Your SlideShare is downloading. ×
プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案

271
views

Published on

SCIS 2013.

SCIS 2013.

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
271
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 ◎川本 淳平1, 福地 一斗2, 照屋 唯紀1, 佐久間 淳13 1: 筑波大学大学院システム情報工学研究科 2:筑波大学情報学群情報科学類 3: 科学技術振興機構 さきがけ
  • 2. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 2移動系列情報の利用• 携帯やカーナビから収集される移動系列情報(GPS)の利用 • 人々の行動パタンの発見 • 異常行動の発見• 事故や災害の早期発見や人々を誘導し二次災害を防ぐ
  • 3. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 3移動系列情報解析におけるプライバシ問題• 移動系列情報から漏えいしうる情報 • どこにいたのか • 移動系列情報と個人の結合 • その後どこに向かうのかの推測 • 移動系列情報と個人が結び付くと将来向かうであろう地点が推測され得る • 背景知識としてある時刻の移動系列情報と個人を結び付けられてしまう危険性• 移動系列情報を収集者(携帯事業者など) から 外部の解析機関に委譲する場合とくに重要となる
  • 4. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 4 移動系列情報に対するプライバシ保護の難しさ • 移動系列情報の問題 • 似ている系列を持つ人が少ない • 系列が長ければ特に顕著 • k-匿名性などの適用が困難 • 既存研究 (LKC-プライバシ†, kmプライバシ‡) • 考える系列の長さを制限して弱い k-匿名性を実現 • 単一の出力のみを想定しており継続的に公開できない Pseudo ID 移動系列 A l1 → l2 → l3 → l4 → … B l1 → l2 → l3 → l5 → … … …† Benjamin C. M. Fung, Ming Cao, Bipin C. Desai, Heng Xu, “Privacy Protection for RFID Data Categoriesand Subject Descriptors”, Proc. of the 24th ACM Symposium on Applied Computing, pp.1528-1535, 2009.‡ Manolis Terrovitis, Nikos Mamoulis, Panos Kalnis, “Privacy-preserving anonymization of set-valued data”,Proc. VLDB Endow., pp.115-125, 2008.
  • 5. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 5本研究の取り組み• 移動履歴そのものを公開するのではなくヒストグラムを公開 • 各時間に与えられた POI に滞在している人数のみを出力する 各時刻各 POI の滞在人数 l3 時刻 l1 l2 l3 l4 l2 t1 1人 4人 10人 2人 l1 l4 t2 2人 8人 2人 6人• 人々はマルコフモデルに従い行動すると仮定 • つまり時刻 t+1 の滞在位置は時刻 t の滞在位置から確率的に決まると仮定 • その上で出力するヒストグラムが満たすべきプライバシーを定義• POI の nグラムに対するマルコフモデルへの拡張が可能 • 長さ n のパスに対するヒストグラムを公開することと同等 • ヒストグラムの出力問題からパスの出力問題へ拡張可能
  • 6. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 6基本事項• L個の POI が与えられているとする出力はヒストグラム π(t) • 移動系列情報の収集者が集計 • プライバシー定義を満足する形に修正し出力 • N 人分の移動系列情報を収集しているとする• 攻撃者 • マルコフモデルの遷移確率 P を知っていると仮定 • 時刻 t に攻撃対象が POI li に居たと知っている (背景知識) • 背景知識を κ(t) で書く: κ(t) = (0, 0, …, 1, 0, …0)t (確信度 = 1.0) i 番目 • s 時間後の時刻 t+s に対象が滞在している POI を推測する攻撃 GPS 解析者 移動履歴 GPS 収集者 GPS 攻撃者 ヒストグラム π(t)
  • 7. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 7プライバシ定義のアイデア• 時刻 t にPOI li にいた対象が t + s に lj にいると推測する確信度 • 出力ヒストグラムを用いない場合 p(lj | κ(t); P) • 出力ヒストグラムを用いる場合 p(lj | κ(t), π(t), π(t+1), …, π(t+s); P)• この二つの比が小さければ安全であるとする • すなわち出力ヒストグラムが攻撃者に与える情報が少ないことを意味する 「ヒストグラムによる攻撃者の確信度に与えるゲイン」として定義
  • 8. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 8確信度のゲインとプライバシ定義• 出力ヒストグラムが攻撃者に与える確信度のゲイン Gain(π(t), π(t+1), …, π(t+s); lj, κ(t), P) p(l j |  (t ),  (t ),  (t  1),...,  (t  s); P)  p(l j |  (t ); P) • このゲインが s が ε で抑えられるとき安全という Gain(π(t), π(t+1), …, π(t+s); lj, κ(t), P) < ε
  • 9. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 9攻撃者に対する確信度ゲインの評価 0.1• 攻撃者の背景知識 • 右記のマルコフモデルが公知 0.9 l1 l2 0.5 • 対象が時刻 t で l1 に滞在していた場合 • κ(t) = (1, 0)t 0.5 マルコフモデル例• ヒストグラムを用いない推測 • 時刻 t+1 に l1 にいると推測する場合 • p(l1 | κ(t); P) = 1 × 0.9 + 0 × 0.5 = 0.9 • 時刻 t+1 に l2 にいると推測する場合 • p(l2 | κ(t); P) = 1 × 0.1 + 0 × 0.5 = 0.1 s = 1 の例
  • 10. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 10出力ヒストグラムを用いた推測 0.1• 出力ヒストグラムが次のようであった 時刻 l1 l2 0.9 l1 l2 0.5 t 2人 1人 t+1 1人 2人 0.5 • π(t) = (2, 1)t, π(t+1) = (1, 2)t マルコフモデル例• ヒストグラムを用いて時刻 t+1 に l1 にいると推測する場合 • ヒストグラムを用いた推測 p(l1 | κ(t), π(t), π(t+1); P) の評価 p( (t ),  (t  1) |  1 ,  (t ); P) p( 1 ,  (t ); P) p(l1 | κ(t), π(t), π(t+1); P)   p( (t ),  (t  1) | ,  (t ); P) p(,  (t ); P)  s = 1 の例
  • 11. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 11出力ヒストグラム尤度の計算• p(π(t), π(t+1) | l1, κ(t); P) の評価 時刻 l1 l2 • ヒストグラム π(t) 及び π(t + 1) の尤度を表している t 2人 1人 • 3人の移動がどれほど尤もらしいのか? t+1 1人 2人 • 3人のうち攻撃対象1人は l1 から l1 に移動したと仮定 • 残り2人のヒストグラムに矛盾しない行動は? 攻撃対象: l1 → l 1 X さん: l1 → l 2 このような移動の起きる確率はマルコフモデルより 0.1 × 0.5 = 0.05 Y さん: l2 → l 2 • (X さんと Y さんが逆の場合は対称性より考えなくてよい) • この3人の行動を A1 と置くと 0.1 p(A1 | l1, κ(t); P) = 0.05 0.9 l1 l2 0.5 0.5 マルコフモデル例
  • 12. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 12出力ヒストグラム尤度の計算• p(π(t), π(t+1) | l2, κ(t); P) の評価 時刻 l1 l2 • 3人のうち攻撃対象1人は l1 から l2 に移動 t 2人 1人 t+1 1人 2人 • 残り2人のヒストグラムに矛盾しない行動は 攻撃対象: l1 → l2 A2 X さん: l1 → l1 p(A2 | l2, κ(t); P) = 0.9 × 0.5 = 0.045 Y さん: l2 → l2 攻撃対象: l1 → l2 A3 X さん: l1 → l2 p(A3 | l2, κ(t); P) = 0.1 × 0.5 = 0.05 Y さん: l2 → l1 0.1 0.9 l1 l2 0.5 0.5 マルコフモデル例
  • 13. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 13 出力ヒストグラムを用いた推測 • ヒストグラムを用いて時刻 t+1 に l1 にいると推測する場合 p( (t ),  (t  1) |  1 ,  (t ); P) p( 1 ,  (t ); P) p(l1 | κ(t), π(t), π(t+1); P)   p( (t ),  (t  1) | ,  (t ); P) p(,  (t ); P)  • 左辺は p( A1 |  1 , κ (t ); P) p( 1 , κ (t ); P)p( A1 |  1 , κ (t ); P) p( 1 , κ (t ); P)  p( A2 |  2 , κ (t ); P) p( 2 , κ (t ); P)  p( A3 |  2 , κ (t ); P) p( 2 , κ (t ); P) となり 0.47367 と計算できる • 同様に攻撃対象が時刻 t+1 に l2 にいると推測する場合 • p(l2 | κ(t), π(t), π(t+1); P) = 0.47368 p(A1 | l1, κ(t); P) = 0.05, p(A2 | l2, κ(t); P) = 0.045, p(A3 | l2, κ(t); P) = 0.05
  • 14. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 14攻撃者に対する確信度ゲインの評価• 以上より • ヒストグラムが与える時刻 t+1 に l1 にいる場合のゲインは • Gain(π(t), π(t+1); l1, κ(t), P) = 0.5263 • ヒストグラムが与える時刻 t+1 に l2 にいる場合のゲインは • Gain(π(t), π(t+1); l2, κ(t), P) = 4.7368• このヒストグラムが与えるゲイン 時刻 l1 l2 • 最大は 4.7368 t 2人 1人 • ヒストグラムによって確信度が約 5 倍になった t+1 1人 2人 • この値が許容できない場合 0.1 ヒストグラムを書き換える必要がある 0.9 l1 l2 0.5 0.5 マルコフモデル例
  • 15. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 15攻撃者に対する確信度ゲインの計算• 先ほどの例では • ヒストグラムが与える時刻 t+1 に l1 にいる場合のゲイン • ヒストグラムが与える時刻 t+1 に l2 にいる場合のゲイン を計算• 安全性の判定には最大ゲインが分かれば良い • 安全性の定義は Gain(π(t), π(t+1), …, π(t+s); lj, κ(t), P) < ε 0.1 • 計算が大変なのは下記の部分 攻撃対象: l1 → l2 l1 l2 0.5 0.9 X さん: l1 → l2 確率 = 0.05 0.5 Y さん: l2 → l1 マルコフモデル例 • 最大値のみで良ければ重み付き二部グラフの最大マッチ問題に帰着可 攻撃対象: l1 0.9 0.1 l1 X さん: 0.9 l1 0.1 重み=遷移確率 0.5 l2 Y さん: l2 0.5
  • 16. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 16プライバシと経過時間の関係• 攻撃者が対象の位置を観測してからの経過時間 s • s が小さい時、s 時間で到達可能な範囲は小さい • s が大きい時、到達可能範囲は広く可能な経路も複雑になる s が大きいほどヒストグラムによるプライバシの侵害度合いは大きい s = 3 で到達可能な範囲 s = 7 で到達可能な範囲
  • 17. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 17プライバシ定義の拡張• 出力ヒストグラムが攻撃者に与える確信度のゲイン Gain(π(t), π(t+1), …, π(t+s); lj, κ(t), P) p(l j |  (t ),  (t ),  (t  1),...,  (t  s); P)  p(l j |  (t ); P) • このゲインが s の単調減少関数 ε(s) で抑えられるとき安全という Gain(π(t), π(t+1), …, π(t+s); lj, κ(t), P) < ε(s) • s が大きいほどヒストグラムによるプライバシの侵害度合いは大きい を反映
  • 18. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 18 複雑なモデルへの拡張 • 提案のプライバシ定義の前提はマルコフモデル • より複雑なモデルに対しても適用できる 今までの議論 長さ 2 のパスに対するヒストグラム出力の例時刻 l1 l2 l3 l4 時刻 l1→l2 l1→l3 l2→l1 …t1 1人 4人 10人 2人 t1 1人 4人 10人 …t2 2人 8人 2人 6人 t2 2人 8人 2人 … • 長さ n のパスに対するヒストグラムを出力する場合 • LKC-プライバシや kmプライバシより公開可能な情報は少ない • しかしこれらは考えるパスの長さを制限している • ヒストグラムの出力問題でもこれらに近い情報を公開することが可能
  • 19. 2013/1/23 プライバシを考慮した移動系列情報解析のための安全性の提案 19まとめと今後の課題• 移動系列情報に対するプライバシ定義を提案 • 移動系列情報そのものではなく時間毎の POI 滞在人数を出力 • 人々の行動がマルコフモデルで表現できることを仮定 • マルコフ遷移確率のみを用いた推測とヒストグラムを用いた推測の比較• 今後の課題 • プライバシ条件を満足するヒストグラム書き換えメカニズム • 書き換えられたヒストグラムに対する解析結果の精度の評価