evar7 forum 2011 UX分析分科会:ユーザーエクスペリエンスの可視化と最適化のステップ

4,159 views

Published on

本資料はJapanSiteCatalystユーザー会「eVar7」の中で立ち上がったUX(ユーザーエクスペリエンス)分析分科会の中間報告レポートです。
UXの最適化を考慮した分析から改善へのステップの概要を記しています。

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,159
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
316
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

evar7 forum 2011 UX分析分科会:ユーザーエクスペリエンスの可視化と最適化のステップ

  1. 1. Analytics Meets UXUX分析分科会:ユーザーエクスペリエンスの可視化と最適化のステップ @0guri on Twitter
  2. 2. 最適なサイトUXを提供するための5つのステップ•ゴール設定 分析 •ユーザーシナリ 検証 •導線設計•コンテンツ把握 オ •コンテンツ •Cross Visits •セグメンテー Participation ション •マイクロコン 整理 •GAP分析 仮説 改善 バージョン Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  3. 3. 「整理」 ゴールの設定とコンテンツの整理
  4. 4. 整理 あなたのサイトにとってのユーザー満足とは? ○○が気になっている 買いたい いいものが買えた。 ここで買ってよかった Purchase !! Website 満足度の高い体験をしてもらったユーザーは次になにをする? (何をしてもらうことを期待する?) Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  5. 5. 整理 「満足」後の行動をevent化してみる企業の期待: サイト行動に満足してもらえたのであれば、• もう一度来訪してほしい• また購入してほしいなど、訪問(セッション)ベースでなく「個客」ベースで長期的なエンゲージを考える※コンセプトダイアグラムなどを活用するとよりサイトの立ち位置が明確になるまたあそこで買おうかな やっぱりよかった Re-Purchase !! Website event: 購入後再来訪 event: 再購入 では満足度の高い体験をしたユーザーは どんな行動をとったのか? Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  6. 6. 整理 サイトの持つ武器(コンテンツまたは機能)を整理する カテゴリ URL 人気商品ランキング http://hogehoge.jp/ranking 商品比較 http://hogehoge.jp/******/hikaku 商品情報 http://hogehoge.jp/******/******/info/ 商品画像 http://hogehoge.jp/******/******/photo/ 仕様詳細 http://hogehoge.jp/******/******/detail/ 会員特典説明 http://hogehoge.jp/menbers_info/***** キャンペーン情報 http://hogehoge.jp/campaign/****** 支払い方法 http://hogehoge.jp/payment/******* メルマガ登録 http://hogehoge.jp/mailmagazine/ FAQ http://hogehoge.jp/faq/***** ・・・・ Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  7. 7. 整理 (ハイレベル)サイトマップにしてみる 商品比較 商品カテゴ TOP 商品一覧 商品詳細 カート 購入 リTOP キャンペー ン 会員特典 メルマガ 登録• この中でユーザーにどのコンテンツを提供することで、購買行動において 満足し、リピーターにつながるのか?を分析によって見出す Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  8. 8. 「分析」 行動のGAPを探る
  9. 9. 分析 “優良顧客”を分析する• 優良顧客(定義した満足度の高い行為をしてくれている顧客)がよく見てい るコンテンツを知る。そうでないユーザーとのGAPを知る 1回目購入の際は何を 2回目購入の際は何を見て 購入に至らなかった訪問で いるのか? は何を見ているのか? 見ているのか? どこから来るのか? どこからきているのか? どこから来るのか? CV CV 優良 1 2 CV 一見 1 さん購入至らず 期間 ※DWHやDiscoverがあると抽出しやすい Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  10. 10. 分析 GAPを知るe.g. “優良顧客となるユーザーは会員特典への訪問が多い”といったデータが得られたとする 一元さんも優良客も、 もれなく見ている 商品比較優良 商品カテゴ TOP 商品一覧 商品詳細 カート 購入 リTOP キャンペー ン 会員特典 優良客はよくこのコンテンツに 訪れている メルマガ 登録 Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  11. 11. 「仮説」 Whyの考察
  12. 12. 仮説 ユーザーシナリオを仮説し、マイクロコンバージョンポイントを決める 気になる商品の情報を チェックしたい ここで買うとお得だな。 また今度ここで購入を検討し よう 商品比較優良 商品カテゴ TOP 商品一覧 商品詳細 カート 購入 リTOP キャンペー ン わざわざこのサイトで買うこ とによるメリットがあるのか 知りたい 会員特典 メルマガ 登録ここで買うメリットを知ってもらう ⇒ 会員特典閲覧数 Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  13. 13. 「検証」 長期的にイベントの効果を検証する
  14. 14. 検証 イベントを繋いで検証してみる設定したマイクロコンバージョンイベントが有効か、イベントのパスをつなげてパフォーマンスを検証してみるイベントパス 2回目購入商品情報閲覧>初回購入>購入後再訪問 50商品情報閲覧>会員特典閲覧>初回購入>購入後再訪問 200商品情報閲覧>キャンペーン閲覧>初回購入>購入後再訪問 150アトリビューション分析のように効果を計測すればイベント別のスコアリングも可能になり、必要なマイクロコンバージョンの選択、重みづけなども可能に。また、検証にはT&Tなども活用できる Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  15. 15. × User Experience「改善」 サイトのチューンナップを図る
  16. 16. 改善 改善ポイントユーザーがアクションを起こすために必要な3つの要素• 商品(サイト)そもそもの性能・デザイン・仕様などコンテンツの中 身に関わる部分の改善 – (商品開発へのインサイト提供)• それらを魅力的に伝えるクリエイティブの改善• それらを的確に伝える導線(訴求強化と集客戦略)の改善 Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  17. 17. 改善 導線最適化、メッセージング・クリエイティブテスト 商品比較 商品カテゴ TOP 商品一覧 商品詳細 カート 購入 リTOP キャンペー Call To Action テスト ン 会員特典 購買主導線から メルマガ 優良コンテンツへの 登録 コンテンツ自体の 導線追加検討 クリエイティブテスト(Retargeting) Ad 広告LPO Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  18. 18. 最後に:仮説⇒検証⇒改善を繰り返す•ゴール設定 分析 •ユーザーシナリ 検証 •導線設計•コンテンツ把握 オ •コンテンツテス •Cross Visits ト •セグメンテー Participation ション •マイクロコン 整理 •GAP分析 仮説 改善 バージョン Copyright (C) 2011 eVar7(SiteCatalyst User Group of Japan) All Rights Reserved.
  19. 19. Analytics Meets UX

×