く、卒業生の活躍する分野も多岐にわたる 基...
 大学と同様に、教員のほとんどが博士→2年生から大学と同等の授業・実験があり、求めて学ぶ学習態度が求められる 研究設備が充実、実習等で実際に使う→大学より早期に、そして十分な実習時間を充てている研究設備は、課外活動でも低学年から指導教員の下...
 専門基礎科目→無機化学 有機化学 物理化学 分析化学 専門応用科目→理学分野:生化学 高分子化学 量子化学 ・・・工学分野:化学工学 化学工業 環境工学 ・・・ コース別科目→材料化学 有機合成化学 化学プロセス工学 ・・・細胞遺伝子工...
 専門基礎を学ぶ実験→2年:分析化学実験3年:物質工学実験 実践的な技術を学ぶ実験→4年:材料化学実験・生物工学実験 生産技術を学ぶ実験→5年:化学システム基礎実験学生実験物質工学科無機化学 有機化学物理化学化学工学生物工学
 4年生から、コース別の科目あり→物質コース:機能材料・素材などの生産技術・開発技術生物コース:生物の力を利用した物質生産技術・開発技術 輩出する人材は化学技術者→どちらのコースも、コース別科目はオプションであり、化学技術者として必要な知識...
 化学技術者に求められているもの→化学だけでなく、生産・研究開発の現場において、コンピュータ制御の生産・分析機器を操作・開発できること コンピュータシステムを理解し、C言語でプログラミングができる→3・4年:情報処理 組込マイクロコンピュ...
 就職と進学(大学編入・専攻科進学)は、ほぼ 1:1→年によって多少変動はあるが、平均するとバランスよく人材を輩出している 就職→石油化学 医薬品 食品 化粧品 化成品のメーカーだけでなく、公務員やIT産業も選択肢(主な職種は生産・管理など...
 夏の一日体験入学・秋の磐陽祭Open Campus→一日体験入学は、全学科を短時間で見学しますOpen Campus は、実験体験コーナーや研究紹介があります 物質工学科は、個別見学を歓迎します→実験を見学したい場合は月曜か火曜の午後がお...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

福島高専・物質工学科の紹介[Introduction of Department of Chemistry and Biochemistry,FNCT]

1,841

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,841
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

福島高専・物質工学科の紹介[Introduction of Department of Chemistry and Biochemistry,FNCT]

  1. 1. 物質工学科の特徴 物質の科学技術=化学 を学ぶ学科→大学の理学部化学科、工学部応用化学科、農学部農芸化学科、薬学部製薬学科などと専門基礎の部分は同じ あらゆる分野が化学と関係している→守備範囲が広く、卒業生の活躍する分野も多岐にわたる 基礎(理学)と応用(工学)の差があまりない→技術者だけでなく、科学者になる道もある物質工学科
  2. 2.  大学と同様に、教員のほとんどが博士→2年生から大学と同等の授業・実験があり、求めて学ぶ学習態度が求められる 研究設備が充実、実習等で実際に使う→大学より早期に、そして十分な実習時間を充てている研究設備は、課外活動でも低学年から指導教員の下で使える まとめ→普通高校⇒大学工学部の進学に近いイメージだが、大学より早期に実習重視の専門教育を開始工業高校やSSHとも次元の違う実践教育高校・大学との違い物質工学科
  3. 3.  専門基礎科目→無機化学 有機化学 物理化学 分析化学 専門応用科目→理学分野:生化学 高分子化学 量子化学 ・・・工学分野:化学工学 化学工業 環境工学 ・・・ コース別科目→材料化学 有機合成化学 化学プロセス工学 ・・・細胞遺伝子工学 生物有機化学 酵素工学 ・・・学習カリキュラム物質工学科
  4. 4.  専門基礎を学ぶ実験→2年:分析化学実験3年:物質工学実験 実践的な技術を学ぶ実験→4年:材料化学実験・生物工学実験 生産技術を学ぶ実験→5年:化学システム基礎実験学生実験物質工学科無機化学 有機化学物理化学化学工学生物工学
  5. 5.  4年生から、コース別の科目あり→物質コース:機能材料・素材などの生産技術・開発技術生物コース:生物の力を利用した物質生産技術・開発技術 輩出する人材は化学技術者→どちらのコースも、コース別科目はオプションであり、化学技術者として必要な知識・技術は共通して教授する 卒業研究→4年の物質工学セミナーから続いて、5年で卒業研究を行う テーマによっては最先端の研究を行うことになる さらに専攻科に進んで研究を発展させる場合もあるコース別学習と卒業研究物質工学科
  6. 6.  化学技術者に求められているもの→化学だけでなく、生産・研究開発の現場において、コンピュータ制御の生産・分析機器を操作・開発できること コンピュータシステムを理解し、C言語でプログラミングができる→3・4年:情報処理 組込マイクロコンピュータを用いて、オリジナルの実験装置が製作できる→3年:創作実習(マイコン制御小型電動車の製作)情報・モノづくり教育物質工学科
  7. 7.  就職と進学(大学編入・専攻科進学)は、ほぼ 1:1→年によって多少変動はあるが、平均するとバランスよく人材を輩出している 就職→石油化学 医薬品 食品 化粧品 化成品のメーカーだけでなく、公務員やIT産業も選択肢(主な職種は生産・管理など)高卒や大卒にはない、質・量ともに良好な就職先⇒卒業生が社会で高く評価され、企業と学科の間に信頼関係がある 進学→技術科学大学(特待生制度・大学院一貫教育あり)への進学が多い各大学で高専出身者の優秀さが認められており編入学は歓迎される進学するのであれば、大学院修士課程まで進むことを推奨する(研究・開発職に必要)進 路物質工学科
  8. 8.  夏の一日体験入学・秋の磐陽祭Open Campus→一日体験入学は、全学科を短時間で見学しますOpen Campus は、実験体験コーナーや研究紹介があります 物質工学科は、個別見学を歓迎します→実験を見学したい場合は月曜か火曜の午後がおすすめです7月下旬まで授業がありますが、 9月は夏休みで授業がありません申し込みは、学生課入試係まで 0246-46-0721「物質工学科見学希望」と伝えてください物質工学科の見学物質工学科
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×