Mobile Business Ecosystem In Japan1

1,749 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,749
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
179
Actions
Shares
0
Downloads
31
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Mobile Business Ecosystem In Japan1

  1. 1. 日本のモバイル産業、漂流す。 ~次世代ビジネスエコシステムの探究<br />
  2. 2. 中谷 健一<br />トリムタブジャパン(有) 代表取締役<br />クロスメディア・マーケティングコンサルタント<br />
  3. 3. トリムタブ ジャパン<br />HQ<br /><ul><li>顧客ロイヤルティ&エンゲージメント・マネジメント
  4. 4. モバイル-クロスメディアマーケティング
  5. 5. サイト制作による従業員エンゲージメント</li></ul>経営計数管理<br />知識共有プログラム<br />顧客理解&開発プログラム<br />組織活性<br />マーケティング<br />従業員活性化プログラム<br />顧客<br />ロイヤル顧客プログラム<br />顧客理解プログラム<br />従業員<br />従業員満足度調査<br />顧客満足度調査<br />
  6. 6. ビジネスエコシステム<br />
  7. 7. 最近、よく使われてます。<br />○ECOSYSTEM<br />
  8. 8. エコシステムとは?<br /><ul><li>動植物の「生態系」のメタファー
  9. 9. 参加者が個別に活動しつつ相互依存
  10. 10. 全体として共進化 (多様化、冗長化)
  11. 11. 持続と共栄をもたらす</li></li></ul><li>ビジネスエコシステムとは?<br /><ul><li>複数の企業が参加
  12. 12. 参加企業が個別に活動しつつ相互依存
  13. 13. 全体としてイノベーションを創造
  14. 14. 持続と共栄をもたらず</li></li></ul><li>Facebookのビジネスエコシステム<br />USER<br />Ecosystem<br />3rd Party<br />基幹サービス<br />第3者企業に<br />API公開<br />
  15. 15. Facebookが狙っているのは<br />持続的繁栄<br />自律的イノベーション<br />
  16. 16. mixiが「真似」てもいいのでは?<br />持続的繁栄<br />自律的イノベーション<br />
  17. 17. エコシステムの戦略<br />キーストーン戦略 イノベーションを持続させるビジネス・エコシステム¥ 2,625 <br />
  18. 18. エコシステムの戦略<br />
  19. 19. エコシステムの戦略<br />エコシステム注目の背景<br /><ul><li> 一社での垂直・水平展開の限界
  20. 20. イノベーション加速と資産の有効活用
  21. 21. 持続可能性
  22. 22. ネットワークによる分業・コラボ</li></li></ul><li>エコシステムの戦略<br /> ニッチと共生し、重要なハブの役目を果たす<br />キーストーン戦略<br /> 一部を占有。取得する以上の価値創出の役目を果たす<br /> 系を破壊しない程度に、徐々に垂直支配をする<br />支配者戦略<br /> 大きな部分を占有し、系を破壊しない程度の利益を得る<br /> 多様性を失い、突然の崩壊や置換わりが生じることも<br />領主戦略<br /> 利益独占を優先する。系の破壊を厭わない<br /> 専門性を活かして系を支えるが、系を移動することも<br />ニッチ戦略<br /> 各々は一部占有だが、総和として大きな部分を占有<br />
  23. 23. エコシステムの戦略<br />キーストーン戦略? <br />OR ニッチ戦略?<br />
  24. 24. キーストーン戦略<br />
  25. 25. キーストーン戦略で行く?<br />○価値創出の組織化  「オペレーティング・レバレッジ」<br />物理資産の開発 (設備・顧客・ハブ)<br />知識資産の開発 (標準・ツール・評価・情報)金融資産の開発<br />○価値の共有<br />
  26. 26. キーストーン戦略で行く?<br />○プラットフォームの特定・構築・発展  柔軟性と適応性の源泉の特定  持続可能性の高い領域の見定め<br />
  27. 27. ニッチ戦略<br />
  28. 28. ニッチ戦略で行く?<br />○価値の創出<br />独自能力に専門化<br /> キーストーンの能力引き出しイノベーションを維持させる<br />○価値の共有とリスク管理<br />リスクと依存性の管理<br /> 移動性と柔軟性の採用<br /> キーストーンへの影響力行使<br />
  29. 29. ニッチ戦略で行く?<br />○代替プラットフォームの評価  どのプラットフォームが最適か  (価格、安定、適応力、持続性)<br />  クロスプラットフォーム戦略<br />
  30. 30. エコシステムの「健全性」<br />1 生産性<br />    (ROIC、イノベーション伝達の速度)<br />2 堅牢性<br /> (持続性、予測可能性、わかりやすさ)<br />3 ニッチの創出<br /> (企業・製品の多様性、資源の効果的利用)<br />
  31. 31. 日本のモバイル産業、漂流す。<br />
  32. 32. iモードは「最強のエコシステム」に見えた<br />夏野さんの書籍<br />「ア・ラ・iモード<br />iモード流ネット生態系戦略」<br />
  33. 33. iモードは「最強のエコシステム」に見えた<br />キャリア<br />マーケティング<br />相互マーケティング<br />マーケティング<br />機会提供<br />サービスの提供<br />広告・宣伝<br />競争<br />アトラクション<br />の追加<br />端末メーカー<br />製品提供<br />販売チャネル&メディア<br />端末メーカー<br />CP<br />コンテンツ<br />i-mode<br />ポータル<br />コンテンツ提供<br />ガイドライン<br />端末メーカー<br />表現能力<br />端末メーカー<br />端末メーカー<br />ポータル機能<br />技術的<br />可能性<br />標準技術<br />プラットフォーム<br />競争<br />相互操作性<br />
  34. 34. iモードは「最強のエコシステム」に見えた<br />○ ユーザー少額課金<br />○ 垂直・水平方向のパートナー化<br />○ キャリアとの利益分配<br />○ 標準化された技術プラットフォーム<br />○ キャリアによるクオリティ管理<br />○ ノウハウの共有化<br />○ プロモーション機会の共有<br />
  35. 35. ところが…<br />
  36. 36. iモードは「最強のエコシステム」か?<br />×課金ビジネスの頭打ち<br />× パートナー企業の収束<br />○ キャリアとの利益分配<br />×世界標準の流れからの離脱<br />×クオリティ管理の低下<br />× ノウハウの格差拡大-> 別ノウハウ<br />× プロモーション機会のアンフェア化<br />
  37. 37. こうなってしまった原因は?<br />? 価値創出の組織化  「オペレーティング・レバレッジ」<br />物理資産の開発 (設備・顧客・ハブ)<br />知識資産の開発 (標準・ツール・評価・情報)金融資産の開発<br />? 価値の共有<br />
  38. 38. こうなってしまった原因は?<br />?プラットフォームの特定・構築・発展  柔軟性と適応性の源泉の特定  持続可能性の高い領域の見定め<br />
  39. 39. こうなってしまった原因は?<br />? 生産性<br />    (ROIC、イノベーション伝達の速度)<br />? 堅牢性<br /> (持続性、予測可能性、わかりやすさ)<br />? ニッチの創出<br /> (企業・製品の多様性、資源の効果的利用)<br />
  40. 40. そもそもドコモはキーストーン?支配者?<br />キャリア<br />マーケティング<br />相互マーケティング<br />マーケティング<br />機会提供<br />サービスの提供<br />広告・宣伝<br />競争<br />アトラクション<br />の追加<br />端末メーカー<br />製品提供<br />販売チャネル&メディア<br />端末メーカー<br />CP<br />コンテンツ<br />i-mode<br />ポータル<br />コンテンツ提供<br />ガイドライン<br />端末メーカー<br />表現能力<br />端末メーカー<br />端末メーカー<br />ポータル機能<br />技術的<br />可能性<br />標準技術<br />プラットフォーム<br />競争<br />相互操作性<br />
  41. 41. どうすればよかったのか?<br />
  42. 42. 未来に向けた日本のモバイル産業のエコシステム<br />
  43. 43. 「勝手サイト」のモバイルエコシステム<br />Mobile Marketing Association<br />
  44. 44. PCと共存するモバイルエコシステム<br />
  45. 45. XXXXXのモバイルエコシステム<br />
  46. 46. ほかに、どんなモバイルエコシステム?<br />
  47. 47. で、あなたは、どっちで行く?<br />キーストーン戦略<br />OR<br />ニッチ戦略<br />

×