基礎情報処理演習 (6)  実数と繰り返し   山本和英 長岡技術科学大学               1
整数と実数        2
変数は最初にまとめて宣言する(正解)          (間違い)int idt;      int idt;double ddt;   idt = 100;idt = 100;    double ddt;ddt = 23.45   ddt ...
データ型int      整数double   実数char     文字これだけで十分です。              4
そもそも「実数」て何だ?一言で言えば、整数で表現できない数です。(1) 小数点以下を含む数字、小さな数(2) (±21億ぐらい)よりも大きな数実数(浮動小数点数)は整数と記憶方法が違います。このため非常に広範囲の数を表現できますが誤差を含むので...
演算子 演算子とは、計算などをする記号のことです。算術演算子 +    加算 -    減算 *    乗算 /    除算 %    余り (7 % 3 = 1)                         6
割り算に注意!整数どうしの計算は必ず整数で計算する。例えば、printf (“%fn”, 5 / 7);を実行すると、(出力書式で実数(%f)指定していても全く関係なく) 0.0000 が出力される。                      ...
実数で計算したい時はどうするの?printf   (“%fn”,   5.0 / 7);printf   (“%fn”,   5 / 7.0);printf   (“%fn”,   5.0 / 7.0);printf   (“%fn”,   (...
キャスト演算子型変換したい時に使う。printf (“%fn”, (double) 5 / 7); 整数の 5 を実数 (5.0) と理解することで、       割り算を実数で行う。                              ...
代入演算子 単純代入演算子: = p = 0;     // 普通の使い方 a = b = 3; // 多重代入もできる 複合代入演算子: += -= *= /= など k += 1;   // k=k+1; と同じ              ...
printf の書式%d    int%f    double%c    char%s    (文字列)表示幅を指定することもできる%5d   intを5文字で                 11
scanf(scanf_s) の書式%d    int%lf   double%c    char%s    (文字列)double型以外は同じ。                     12
数学関数#include <math.h>を冒頭につけると下記の関数が使える。三角関数  sin, cos, tan       (ラジアンで入力することに注意)平方根   sqrt指数・対数 exp, log, log10絶対値   fabs...
for文による繰り返し              14
for文の繰り返しfor (i=1; i<=10; i=i+1){}                           15
赤字部分(前ページ)が +1 の場合は下記PADに対応する。    a ← 1 ~ 10※<=(関係演算子)は≦という意味ですが、 詳しくは次回に...                        16
for (i=1; i<=10; i=i+1){}    i ← 1     i <= 10                  i ← i + 1                              17
最初は i=1 にする     繰り返しごとにiを増加  (初期化)            (変化量)for (i=1; i<=10; i=i+1){}          i<=10 の間繰り返す             (継続条件)     ...
もしカウントダウンしたかったら...for (i=10; i>=1; i=i-1){               継続条件なので、                    i>=1}              (i<=1ではない!)       ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

#6:実数と繰り返し

437 views
396 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
437
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
125
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

#6:実数と繰り返し

  1. 1. 基礎情報処理演習 (6) 実数と繰り返し 山本和英 長岡技術科学大学 1
  2. 2. 整数と実数 2
  3. 3. 変数は最初にまとめて宣言する(正解) (間違い)int idt; int idt;double ddt; idt = 100;idt = 100; double ddt;ddt = 23.45 ddt = 23.45... 3
  4. 4. データ型int 整数double 実数char 文字これだけで十分です。 4
  5. 5. そもそも「実数」て何だ?一言で言えば、整数で表現できない数です。(1) 小数点以下を含む数字、小さな数(2) (±21億ぐらい)よりも大きな数実数(浮動小数点数)は整数と記憶方法が違います。このため非常に広範囲の数を表現できますが誤差を含むので、int型で表現できる数は必ず int を使ってください。 5
  6. 6. 演算子 演算子とは、計算などをする記号のことです。算術演算子 + 加算 - 減算 * 乗算 / 除算 % 余り (7 % 3 = 1) 6
  7. 7. 割り算に注意!整数どうしの計算は必ず整数で計算する。例えば、printf (“%fn”, 5 / 7);を実行すると、(出力書式で実数(%f)指定していても全く関係なく) 0.0000 が出力される。 7
  8. 8. 実数で計算したい時はどうするの?printf (“%fn”, 5.0 / 7);printf (“%fn”, 5 / 7.0);printf (“%fn”, 5.0 / 7.0);printf (“%fn”, (double) 5 / 7);(double) については、次のスライド参照。 8
  9. 9. キャスト演算子型変換したい時に使う。printf (“%fn”, (double) 5 / 7); 整数の 5 を実数 (5.0) と理解することで、 割り算を実数で行う。 9
  10. 10. 代入演算子 単純代入演算子: = p = 0; // 普通の使い方 a = b = 3; // 多重代入もできる 複合代入演算子: += -= *= /= など k += 1; // k=k+1; と同じ 10
  11. 11. printf の書式%d int%f double%c char%s (文字列)表示幅を指定することもできる%5d intを5文字で 11
  12. 12. scanf(scanf_s) の書式%d int%lf double%c char%s (文字列)double型以外は同じ。 12
  13. 13. 数学関数#include <math.h>を冒頭につけると下記の関数が使える。三角関数 sin, cos, tan  (ラジアンで入力することに注意)平方根 sqrt指数・対数 exp, log, log10絶対値 fabsべき乗 powなど 13
  14. 14. for文による繰り返し 14
  15. 15. for文の繰り返しfor (i=1; i<=10; i=i+1){} 15
  16. 16. 赤字部分(前ページ)が +1 の場合は下記PADに対応する。 a ← 1 ~ 10※<=(関係演算子)は≦という意味ですが、 詳しくは次回に... 16
  17. 17. for (i=1; i<=10; i=i+1){} i ← 1 i <= 10 i ← i + 1 17
  18. 18. 最初は i=1 にする 繰り返しごとにiを増加 (初期化) (変化量)for (i=1; i<=10; i=i+1){} i<=10 の間繰り返す (継続条件) 18
  19. 19. もしカウントダウンしたかったら...for (i=10; i>=1; i=i-1){ 継続条件なので、 i>=1} (i<=1ではない!) 19

×