オープンなジオを
めぐる最近の動き
2013年7月5日
OSGeo財団日本支部
代表者 森亮
moritoru@osgeo.jp
本日の話
1. 最近の「ジオ」まわりの変化
2. 「オープン」というトレンド
3. 「オープンデータ」を読み解く
4. これを支える「コミュニティ」
最近の「ジオ」
まわりの変化
ジオって?
ジオと言えば、
やっぱり
この話題?
7
http://ja.wikipedia.org/wiki/パチンコガンダム駅
だよね!
私も
少し人生が変わりました
8
私のブログ(2012年9月23日)
FB「いいね!」2,619
2,808のTweet 日経電子版
(2012年10月17日)
Apple騒動が意味すること
• 「ジオ」はみんなのもの
• Mapアプリは「無くてはならない」存在
• それが「社会現象的」に証明された
もう一つ、
ジオと言えば
3.11 ものすごい地震・津波がおきました。
皆様の人生にも
大きな影響があったはず
ジオのコミュニティも
震災支援
震災後の陸前高田沿岸
国土地理院提供 空中写真
空中写真を有効活用するには,正確な位置情報
を付加する幾何補正作業が必要
空中写真
幾何補正を行い,
他のデータを重ね合わせた写真
北
呼びかけはメーリングリストで
@wata909ドイツ在住
この動きは大きな広がりとなる
空中写真の撮影・公開
空中写真の幾何補正
空中写真データの配信
空中写真の利用
サーバー環境の支援
震災支援が意味すること
• ジオ「コミュニティ」のパワーと広が
り
• 「プロ」「アマチュア」などの立場を問わ
ず、やれる人がタイムリーに協力しあう
Apple地図騒動と震災
支援に共通すること
ジオは
「特別」ではなく「みんなのもの」
誰もが使って良いし、実際に使える
「オープン」という
トレンド
Open Source
Open Data
Open Air
Open ...
流行っています
いろいろな「オープン」
• オープンソース
• プログラムのソースコードが公開されている
• FOSS4Gツールもこの一つ
• オープンスタンダード
• 標準となるべく仕様や規格が公開されている
• オープンデータ
• データとその仕様が公開さ...
「オープン」と「自由」は
車の両輪
「自由」が保証されて初めて
「オープン」が意味を持つ
• 利用する自由
• 編集・改変する自由
• 配布する自由
• ...
むしろ、「自由」の方が重要
震災支援も
• 自由に使えるソフトウェアツール
(FOSS4G)があった
• ツールはどれだけコピーしても、誰に配布
しても良い
• 機能が足りなければ追加すれば良い
オープンというトレンドが
行き着く先
• ジオはコモディティになる
• 誰もが、いつでも、制限無く利用できる
• ハードウェア、ソフトウェア、そしてデータ
も・・・
オープンデータを
読み解く
オープンデータとは
• 特定のデータが、一切の著作権、特許などの制御
メカニズムの制限なしで、全ての人が望むように
利用・再掲載できるような形で入手できるべきで
あるというアイデアである。
• オープンデータ運動のゴールは、オープンソース、
オ...
以前から期待されていた
• 政府機関、自治体には膨大なデータが
蓄積されている
• このデータを活用することで、社会全
体の利益になりうるはず・・
そのデータを使える
条件が整った
• データを公開するためのネット環境
• データを加工・分析・活用するツール
• その結果を参照、利用するハード
• これらを取り扱う人材(民間、コミュ
ニティ)
しかし行政のデータには
制限が付きもの・・
• 二次利用、商用利用の禁止
• PDFなど、プログラムアクセス不可能な
形態での提供
• 公開範囲の限定
行政の内部でしか利用できず、
民間の知恵、コミュニティの力を利用できない
問題解決に動き出す
• 二次利用を促進する利用ルールの整備
• 二次利用を認めることを原則
• 機械判読に適したデータ形式での公開の拡大
• 機械判読に適した構造・データ形式でも公開することを原則
• 重点分野(白書、防災・減災情報、地理空間情...
新市場の創出
• 高まる期待感
• 市場規模が約1.2兆円、経済波及効果が約5.5兆
円の推測も
• 「オープンデータ流通推進コンソーシアム」
• 105団体、10自治体
• トヨタ自動車、NTTドコモ、東芝、電通、マイクロソフト、日本経済新
...
期待先行?
• ポテンシャルだけの状態
• まだ実際の市場は無い
• 実はバブルかもしれない・・?
4つのうち、3つ っている
✓ ハードウェア
データ ✓ ソフトウェア
✓ コミュニティ
オープンデータは
「オープンパズル」の
最後のピース
4つ全部 えば
市場成立の障害は無くなる
今後、これを前提として
ビジネス・サービスが
広がる
そんな流れの中で
FOSS4Gツールは
激しく発展しています
■ Browser Clients
OpenLayers	
  -­‐	
  	
  Browser	
  GIS	
  Client
Geomajas	
  -­‐	
  	
  Browser	
  GIS	
  Client
Mapben...
特に、最近感じる
ホットなトレンドは二つ
1. データを徹底的にいじくる
2. 結果をすぐに配信する
データを徹底的にいじくる
• QuantumGISやGRASS GISの利用者が日本でも急増
• 機能強化が加速
• 商用ツールの高価なエクステンションに対応する機能も多い
• 日本語対応
• OSGeo財団日本支部のメンバーが尽力しています
...
結果をすぐに配信する
• MapBoxの成功
• http://www.mapbox.com
• 自分の「地図」を配信できるクラウドサービス
• ベースマップはOpenStreetMapで、その上に簡単に主題図
をオーバーレイできる
• 月額5...
データを
いじくる
結果を
配信する
配信システムを
構築する
数年前まで
なかなか
手頃なデータが
見つからない
データを
徹底的に
いじくる
結果を
すぐに
配信する
ネットから
データを
ダウンロード
今なら
データを
徹底的に
いじくる
結果を
すぐに
配信する
ネットから
データを
ダウンロード
今なら
オープンデータ
GRASS
QGIS
R
MapBox
Tilemill
システム開発が不要に
なってきているのです
徐々に
システム開発は、利用者に
とってボトルネックでした
お金も時間も知識も
要るからです
そこから解放される
日が来つつあります
行き着く先は、
「利用者が主人公」の時代
この流れを支える
オープンソースGIS
コミュニティ
それがOSGeo財団
OSGeo財団は
FOSS4Gツールの開発と利用
を推進するコミュニティです
• 各種FOSS4Gコミュニティが集まる国際コミュニティ
• 2006年創立 日本支部も2006年
• 毎年秋に
国際カンファレンスを開催
• http://www.osgeo.org/
OSGeo財団
FOSS4Gは国際カンファレンス
の名前でもあります!
— FOSS4Gの利用促進活動
— 毎年,東京,大阪,北海道でカンファレンス開催
— FOSS4G関連ワークショップ
— 2010年 IPA OSS奨励賞
http://www.osgeo.jp
OSGeo財団日本支部の活動
最新の活動は
ここを見ていればわかります
• HP
• http://www.osgeo.jp/
• http://wiki.osgeo.jp/
• Facebook
• https://www.facebook.com/osgeojapan
...
そして、悩み相談は
• OSGeoJPのメーリングリスト
• こちらから加入(もちろん無料)
• http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/
osgeojapan-discuss
OSGeo財団の活動は
皆様に支えられています
• 団体会員
• 株式会社オークニー
• 大阪市立大学創造都市研究科
• オートデスク株式会社
• マップコンシェルジュ株式会社
• 株式会社カーネル
• 五大開発株式会社
• 特定非営利活動法人...
皆様の参加を
お待ちしています!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

FOSS4G北海道2013基調講演(オープンなジオをめぐる最近の動き)

959 views
893 views

Published on

2013年7月5日に札幌市で行った基調講演スライドです。

FOSS4G北海道2013基調講演(オープンなジオをめぐる最近の動き)

  1. 1. オープンなジオを めぐる最近の動き 2013年7月5日 OSGeo財団日本支部 代表者 森亮 moritoru@osgeo.jp
  2. 2. 本日の話 1. 最近の「ジオ」まわりの変化 2. 「オープン」というトレンド 3. 「オープンデータ」を読み解く 4. これを支える「コミュニティ」
  3. 3. 最近の「ジオ」 まわりの変化
  4. 4. ジオって?
  5. 5. ジオと言えば、 やっぱり
  6. 6. この話題?
  7. 7. 7 http://ja.wikipedia.org/wiki/パチンコガンダム駅 だよね!
  8. 8. 私も 少し人生が変わりました 8 私のブログ(2012年9月23日) FB「いいね!」2,619 2,808のTweet 日経電子版 (2012年10月17日)
  9. 9. Apple騒動が意味すること • 「ジオ」はみんなのもの • Mapアプリは「無くてはならない」存在 • それが「社会現象的」に証明された
  10. 10. もう一つ、 ジオと言えば
  11. 11. 3.11 ものすごい地震・津波がおきました。
  12. 12. 皆様の人生にも 大きな影響があったはず
  13. 13. ジオのコミュニティも 震災支援
  14. 14. 震災後の陸前高田沿岸 国土地理院提供 空中写真
  15. 15. 空中写真を有効活用するには,正確な位置情報 を付加する幾何補正作業が必要 空中写真 幾何補正を行い, 他のデータを重ね合わせた写真 北
  16. 16. 呼びかけはメーリングリストで @wata909ドイツ在住
  17. 17. この動きは大きな広がりとなる 空中写真の撮影・公開 空中写真の幾何補正 空中写真データの配信 空中写真の利用 サーバー環境の支援
  18. 18. 震災支援が意味すること • ジオ「コミュニティ」のパワーと広が り • 「プロ」「アマチュア」などの立場を問わ ず、やれる人がタイムリーに協力しあう
  19. 19. Apple地図騒動と震災 支援に共通すること
  20. 20. ジオは 「特別」ではなく「みんなのもの」 誰もが使って良いし、実際に使える
  21. 21. 「オープン」という トレンド
  22. 22. Open Source Open Data Open Air Open ... 流行っています
  23. 23. いろいろな「オープン」 • オープンソース • プログラムのソースコードが公開されている • FOSS4Gツールもこの一つ • オープンスタンダード • 標準となるべく仕様や規格が公開されている • オープンデータ • データとその仕様が公開されている • OpenStreetMapもこの一つ
  24. 24. 「オープン」と「自由」は 車の両輪
  25. 25. 「自由」が保証されて初めて 「オープン」が意味を持つ • 利用する自由 • 編集・改変する自由 • 配布する自由 • ... むしろ、「自由」の方が重要
  26. 26. 震災支援も • 自由に使えるソフトウェアツール (FOSS4G)があった • ツールはどれだけコピーしても、誰に配布 しても良い • 機能が足りなければ追加すれば良い
  27. 27. オープンというトレンドが 行き着く先 • ジオはコモディティになる • 誰もが、いつでも、制限無く利用できる • ハードウェア、ソフトウェア、そしてデータ も・・・
  28. 28. オープンデータを 読み解く
  29. 29. オープンデータとは • 特定のデータが、一切の著作権、特許などの制御 メカニズムの制限なしで、全ての人が望むように 利用・再掲載できるような形で入手できるべきで あるというアイデアである。 • オープンデータ運動のゴールは、オープンソース、 オープンコンテント、オープンアクセスなどの、他 の「オープン」運動と似ている。 http://ja.wikipedia.org/wiki/オープンデータ
  30. 30. 以前から期待されていた • 政府機関、自治体には膨大なデータが 蓄積されている • このデータを活用することで、社会全 体の利益になりうるはず・・
  31. 31. そのデータを使える 条件が整った • データを公開するためのネット環境 • データを加工・分析・活用するツール • その結果を参照、利用するハード • これらを取り扱う人材(民間、コミュ ニティ)
  32. 32. しかし行政のデータには 制限が付きもの・・ • 二次利用、商用利用の禁止 • PDFなど、プログラムアクセス不可能な 形態での提供 • 公開範囲の限定 行政の内部でしか利用できず、 民間の知恵、コミュニティの力を利用できない
  33. 33. 問題解決に動き出す • 二次利用を促進する利用ルールの整備 • 二次利用を認めることを原則 • 機械判読に適したデータ形式での公開の拡大 • 機械判読に適した構造・データ形式でも公開することを原則 • 重点分野(白書、防災・減災情報、地理空間情報、人の移動に関する情報、 予算・決算・調達情報) • 公開データの拡大 • 新ビジネスへの利用が期待される等のデータについて、公開を拡大 • 公開できない・二次利用が認められないものを除き、公開を拡大 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/dai4/siryou1.pdf 2013年6月14日  内閣官房IT総合戦略本部決定(抜粋)
  34. 34. 新市場の創出 • 高まる期待感 • 市場規模が約1.2兆円、経済波及効果が約5.5兆 円の推測も • 「オープンデータ流通推進コンソーシアム」 • 105団体、10自治体 • トヨタ自動車、NTTドコモ、東芝、電通、マイクロソフト、日本経済新 聞社など大企業も会員 • http://www.opendata.gr.jp
  35. 35. 期待先行? • ポテンシャルだけの状態 • まだ実際の市場は無い • 実はバブルかもしれない・・?
  36. 36. 4つのうち、3つ っている ✓ ハードウェア データ ✓ ソフトウェア ✓ コミュニティ
  37. 37. オープンデータは 「オープンパズル」の 最後のピース
  38. 38. 4つ全部 えば 市場成立の障害は無くなる
  39. 39. 今後、これを前提として ビジネス・サービスが 広がる
  40. 40. そんな流れの中で
  41. 41. FOSS4Gツールは 激しく発展しています
  42. 42. ■ Browser Clients OpenLayers  -­‐    Browser  GIS  Client Geomajas  -­‐    Browser  GIS  Client Mapbender  -­‐    Geoportal  Framework MapFish  -­‐    Web  Mapping  Framework ■ Crisis Management   Sahana  Eden  -­‐    Disaster  management Ushahidi  -­‐    Mapping  and  Timeline  for  events ■ Databases  PostGIS  -­‐    SpaBal  Database SpaBaLite  -­‐    Lightweight  Database Rasdaman  -­‐    MulB-­‐Dimensional  Raster  Database pgRouBng  -­‐  RouBng  for  PostGIS ■  Desktop  GIS  Quantum  GIS   GRASS  GIS   gvSIG  Desktop   User-­‐friendly  Desktop  Internet  GIS  (uDig)   Kosmo  Desktop   OpenJUMP  GIS   SAGA   OSSIM  -­‐    Image  Processing Geopublisher-­‐    Catalogue AtlasStyler  -­‐    Style  Editor osgEarth  -­‐    3D  Terrain  Rendering MB-­‐System  -­‐    Sea  Floor  Mapping ■  NavigaBon  and  Maps GpsDrive  -­‐    GPS  NavigaBon Marble  -­‐    Spinning  Globe OpenCPN  -­‐    Marine  GPS  ChartploRer OpenStreetMap  -­‐    OpenStreetMap  Tools Prune  -­‐    View,  Edit  and  Convert  GPS  Tracks Viking  -­‐    GPS  Data  Analysis  and  Viewer zyGrib  -­‐  Weather  Forecast  Maps ■ SpaBal  Tools GDAL/OGR  -­‐    GeoSpaBal  Data  TranslaBon  Tools GMT  -­‐    Cartographic  Rendering Mapnik  -­‐    Cartographic  Rendering OTB  -­‐    Image  Processing MapTiler  -­‐    Create  Map  Tiles R  SpaBal  Task  View  -­‐    StaBsBcal  Programming GeoKeRle  -­‐    Data  IntegraBon ■  Web  Services deegree   GeoServer   MapGuide  Open  Source   MapServer   QGIS  mapserver   GeoNetwork  -­‐    Metadata  Catalog  and  Catalog   Services  for  Web 52°North  WPS  -­‐    Web  Processing  Service 52°North  SOS  -­‐    Sensor  ObservaBon  Service ZOO  Project  -­‐    Web  Processing  Service これでもFOSS4Gツールの一部にしか過ぎません
  43. 43. 特に、最近感じる ホットなトレンドは二つ
  44. 44. 1. データを徹底的にいじくる 2. 結果をすぐに配信する
  45. 45. データを徹底的にいじくる • QuantumGISやGRASS GISの利用者が日本でも急増 • 機能強化が加速 • 商用ツールの高価なエクステンションに対応する機能も多い • 日本語対応 • OSGeo財団日本支部のメンバーが尽力しています • 使い方が学べる • 各地で講習会も開催されるようになっています • 使い方を紹介した日本語のサイトも増えています • 出版の動きもあります
  46. 46. 結果をすぐに配信する • MapBoxの成功 • http://www.mapbox.com • 自分の「地図」を配信できるクラウドサービス • ベースマップはOpenStreetMapで、その上に簡単に主題図 をオーバーレイできる • 月額5ドルから、手頃な料金プラン • サービス開始からまだ丸2年少々で、Foursquare, USA Today, Evernote, Greenpeaceなどが採用
  47. 47. データを いじくる 結果を 配信する 配信システムを 構築する 数年前まで なかなか 手頃なデータが 見つからない
  48. 48. データを 徹底的に いじくる 結果を すぐに 配信する ネットから データを ダウンロード 今なら
  49. 49. データを 徹底的に いじくる 結果を すぐに 配信する ネットから データを ダウンロード 今なら オープンデータ GRASS QGIS R MapBox Tilemill
  50. 50. システム開発が不要に なってきているのです 徐々に
  51. 51. システム開発は、利用者に とってボトルネックでした
  52. 52. お金も時間も知識も 要るからです
  53. 53. そこから解放される 日が来つつあります
  54. 54. 行き着く先は、 「利用者が主人公」の時代
  55. 55. この流れを支える オープンソースGIS コミュニティ
  56. 56. それがOSGeo財団
  57. 57. OSGeo財団は FOSS4Gツールの開発と利用 を推進するコミュニティです
  58. 58. • 各種FOSS4Gコミュニティが集まる国際コミュニティ • 2006年創立 日本支部も2006年 • 毎年秋に 国際カンファレンスを開催 • http://www.osgeo.org/ OSGeo財団
  59. 59. FOSS4Gは国際カンファレンス の名前でもあります!
  60. 60. — FOSS4Gの利用促進活動 — 毎年,東京,大阪,北海道でカンファレンス開催 — FOSS4G関連ワークショップ — 2010年 IPA OSS奨励賞 http://www.osgeo.jp OSGeo財団日本支部の活動
  61. 61. 最新の活動は ここを見ていればわかります • HP • http://www.osgeo.jp/ • http://wiki.osgeo.jp/ • Facebook • https://www.facebook.com/osgeojapan • twitter • @OSGeoJP
  62. 62. そして、悩み相談は • OSGeoJPのメーリングリスト • こちらから加入(もちろん無料) • http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/ osgeojapan-discuss
  63. 63. OSGeo財団の活動は 皆様に支えられています • 団体会員 • 株式会社オークニー • 大阪市立大学創造都市研究科 • オートデスク株式会社 • マップコンシェルジュ株式会社 • 株式会社カーネル • 五大開発株式会社 • 特定非営利活動法人Digital北海道 研究会 • 株式会社野村総合研究所 • 株式会社パイプデザイン • 北海道地図株式会社 • 株式会社マピオン • 個人会員(約80名)
  64. 64. 皆様の参加を お待ちしています!

×