ITpro EXPO 2011 クラウド上での業務アプリ開発
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

ITpro EXPO 2011 クラウド上での業務アプリ開発

on

  • 885 views

クラウド上で開発する上での疑問 ...

クラウド上で開発する上での疑問
1. クラウドのデータ移行?
2. クラウドの運用保守?
3. クラウドの障害対策・信頼性?
4. クラウドのセキュリティ?
5. クラウドのキャパシティー?
6. クラウドのパフォーマンスチューニング?

Statistics

Views

Total Views
885
Views on SlideShare
885
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
4
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

ITpro EXPO 2011 クラウド上での業務アプリ開発 ITpro EXPO 2011 クラウド上での業務アプリ開発 Presentation Transcript

  • ITpro EXPO 2011 クラウド上での業務アプリ開発 取締役 ソリューション部 部長 今岡 純二
  • 株式会社テラスカイ ご紹介①社 名 :株式会社テラスカイ所 在 地 :〒101-0032 東京都千代田区 岩本町3-9-17スリーセブンビル9FU R L :http://www.terrasky.co.jp/設 立 :平成18(2006)年4月資 本 金 :13,970万円代 表 者 :代表取締役社長 佐藤 秀哉 1
  • 株式会社テラスカイ ご紹介②Salesforce認定 コンサルタント数 トップクラス *セールス・フォース・ドットコム社ホームページ参照 【2011年9月1日現在】 191社816名中保有率NO.2のコンサルタント合格者: 42名 Salesforce認定 デベロッパー数 トップクラス *セールス・フォース・ドットコム社ホームページ参照 【2011年9月1日現在】 156社564名中保有率No.4のデベロッパー合格者: 28名Salesforce認定 上級デベロッパー数 トップクラス *セールス・フォース・ドットコム社ホームページ参照 【2011年9月1日現在】 19社45名中保有率No.3の上級デベロッパー合格者: 3名 2
  • 株式会社テラスカイ ご紹介③<卓越したクラウド導入実績> 業種・業態問わず、600件を超えるSalesforce導入実績 その他 多数 3
  • クラウド上で開発する上での疑問1. クラウドのデータ移行?2. クラウドの運用保守?3. クラウドの障害対策・信頼性?4. クラウドのセキュリティ?5. クラウドのキャパシティー?6. クラウドのパフォーマンスチューニング? 4
  • クラウドのデータ移行 大量データの初期移行は難関!! データ移行ツール Force.comの場合… •移行ツールの有無?/大量データへの対応は? ・インポートウィザード •クラウドのストレージに対応したデータ変換も必 ・Apex DataLoader 要! ・EAI/ETL製品 データ移行にかかる時間 •実際にかかる時間の計測は不可欠 •回線速度、実データ長、カラム数、実施時間帯、 曜日 移行時の障害対策/制限事項 •リハーサル環境/トレーニング等を考慮した計画 •ネットワーク障害/APIコール数の制限 5
  • クラウドの運用保守  運用保守はとても楽!! Force.comにおけるシステム監視の例 監視対象 監視内容例 監視運用保守の負担 低 サーバ CPU使用率、メモリ使用率 × SaaS ストレージ ディスク使用率 × PaaS これからの運用保守は何するの? ネットワーク機器 ポート監視、稼働監視 × データベース 稼働監視、パフォーマンス × IaaS プラットフォーム イベントログ、サービス稼働監視 × 高 ネットワーク パケット流量、エラーパケット、破 × 棄パケット ユーザアプリ Force.com上に構築したアプリ ○ 6
  • クラウドの運用保守 運用保守のあり方は変わる! ビジネスへの影響・変 化 新機能の評価・検証年3回バージョンアップ 7
  • クラウドの障害対策・信頼性 データバックアップのレベルは柔軟に選択! Force.comによるバックアップトランザクションレベルのミラーリン データセンター間でのミラーリング グ Force.comが提供するユーザ向けバックアップ CSV形式でデータをエクスポート 手動、週次、月次スケジューリング バックアップ を復元する機 能は提供され ツールを利用したバックアップ ていない!! より柔軟なスケジューリング、差分取 EAI/ETLツール 得 8
  • クラウドの障害対策・信頼性 サービスの停止はある? 計画停止はある。ただし、停止時間はより短くなる方向へ! trust.salesforce.comによる情報公開  世界中のインスタンスの稼働状況を確認することが可能  人気のある公開APIをモニタするサービス  WatchMouse 9
  • クラウドのセキュリティ Force.com自体の脆弱性評価は不要!! 全ての 第三者機 高度なセ コードの 関による キュリ 脆弱性テ 評価 ティ スト セキュリティ対策は全く不要? 企業が定めるセキュリ ティポリシーに対応可 能かの事前確認は必須 ユーザが開発するアプリは必要! • セキュリティ設定ミス • SOQLインジェクション/XSS • 共有ルールを逸脱したデータアクセス 10
  • クラウドのキャパシティー データ容量の見極めは重要!! ランニング費用に直結! 容量の算定方法を知っておく! Force.comの場合 (データストレージ) 一部の例外を除き1レコードを2KBで計算Force.comにおけるストレージ容量種別 Enterprise Edition Unlimited Edition ユーザあたり 20MB または ユーザあたり 120MB またはデータストレージ 1GB 以上 1GB 以上 ユーザあたり 612MB または ユーザあたり 612MB またはファイルストレージ 11GB 以上 11GB 以上 11
  • クラウドのキャパシティー UIマッシュアップ!! Force.com 利用者 MashUpサーバ (ORACLE) 主契約 貸付・解約 満期情報 契約者 契約情報 満期情報 特約 etc etc 必要デー 2 タの取得 データ連携 データ連携 画面( HTML ) 3 1 をレスポンスForce.com連携用 MashUp連携用 リンクをクリック ファイル転送 ファイル転送 ホスト 基幹システムDB 12
  • クラウドのキャパシティー クラウドを適材適所で使い分け!! バックアップ S3 写真・ドキュメント Amazon Simple Storage Service データ連携のクラウドサービス 13
  • クラウドのパフォーマンスチューニング  ユーザレベルでチューニングできる余地は少ない!! プラットフォームの 特性を知る Force.comはRDBMSの特性に近い • RDBMS • 分散KVSチューニングできる余地 特性を知る 少ない SaaS • ユーザ数 PaaS • レコード数 • アクセスコントロール 影響の要因 IaaS 多い • セグメント化 • ティアリング • インデックス 何ができる 14
  • クラウドのパフォーマンスチューニング クラウドの制限と上手く付き合う!! どのクラウドにも制限はあるForce.comにおける代表的なガバナ制限説明 制限1回のトランザクションで実行できるSOQLクエリの合計回数 1001回のトランザクションでSOQLクエリにより取得できる合計レコード数 50,0001回のトランザクションで実行できるDML文の合計回数 1501回のトランザクションで実行可能なステートメント数 200,0001回のトランザクションで消費できるメモリヒープサイズ 3 MB パフォーマンス良いアプリを作るうえでの指針!! 15
  • Q&Aセッション 16
  • Force.comのすべて~設計・開発 実践マニュアル~テラスカイ 今岡 純二 (著)セールスフォース・ドットコム (監修)2011年10月23日発行 17
  • ご清聴ありがとうございました 株式会社テラスカイ 今岡 純二 18