【アシアル塾】Linux超入門編・第一回はじめてのターミナル(黒い画面)操作

4,890 views
4,886 views

Published on

アシアル塾のLinux超入門に関する教材です。
SSHコマンドやターミナルソフトを使ってLinuxにログイン。
コマンド操作などを学習します。

Published in: Engineering
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,890
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,747
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【アシアル塾】Linux超入門編・第一回はじめてのターミナル(黒い画面)操作

  1. 1. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 1 Linux超入門 はじめてのLinux操作 1回3,000円のWeb技術教育・アシアル塾
  2. 2. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 2 本講座の目的  本講座の目的 • Webの仕事に携わる上で避けて通れないLinuxサーバーの役割を理解します • いわゆる黒い画面を利用した操作方法を学びます • サーバーのファイルを直接変更する方法を学びます  受講対象者 • Webを普段から利用しており、Linuxサーバーに興味関心がある方  第一回目(はじめてのLinux操作)の目標 1. Linuxの役割を理解する 2. ターミナル経由でサーバーにログインして簡単な操作を行うことができる 3. コマンド・パイプやリダイレクトを理解する 4. viでファイルを編集することができる
  3. 3. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 3 サーバーの役割とLinux
  4. 4. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 4 サーバーとは  サーバーとは • クライアントからのリクエストに応えてサービスを提供するプログラム  例:Webサーバー、メールサーバー、FTPサーバー  サーバーが動作するハードウェア • パソコンでもサーバー用OSやサーバーソフトは動きます  ただし24時間365日安定して稼働させるためには少し高価なパーツを選ぶ必要があります。  あるいは複数のコンピューターでクラスタや冗長化構成を組み、故障しても動き続けるようにします  サーバーが動作するOS • WIndowsでもMacでもLinuxでもサーバーは動きます  Linuxは無料かつソフトや情報も豊富なので、Webの世界では大体Linuxが利用されています。
  5. 5. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 5 LAMP構成  LAMP構成とは • Webサイトで採用されるOSやサーバーソフトの典型的な構成例です。  Linux(OS)、Apach(Webサーバー)、MySQL(データベースサーバー)、 PHP(プログラミング言語)の頭文字  全てオープンソースなので無料で入手可能です • WordPress等のCMSソフトもLAMP構成の上で構築されていることが多いです • CMSに限らず大体のWebシステムはLAMPで構築することが可能です  LAMP以外の選択肢の例 • PHP言語を使わない場合 • WindowsOSを使う場合 • 性能を重視してApacheではなくNginxを利用する場合 • 機能を重視してMySQLではなくPostgreSQLを利用する場合 LAMPとWebシステムのイメージ図 (あくまでイメージです) Linux Apache MySQL PHP Webシステム ハードウェア
  6. 6. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 6 レンタルサーバーと専用サーバー・VPSとクラウドの違い  レンタルサーバー • 既にサーバーソフトがセットアップされたコンピューターのユーザーアカウントを借りて利用する方式 • メンテナンスの手間は無いが自由度が少ない。また、一つのOSを共有することの問題もある。  専用サーバー • 専用のサーバーを借りて利用する方式。  データセンターにラックを借りて自分でサーバーを持ち込む方式はハウジング • レンタルサーバと反対。自由度は高いが構築やメンテナンスの手間がある。また、セキュリティを自分で 担保する必要がある。  VPS • 仮想サーバーを借りて利用する方式。 • 専用サーバーと大体同じだが専用サーバーを1台まるごと借りるよりも安い。  クラウド • クラウドの範囲が広いので一概には言えないが、VPSを更に柔軟にしたような方式が存在する。 • 仮想サーバーを1時間単位や1日単位から利用できる。また、CPUやメモリ・ディスクも柔軟に変更するこ とができる。
  7. 7. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 7 SSHによる接続と基本的なコマンド操作
  8. 8. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 8 SSHとは  SSHとは • Secure SHellの略  セキュアにリモートのコンピューターと通信を行うことができるプロトコル(通信規約) – 認証時のパスワードやデータがすべて暗号化される  サーバーOSのシェル(操作用のインターフェース)を利用することができる  ※シェルについては後述します  特徴 • SSHではシェルによる操作だけでなくファイル転送も行うことができる  scpコマンドやsftpコマンドが用意されている  ※安全にファイル転送できるためFTPなどよりもお勧めです
  9. 9. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 9 SSH接続の確立  サーバー側の準備 • SSH対応のレンタルサーバーであれば特に準備は不要です • 最近のLinuxOSであればSSHサーバーが最初から起動している場合が多いです  クライアント側の準備 • SSHクライアントソフトを用意してください  Windowsの場合 – Poderosa » ja.poderosa.org – PuTTY • Macの場合  ターミナルからsshコマンドで接続することが可能です – ssh ログイン名@ホスト名
  10. 10. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 10 Poderosaの使い方  起動の流れ • Poderosaのアイコンをクリック • ファイル→新規Telnet/SSH接続 • ホストに接続先のアドレスを入力 • アカウントにユーザ名を入力 • パスフレーズにパスワードを入力
  11. 11. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 11 Poderosaの使い方  Poderosaのメリット • タブによる複数接続が行えます • パスワード以外にも鍵認証方式によるSSH接続が行えます • 標準で日本語の各種文字コードに対応しています • 接続先を自動的に履歴してくれるため、複数のサーバを管理する場合は重宝します
  12. 12. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 12 ターミナル(仮想端末)とシェル  今接続しているSSHクライアントソフトの画面やターミナルは「仮想端末」とも呼びます • 昔は物理的な「端末」を直接サーバに接続してました  シェル • シェルはOSの機能を利用するためのインタフェースです。  OSのカーネル(中核部分)にプログラムの実行やファイルの入出力を指示することができます。 • シェルから「コマンド」を呼び出すことでOSの機能を利用することができます ※VT100端末 By ClickRick
  13. 13. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 13 基本的なコマンド  コマンド • Linuxサーバーには1000以上のコマンドが存在します(環境によります)。 • コマンド名は英単語や複数の単語の頭文字を取ったものが大半です • コマンドにオプションや引数を渡すことで目的に沿った処理を行わせることができます  基本的なコマンド • まずは最低限の操作を行えるよう、以下のコマンドを使ってみましょう。  ※下記の分類は分かりやすくするためのもので公式的な分類ではありません。 環境コマンド pwd cd 表示コマンド ls cat man 検索コマンド find grep ファイル操作 コマンド cp mv rm ディレクトリ操 作 コマンド mkdir rmdir
  14. 14. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 14 【実習】環境コマンド  環境コマンド • pwd  現在のカレントディレクトを表示します • cd  パスを指定することでカレントディレクトリを変更します  パスを指定しない場合はホームディレクトリに移動します  実習 $ pwd $ cd /tmp/ $ pwd $ cd ~/public_html/ $ pwd
  15. 15. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 15 【実習】表示コマンド  表示系コマンド • ls  ディレクトリ内のファイル一覧を表示します • cat  ファイルの中身を表示します • man  コマンドのマニュアルを表示します  実習 $ ls / $ ls /etc/ $ ls /etc/httpd/ $ ls /etc/httpd/conf/ $ cat /etc/httpd/conf/httpd.conf $ man ls
  16. 16. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 16 【実習】検索コマンド  検索系コマンド • find  ディレクトリ以下のファイルやディレクトリを探す • grep  テキストファイルを検索しパターンにマッチする行を表示する  実習  補足事項 • コマンドによっては文字列を指定する際に「正規表現」が利用できます。  例えば「find /etc/httpd/ -name "*.conf"」と記述することで拡張子が.confのファイルをまとめて検索することが できます。 $ find /etc/httpd/ -name "httpd.conf" $ grep -n -i "documentroot" /etc/httpd/conf/httpd.conf
  17. 17. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 17 【実習】ファイル操作コマンド  ファイル操作コマンド • cp  ファイルをコピーします • mv  ファイルを移動します • rm  ファイルを削除します  実習 $ cp /etc/httpd/conf/httpd.conf . $ ls $ mv httpd.conf httpd.txt $ ls $ rm httpd.txt $ cp -a /etc/httpd . $ ls $ ls httpd $ rm -rf httpd $ ls
  18. 18. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 18 【実習】ディレクトリ操作コマンド  ディレクトリ操作コマンド • mkdir  ディレクトリを作成します • rmdir  空のディレクトリを削除します  実習 $ mkdir asial $ mkdir asial/monaca $ find asial/ $ rmdir asial/ $ rmdir asial/monaca $ rmdir asial $ mkdir -p asial/monaca/ide $ find asial $ rmdir -p asial $ rmdir -p asial/monaca/ide $ ls
  19. 19. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 19 コマンドを活用するための仕組み
  20. 20. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 20 履歴とタブ補完  履歴 • 過去に実行したコマンドの履歴を再利用することができます  十字キーの上下で呼び出せます  historyコマンドで過去の履歴を一覧できます – fcコマンドで履歴番号を指定して呼び出します  タブ補完 • ディレクトリ名やファイル名、コマンド名の一部を入力した後に「タブ」を押すと補完が行われます。  積極的に活用することで、Linuxの操作速度が飛躍的に向上します
  21. 21. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 21 パイプとリダイレクト  パイプとは • 「|(パイプ)」を使うことでコマンドの出力結果を他のコマンドの入力に渡すことができます。 • パイプは複数個連ねることができます  リダイレクトとは • 「>(リダイレクト)」を使うことでコマンドの出力結果をファイルに書き込むことができます • パイプと組み合わせることもできます $ find /etc/httpd/ | grep 'conf' $ find /etc/httpd/ | grep 'conf' | wc -l $ find /etc/httpd/ > httpd.txt $ find /etc/httpd/ | grep 'conf' > httpd.txt
  22. 22. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 22 その他の便利・強力なコマンド
  23. 23. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 23 【デモ】その他の便利・強力なコマンド  Web関係 • w3m  ウェブサイトを閲覧します • wget  ウェブコンテンツをダウンロードします  圧縮・展開 • zip  zip形式でファイルを圧縮します • unzip  zip形式のファイルを展開します • tar  ファイルを一つにまとめてアーカイブします – オプションで圧縮や展開も行えます  表示コマンド • tree
  24. 24. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 24 テキストエディタ(vi)によるファイル編集
  25. 25. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 25 テキストエディタとvi  テキストエディタとは • 一般的に、プレーンテキストを作成・編集できるソフトをテキストエディタと呼びます。  プレーンテキストとは • 装飾情報などを持たない、純粋な文字情報のみのテキストデータです  基本的にLinuxの設定ファイルやコマンドの入出力、プログラムのソースコードはプレーンテキストです  viとは • LinuxなどのUNIX系OSで昔から普遍的に使われているエディタです  Emacsという高機能なエディタも人気ですがインストールされていない場合があります  Vimはviの進化系です。 – 最近のLinuxではviの代わりにVimが入っておりviコマンドをたたいてもVimが起動します • 特徴  キーボードだけで操作可能  コマンドを使用することができます  コマンドモードと入力モードという概念が存在するため、慣れるまでに少し時間がかかります
  26. 26. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 26 viの起動  ファイルを編集する • vi ファイル名  viにはメニューボタンのようなものは無いため、モードを切り替えて文字の入力や編集・保存を行います  モード切替 • 入力モード  「a」や「i」などのキーで入力モードに入ります • コマンドモード  「ESC」キーでコマンドモードに入ります
  27. 27. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 27 viによるファイルの保存と終了  ファイルの保存 • コマンドモードで「:w」を実行するとファイルを書き込みます • 「:w ファイル名」で指定したファイル名で書き込みます • 「:w!」で強制的にファイルを上書きします  終了 • 「:q」で終了します • 「:q!」で強制終了します(変更を保存せずに終了するときに利用します) • 「:wq」でファイルを上書きして終了します
  28. 28. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 28 【課題】viで簡単な文章を書いてみよう  viで簡単な文章を書いてみよう
  29. 29. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 29 発展的な内容
  30. 30. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 30 viによるヤンク(コピー)とデリートとペースト  ヤンク(コピー) • 「yy」で現在の行をコピーします • 「数yy」現在の行から指定した数分の行をコピーします  デリート • 「dd」で現在の行を削除します • 「数dd」で現在の行から指定した数分の行を削除します  ペースト • 「p」でコピーした内容をペーストします
  31. 31. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 31 viによる検索と置換  検索 • 「/パターン」で文字列や正規表現による検索を行います  複数の文字列がマッチした場合はnで次の文字列に移動します。 – 前の文字列に戻る場合はNです  置換 • 「:s/パターン1/パターン2」で現在の行の内容を置換することができます  例:行末に<br>タグを付与する – 「:s/$/<br>」 ※検索や置換の指定方法は多岐にわたります。viを長く使う場合は、色々な指定方法を試すことをお 勧めいたします。
  32. 32. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 32 viによるUndoとRedo  Undo • 「u」コマンドで変更を元に戻すことができます  Redo • 「Ctrl + r」コマンドでUndoを取り消すことができます
  33. 33. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 33 【発展課題】黒い画面だけでWebサイトを作ってみよう  黒い画面だけでWebサイトを作ってみよう • 実習用サーバーはpublic_htmlにファイルを置くことでWeb上にコンテンツを配信できます • viやwgetなどのコマンドを駆使し、黒い画面だけでWebサイトを作ってみよう
  34. 34. URL : http://www.asial.co.jp/ │ Copyright © Asial Corporation. All Rights Reserved. │ 34 アシアル塾のご案内  1回3,000円でWeb技術を約90分学習できる格安の教育サービスです • 60分の講義+30分の復習&質問タイム  対象 • IT業界やWeb業界で働いているプロの方の技術学習を応援します!  営業の方やディレクター・デザイナーの方も大歓迎  苦手分野の教育を支援します  絶対理解保証キャンペーン実施中 • もし講義内容にご満足いただけなかった場合は返金いたします  (返金手数料のみ頂戴いたします)  URL • http://www.asial.co.jp/school/juku.php

×