次世代型情報取得システムの構築技法 ~ CRUSE開発を通じて

  • 2,399 views
Uploaded on

クラウドおよびiphone等スマートフォンの発達により移動時に豊富な情報を得る環境が整いつつあります。しかしスマートフォンはPCほど画面は広くなく入力手段も乏しいため欲しい情報を的確に指示し一覧することが大変です。本セッションではこの課題を解決する”文脈指向マルチモーダル”というシステムの構築技法と、システムを構成する技術要素を情報取得システムCRUSEの開発を通じて解説します。

クラウドおよびiphone等スマートフォンの発達により移動時に豊富な情報を得る環境が整いつつあります。しかしスマートフォンはPCほど画面は広くなく入力手段も乏しいため欲しい情報を的確に指示し一覧することが大変です。本セッションではこの課題を解決する”文脈指向マルチモーダル”というシステムの構築技法と、システムを構成する技術要素を情報取得システムCRUSEの開発を通じて解説します。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
2,399
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
63
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 次世代型情報取得システムの 構築技法 ~ CRUSE開発を 通じて 19-4-C 伊藤純一 アイエニウエア・ソリューションズ株式会社 デジマビジネスユニット シニアエンジニア Developers Summit 2010
  • 2. アジェンダ  背景  課題と解決方法  システムの紹介  デモンストレーション  まとめ Developers Summit 2010
  • 3. 背景  情報インフラ発達により移動時に豊富な情報を得る 環境が整いつつある 端末インフラ 通信インフラ データインフラ モバイルPC クラウドの発達 携帯端末 企業内データ整備 WiFiやWiMAXによる 高速通信 移動時の情報活用が進んでいるとはいえない Developers Summit 2010
  • 4. 情報活用の課題①  携帯端末での情報取得  画面が広くない  情報を一度に閲覧できない  入力手段が乏しい  欲しい情報を的確に指示するのが大変  「キーワード入力⇒結果一覧」というPCの検索 方法をそのまま適用は無理 Developers Summit 2010
  • 5. 情報活用の課題②  システム提供側の都合  既存webアプリの携帯端末上での課題  PC向けにできている、表示が重い、動かない  携帯端末向けアプリの課題  メニュー階層の深い使いにくいアプリ  構築ノウハウの不足  携帯端末での情報活用に対するネガティブ Developers Summit 2010
  • 6. 課題に立ち向かう技術  RIA  Flash, HTML5...  マルチタッチ・インターフェース  加速度センサ  音声認識/音声合成  GPS  カメラ Developers Summit 2010
  • 7. 課題をどう解決するか?  情報を得ようとする人間の行動プロセス 操作 認知 判断  操作:ユーザー意図をシステムに伝える  認知:提示されたデータを認知する  判断:認知をもとに何をするか決める Developers Summit 2010
  • 8. 課題解決:操作  ユーザー意図をシステムに伝える方法の検討  その場で使える手段を自由に組み合わせる  音声  キー入力  タッチ入力  なるべく少ない手数でシステムを操作する  ここまでにシステムに与えられた入力を活用する  ユーザーの環境情報を利用する ⇒明示的に指定しなかった場合に暗黙情報として利用 (例:現在位置)  原則:シンプルに使えるもの Developers Summit 2010
  • 9. 課題解決:認知  データ表示方法の検討  瞬時に全体把握が可能な方法を使う  図形を効果的に使う  詳細はユーザーが必要なときに提示  複数種類の出力を活用  音声ガイダンス  振動による通知 ジャンル 場所 店名 地図上への イタリアン 東区1-2-3 Italiana 図示例 フレンチ 東区3-2-3 Le Royale フレンチ 千種区3-2 Bourgogne + イタリアン 千種区2-1 Chao フレンチ 東区3-2-3 Louis XIV : : : Developers Summit 2010
  • 10. 課題解決:判断  データ参照の視点を変える方法の検討  システムが視点の変え方をナビゲートする  データが多すぎるときは視点を狭く (例:絞り込む条件候補提示)  データがないときは視点を変える (例:変更するとデータが得られる条件の提示)  ナビゲートにユーザー嗜好を反映させる  ユーザーの試行錯誤を無くす  過去の操作履歴から嗜好を抽出  原則:主導はユーザー、あくまでオプションという位 置づけ Developers Summit 2010
  • 11. この考えをもとにした 文脈指向マルチモーダル モバイルユーザー クラウド 文脈指向マルチモーダルシステム 音声 入力手段を自由に組み合わせデー 意図をシステ ムに伝える各 タ抽出条件を指示 種手段 キー入力 操作文脈からの入力補完 タッチ入力 これはいい!! 環境情報を暗黙情報として利用 ユーザーの 位置情報 データ 環境情報 利用するデータを自動で選択 データ データ 操作提示 データ抽出状況とパーソナライズで システムによる ナビゲート 次操作を提示 音声通知 ナビゲーションを音声出力 ユーザーの 結果表示 データの図示 欲しいもの Developers Summit 2010
  • 12. 文脈指向マルチモーダル 内部の仕組み検討 入力を文字列に一元化 UI部 データ取得部 することで処理を共通化 音声 音声認識 語彙の辞書、概念定 義をもとに検索条件 概念定義をメタデータとし キー入力 に変換 てもちデータの変更や拡 張に強くする 画面タッチ 不足情報を文脈から 位置情報 補完 ユーザー操作の支援 対象データ の概念定義 操作提示 確定できない内容は RDB,XMLWeb対応 音声合成 対話で確認 (次操作ヒント) 音声通知 データ 得られた条件でデー データ タ抽出・結果取得 データ 結果一覧 地図表示 (結果を図示) 次操作のヒントを追 個人 加 プロファイル 認知を支援 Developers Summit 2010 パーソナライズ
  • 13. 内部のデータの流れ① 例:宿泊検索 日光で露天風呂に入り たい 場所=日光 UI部 データ取得部 属性=露天風呂あり 音声 音声認識 語彙の辞書、概念定 義をもとに検索条件 場所=日光 キー入力 に変換 属性=露天風呂あり 画面タッチ 不足情報を文脈から 位置情報 「施設種類を選んでください。 補完 対象データ ホテル、ペンション、民宿・・・」 の概念定義 操作提示 確定できない内容は 音声合成 対話で確認 (次操作ヒント) 音声通知 データ 得られた条件でデー データ タ抽出・結果取得 データ 結果一覧 地図表示 (結果を図示) 次操作のヒントを追 個人 加 プロファイル Developers Summit 2010
  • 14. 内部のデータの流れ② 例:宿泊検索 民宿がいいです タイプ=民宿 UI部 データ取得部 音声 音声認識 語彙の辞書、概念定 タイプ=民宿 義をもとに検索条件 文脈からの継続 キー入力 に変換 +場所=日光 +属性=露天風呂あり 画面タッチ 不足情報を文脈から 位置情報 補完 対象データ の概念定義 操作提示 確定できない内容は 音声合成 対話で確認 http://../?場所=日光&属性=露天 (次操作ヒント) 次の条件候補 風呂あり&タイプ=民宿 音声通知 ・卓球あり ・カード可 データ 得られた条件でデー データ タ抽出・結果取得 データ 結果一覧 地図表示 (結果を図示) 次操作のヒントを追 個人 加 プロファイル 卓球あり score=0.9 施設の一覧 カード可 score=0.8 ペット可 score=0.3 Developers Summit 2010 ...
  • 15. データ取得部の要素技術  以下の処理を1つのエンジン上で処理できるエージェ ント・ネットワーク(Answers Anywhere)を利用  語彙の辞書、概念定義をもとに入力文を解析  文脈を追跡して不足情報を補完する  解析結果よりSQLやXML Webからデータを取得  データの概念定義、過去の操作履歴、データの取得結果 から次操作を提示  複数ユーザーの同時アクセス、履歴記録に対応 Developers Summit 2010
  • 16. エージェント・ネットワーク 自然言語より意味を抽出し対話と処理を実行するエンジン 対象データの概念定義をネットワークで記述するビジュアル・プログラミングモデル  視覚的に編集できわかりやすい  概念定義がデータと1対1になり習得しやすい  コンパイル不要で作りながら動作確認でき、プロトタイプ開発容易  ネットワークの結合により拡張が容易  JavaAPIで動作をカスタマイズ可能  反復テスト可能なテストツール付属 Command(操作) Object(テーブル) Field(カラム) Relation エージェントを配置、キーワードを定義し線で結ぶ (ジョイン) エージェントとデータの列 が1対1で対応 Developers Summit 2010
  • 17. デモ:iCRUSE コンセプト「電話で人と話をしているかのように検索する」 ボイス検索 言葉の解析 店舗情報を持つ Juliusで音声を認識 自然文を解析し、 外部Webサービス 文脈を理解して検索します 中華が 食べたい 他に ・・・ 対話の生成 音声フィードバック 検索結果と共に HotPepper パーソナライズされた グルメサーチAPI 条件候補を返します Developers Summit 2010
  • 18. デモ:iCRUSE Developers Summit 2010
  • 19. 適用可能性  文脈指向マルチモーダルが適する領域  属性の種類が多い構造化されたデータ  個体の抽出を目的とし図示が有効なデータ  エンタープライズ向け  営業員向け顧客情報検索システム  社内文書検索システム  コンシューマー向け  多種コンテンツの串刺し検索  twitter・Googleバズをトリガで動く情報端末 Developers Summit 2010
  • 20. おわりに  本日のまとめ  移動時における情報活用のためのシステムに文 脈指向マルチモーダルが有効  Answers Anywhereによる文脈指向マルチモーダ ルの構築  謝辞  株式会社モンスター・ラボ様  iCRUSEの共同開発 Developers Summit 2010
  • 21. お知らせ  iCRUSE無償版  AppStoreにて近日公開予定  Answers Anywhere情報  無償評価用SDK  http://www.ianywhere.jp/dl/dl_evl.html  開発者向けCodeZine連載記事  http://codezine.jp/article/corner/309  セミナーのお知らせ  Answers Anywhere技術セミナー(3/18開催) Developers Summit 2010