• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
AppExchangeパートナー&デベロッパー第1部:20071205版
 

AppExchangeパートナー&デベロッパー第1部:20071205版

on

  • 5,803 views

株式会社セールスフォース・ドットコムが毎月行っているAppExchangeセミナーの資料

株式会社セールスフォース・ドットコムが毎月行っているAppExchangeセミナーの資料

Statistics

Views

Total Views
5,803
Views on SlideShare
5,708
Embed Views
95

Actions

Likes
1
Downloads
193
Comments
0

3 Embeds 95

http://adnblog.salesforce.co.jp 90
http://www.slideshare.net 3
http://s.deeeki.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    AppExchangeパートナー&デベロッパー第1部:20071205版 AppExchangeパートナー&デベロッパー第1部:20071205版 Presentation Transcript

    • AppExchange のご紹介 株式会社セールスフォース・ドットコム
    • パートナープログラム全体像
      • ストラテジックパートナー
      • AppExchange パートナー
      • テクノロジーパートナー
      • プラットフォーム OEM パートナー
      • コンサルティングパートナー
      • トレーニングパートナー
      • 販売パートナー( VAR )
      • 協力店
    • AppExchange に公開可能なアプリケーションがあれば、 是非ご連絡ください。 AppExchange でビジネスを 行いませんか?
    • なぜ            に参加するのか? 2003/04   6,300 社 2004/04   9,800 社(+ 3,500 ) 2005/04   15,500 社(+ 5,700 ) 2006/04   22,700 社(+ 7,200 ) 2007/04   32,300 社(+ 9,600 ) 2007/10   38,100 社   オンデマンド CRM のお客様   オンデマンドにシフトする IT 市場   最適なパートナー支援環境
    • Agenda
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • 会社概要   – 新しいビジネスモデル・新しいテクノロジーモデル・新しい社会貢献モデル -
      • サービス開始 : 2000 年 4 月(米国)、 2000 年 10 月(日本)
        • 2004 年 6 月米国ニューヨーク証券取引所上場(シンボル: CRM )
        • 会社創業時より社会貢献活動に取り組む( 1 %ルール)
      • 売上高
        • 2003 年 1 月期 : $ 50,991,000 (約 59 億円)
        • 2004 年 1 月期 : $ 96,023,000 (約 110 億円、 88 %成長)
        • 2005 年 1 月期 : $176,375,000 (約 203 億円、 84 %成長)
        • 2006 年 1 月期 : $309,857,000 (約 356 億円、 76 %成長)
        • 2007 年 1 月期 : $497,098,000 (約 572 億円、 60 %成長)
      • 従業員数
        • 2, 302 名( 2007 年 7 月 31 日)
      • 製品の特長
        • オンデマンド CRM の市場において No.1 のシェア
          • 38,100 社( 2007 年 10 月 30 日時点)
        • 数多くのインダストリー・アワードを受賞
      ( 2005 年 8 月実施 IDC 調査報告) オンデマンド CRM ・プラットフォームを提供するリーディングカンパニー 平成 18 年度 IT 賞 IT 特別賞(フロンティア賞) を受賞 ASP ・ IT アウトソーシングアワード 2006 グランプリ を受賞
    • あらゆる業種・業態・規模にわたる導入実績 金融 ハイテク・ソフトウェア IT サービス 製造業 サービス メディア・通信 不動産・建設 流通・小売 SIer Medium SOHO Enterprise
    • エンタープライズ・スタンダードへ 60,000 Subscribers 30,000 Subscribers 40,000 Subscribers 日本郵政
    • SaaS モデル サブスクリプション(購読) サービスの急激な進化 規模の経済 スケーラビリティ 自動アップグレード マルチテナント 利用した期間だけ支払い
    • Salesforce の基本的な機能 CRM 共通:グループウェア ドキュメント ホーム レポート ダッシュボード 共通:分析 リード キャンペーン マーケティング 商談 商品 契約 売上予測 営業支援 ケース ソリューション カスタマーサポート 取引先責任者 取引先
      • Successforce LIVE 2007
      • 2,000 名の参加者
      • 27 パートナー様による出展
      「 IT は少子高齢化の助け舟になるか」 ロバート・アラン・フェルドマン 「 A New Force for Innovation 」 パーカー・ハリス
    • Dreamforce 2007 – 日本からも 129 名の参加者
      • 1,700 名参加
      3,000 名参加 100 パートナー 5,000 名参加 150 パートナー 1,100 名参加 7,000 名参加 200 パートナー ’ 03
    • Dreamforce 2007 スピーカー Marc Benioff Chairman & CEO MON am Future of Software Kevin Kettler CTO Dell MON pm Future of Collaboration TUES pm Appy Awards John Chambers Chairman & CEO Cisco Nick Carr Author The Big Switch TUES am The Next Big Thing On Demand Enterprise Panel George Lucas Chairman GLEF Innovators in Software Panel Bruce Chizen CEO, Adobe Parker Harris EVP, Technology salesforce.com George Hu CMO salesforce.com Marc Benioff salesforce.com Subrah Iyar WebEx Dave Duffield Workday Josh James Omniture Bob Suh Accenture Eric Berridge Bluewolf Steve Lucas Business Objects Philip Rosedale Linden Labs John Ciacchella Deloitte
    •  
    • 世界初のマルチアプリケーション、 SaaS プラットフォームベンダー セールスフォース・ドットコムのビジョン
    • アプリケーション作成のためのプラットフォーム
    • 多様なアプリケーション API 接続 Partner アプリケーション
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • AppExchange (マーケットプレイス) ② インストール ① 試用 ③ レビュー アプリケーションの登録 ユーザの声を反映 AppExchange (http://www.salesforce.com/jp/appexchange) パートナー ユーザ
    • AppExchange のイノベーション 700 以上 のアプリケーション 355 社のパートナー 75 カ国、 34,000 回以上のインストール 260,000 回以上のテストドライブ
    • アプリケーションの分類 Salesforce 上ですべて動作するアプリケーション 外部の Web サイトから API を介して連携するアプリケーション Salesforce ネイティブ オンデマンド 連携 クライアント 連携 クライアント端末やイントラネットから API を介して連携するアプリケーション
    • 日本の AppExchange パートナー様 松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • パラダイムシフト メインフレーム Mid 20 th Century Platforms Late 20 th Century Platforms 21 st Century Platforms クライアント / サーバ SaaS
    • SaaS モデルの顧客メリット
    • ビジネスに直接役立つ投資をしたい March 2007   On average, $8 out of every $10 spent in IT is ‘dead money’ - not contributing directly to business change or growth September 2006  … infrastructure and utility applications account for 68 percent, or more than two-thirds of all IT spending; however, they make no direct business performance improvement.
      • 2005/11 マイクロソフト、「 Windows Live 」「 Office Live 」発表
      • 2006/02 SAP 、 CRM ホスティングサービスを発表
      • 2006/ 04 Oracle CRM On Demand Release 10 提供開始
      • 2006/ 07 マイクロソフト、「 Dynamics CRM Live 」発表
      • 2006/ 09 日立ソフトウェア、 SaaS 事業開始を発表
      • 2006/ 10 富士通、 SaaS 専門会社「グロービア・サービシズ」設立
      • 2006/ 11 マイクロソフト、「 Office Live 」をリリース
      • 2006/ 11 ウイングアーク、帳票の SaaS 化を発表
      • 2007/02 KDDI 、 2007 年度中に SaaS 提供開始を発表
      • 2007/ 02 Google 、 Google Apps Premier Edition 提供開始
      • 2007/ 06 セールスフォース・ドットコム、 Google とグローバルに提携を発表
      • 2007/ 06 マイクロソフト、 KDDI と提携発表
      •      09 スカイコム、 AppExchange 英語版でグローバルに SaaS 事業を開始
      •      09 富士通、 SaaS 形式の ERP 「 GSInnovate 」を AppExchange 対応
      •      09 富士通、米国 OKERE ( salesforce.com パートナー)を買収
      •      09 SAP 、 SaaS 形式の ERP 「 SAP Business ByDesign 」を発表
      •      10 ウイングアーク、帳票 SaaS for Salesforce.com を発表
      加速する SaaS への参入
    • SaaS にシフトする IT 市場 September 2006 ソフトウェア September 2006 On-Demand should grow to 40% of the software market by 2010. ソフトウェア    By 2009, more than 50% of new SFA deployments will be based on software as a service (SaaS) delivery models. November 2006 営業支援 March 6, 2007    By 2013, at least 75% of customer service centers will use a form of SaaS. カスタマーサービス
    • 2007 年 4 月 27 日 総務省
      • ASP ・ SaaS の普及促進策に関する報告書と
      • 「 ASP ・ SaaS 普及促進協議会」の設立について
      • 「 ASP ・ SaaS という新たなネットワーク・サービスの活用は、
      • 中小企業等における生産性向上に貢献することが期待  
      • されるものである。総務省と関連団体とで総合に連携し、
      • 各種指針、ガイドラインの策定等の取り組みを通じ、 ASP ・
      • SaaS の普及促進を図る。」
      News Release
    • セカンドライフを支えるインフラ Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) - Limited Beta Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Part3  「アマゾンの IT インフラを貸し出します」: ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070726/278358/
    • プラットフォームとしての Google
        • Livedoor ( 2007 年 7 月: 200 万 ID )
          • livedoor メールに Gmail 採用 「黒字化へ最後の一押し」 - ITmedia News
            • http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/24/news041.html
        • KDDI ( 2007 年 7 月)
          • KDDI 、 Gmail の技術を採用した Web メール「 au one メール」を 9 月下旬開始
            • http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/30/16488.html
    • 外見は丸善、中身はアマゾン 「外見は丸善、中身はアマゾン」、丸善がオンライン戦略を大転換: ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070626/275993/ システム運用の投資は 2 億~ 3 億円レベルで下げられる。 売上は減収となるが利益は上がると考えている(小城社長)
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • 信頼されたセキュアなインフラストラクチャ データベースサービス データ連携・システム連携を可能にする API ビジネスロジック - Apex Code ユーザインターフェースサービス - Visualforce アプリケーションのマーケットプレイス
      • リレーショナルテーブル
      • カスタム項目
      • 項目履歴監査
      • 共有ルール
      • デフォルト値
      • 入力規則
      • 自動チューニング
      • 自動バックアップ
      • カスタムインデックス
      • SOAP API
      • データ検索・作成・更新・削除
      • スキーマ情報の取得
      • レイアウト情報の取得
      • データレプリケーション
      • Mail API
      • Single Sign On
      • Outbound メッセージ
      • Force.com SOA
      • Foce.com Connect
      • ワークフロー
      • タイムベースワークフロー
      • 承認プロセス
      • 項目自動更新
      • カスタム計算項目
      • 積上げ集計項目
      • 割り当てルール
      • Apex Code
      • トリガ
      • ページレイアウト
      • カスタムボタン / カスタムリンク
      • Web タブ
      • インライン S コントロール
      • 検索レイアウト
      • インライン編集
      • レコードタイプ
      • Visualforce
    • サーバサイドプログラムによる ビジネスロジックの実行 サーバサイドプログラムによる 画面生成 ~あらゆる画面レイアウト、あらゆるデバイス~
    • アプリケーションの分類 Salesforce 上ですべて動作するアプリケーション 外部の Web サイトから API を介して連携するアプリケーション Salesforce ネイティブ オンデマンド 連携 クライアント 連携 クライアント端末やイントラネットから API を介して連携するアプリケーション
    • オンデマンド / クライアント連携 Partner Solution の Server API 接続 ユーザ PC API 接続 Salesforce のデータセンター Partner Solution のあるデータセンター クライアントアプリケーション
      • 会社概要
      • AppExchange とは
      • サービス化のトレンド
      • Force.com プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • AppExchange 契約形態 アプリケーションの契約、料金回収、カスタマーサポートにつきましては、パートナー様とお客様との直接のやり取りになります。 利用料の請求・回収・サポート 利用料の請求・回収・サポート パートナーソリューションの契約 Salesforce の契約 パートナー ユーザ
    • Salesforce - 4 つの Edition - CRM 無し CRM 無し Group Edition Professional Edition Enterprise Edition Unlimited Edition 価格 5 ユーザ 144,000/ 年 (キャンペーン期間中は半額) 1 ユーザ 7,500/ 月 1 ユーザ 15,000/ 月 1 ユーザ 30,000/ 月 Force.com Platform Edition × × 6,000/ 月 12,000/ 月 カスタムタブ 5 10 25 Unlimited カスタムオブジェクト 50 50 200 2000 Force.com Web Service API × △ ○ ○ Apex Code × × × ○
    • AppExchange 認定プログラムとは
      • AppExchange 認定プログラム
        • AppExchange 認定プログラムはお客様に信頼あるアプリケーションを提供するための仕組みです。この認定プログラムではアプリケーションが Salesforce.com と適切に連携されているかだけでなく、アプリケーションのセキュリティ、信頼性について審査を行います。
      • 目的
        • AppExchange 認定プログラムは今後、 AppExchange 上で有料で提供される全てのアプリケーションに必須の認定となります。これは、 AppExchange のセキュリティ向上と、お客様とパートナー間のより高い信頼を構築することを目的としたものです。
    • AppExchange 認定プログラム概要
      • 簡易審査
        • Salesforce の ID/PW を保存しないもの
          • セッション ID を使用している場合
          • Salesforce にアクセスする場合に都度 ID/PW を入力する場合
      • 詳細審査
        • Salesforce の ID/PW を貴社アプリケーション内に保存するもの
          • 例) Outlook Edition 、 Moobizsync2.0
      • 認定を必要としないもの
        • ネイティブアプリケーション
        • 無料のアプリケーション
    • AppExchange 認定プログラム概要
      • 開始時期
        • 2007 年 4 月以降のアプリケーションは必須となります。
        • 既存アプリケーションの場合は今年中の取得が必要となります。
      • 認定にかかる期間
        • 通常 2 週間
      • 金額(年間)
        • 簡易審査: 60,000/ アプリケーション
        • 詳細審査: 600,000/ アプリケーション
          • US の AppExchange に掲載する場合には、詳細審査が必要です。
      • メリット
        • クライアント ID が発行されます。クライアント ID を組み込むと、該当アプリケーションは Professional Edition ユーザーに対しても API 経由のアクセスが可能となります。
    • AppExchange 公開までのプロセス BD MKTG ビジネスの合意 開発 公開 SFDC パートナー CxO IT 個別問合せ ターゲット市場・機能の検討 事業計画の策定 開発への合意 開発 レビュー 申込み レビュー Certify 公開 セミナー・問い合わせ
    • AppExchange Checkout
      • パートナー様の成功を企画、開発、マーケティング、販売 そして代金の請求、回収まで、エンドツーエンドに支援しお手伝いをしていくためのプログラムです。
      * 請求・回収については 12 月以降のリリースを予定しております。 アイデア 作成 掲載 プロモーション  販売  請求  回収
    • AppExchange Checkout
    • OEM Edition OEM Edition は Force.com で開発したアプリケーションをパートナー様の ブランドで販売する仕組みです。 利用料の請求・回収・サポート パートナーアプリケーションの契約 OEM Edition の契約 OEM Edition + Partner アプリケーションの金額 ※ OEM の対象となるアプリケーションは CRM 以外または特殊 な業界を対象としたアプリケーションに限定されます。 OEM Edition の利用料・サポート 3,000/ 1ユーザ / 月
      • ■ OEM Edition の主な機能制限事項
      • カスタムアプリケーション 1
      • カスタムタブ 5
      • カスタムオブジェクト 50
      • ユーザあたりのディスク容量 20MB
      パートナー ユーザ
    • MoobizSync2.0 for AppExchange / SoftBank Edition の提供開始
    •  
    • for Salesforce.com
    • Salesforce の画面から電話 FAX 送信
    • AppExchange パートナー様同士も連携
    • バーティカルレスポンス社の成功事例
      • 1,500 社以上のインストール
      • Salesforce.com 関連収入は 8.5 %
      • No.1 AppExchange アプリ
      • 社員 36 名
      AppExchange 掲載後
    • スカイコム – 日本のソフトウェアが世界へ
    • http://ideas.salesforce.com/
      • 会社概要
      • サービス化のトレンド
      • AppExchange とは
      • Apex プラットフォーム
      • AppExchange のモデル
      • Summary
    • なぜ            に参加するのか? 2003/04   6,300 社 2004/04   9,800 社(+ 3,500 ) 2005/04   15,500 社(+ 5,700 ) 2006/04   22,700 社(+ 7,200 ) 2007/10   38,100 社   オンデマンド CRM のお客様   オンデマンドにシフトする IT 市場   最適なパートナー支援環境
    • AppExchange に公開可能なアプリケーションがあれば、 是非ご連絡ください。 AppExchange でビジネスを 行いませんか?