活クラウド AWSをどう利用するべきか

1,199 views

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,199
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
625
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

活クラウド AWSをどう利用するべきか

  1. 1. 活クラウド AWSをどう利用するべきか 2013/11/09 Junichiro Ueno / @jun116 DevLOVE現場甲子園2013
 楽天タワー2号館
  2. 2. 現場
  3. 3. 技術ブログ Developers.IO http://dev.classmethod.jp/
  4. 4. 自己紹介
  5. 5. Junichiro Ueno 上野 潤一郎 Community :  DevLOVE !  Company :  クラスメソッド株式会社 AWSソリューション部 ! twitter : @jun116 facebook : junichiro.ueno
  6. 6. クラウドをどう活用 すればいいの?
  7. 7. その前に
  8. 8. 普段の現場
  9. 9. 受託開発
  10. 10. サービス・システム 開発
  11. 11. インフラエンジニア ではなく 開発エンジニア
  12. 12. 会社がAWSを推進
  13. 13. 今日から EC2, RDS, S3, SQS, SES, … で開発よろしく
  14. 14. ( ́Д`)=3
  15. 15. とはいえ、 結構面白そう
  16. 16. 何ができるの? から始める
  17. 17. 現場での経験を元に 仮想システムの構築 するとどのようにするか
  18. 18. 広告配信システム • 配信広告の制御 • ブラウザから広告をクリック • クリックで対象サイトに遷移 • クリック数等をDBに保存
  19. 19. 実現したいこと • 大量アクセスに耐えられる構成 • アクセス数に応じて構成を調整 • データをロストが発生しない
  20. 20. Attention !! 今回のサーバ構成等は架空のものです 広告配信の経験もありませんw AWSを利用するとどんなことが できるのかのイメージとご理解 いただければと思います この構想には @makotan にご協力 いただきました
  21. 21. 構成イメージ
  22. 22. 構成 • • • • Webサーバ
 EC2 c1.xlarge Worker
 EC2 m1.medium DynamoDB
 IOPS = ワーカーの処理可能数 x 台数 RDS
 db.m1.medium
  23. 23. 構成のポイント
  24. 24. ポイント① SQSを利用
  25. 25. なぜ? 直接 DynamoDB を更新すれば
  26. 26. DynamoDB 設定したIOPSを超えた瞬間から 急激にパフォーマンスが落ちる → 書込IOPSは値段も高い 大量アクセスの書込に利用は 必ずしも向いているわけではない
  27. 27. だから SQSを利用して負荷を軽減
  28. 28. SQS キューの追加に制限がなく、 データロストがない(冗長構成) 低コストで利用可能 → 急激な負荷に耐えつつ   ある程度パフォーマンス保証 ! ※ メッセージは重複します
  29. 29. Worker SQSからデータを取得し、 DynamoDBとRDSを更新 → データ取得量を調整が可能   瞬間ピークにも焦らなくて済む
  30. 30. ポイント② DynamoDBの利用
  31. 31. なぜ? RDSだけでよいのでは
  32. 32. DynamoDB 更新が速いのはメリットだが、 読込パフォーマンスの速さも抜群! → 読込IOPSは比較的安価
  33. 33. だから DynamoDBをデータ読込に活用
  34. 34. 例えば • 広告の表示時にどのような内容を
 表示するかをDynamoDBから取得 • 広告の表示数による表示の可否調整
  35. 35. 参照系として利用 • RDSのリードレプリカを並べるより安価
 → リードレプリカは起動も遅い • パフォーマンスの調整も簡単
 → IOPSを調整すれば良い • なにより圧倒的な信頼性
 → 分散型で強い整合性を持つ
  36. 36. パフォーマンス
  37. 37. 想定性能 ! 秒間 2500リクエスト ! ※ 似た構成での計測値
  38. 38. 構築・運用
  39. 39. Cloudformation → 何度でも再構築が可能 → テンプレートで環境管理 ! ※ 似た構成での計測値
  40. 40. まとめ
  41. 41. ただの箱 から サービス群の活用へ
  42. 42. 設計、構築 開発エンジニア視点でも 担当できるようになる
  43. 43. いままで ! 開発したものを 提供する
  44. 44. これから ! 運用環境を含め 開発・提供する
  45. 45. Thank you for listening! Lets us make new cloud modeling together!

×